メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2016年8月24日(水曜日)

サマーショートボランティアスクール

カテゴリー: 13時41分05秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

平成28811日〜13日 原町第一中学校から2名の方がサマーショートボランティアに見えました。感想を頂きましたので紹介いたします。

 おじいちゃんとおばあちゃん方とおしゃべりやぬり絵、計算対決やオセロ、あやとりや体操に足玉入れなどを一緒にさせていただいて、とても楽しかったです。さらにテーブルを拭いたり、お茶などを配った時に「ありがとう」や「どうも」と言われて、すっごく嬉しかったです。

 将来の夢などを聞かれて「何をするかまだ分からない」と答えたら「まだ先があるんだからゆっくり考えるといいよ」と言われて嬉しかったです。

 色々と教えて下さったスタッフさんも優しくて、すぐに覚えました。なので、来年も応募させてもらいたいです。【文 YJさん】

 おばあちゃん、おじいちゃん方とたくさん会話したり、オセロ、あやとり、折り紙、ぬり絵などで遊んだりと交流ができたので良かったです。

 そして、お茶などご飯などを配ってると「ありがとう」と言ってくれた人がいて、ボランティアして良かったなーと思ったこともあり、とても貴重な体験ができて良かったと思います。

 そして、将来のことなども、おばあちゃんに教えてもらい、考えさせられたりしたこともあり、とてもためになりました。

 最後におばあちゃんに「笑顔がすばらしい!」と言われた時、とても嬉しい気持ちになり、頑張って良かったと思いました。そして、教えてくれたスタッフさん方ありがとうございました!

 将来に生かしたいと思います。本当にありがとうございました!【文 IMさん】


社会福祉体験活動研修

カテゴリー: 13時37分16秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

平成28810日 社会奉仕体験活動研修として南相馬市の新任教諭4名の方が見えました。感想を頂きましたので紹介いたします。

【南相馬市立石神第一小学校 SJさん】

 介護というと、食事やトイレ、入浴の介助をイメージしていたが、それだけではなく、リハビリ体操や食事の前の口の運動など、運動機能を維持・改善するようなプログラムが計画的に盛り込まれていることが分かった。

 また、昼食は個に応じて中身が少しずつ変わっており、工夫されていることも分かった。

 体験を通して心に残ったことは、靴の着脱に支援が必要な人にはすぐかけつける一方で、ゆっくり立ち上がろうとしている人にはすぐに支援しないなど、個人に応じて支援を変えている所である。介護だからといってすぐに手を出してしまっては本来できることができなくなってしまうこともあるので考えあっての支援なのだろうと感じた。支援が必要な相手と場面を見極めることは教育にも必要な力なので、大変勉強になった。

 職員のみなさんの手厚いサポートのもと、ゆったりとした時間の中で入所者の方々が各々好きなことをしたり、互いにふれ合ったりするなごやかな雰囲気がとても印象的で、お家にこもっていては体験できない貴重な時間なのだろうと感じた。一方で、午前中の講話で日本の、特に南相馬の福祉の実態が深刻であることを思うと、ほとんどのお年寄りがこのような体験ができない(入所できない)ことは大変な事態であると感じた。

 今回研修させていただき、様々なことを学び、考えることができた。南相馬の未来を担う子どもたちに指導する立場として、今回の体験を少しでも生かせたら、と思う。

 お忙しい中、本当にありがとうございました。

【南相馬市立石神第二小学校 HKさん】

 今回、奉仕体験活動としてデイサービスで利用者の方と交流させていただき、南相馬のことを教えていただいたり、将棋をさせていただいたりと、充実した時間を過ごすことができました。体操にも一緒に参加させていただき、リハビリなどで行う体操を体験できたことも、自分にとってとても貴重な体験となりました。個人的な部分で、わたしの祖母が認知症でデイサービスを利用しており、デイサービスが縁遠いものではありませんでしたが、具体的にどのような施設なのかよく認識していませんでした。今回実際に体験して、いつも祖母がデイサービスを楽しみにしている理由が分かったような気がします。明るく専門的な知識を持った職員の方々や、同じ世代の方々と交流できる機会があり、利用者の方にとって、とても楽しく安心して過ごせる場なのだと実感することができました。最初にいただいた講話の中で、人手が足りないというお話がありましたが、このような施設を増やし、利用者の方が安心して生活を送ることができるよう、介護について興味を持つきっかけを作るのが、私たち教員の役割かなと感じました。今日1日、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

【南相馬市立鹿島小学校 SNさん】

 デイサービスでの実習は、大学時代に1週間体験した以来でした。今回の社会奉仕体験活動研修で感じたことが2点あります。

 まず1点目は、職員さんの利用者さんへの接し方についてです。デイサービスに来る利用者の方は、ほとんどコミュニケーションを取れる方でした。私は初め、どうコミュニケーションを取っていいか戸惑っていましたが、職員さんと利用者さんの会話を聞いて安心しました。話す対象が年配の方でも、子どもであっても変わりなく接すればいいのだと感じました。

 次に2点目は、気配りのできる人になりたいなということです。これは、どの職場でも共通して言えることだと思いますが、改めて必要なことであると感じました。利用者さんへの何気ない会話や、周りを見て何をすればよいかなど気配りのできるようになりたいと思います。学校に戻っても、子どもとのやりとりや職場でまわりを見て行動できるようになりたいです。

 今日一日、利用者さんとゲームやお話をして、笑顔を見れたので充実した一日でした。ありがとうございました。

【南相馬市立八沢小学校 IHさん】

 デイサービスでの活動を通して、職員の方のひとり一人のニーズに合わせた対応に感動しました。食事のメニューや食材の大きさの調整をしたり、ぬり絵やオセロなどを準備したり、みんなに楽しく過ごしてほしいという職員の方の願いや思いが感じ取れました。また、何でも助けてあげるわけではなく、見守ることも大切な事なんだなと思いました。おかずを小さく切ってあげるものの、食べることは本人に任せている場面を見かけました。

 どの程度まで、手をさしのべるべきか、見守るべきかの判断はとても難しいことなんだなと考えさせられました。できるなら、本人の力で生活できる方がいいけれども、サポートが必要なときに力になることができたらいいなと感じました。

 短い活動でしたが、職員の方の笑顔、そしてデイサービスに来て、体操したり、お話をしたりしている時の来所者の笑顔にたくさん出会うことができました。講話でもありましたが、入居者を制限したり、職員数が増加しなかったりと大変な現状があることに気づくことができました。しかし、その中でもがんばっている職員の方のがんばりを見て、私も子供ひとり一人のニーズに合わせた教育ができるような教師になれるよう、改めてがんばらないといけないなと感じることができました。

 ありがとうございました。とても実りある実習でした。


サマーショートボランティア

カテゴリー: 13時34分16秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■ 

平成2881日〜3日 原町高等学校から2名の方がサマーショートボランティアに見えました。感想を頂きましたので紹介いたします。

 3日間のボランティア活動を終えて、お年寄りの話す内容や、過ごしやすくするための生活の工夫など感じることができました。

 私がお年寄りの方々と話をした内容で多かったのが、「自分の住んでいる家・家族のお話」「自分が今までどんなことを体験してきたのか」などという内容でした。そのことにより、お年寄りは話を聞いてもらうだけで笑顔になれたり、うれしさや楽しさを表してくれたことが私にとってもうれしい気持ちになりました。

 過ごしやすくするための生活の工夫では、この施設で、いすの下にすべり止めマットをひいたり、お年寄りの方々が持ちやすいような作りのコップなど自分で見て、体験することができました。

 2日間の中でのレクリエーションは、「魚釣り」をしてお年寄りとの距離が縮まり、よりコミュニケーションをとることが出来ました。

 最後になりますが3日間、実習・ボランティアの活動のために私たちに教えてくださり、ありがとうございました。

 さらに、1日目は迷惑をかけてしまいすみませんでした。

 3日間、本当に楽しかったです。【文 TNさん】

 3日間、ボランティアをして、改めて高齢者への意識が高まりました。例えば、高齢者の方々とお話をしていて、昔と今の違いや、高齢者が、生活しやすくするための道具の工夫を発見することができました。

 道具の工夫では、コップの形や、スプーンの形、おはしの形などが、使いやすいように工夫されていました。

 高齢者の方々と、コミュニケーションを取っている中で、私の知らない話や、戦争の話を聞くことができました。戦争中、どれだけ大変な思いをして困ったのか、改めて確認することができました。

 私が3日間の中で、特に1番楽しかったのは、皆さんとやったレクリエーションです。レクリエーションの内容は、魚釣りをやりました。皆さん、とても楽しくて、私も楽しくなれました。○○ちゃんVS自分の時は、私がへたくそなのに、皆さんが応援してくださって、とてもうれしかったです。

 今回、参加したことで、たくさんいろんなことが学べたので、とても良い経験でした。また来年も来たいと思います。3日間、本当にありがとうございました。【文 KMさん】


2016年8月23日(火曜日)

サマーショートボランティア

カテゴリー: 12時38分15秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

平成28728日〜30日 原町市立石神中学校から2名の方がサマーショートボランティアに見えました。感想をいただきましたので紹介します。

 1日目でしたが去年も来たので、落ち着いていられると思ったけれど、知っている人もいたけれど、知らない人の方が多くて緊張しました。でもとても優しそうな人が多かったので、少し落ち着きました。レクリエーションは、初めてのスイカ割りでした。本物が出るのかと思ったけれど、スイカの絵が描かれているビーチボールだったので少しショックでした。でも楽しかったです。

 2日目は、少し慣れて、あまり緊張しないでできていたと思います。レクリエーションは、初めての魚つりゲームでした。2チーム戦で、私の入ったチームが負けてしまったのでくやしかったです。

 3日目は、落ち着いてできたと思います。レクリエーションは、2日目でやった魚つりゲームでしたが、昨日とは違うタイプで、3チームでした。私が入ったチームは赤チームでした。赤チームが勝ったので、とても嬉しかったです。

 また来る機会があったら、また来たいです。【文 SAさん】

 ボランティア活動では緊張してしまい不安もありました。でも、朝の挨拶をした後、すぐに声をかけて下さった方がいました。少しずつ話している間に自然と気持ちがほぐれて楽しくなりました。たくさんの方々が昔話をして下さいました。昔の道具の本を見ながら、11つ思い出すように物語ってくれました。昔話を聞いていると皆さんが「勉強は君達の仕事なんだから頑張らないとだめだよ」と言って下さりました。話を聴いているうちに、勉強の大切さがわかりました。今は、わからなくても大人になってからの力になるという事を教わりました。

 私は「お茶出し」「体操」「配膳・下膳のお手伝い」「レクリエーション」「お見送り」を3日間活動させていただきました。

 お茶出しや配膳・下膳のお手伝いでは、11人に渡すたびに“ありがとう”という心のこもった言葉が返ってきました。

 体操では、なかなか思い通りに体を動かせない方も一生懸命、体を動かそうとしていました。自分の体が思い通りに動かなくても、自分の体に合わせて、右腕だけを使うなどして、工夫し、参加していました。感心しました。

 レクリエーションでは、1回目…すいか割りゲーム、2回目・3回目…魚つりゲームをやりました。ゲーム終了後には皆さんとハイタッチをして、勝っても負けても笑顔で終わる事ができました。楽しかったです。

 職員の皆さんは、どんな時も笑顔で優しくいろいろと教えて下さりました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 3日間しかありませんでしたが、最後のお見送りの時に少しさびしくなりました。この貴重な3日間は、大切な思い出です。絶対に忘れません。【文 WSさん】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ