メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2008年2月20日(水曜日)

【12月〜2月の実習生の感想文】

カテゴリー: 10時10分03秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

K・Aさん

 

 初めに、職員の皆さんが昼食を利用者さんと一緒に食べたり、何にしても利用者さんの意思を優先してサービスをしている事にとても感動を覚えました。

例えば、自分の母親や父親が…と思ったときに安心してお願いする場所と考えると、食事も会話があって、ゆっくり本人のペースに合わせてもらいたいし、排泄の後もきれいに丁寧にしてもらいたいし、お風呂もゆっくり入ってきれいにしてもらいたい、との気持ちが一番に来ると思うのです。

型にはまらず、時間に余裕のある利用者さんの姿がとてもよかったと思いました。

あと、テープ止めのかわりに、パンツを使っていることに驚きましたが、2日間オムツ交換を見ていて利用者の方にはうれしいのでしょうと思いました。パットの当て方などもこういうやり方があるのだなあ、という感じで、こちらでは初めての体験ばかりで、とても勉強になりました。見たこと、聞いたことを活かしてこれからの仕事を頑張っていきたいと思いました。

お世話になりました。ありがとうございました。

R・Hさん

実習を終えて

 初めて見る私。利用者さんに受け入れてもらえるか、拒否されたらどうしようかという不安がありました。その為にも笑顔を絶やさず、声かけ、あいさつをし、優しく接しながら実習に臨んでいこうと思いました。

 利用者さんとの会話で、ジェスチャーで話しかけてくるのですが、理解することが出来ず、会話が止まってしまう。理解したふりも出来ず困りました。別な話題にもっていきましたが、利用者さんに悪いことをしたのではないかと気がかりでした。

 入浴介助、排泄介助の共通点として利用者さんのその時の状態及び希望によって下着のボタンをかける個数、下着をズボンの上に出すとか、パット交換時の体位を変えるとき、パットの種類など利用者さんに合った、さまざまな方法があることがわかりました。

実習中、利用者のみなさんが快く受け入れてくれたのでうれしかったです。

とてもきれいで利用者さんと介護職員さんの距離が近く、いつもお互いの顔が見える。そんなアットホームな感じがする施設「万葉園」でした。だから利用者さんの気持ちが穏やかで優しい顔をしているのだろうと思います。

利用者のみなさん、介護職員のみなさんお世話になりました。ありがとうございました。

H・Tさん

2/4(月)〜2/5(火)、ヘルパー2級の実習でお世話になりました。ニチイ学館から手紙が届き実習先が「万葉園」と書いてありましたが、場所もわからず、実習の前に探しに行きました。場所を確認したのは良かったのですが、実習1日目は雪の次の日で道路が混み不安になりました。

老人ホームの介護の仕事などあまり興味を持たなかった私でしたが、昨年から「資格」目的で勉強を始めたところでした。講習、レポート。久しぶりの勉強に頭もついて行けず「資格は取るけど仕事は…」と思っていたのが正直なところでした。

この2日間、万葉園さんにお世話になり、利用者の皆さん、介護職員の皆さんから優しくしてもらい、また色々経験もでき本当に良かったと思っています。元気な利用者さんの昔話を聞いたり、教科書には載っていない「えーっ!!!」と思うようなパターンや、現場に出てみないと気付けない事や、介護職員さんたちの経験談、2日間でしたが本当に良い経験をしました。2日間が終了した今は「仕事をしてみようかな…」と少し思えるようになりました。

帰り際には利用者さんや教えてくれた介護職員さんから「頑張って!!良いヘルパーさんになって!!また会えるといいね」と声をかけてもらいました。これからまだ他の実習も続きますが、この2日間と最後の言葉を胸に、残りの実習を頑張り、資格を取ったら働いてみようと思います。

この2日間、本当にありがとうございました。





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ