メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2010年1月18日(月曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 18時11分51秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 12月に3名のニチイ学館福島校の受講生がヘルパー2級の体験学習を行いました。体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

 

K.Iさん

2日間の実習体験をさせていただき、まず第一に気付いた事はアットホームな施設だと思いました。利用者さんはもとより、職員の皆様も一様に、ひとつの家族になっているのだと感じました。

 「目くばり」「気くばり」「声掛け」の大切さも職員の方々より頭で覚えるのではなく体験でじっくり教えていただきました。

 言葉では少し無理な方でも身ぶりで、伝えて分かってくれた時の喜びもひとしおでした。御飯もホールで炊いていて匂いでも感じる事が出来るのは、とても良い事だと思いました。ほんの入口だけ位の実習お手伝いでしたが、これからもボランティアや職業として皆様のお世話が出来ればと思っております。

 

M.Sさん

 今回、実習という形で利用者の皆様と2日間を過ごさせて頂きました。自分が一番印象に感じたのが、開放感にあふれていて、束縛感のない過ごし方をされていた部分がとても良く感じました。

 始めは自分の中でデイサービスという形で、一日の流れを通して、自立出来るようにしていくのが理想と思っていたのですが、この施設体験を通して感じたのは、個人の生活を施設のスケジュールに無理に合わせるのではなく、普通の暮らし方という形で提供して、その中でのびる部分を検証しながらプログラム等を進めていく方針がすごく気に入ってます。

 利用者とのコミュニケーションはあまり取れないものと考えがあったので、色々と楽しく、そしてじっくりと会話をする事が出来たのも貴重な体験でした。

今は求職期間を利用して資格を取得中の身ですが、出来ればこの職種に携われたらと考えております。

今回は本当に貴重な体験をさせて頂きましてありがとうございました。

 

S.Mさん

施設内がとても明るく高い天窓が広々とした雰囲気を作り、開放感があって、入所している方も働いている方も皆さんゆったりした気持ちになれるのかなと思いました。実は不安な気持ちで実習に入りましたが、この開放感で緊張が少しほぐれた気がします。

 職員の方は若い人ばかりで、しかもきびきびと仕事をこなしている姿には驚きました。年齢的には、おじいちゃん・おばあちゃんと孫のような関係ですが、入所されている方が寄せる信頼は年齢差を越えてすごく厚いものだと思います。職員の方々の連携もスムーズで、チームワークの良さ、働きやすい環境、制度、人間関係などがこの信頼につながっているのだと感じました。

驚きはもう一つあります。昼食を全員で一緒に食べる事です。職員の方がごはんをよそって渡しているのを見ると、家族と過ごしているような感じで家庭的であたたかいと思いました。

健常者でも共同生活は難しいのですが、障がいがそれぞれ違う入所者の方は、なおさら大変だと思います。それを支える職員の方のご苦労には頭が下がります。

今回、運良く紙芝居のアンパンマン一座の公演も見せて頂きました。保育園児との交流がインフルエンザの流行でのびているとの事ですが、園児の皆さんも楽しみにしていると思いますので、頑張ってください。

何一つお役に立てず終わってしまい申し訳なく思っています。皆様のご健康、ご多幸お祈り致しますと共に、勉強の場を与えていただいた事に感謝申し上げます。





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ