メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2009年8月28日(金曜日)

社会福祉援助技術現場実習を終えて

カテゴリー: 14時19分51秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 7月6日(月)〜8月5日(水)の24日間、東北福祉大学4年生の学生1名が社会福祉援助技術現場実習として特別養護老人ホーム福寿園と福寿園デイサービスセンターにて実習を行ないました。24日間の実習を終えた感想を頂きましたのでご紹介します。
 
K.Tさん 
 私は特別養護老人ホーム福寿園で7月6日より実習をさせていただきました。印象としては、利用者の方の笑顔がとてもよく見られとても暖かさのようなものを感じる場所でした。
 介護の現場では、学校や教科書では学ぶことが出来ないような事を沢山学ぶ事が出来たように思います。学んだことの中で一番強く残っているのが、「利用者本位」の考え方についてでした。こちらの推測で介護やケアを行うのではなく、利用者の方がどうしたいのか、何をしたいのか、といったことをしっかり聞き取りながら介護を行うことで利用者の方の一人一人がそれぞれ思い思いの生活をおくっている所を見て単純に、いいところだな、と思いました。みんな同じ介護ではなく、利用者の方一人一人に合わせた介護を行うことがソーシャルワークにつながるという事も学ばせていただきました。わからない事があって戸惑っていると職員さんの方から声をかけて下さり、申し訳ないという気持ちの中にもすごくありがたさを感じました。利用者の方と同じ時間に一緒のテーブルで食事をとりながら食事介助をするという事にもすごく暖かさがあるなと思いました。利用者の方が「食べないの?」声をかけてくださることもあり、「利用者」というよりは「家族」のような感覚を感じたこともあります。そういった雰囲気から利用者の方も家庭を感じながら生活をおくっていらっしゃるのではないかと思います。
 この一ヶ月の実習の中でまだまだ介護の奥の深さについて勉強が必要なことを感じました。また、介護に対する気持ちが大きく変わりました。「やってみたい」を「やりたい」に変えてくれた実習でした。ありがとうございました。


2009年8月19日(水曜日)

サマーボランティアスクールを終えて

カテゴリー: 11時10分29秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 8月11日(火)〜8月13日(木)の3日間、相馬農業高校の3年生の生徒2名が社会福祉協議会主催サマーボランティアスクール事業の一環としてボランティア活動を体験しました。3日間の体験学習の感想を頂きましたのでご紹介します。
  
S.Aさん
学校の授業では体験できないことをやらせてもらって、すごく勉強になりました。
3日間だけではありましたが、利用者の方とお話をすることができて楽しかったです。

I.Kさん
 3日間という短い期間でしたが、福寿園さんでお世話になりました。
 1日目、2日目と原町高校の2人の方と一緒にボランティア活動をしました。
 3日目、相馬農業高校の私たち2人だけのボランティア活動となりましたが、利用者の皆さまがとても明るく元気な方々だったのでとても楽しかったです。
 サマーボランティアスクールでの活動は今回が最後となりましたが、とても思い出深いものになったと思います。


2009年8月13日(木曜日)

サマーショートボランティアを終えて

カテゴリー: 16時44分24秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 7月22日・23日・27日の3日間、原町高校の3年生の生徒1名が福寿園デイサービスセンターにサマーショートボランティアに来られました。3日間のサマーショートボランティアの感想を頂きましたので紹介します。

K.Kさん
 7月22日・23日・27日の3日間、ボランティアをさせていただきました。私がこのボランティアに参加した理由は、福祉について知ることと、人生の先輩のお話を伺いたいということでした。
 ボランティアの主な内容は、お茶出し・入浴後のドライヤー・昼食配膳・レクへの参加・利用者さんとのお話でした。たったこれだけのことですが、注意する点がたくさんあり、仕事の大変さを学ぶことができました。
 また、利用者さんとお話をすることでコミュニケーションの大切さや、難しさを感じることができました。昨年サマーショートボランティアに参加したときの反省・課題として、このコミュニケーションの取り方というものがありました。自分の身近な人たちとの関わりではなく、初対面の人々に対する姿勢を改めて考えることができる良い機会になったと思います。
 施設の中にいると職員の方々の仕事を見学することもできました。そのことによって福祉の世界を知ることができたと思います。身体面はもちろん、精神面までもケアしていくことが重要なのだと気付きました。このことは医療福祉関係の仕事に就きたいと考えている私にとって将来役に立つ事と思います。
 3日間という短い期間のボランティアでしたが、たくさんの貴重な経験をさせていただけ、様々なことを学ぶことができました。人生の先輩とお話できたことで、これからの人生の教訓とも成り得ることも教えていただけました。この経験をこれからのボランティア活動に活かしていきたいと思います。





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ