メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2017年11月23日(木曜日)

チャーハン

カテゴリー: 06時51分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 週に1度献立に、変わりご飯を入れるようにしています。今週はチャーハンです。

中華料理店のチャーハンのように、少ない人数分で多くの油を使用するのと違い、給食施設のような多い数を定量な油で調理するには、工夫が必要です。

万葉園では、炒めた具材と温かいご飯を混ぜ合わせます。こうする事によってチャーハンにありがちな『べたべた』感は無くなります。家庭料理にも向きますよ。チャーハンの油っぽさが苦手な方は、是非お試しください。

【文:池田】


2016年9月30日(金曜日)

おはぎ

カテゴリー: 22時29分45秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園では、年に3回『おはぎ』を出しています。

 春のお彼岸

 夏の入盆

 秋のお彼岸

 3色のおはぎの中で毎回必ず入るのは『あんこ』利用者にも人気のあるあんこですが、厨房で一番大変なのもあんこ。

2016.9おはぎ01

 あのべたべたさに、ごはんに合わせるのがなかなか大変。

 大ざっぱな性格と几帳面な性格で盛り付けに差があるかも・・・。

 けれど『上手かったよ』『昔作ったなあ』との声が聞かれると、作ってよかったなあと苦戦したことも忘れてしまいます。

2016.9おはぎ02

 

                                      【文:池田】


2016年2月15日(月曜日)

【節分】

カテゴリー: 19時51分24秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 2/3節分です。万葉園では海苔では噛み切り難いので、卵を海苔の代替えとして、太巻きを作りました。卵は柔らかい分巻き難く苦戦しました。厨房職員と『行事食で太巻きが一番大変かも・・・』と話しながら巻きました。

 巻き終わるのに30分以上掛ったのに、食べるのはあっという間。その後厨房から『今日はいつもより残菜が無かったようでした』との事。

 2/4から立春です。暦の上では春ですが、まだまだ寒い日は続きます。

暖かい春を迎えられるよう、食の面から体調管理をサポートして参ります。

 

2016節分01

 

【文:栄養士 池田】


2014年8月5日(火曜日)

土用丑の日

カテゴリー: 17時42分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■  

 東北地方でもやっと梅雨明けし、夏本番! 

 しかし世間では熱中症や水の事故など暗いニュースが多いような気がします。長崎での高校生の殺人事件は被害者も加害者もプライベートなことを、根掘り葉掘り記事にされています。  

 今年は7/29が土用丑の日です。うなぎも近い将来食べられなくなるかもしれません。なんだかこちらも暗い話になってしまいました。  

 夏のギラギラした太陽の下、暗いニュースに心沈めてみるのも、案外大事なのかもしれません。  

              H26.7厨房便り 土用丑の日

   【文:池田】

 


2014年6月10日(火曜日)

安全な食事

カテゴリー: 14時20分40秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

食中毒が起こりやすい季節になり、厨房では6月初旬に害虫駆除を行いました。「大量調理施設衛生管理マニュアル」に沿って「安全な食事」を提供しています。おいしさはもちろんですが、それは安全あってのものです。

万葉園のように、抵抗力の弱い方を対象にしている施設では、なおさらです。

 

 これから夏に向かうと厨房内は暑く、厨房職員は体力との勝負です。

 ガスの火や西日の太陽で午後は更に暑くなり、重労働となります。その暑さに負けないよう健康管理に留意してまいります。

【文:栄養士 池田順子】


2013年9月24日(火曜日)

【敬老会の行事食】

カテゴリー: 17時38分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

9/18万葉園大食堂にて、たんぽぽ・なごみの家合同の敬老会を行いました厨房でも敬老会の行事食として、重箱に詰めて提供しました。かまぼこの『寿』文字を見つけられたでしょうか?

 

H25敬老会厨房1.jpg       H25敬老会厨房2.jpg

 食べる喜び、食べてもらえる喜び、祝う喜び、祝ってもらえる喜び。

快晴の下、天候までが皆さんをお祝いしているようでした。長寿万歳!!

長生き出来る喜び、そして長生きを祝って職員自身も素直に喜べる幸せ。

【文:栄養士 池田順子】


2010年10月29日(金曜日)

【非常食】

カテゴリー: 18時33分45秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

総合防災訓練に合わせて、非常食をお出ししました。

非常食といえば、『乾パン』を思い出す方も多いと思いますが、今は有り難いことに、沢山の種類があります。

咀嚼・嚥下の難しい方にも適した食品を食べた時は、『乾パン』の固くって味気ない非常食のイメージが覆されました。

美味しくなったとはいえ、やはりいつもの食事とは違います。

利用者さんに伺うと、「戦争の時より、ましだよ」と話されました。私の方が「こんな食事が続くと思うと…」と気落ちしてしまいます。

改めて、戦争を体験された利用者さんの、人生の重みを感じました。

しかし、奄美の方々は現在避難されています。精神的なダメージも大きく、食事どころではないのかも知れません。

「今日は訓練だったから良かったけど、実際に起こったら大変だね」「奄美の方たちは、怖い思いしているんだろうなあ」と利用者さんと話しました。

災害に遭われた方の安全を祈りつつ、今日の訓練を活かさなければ!と思いました。

  

【万葉園 栄養士 池田】

           

 

    2010非常食                                          


2010年10月21日(木曜日)

秋の味覚『はらこ飯』

カテゴリー: 10時31分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 秋を代表する食べ物は、きのこ・新そば・新米・柿などがあります。

そして『はらこ飯』。私たちが住む、東北の太平洋沿岸を代表する郷土料理です。

 

鮭は決して故郷の川を忘れないそうです。

長い旅の末に、親子共々食べてしまうのは、残酷かもしれません。

だからこそ『いただきます』のあいさつは、命を頂いた側の大切な礼儀だと思います。

 

2010はらこ飯

 

【万葉園栄養士:池田】

 


2010年9月16日(木曜日)

敬老会

カテゴリー: 20時09分51秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

9月14日万葉園・たんぽぽ敬老会を開催しました。

皆様、おめでとうございました。

厨房から、祝い膳を重箱に詰めて、お出ししました。

 

<お赤飯・天ぷら盛り合わせ・大根の含め煮・栗きんとん・澄まし汁>

 

    2010厨房敬老会2       2010厨房敬老会1

         常  食             ミキサー食       

 

今後も食の面から、皆様の健康を支援して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

  

【万葉園栄養士:池田】


2009年6月11日(木曜日)

【あじさい】

カテゴリー: 13時23分23秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 東北地方も、もうそろそろ梅雨の時期に入ろうとしています。カビが発生しやすく、洗濯物も乾きにくく、何と無く憂鬱な感じがします。しかしそんな中、あじさいは梅雨を楽しんでいるかのように、いきいきしているように見えます。

あじさい

 万葉園では、あじさいゼリーを作りました。あじさいのように、梅雨の季節を楽しめる、気持の余裕を持ちたいです。

     【文:万葉園栄養士池田】


2009年1月16日(金曜日)

【新年会】

カテゴリー: 14時31分27秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今年は、55名のご家族の皆様に参加して頂き、新年会を開催しました。

まず、『新年』と言えばもちつき。

 積極的にご家族の皆さんの協力をいただき、お孫さんもいっしょにもちを丸めて頂きました。

 

新年 新年 

雑煮・あんこ・きな粉もちの3種類、皆さん「うまいなあ」「柔らかいなあ」といいながらいただきました。職員がびっくりしたのは、臼と杵で搗いたもちは、時間が経っても固くならなかった事です。大変勉強になりました。それと、やはりみんなで搗いたからこそ、おいしかったのでしょう。

 

 

新年 新年

新年 新年

新年 新年

新年 新年

 

次に、エリア対抗『福笑い』。 

 ピカソの絵?!または岡本太郎のデザイン?!という感性に訴えかける出来栄えの福笑いもありました。

 

新年 新年

 

新年 新年

 最後に、氷川神社神楽保存会の方々が来園され、悪魔払いをして頂きました。

 頭をかんで頂き、今年もよい年でありますようにとお願いをしました。

 

新年 新年

 新年会も無事終わり、今年も利用者さんが健康な生活を過ごせるように、支援して参りますのでよろしくお願いいたします。

         【文:万葉園栄養士 池田】


2008年7月7日(月曜日)

【七夕】

カテゴリー: 15時55分36秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 梅雨が明けたような、べたつく様な暑い日が続いています。

今日は七夕行事食。

 

厨房ではバタバタ・ガタガタしながら時間に間に合うよう配膳!!

 

たなばた1たなばた2

 

たなばた4たなばた3

 

しかし、食べてしまうのは、『あっという間』・・・・

 

たなばた5

 

花火や桜も『あっという間』に終わってしまうからこそ、美しいのであって、食事も『あっという間』に食べてこそ≪美味しかった≫というメッセージだと思います。

 

人生も『あっという間』ということは、それだけ実りある人生であったということでしょうか?

              【文:万葉園栄養士池田】


2008年3月3日(月曜日)

【3月3日】

カテゴリー: 15時36分01秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 利用者さんの手作りお雛様と桃の花を飾り、今日はひな祭り。

 

青空雛仄々雛

(利用者さんと職員が一緒に作った雛人形)

 

 

 天気も暖かくなり、春はもうすぐそこまで来ています。

 

 これからは、春野菜をたくさん献立に取り入れていきます。

雛祭り食

           (万葉園栄養士 池田)


2008年2月5日(火曜日)

【2/3は節分の日】

カテゴリー: 08時45分39秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 節分とは本来『季節を分ける』とされ、年に回あったようですが(立春・立夏・立秋・立冬)次の日の2/4の立春を年の始まりとして特に尊ばれ、次第に『節分』と言えば春の節分のみを指すようになったようです。

節分お膳 

 

 しかし2/3の節分の日は、生憎の冬景色。

 

 せめて昼食だけは、皆さんに春を味わって頂きたく、三色太巻きと三色団子を提供致しました。

勃さん おんちゃん

 

春の足音が、微かに聞こえてきたでしょうか?

 

               (文:池田)


2007年9月28日(金曜日)

【秋刀魚】

カテゴリー: 09時06分24秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

『秋』がやってきました。

 『刀』のように冷たい風の日もあるでしょう。

  『魚』心あれば水心ありで、温かい気持ちを忘れずに。

  

という訳で、秋の代表する魚『秋刀魚』でバーべキューを行いました。

ジュージューした音と、香ばしい匂いで、美味しさを演出。

『煙が目にしみる』という名曲がありましたが、実際はショボショボして涙目でした。 

秋刀魚のしょっぱさは、職員の涙味が引き立てたのでしょう。

         (文:池田)


2007年7月11日(水曜日)

【2007年7月7日】

カテゴリー: 09時32分37秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今年は7が三つ揃う、縁起の良い七夕でした。

 

 ただこの時期は、天候がとても不安定。夏風邪など体調も崩しやすいです。暑い夏を乗り切るためには、体力作りが必要です。夏野菜を沢山食べて、元気で健やかな生活を支援して参ります。

(拡大できます。↑ここをクリック)

              【文:池田】


2007年5月31日(木曜日)

【冷やし中華】

カテゴリー: 13時04分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 お久しぶりです。今年になって初めての、万葉園厨房便りになってしまいました。

 

 ホームページ担当者曰く、『あのーそろそろ出してくれませんか?前回掲載から半年過ぎようとしてますので・・・』と大きな体に小さく遠慮した声。

 

 思わず、成長著しい大人顔負けの体格した児童の背中に、遠慮がちなランドセルを想像してしまいました。 

 

今日は冷やし中華

 献立作成した時は、「5月では最高気温」と気象予報士が声高らかに話していたのに・・・

 

 今日は生憎の天気となってしまいました。利用者さんにお詫びして来ました。

 

 栄養士は有る意味、予想屋的な部分もあるのですね。

 では、また(なるべく早いうちに)更新するように致します。

                           【文:池田】

 


2006年12月26日(火曜日)

【12/23万葉園&たんぽぽクリスマス会】

カテゴリー: 15時49分35秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 今年は、趣向を変えて重箱弁当をお出ししました。

従来のバイキングとは違う雰囲気の中、楽しく過ごせたのかな?と思います。

毎年たくさんのご家族のご参加有難うございました。

厨房ではいつも三倍の食数ではありましたが、無事終わりほっとしました。

  

          【万葉園栄養士:池田】


2006年9月22日(金曜日)

【お彼岸】

カテゴリー: 16時01分03秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

「暑さ寒さも彼岸まで」と先人の言葉通り、朝・夕めっきり涼しくなりました。

だんだん日も短くなり、秋が深まっていきます。

今日は《おはぎ》をお出ししました。

 

           【栄養士:池田】

 


2006年8月15日(火曜日)

【平成18年8月14日の食事】

カテゴリー: 10時25分50秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

今日は、かぼちゃのご紹介です。

 

ビタミン類を豊富に含む緑黄色野菜の代表格。

 

かぼちゃの黄色はベータカロチンの色素で、体内に入るとビタミンAになります。 

 

 

ベータカロチン

  → がん細胞の発生を防いだり、免疫力を高める効果あり。

 

ビタミンA

  → 粘膜や皮膚の抵抗力を高め、風邪予防。  

西洋では、かぼちゃの馬車やハロウィンなどに登場します。童話作家の想像を掻き立てる『何か』があるんですね。かぼちゃを見て食べ物以外の事を感じた人は、感性豊かな持ち主だと思います。

              【栄養士:池田】


2006年6月28日(水曜日)

【平成18年6月28日(水)】

カテゴリー: 14時00分32秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今日は『日本の夏』を想わせるような、暑い日です。

 こんな日は、さっぱりした食べ物が恋しくなります。

 献立に《梅そうめん》を入れてみました。

 『梅干し』は日本の夏料理には、欠かせない代表的な食材です。

 

 梅干しの効果

l        〃豈佞気蕕気

l        疲労回復

l        整腸・殺菌

l        げ鯑

l        ト容 

 さあ、夏はこれからが本番です。暑さに負けない体力を作りましょう!。

             【文:栄養士 池田】


2006年5月26日(金曜日)

【平成18年5月26日】

カテゴリー: 12時55分40秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 昨日は、裏千家先生に新茶の会を開いて頂きました。

 

 香りよいお茶の風味と、先生たちの優雅な姿に、ゆったりした時の流れを味わいました。

 

 涙で感激された方や、いっしょにお茶を立てられた方もおられ、普段とは違う空間の中利用者さんのいろいろな面が見られました。

 

 毎日利用者さんと接しながら、どこまできちんと見ているのか?優雅にお茶を頂きながら、気持ち鎮めて考えされました。

 

 食べ物は奥が深く、人を哲学者にもさせる力もあるんだと思いました。

            【万葉園栄養士:池田】


2006年2月3日(金曜日)

【平成18年2月3日】

カテゴリー: 16時28分43秒

 今日は、雪そして節分。さらに万葉園に蛇の目寿司屋さんが来園されました。

 皆さん1時間も前から、握っている姿に惚れ惚れしました。

 手際の良い職人技に、私まで惚れ惚れしました。

 「職人」とは、動きで人を感動させるものなのですね。

 目にも、お腹にも、動きにも、天晴れでした。

        【万葉園栄養士:池田】

 


2005年12月19日(月曜日)

クリスマス会のお食事

カテゴリー: 18時07分18秒

平成171218日(日)

万葉園・たんぽぽのクリスマス会も今年で3回目。

大勢の家族の方が来園され、いつも静かな?!な万葉園が大にぎわい。

料理もたくさん作りました。

調理員の協力も得て、無事終えてほっとしました。

 

〔栄養士特製ロールサンド〕    〔エビと牡蠣のフライ〕

  

〔ローストチキン〕       〔ケーキ各種〕

  

【栄養士 池田】

 

 

 


2005年12月12日(月曜日)

12月8日

カテゴリー: 15時03分49秒

 寒さが本格的になり、冬野菜が美味しくなって来ました。

 冬野菜は、体を温める効果があります。

 万葉園でも冬野菜メニューを、取り入れて行きたいと思います。

  

  ご飯

シルバーの甘酢あんかけ

里芋のそぼろ煮 

黒豆 

  牛乳

里芋一口メモ

ぬめりは脳を活性化し、胃壁を守ります。  

 高血圧を予防するカリウムも多めです。

【栄養士 池田】

 

※12月8日に書き込む予定でしたがコンピューターの不具合により日付がずれました。





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress