メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2010年7月10日(土曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 19時55分17秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

 

T.Eさん

施設は、とてもきれいで掃除も行き届いており、通路も広く明かりも良く入る建物という印象でした。床に無駄な物を置いていない所も良かったです。また、利用者さんが起き上がったり、部屋を出た時に知らせてくれるセンサーがついていたので、一人ひとりの行動をいち早く知ることができるのもすばらしいと思いました。ただ、お風呂のカビが気になりました。職員さんは、担当している利用者さんの状態を細かくチェックしており、一人ひとり介助方法を変えながら柔軟に対応しているといった印象をうけました。授業で習ったことと現場の差はやはりあり、基本は同じなのですが、そこからいかに自分たちが作業しやすいように、利用者さんに負担をかけないようにという応用力も求められるのだと思いました。そして何より大切なのは、利用者さんとのコミュニケーションや声かけだということを学びました。なにげないことでも会話をしてみたり、何か介助をする前には必ず声をかけるようにしようと思いました。利用者さんの意思を尊重することもとても重要であり、動作の前にいいですか?と聞くことの必要性も改めて実感しました。

今回の実習では、技術面だけでなく人と人との関わり方を学ぶことができました。流れ作業として介助を行うのではなく、その中で相手を尊重することや、コミュニケーションを取って笑い合うことが大事だと思いました。利用者さんからありがとうと言われたり、優しい言葉をかけていただいた時の気持ちを忘れずに、2日間の体験を今後役立てていきたいと思います。

 

 

M.Kさん

施設実習初日は利用者さんとコミュニケーションをとるようにと職員の方に言われ、利用者さんのとなりにすわりましたが、なかなか言葉が出て来なく緊張してしまいました。そのせいで逆に利用者さんに気を使わせてしまったのではないかと思います。二日目からはなるべく、色々な方と話をし、自分から進んで声をかけようと思いました。それが一番自分の課題になったと思います。

施設の様子は開放的で明るく、利用者がのびのびとすごされて、とてもゆっくりと時間が流れているようなイメージをもちましたが、職員の方がつねに利用者さんに気を払っていて、生活しやすいように支えているのだなと感じました。

二日間という短い実習を終えて、入浴介助、食事介助などを見学・体験をさせてもらい、教科書と現場でやるのとではまったく違い、私は戸まどってばかりいてあまり役立っていなかったなあと思います。でもとても良い体験をさせてもらい学んだ事も多かったのでとても充実していたと感じました。

今回の体験で何をするにも利用者さんと同じ目線で見ることが大切なんだと思いました。

私の今の仕事にも役立てるようにしていきたいと思います。





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ