メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2016年10月9日(日曜日)

小高中学校生徒さんの福祉体験学習

カテゴリー: 16時45分40秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 去る平成28年9月12日〜13日の2日間に亘り、南相馬市立小高中学校より4名の生徒さんが当万葉園に福祉体験学習に来られました。その体験学習された生徒さんたちから感想を頂きましたので一部抜粋にてご紹介いたします。

・・・先日の福祉体験学習の際には、お忙しい中にもかかわらず私たちのために活動の機会を設けてくださり本当にありがとうございました。また、様々なご指導をいただきましたこと心より感謝申し上げます・・・

 「私は介護とは、人々とのつながりを大切にし、守っていくことだと思いました。体の不自由な人には力を貸し、コミュニケーションを絶やさないなど様々な体験をしました。高齢者とは、どのような気持ちで生活しているのかその気持ちがわかる体験もしました。 < 中 略 > 今回、万葉園での体験学習で学んだことは、人とのコミュニケーションを大切にすることです。また、高齢者との交流と介護は人とのつながりが深く関わっていることがわかりました。」

「今回の活動によって高齢者への気配りや思いやりの大切さについて気づくことができ、福祉に対しての理解を深めることも出来ました。少しではありますが、社会の一員としての自覚を高めることができとても感謝しています。万葉園では、利用者の方々のそれぞれの立場に合った様々なタイプの食事を提供していたことに大変驚きました。この体験を活かしてこれからは日々頑張りたいと思います。」

「私は、今回の福祉体験学習を通して、今までほとんど知ることのなかった高齢者福祉について学ぶことができました。特に利用者の方々とのコミュニケーションの取り方、気配りの仕方などを教えていただきました。「パソコンをしながらも利用者の方々に目を向け、気配りをしています」という話を聞いて、介護士の仕事も大変なんだなと思いました。また、利用者の方々は何を食べているのか、施設内では何をして過ごしているのかなど実際に行ってみないと分からないようなことを沢山知ることができ大変良かったです。」

 


2015年7月18日(土曜日)

【体験学習】

カテゴリー: 22時42分55秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 相馬市立中村第2中学校の生徒さんたちが体験学習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 私は一度、介護の仕事について興味を持ち、インターネット等で情報を集めたりしたことがあります。今回の福祉体験(介護の仕事)は私にとって将来のことを考えられる大事な機会だったと思います。実際に見て、お手伝いをして、たくさんお話ししたり、インターネットでは分からなかった事もこの体験で知る事が出来ました。
 私は内気でコミュニケーションを取ることが苦手でしたが、名前で呼んであげたり、出来るだけ近づいて耳元で話すことなどは、私にもできて、楽しんで2日間会話が出来ました。
 介護士は大変だけど、介護の仕事につきたい、と思いました。これからの進路について考えなければならないので、参考にしてみます。
                        【T.M】

 今回、私は初めて福祉体験をしました。最初、会った事の無いお年寄りと、どう話してよいか分からず、会話がぎこちなくなってしまいましたが、話している内に段々とコツをつかむことができ、お年寄りと楽しく会話する事が出来るようになりました。そんな中、私はお年寄りとの接し方について、次のことを学びました。
 一つ目は、お年寄りに合わせることです。例えば、話を聴くときは、目の高さを揃えてあいづちを打ちながら、そして笑顔で話を聴くことです。私の対応次第で、お年寄りは安心して話が出来るんだなぁ、と思いました。ほかにも、話し方、お手伝いの仕方など、いろいろなものに当てはまると思います。
 二つ目は、お年寄りを尊重する事です。たとえば、お年寄りが一人で立ってしまったとき、施設の職員の方々は、「どうしたの、どこに行きたいの」と優しく聞いていました。それを観て、個人を尊重することの大切さを改めて知りました。どんな人にも分け隔てなく尊重する事が出来る大人になりたいと思いました。
 今回の体験を通して、福祉のことだけではなく、全ての事において大切なことを学ぶ事が出来ました。昨日・今日と学んだことを日々の生活に活かし、将来、誰にでも優しくできる大人になりたいと思いました。
 今回はありがとうございました。
                       【H.A】

 私は初めて福祉・介護の仕事の体験をしたので、一日目は何もわからず、職員の方に聞いても良くわからなかったりすることがありました。
それでも二日目もわからないことだらけだったけど、昨日のことを活かして色々接触的にできました。車椅子掃除は初めてだったのですが、一台を綺麗にするのでも結構大変なんだと思いました。
 私が話した利用者さんは、Mさん、Hさん、Tさん、Yさんでしたが、皆ちゃんと話せて、色々なことが聞けて、とても嬉しかったです。
Mさんは顔を伏せる状態でずっといたので、自分からは話してくれなかったけど、私から何か聞けば答えてくれました。
Hさんはとても面白い方で、昨日、今日と二日間とも話してくれました。
Yさんは、編み物がとても上手で、90歳とは思えませんでした。
Tさんは、静かだったけど話せば笑ってくれました。
どの方も、まだまだお元気だと思います。
 私は今まで、お年寄りというものは耳は遠い、目は見えにくい、あまり動けない、など、ただ大変なだけだと思っていました。でも、万葉園にいるお年寄りの方々は、昔の話をしてくれて、私達よりいろいろなことをたくさん知っていました。
 介護という職業を体験して、お年寄りの方と接して、今までとお年寄りの見方が変わりました。二日間とてもお世話になりました。とても役立ちました。万葉園の方々には、どうか長生きしてほしいです。
                        【Y.N】

始めて老人ホームに来て、最初は不安で不安で仕方がなかったけど、職員の方々が皆優しく、おじいさん、おばあさんも話しかけてくれたので、とてもうれしかったです。
 車椅子の掃除、シーツの取り換えなど、ここの万葉園さんで体験させてもらった事が、全て初体験だったけど、「ちょっと難しいかも…」と思った事も、ちゃんとできて良かったです。
 一日目には私が緊張してあまり話せなかった、おじいさん、おばあさんと話せたので、楽しかったです。人生の話などを話してくれて、今後生かせそうだなと思った事もあったので、少し得をした気分になりました。
一緒に折り紙を折った時も、「綺麗だね」「上手だね」と言ってくれて本当に嬉しくなりました。おばあさんと算数の計算をした時も、ちゃんと私を頼って「ここはどうやるの」と聞いてくれてとてもうれしくなりました。
 皆さんがとても優しく接し、やり方を教えてくれたので、二日間、楽しく働くことができました。万葉園に来れて、とてもよかったです。
 この二日間、本当にありがとうございました。これからも皆さん体に気を付けて下さい。ここのおじいさん、おばあさんはとても元気いっぱいなので長生きできると思います。
 本当に二日間とてもお世話になりました。とてもいい勉強になりました。この体験を今後に生かし、生きていきたいと思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。
                        【M.A】


2014年10月13日(月曜日)

介護職員初任者研修

カテゴリー: 18時57分47秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

9月29日から10月1日まで、介護職員初任者研修の実習にお二人がみえました。感想を頂きましたので紹介します。

 T・Sさん
 3日間の実習を通して一番に感じた事は、座学や実技で学んだ事と実際の介護の現場で行われている介護とは、基本は同じでも、まるで別次元の事が行われている様な感じがしました。
 初日に、利用者様とコミュニケーションをとる様指示されましたが、これが一番難しかったです。座学の講義にコミュニケーションの項目がありましたが、実際に利用者様の名前すら、最終日に3〜4名覚えることが出来ただけで、声かけもしどろもどろ・・・自分自身の過去の職歴から、簡単に出来ると思っていたのですが、最後まで、コミュニケーションは大変でした。
 2日目に入浴介助の現場を見学しましたが、全介助の利用者様の入浴介助は初めてで、非常に大変な介助である事を理解できました。又、リネンのシーツ交換も体験させて頂きましたが、こちらも座学で学んだ事とは違って、新しい事を勉強させて頂きました。
 3日目に食事の介助を実際に体験させて頂きました。今後、介護職員として職場に就いた時に活用出来そうです。排泄の介助については、自分の親を在宅介護していた事もあり、改めて実践の現場を見学させて頂き、今後に活用出来れば良いと思っています。衣服の着脱介助も体験させて頂き、今後に役立てようと思います。末筆になりますが、3日間、実習させて頂き大変勉強になりました。
ありがとうございました。

N・Mさん
 経管栄養食の寝たきりの利用者さんも、部屋からベッドを広間に少し移動して、同じ空間に居るという状態を作る事により、QOL(生活の質)の向上につながっているという事と、様々な車イスの使用により身体拘束をなくしている事に感動しました。施設というと少し暗いイメージがありましたので、万葉園のようにアットホームな雰囲気にびっくりしました。又、お昼も利用者さんと一緒に食事をする事も家庭的で利用者さんもとてもおいしそうに食事をしていました。又、介護職員の方々も自立支援重視に徹しており、利用者さんのストレングスを尊重して援助を行っているなと感じました。反面、要介護4以上の利用者さんが多いので、私のような介護未経験の者の対応は、利用者さんから見ても不安な面があり、信頼を得るようにならないと容易に食事介助も無理な事がわかりました。如何に利用者さんと介護職員さんの信頼関係が深いかという事を感じさせられました。でも3日目にはようやく食事介助もなんとかうまくできるようになりました。又、介護の技術指導も丁寧に解り易く説明又御指導をして頂きました。ニチイさんでは習わなかった裏方さんの仕事(リネン関係やソープ類の補助)も教えて頂きました。短い間ではありましたが大変貴重な現場実習となりました。生の介助を教えて頂きとても勉強になりました。
 本当にお忙し中、未熟な私達の為に時間をさいて下さいましてありがとう御座いました。この経験を無にしないように頑張りたいと思います。


2014年8月9日(土曜日)

職員研修

カテゴリー: 20時32分09秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

相馬市立向陽中学校の先生が職員研修にみえました。感想を頂きましたので紹介します。

 

 KAさん

 この2日間、お忙しい中、研修のためにお時間を割いて頂き、大変ありがとうございました。また万葉園施設長様、職員の皆様、温かくご指導くださりありがとうございました。

 常に明るく笑顔で利用者の方とお話しされているのを見て、自然と私も明るく楽しく話すようになっていました。11人のことを考え、気持ちよく過ごしていただけるよう細かい配慮をしており、大変すごいことだと感じました。休む間もなく動き、利用者さんに目を配る注意力、こういったことこそ普段からなされていることが利用者さんの明るい笑顔につながっているのだと思いました。

 今回は、入浴介助のしかた、ベッドから車いすへの移動、食事の介助について見学、体験を少しさせていただき、気をつけなくてはならないことは何か教えていただき大変勉強になりました。このことを生徒たちに教え伝えたいと強く感じました。

またぜひ伺わせていただきたいと思います。この2日間本当にありがとうございました。


2014年8月1日(金曜日)

福祉体験

カテゴリー: 12時52分19秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 鹿島中学校生のサマーショートボランティアを行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

  OYさん

 僕は、万葉園にきて、たくさんの思いをしました。はじめ、僕はどう接していいか分からず、ずっと目線を泳がせて無言で10分くらい席に座っていました。

 たまに質問しても何を言っているのか分からず「えっ?」としか言えなくて、聞きとれてもそこからどう話をしていいかわからずまた無言になるというひどい始まり方でした。

 席に座ってから15分して、新聞で作ったカブトを見つけました。勇気をだして「これは、あなたが作ったのですか?」と聞いてみると、となりにいたおじいさんが笑顔になり、うなずいてくれました。この事があって不安がなくなり、テーブルにいた人のほとんどと話すことができました。3日目には、ちゃんと聞きとれるようになりました。

 その後、そうじのことや車イスのことについて勉強できました。

 僕は、介護士になろうとしているのでとても勉強になりました。

 とても有意義な3日間だったと思います。

 

SKさん 

僕は、今回のサマーショートボランティアで万葉園に来て、学んだ事があります。

それは、人との出会いを大切にする事、「ほうれんそう」を実行すること、危機・危険への心構えの3つを学びました。

人との出会いを大切にする事は、相手の人に元気にあいさつをして仲良くする事を学び、「ほうれんそう」を実行するという事では、活動先などで、報告・連絡・相談の3つを忘れずに行う事を学び、危機・危険への心構えでは、安全確認や事故にあわないための心配りを忘れない事を学びました。

この3つの事は、どんな活動先でも大切な事なので、つねにその3つの事を考えて行動をしたいと思います。

とても大切な事を学んだ3日間でした。ありがとうございました。


2014年7月20日(日曜日)

福祉体験

カテゴリー: 10時47分33秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 中村第二中学校生の福祉体験学習における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 M・Dさん
 二日間、お忙しい中ほんとにありがとうございました。
 どんなところなんだろうなぁと、結構ドキドキしていました。けど、実際来てみたらすごくきれいで、生活している人も50人ぐらいいると聞いたので、第一印象「すごい」でした。
 最初は、何をしたらいいかよく分かんなくて(今もいまいちだけど)でも、おじいさんおばあさんや職員さんの優しさもあって、なんとかやっていけました。
 テーブルの上と下をふいたり、一緒にごはんを食べたり、七夕の飾りをつけたり、おしぼりのたたみ方を教わったりもしました。どれも貴重な体験となりました。
 とくに、あんなに大勢のおじいさんおばあさんと食べるのは、もうないと思うので忘れられない思い出になりました。Kさん優しかったです。
 イメージと少し違って、もっと会話できるかなと思っていたけど、自分がここに慣れていないのもあり、コミュニケーションがあまりとれなかったのが残念でした。でも、ここの人たちはみんなやさしく接してくれて、ていねいに仕事を教えてくれました。なので、とても感謝しています。
 ここでの経験を生かして目標を持って生きていきたいと思います。
 とても楽しかったです。二日間ほんとにありがとうございました。

 M・Kさん
 今回は、二日間有り難うございました。
 自分自身、こういう施設にマイナスのイメージを持っていましたが、今回の体験学習でそこまでではないことがわかりました。さすがにここで働く気にはなれませんでしたが、貴重な体験になりました。
 自分には、マイナスのイメージを持っていましたが、この体験で心が穏やかになった気がします。
 ただ、解決できなかった点は「コミュニケーションが上手くとれなった」ことでしょうか。
 やっぱり、将来ここで働こうかな…そんな風に思える体験になってよかったと思います!

 I・Kさん
 2日間ありがとうございました。
 この2日間で、僕はとてもいい体験ができました。
 初日、僕は初めて老人ホームに行くということでとても緊張していました。人見知りの自分がしっかり話せるのかと不安でした。そしていざ入ってみると、たくさんのおじいさんおばあさんがいて、より不安になりました。僕の周りに4、5人の方々がいて、何を話していいかもわからず、ただ座っていた記憶があります。従業員の方に「Yさんとおりがみやって」と言われ、少し会話ができるようになりました。だけどおじいさんおばあさんの言葉が聞きとれず、ただ首をふっているだけでした。従業員の方々は、みんなしっかり受け答えができていてコミュニケーションが大事だと学びました。そんな1日目で、時間がすぎるのがとても早く感じました。
 2日目は、初日と違い自分から積極的に、声をかけるようにがんばりました。おじいさんおばあさんの笑顔を見ると、とてもいい気分になりました。
 Yさんとは、最初から最後までずっといっしょにいて最高に楽しかったです。
 これから自分も受験勉強にはげみたいと思います。本当にありがとうございました。


2013年11月7日(木曜日)

【福祉体験学習】

カテゴリー: 14時16分11秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

石神中学校生の福祉体験学習における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

K.Tさん

この福祉体験を終えて大変なことと、楽しいことがありました。

まず、大変なことは、車いす掃除とベッドのシーツ替えでした。車イス掃除は、利用者の食べ残しやゴミなどがついていて歯ブラシでおとすのが難しく、職員の方が車イス掃除をするのがすごく重労働だということが分りました。また、ベッドのシーツ替えでは、利用者の体のことを気遣ってすごいなと思いました。例えば、シーツが動いてベッドから落ちてけがをしないように枕元と、足元のシーツをマメ結びしてその上にスベリ止めを置くこと、柵を利用者が落ちないように外側に柵を置くという心遣いがすごいと思いました。

 これらのことから老人ホームで働く職員さんは、いろいろと利用者のことを気遣ってすごいと思いました。万葉園で体験学習ができて良かったです。本当にありがとうございました。

 

 

K.Tさん

 今回の福祉体験学習を終えていろいろ大変なことも楽しかったこともありました。

まず、大変だったことは、車イス掃除だったと思います。車イス掃除は雑巾で汚れたところをふくことです。でも汚れたところがなかなかおちなくて大変でした。また初めておばあさんとかおじいさんに話すときも、すごくあせって何も言葉がでず大変でしたが、がんばっておばあさんおじいさんと話すことができ楽しかったです。

そして、楽しかったことは、大変だったことも書いたように、おばあさんとおじいさんと話せたことと、運動会でもみんな笑い声が絶えなかったことです。この2日間はとても勉強になりました。ぼくはこのことを忘れず生きていこうと思いました。

 

Y.Hさん

 今回の福祉体験学習は、ものすごく貴重でためになる体験でした。

 初日、まず大変だったことは老人の方との会話です。やはり時代があり少し話がかみ合わず、聞くだけで精一杯でした。しかし、話をしているうちに慣れていき、コツもつかんで良く話せるようになりました。

 次に大変だったのは車イス掃除です。歯ブラシを使って丁寧に掃除しました。

 最終日には、お年寄の方々の運動会で、お手伝いをさせてもらいました。僕が見てきた運動会とは全然違いましたが、お年寄の方々が意外にも動けていたので、正直驚きました。いきなり体操を手伝えと言われた時はあせりましたが、皆さんの前に立ちやってみると楽しかったです。

 僕たちはこの福祉体験で、本当に良い体験をできました。これを将来にいかして、これから生活しようと思います。

 万葉園の皆様、本当にありがとうございました。

 

 K.Tさん

 この福祉体験学習を終えていろいろな事などをして、楽しく思えました。

 初日は、大変だったことは、利用者との会話や車イスの掃除をすることでした。利用者との会話は何を話せばいいのかがわかりませんでしたが、話しているうちにコツをつかんできて、良く話せるようになりました。車イス掃除は、ぞうきんを使い汚れのないようにきれいにしました。

 最終日は、利用者との運動会ではお手伝いをさせていただき、利用者の方々が意外にも動けていたので驚きました。

 体操の手伝いをすることになりましたが、皆さんの前に立ってやってみるとあんがい楽しかったです。

 この2日間でとても勉強になりました。僕達は福祉体験で学んだことをこれからの将来に生かしていきたいと思います。万葉園の皆様本当にありがとうございました。

 


2013年8月17日(土曜日)

【福祉体験学習】

カテゴリー: 17時39分15秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

中村第二中学校生の福祉体験学習における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

A.Hさん

2日間お世話になりました。万葉園さんに行く前は、自分にお年よりの方のお世話ができるのか、とても不安でいっぱいでした。私の親戚には、介護士をやっている人がいます。その人が“介護士はとても大変だ。”と言っていたので、どんだけ辛い仕事なのだろうと思っていました。体験に行ってみると、たくさんの事を学ぶことができました。さまざまな利用者さんがいて、その中でも寝たきりの利用者さんを見て、自分のひいおばあちゃんを思い出しました。おばあちゃんも、たくさんの介護士さんの手を借りて生活していたんだと思うと、介護士のみなさんに自然とありがとうと思いました。そして、たくさんの利用者さんの家族から感謝されている介護という仕事を、とてもかっこよく思いました。私が2日間お世話になったいきいきのフロアでは、あまりお話ができる利用者さんはいなかったけど、私のために別のフロアからわざわざ来てくれて、かぶとを折り紙でおってくれたり、一緒に花をつくってくれたり、いろいろなお話をしてくれた利用者さんもいました。利用者さんのお話しはとてもおもしろく、お話をしていて楽しかったです。知らない言葉やことわざ、昔の事、利用者さん自身のこと。たくさんのお話をしていただきました。はじめは不安でいっぱいでしたが、私のために他のフロアから来てくれて、私のためにいろいろなお話をしてくれたことが、とてもとても嬉しかったです。

 

 O.Aさん

 忙しい中私達のために時間を取っていただきありがとうございました。

お年寄りの方との接し方、ご飯やおやつの時に声をかけてからやる事など、何も分らない私に一つ一つていねいに教えてくださったりと、とても良い体験ができました。

始めはどんな事をしたらいいのか、どんな人達がいるのかなど、とても不安はありましたが、来てみると優しい職員がいてとても安心しました。何をしたらいいのか分らなくて、職員の方に迷惑をかけてしまったかもしれませんが、私にとってとても貴重な体験ができた2日間でした。

働く事の楽しさや大変さを感じながら活動する事ができました。職員の方は、おじいさんやおばあさんと笑顔で楽しそうに話をしていてすごいなあと思いました。私はそのように接する事ができなかったので、私も笑顔で接する事ができたらいいなあと思いました。

2日間という短い期間でしたが、本当にありがとうございました。まだまだ暑さが続くので、体調をくずさないようにしてください。

 

O.Aさん

 二日間お世話になりました。

最初はきんちょうしていたし、うまく話せるかなとか、うまくできるかふあんだったけど、たんとうの人がやさしくおしえてくれたり、おばあちゃんやおじいちゃんが話してくれたりして、すごく楽しく活動ができたと思います。

また、みんなでつくったおり紙やお花づくり、とても楽しかったです。この体験をいかして、将来のやくにたたせたいと思います。

ありがとうございました。


2012年11月28日(水曜日)

【高齢者介護技術講座実習】

カテゴリー: 18時09分28秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 高齢者介護技術実践講座における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

M.Mさん

初めに今回ご指導下さいました講師の方々と、実際に現場を見せて下さった万葉園スタッフの方々、利用者の方々に厚く御礼申し上げます。

いつも笑顔をたやさず、一人一人の利用者の方々に親身に向き合ってお世話なさる姿に心を動かされました。こんなにも優しいスタッフを育ててくれた、それぞれのご家族の皆様にも御礼申し上げます。また若いスタッフが、利用者のケアに心を込め介護技術を尽くし、工夫を重ねながら日々努力を続けていました。建物も開放的で明るく気持ちの良いものでした。私はこれまで介護とは縁のない生活をしてきましたが、死を迎える前には万葉園のような施設でお世話になるかもしれません。お手伝いできるうちに少しでもお役に立ちたいと思いました。

介護を敬遠している方々にも是非こうした体験を通して、介護を身近に感じていただき、介護を必要としている方々に手を貸していただけたらと思いました。

 

T.Kさん

今回高齢者介護技能と実践講座に参加させて頂きありがとうございました。コミュニケーションの取り方につきましては、名前と顔または家族構成・生活状況等が分からず大変悩みました。何も分からない者にとりましては、質問も出来ない状態です。

万葉園の職員の方々にお世話になり実習を終了する事が出来大変嬉しいです。

更に介護についての勉強をしていきたいと思います。

 ありがとうございました。


2012年10月16日(火曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 10時06分37秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

A.Sさん

私はこの2日間とてもいい体験をさせていただきました。1日目は、緊張して利用者の方とあまり話せませんでした。2日目は、入浴を見せていただきました。わからない所を詳しく教えていただきとても勉強になりました。

改めて介護士の大変さが実感しました。利用者の方と何を話していいかわからなくなってしまい戸惑いました。けれど、相手側から話かけていただいたので嬉しかったです。おむつ交換を職員と一緒にやり貴重な体験ができました。とても大変だと思いました。

この2日間で体験したことを活かして将来がんばりたいと思います。もっと介護のことが知り、利用者の方から信頼され、笑顔で明るい介護士になれるよう勉強したいと思いました。3年間働き正職員になれるようがんばっていきたいです。

2日間お世話になりました。ありがとうございました。


2012年10月11日(木曜日)

【福祉体験学習】

カテゴリー: 10時24分36秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

石神中学生の福祉体験学習における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

A.Oさん

この度は体験させていただいて本当にありがとうございました。

最初はとても緊張してしまい、自分から話しかけたりすることができませんでしたが、困っている時はみんなで助け合い、一緒に頑張っているみなさん方の姿を見て、勉強になる事がたくさんあって2日間楽しく過ごすことができました。あまり役に立つことができなかったことが本当に残念でしたが、いろいろな仕事を体験してみて、働くことの大変さや難しいこと、楽しいことなどさまざまなことを学ぶことができました。

おばあちゃん方に学んだ知識などを活かして今後の生活を送っていきたいと思います。

2日間、本当にありがとうございました。

 

 

R.Sさん

この体験学習で私はたくさんの事を学びました。最初来た時とても緊張していたけれど、とても温かく迎えてくれて、本当にうれしかったです。お年寄りの方達と最初は慣れず、あまり話せなかったけれど、後から慣れてきてお話しが楽しくできました。職員の方々も本当に優しく、たくさんの知識を学べてとても良かったです。私の将来の夢は、福祉関係の仕事に就くことです。昨日と今日と体験をして私も万葉園の職員みたいに、お年寄りと触れ合える職に就きたいと思いました。短い時間でしたが、みなさんとお話することができて良かったです。

本当にありがとうございました。


2012年8月28日(火曜日)

【南相馬福祉会ホームヘルパー2級養成講座 施設実習】

カテゴリー: 15時34分42秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

南相馬福祉会ホームヘルパー2級養成講座における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

 

KSさん

 担当の利用者さんみんなに目を配る大変さを感じました。つい、一人の利用者さんと話すと他の方になかなか目が届かず、「座る時は全員が見える所に居て」と言われ、日頃の行動から注意を払わなければならないんだなと思いました。

 利用者さん一人一人の個性もしっかり理解しなければならないですし、体も心も使う仕事だと改めて思いました。

 利用者さんの体の状態にも気を使いながら、トイレの介助でも用を足したのか?なども見ながら介助するのは大変だなと思いました。

 2日間、お世話になりました。

 

 

KKさん

 2日間の実習で感じたことは、会話がうまく出来なかったことです。利用者さん全員が話をできる訳ではないので、話の出来ない利用者さんには、ほとんど話しかけられませんでした。会話の出来る利用者さんとは、2日目にはなんとか話を出来ましたが、いまいち自分では納得出来ません。頭では分かっているつもりなんですが、実際やってみると、何も出来なかったと思います。

 入浴介助を見学して、職員の手際の良さにはびっくりしました。自分がヘルパーになったらあんな風になりたいと思いました。

 2日間でうれしかったことがあります。利用者さんに名前で呼んでもらえたことが、すごくうれしかったです。

 2日間お世話になりました。ありがとうございました

 

 

SSさん

 2日間という短い期間ではありましたが、実際の福祉の現場を見学させていただき、様々なことを得ることができました。移乗や入浴介助、口腔ケアなどのポイントや重要性など、事細かに教えていただき、とても勉強になりました。また実際に食事介助を行ってみて、利用者さんのペースに合わせることや、声掛けなどの大切さを知ることができました。

 技術の面だけではなく、介護者としての心構え、「あいさつ、言葉使い、態度」やコミュニケーションの意味などを学ぶことができました。

 今回の実習で学んだことを活かして、今後も頑張りたいと思います。

  2日間ありがとうございました。


2012年8月16日(木曜日)

【福祉の職場体験事業 施設実習】

カテゴリー: 13時42分47秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

福祉の職場体験事業おける実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

 T.Nさん

 

 85

介護というものがあまり分からず、辛いとか大変だとかそういうイメージがとても多くて私には、果たして出来るのだろうかと不安ばかりでした。介護というものに対して、とても暗い感じがしましたが、みなさんとても明るくて、介護する方も、介護される方もお互いに同じ目線で一人一人をとても大事にしているのだと痛感させられました。

私も家で父の介護する時、少しでも本人の気持ちを尊重しようと思います。お世話になりました。いろいろ教えてくださって感謝しています。

 

 812

おむつ交換をしましたが、見ているとテキパキとしているので、私も簡単に出来るものだと思いましたが、実際やってみるともう頭の中が真っ白になり、段取りがすべて忘れてしまいました。手つきがしどろもどろになって迷惑をかけてしまい、申し訳なかったと思います。たった2回の介護体験で、すべてが分かったような勘違いをしてしまいました。

実際、毎日介護の仕事となると、大変なんだと痛切に思ってしましました。ありがとうございました。


2012年8月1日(水曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 18時12分57秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

R.Eさん

特別養護老人ホームは、時間で事務的に仕事を行い、利用者さんとあまり係わる事が難しいようなイメージがあったのですが、万葉園で2日間体験学習をさせて頂き、とても家庭的な雰囲気で利用者さん達がいらっしゃる事に驚きました。

 食事の時は炊飯器でご飯を炊き、夕食にはお味噌汁を利用者さんがよそい、洗濯物を畳んだり、利用者さんが家庭で行ったり、家庭にいればそうである様な所が、とても落ち着きました。

 利用者さんに無理をさせなく、自分で出来る事は、自分でやろうとする様な言葉掛けなど、とても良かったと思います。

万葉園で勉強できて、とても良かったと思いました。

 

 

 S.Sさん

初めての特別養護老人ホームで緊張しました。案内された施設は掃除が行き届いていて、特に床がピカピカでした。言葉を話すことのできない利用者さんは、表情や声音やしぐさで訴えていて、職員の方達はしっかりと受けとめていて、心のこもった介助を行っていて、おもてなしの介助を提供していて感心しました。

教科書よりも、理想的な介助で、常に一声一声にあたたかみがあり、了解を得てから動作に入り、相手を尊重しながら、ゆとりのあるペースで常に観察しながら目配り、心配り、気配りを提供され、利用者さん主体の介助を実行し、特に排泄の羞恥心、オムツではなくパンツを使用されて快適に過ごせるよう、常に利用者さん中心の介助を行っていました。実習にご協力頂いた利用者さん、ご指導頂いた職員の方々、ありがとうございました。お世話になりました。


2012年2月3日(金曜日)

【相馬高等学校施設体験学習】

カテゴリー: 10時18分10秒

相馬農業高等学校の学生さんが(1月24日〜26日)体験学習に来園されました。感想を頂きましたのでご紹介します。

 

「万葉園」

 今回のインターンシップでは、今までになかった、とても身になる勉強をさせて頂きました。元々福祉の仕事に興味があったので、今回体験学習をさせてもらってとても嬉しく思います。中学生の時にも、老人ホームで体験学習をさせてもらって、その時の経験が少しでも活かせれば良かったと思います。初日はとても緊張して、利用者さんとのコミュニケーションもうまくいかず、正直何を話していいのか分かりませんでした。でも指導者や他の職員の皆さんが優しく接してくれて、施設の中を色々と案内してくれて、とても嬉しかったです。2日目は、だんだん緊張もとけてきて、初日より利用者さんと長くたくさんの話をすることができました。僕の事を覚えてくれた人もいたので、とてもやりやすかったです。そして最終日には、施設の雰囲気にもだいぶ慣れてこれたので、3日間で一番楽しかったし、とても勉強になったと思います。もし将来、自分が介護の仕事に就いた時には今回の経験を活かして、がんばっていきたいです。

 相馬農業高等学校M・Tさん

 

「たんぽぽ」

 3日間いい体験ができました。初めは緊張しておじいさん、おばあさんとうまくコミュニケーションがとれませんでした。けれど皆さんが優しくしてくれたので良かったです。2日目はおじいさん、おばあさんと一緒にボウリング・風船バレーができて楽しかったです。ちょっとずつ話せてきて嬉しかったです。3日目はおばあさんと一緒に縫い物をしました。教えてもらいながらやりました。3日間本当に色々勉強になりました。介護士になるためにはコミュニケーションが一番大事なのがこの3日間で学びました。おじいさん、おばあさんと会話する場合は、姿勢を低くして目線を合わせることや笑顔を絶やさず行動をするなど、たくさんのことが勉強になりました。防災訓練という貴重な体験もしました。インターンシップで学んだことを活かしてこれからがんばっていきたいです。介護士になれるよう勉強をきちんとやり、いろんな資格を取りたいと思います。3日間本当にありがとうございました。いい経験ができ良かったです。おじいさん・おばあさんこれからも元気でいてくださいね。介護士になることを諦めないでがんばります。

相馬農業高等学校SAさん

 

「たんぽぽ」 

まずはインターンシップという貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました。想像していたよりもみなさんお元気で自立できていたので驚きました。

 初日は、何も分からず利用者のみなさんとコミュニケーションをとることが出来ませんでした。リハビリ体操も初めてで緊張しました。絵本の読み聞かせも利用者のみなさんに聞こえるかなと不安になりました。

 二日目は、初日よりも全体的に落ち着いて行動することが出来ました。ボウリングを利用者みなさんと一緒に楽しみました。また事務関係の仕事の方をメインに勉強させていただきとても勉強になりました。

 三日目は、自分から進んで利用者のみなさんの熱を測りコミュニケーションをとることが出来ました。午後からは防災訓練を行いとても貴重な体験をさせていただきました。

 また、三日間の中で思い出に残っているのは、利用者の方と買い物に行ったり風船バレーボールを楽しんだり昼食を一緒に食べたことです。

 このインターンシップを通して数えきれないぐらいたくさんの事を勉強させていただき将来の進路に向けてとても参考になりました。三日間ありがとうございました。   

相馬農業高等学校T・Sさん


2010年12月27日(月曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 17時35分17秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

  ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

R.Wさん

 私は今回の2日間が実習の初体験でした。私は祖母が2年前になくなりましたが、3年程施設ですごしていました。たまに子供達を連れて面会に行くと、なんて楽しくて、皆さんが親切で、こんなにすごしやすいところで祖母のこと安心だと思っていました。私は10月からニチイで学習して、初めて職員の方々の仕事や利用者さん達を見て、外から見るのとは違うのを感じました。職員の方々は利用者さん1人ひとりのこと、本当によくわかっているなと感じました。これはニチイのテキストを見て学習しても、私にはわからないことだったと思いました。あらためて職員の皆様はすごいと思いました。そして利用者さんもみんな、こんな役に立たない私の相手をして下さってありがとうございました。

 

K.Kさん

実は、実習の日程が決った時から自信がなく心配でいっぱいでした。しかし、施設の明るい雰囲気と、家庭的なゆったりとした空気が感じられ、少し肩の力が抜けた気がします。

利用者さんの気持ちを考えての介護が、いろいろ感じられました。常に、声かけやコミュニケーションをとっている事です。言葉一つ一つに暖かさを感じられました。おむつ交換にしても、見た目にはわからない様な配慮をしていて、考えさせられました。服装も白衣のようではなく、普通の家を感じられるもので、安心感がありました。

2日間の実習で、職員の方々の気配りや、声かけ、目配りなど、「家庭的な雰囲気」という印象が、一番感じられた事でした。

親切にご指導して下さって、本当に感謝します。

ありがとうございました。


2010年11月26日(金曜日)

【真野小学校6年生の皆さんの訪問】

カテゴリー: 23時28分59秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 1116日(火)の昼下がり、真野小学校の元気な子供たちが、「総合的な学習の時間」として来園しました。

今年度の6年生は19名とのことで、施設長から説明を受けたあと、4つのグループに分かれて、エリアに入って活動していただきました。

2010真野小 2010真野小 

“初対面のお年寄りと何か話をするように言われても、なかなか難しいことだろうなぁ…”と思って様子を見ていると、驚いたことに、積極的に自己紹介を始め、それぞれ作ってきたお花や千羽鶴などをプレゼントし、どんどん話しかけているではありませんか!!

 

 その後も、車椅子の操作を実際に体験してもらい、大食堂にて、歌や笛の演奏などを披露していただきました。believe」や「翼をください」など、手話を交えての歌に、ご利用者の方だけでなく、聴いていた職員もうるうる…。子供たちの一生懸命な姿に、心が温まる思いでした。

 2010真野小 2010真野小 

 

 最後に、ご利用者の皆さん一人ひとりと握手していただきました。感極まったご利用者の方が、手を握ったまま離さずにいると、困ったような、照れくさいような顔をしながらも、ずっと握ってくれている姿に、またまた目頭が熱くなってしまいました。

 2010真野小 2010真野小 

 

 真野小学校の子供たちには、毎年、納涼祭で万葉太鼓を披露していただいているのですが、改めて、素直で前向きな姿勢に感動しました。

 また、いつでも遊びに来てくださいね!

【文:鹿山 奈美】


2010年10月8日(金曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 09時34分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

M.Wさん

 前回よりも利用者さんとのコミュニケーションが上手くとれたと思うが、職員の方々を見てると利用者さんとのスキンシップをとる中で色々観察をし、瞬時に判断をしている事に気付いた。

私は一つの事をやってるとその事で頭がいっぱいになってしまい周りの事が疎かになっていたので改めて介護の難しさを学んだ。もう少し余裕を持って利用者さんの希望に添えるように介護をできるようになるにはまだまだ努力が必要だと感じた。

利用者さんにも自分にもなるべく負担が少なくなるような介助の仕方をもっと勉強したいと思った。

利用者さんと職員さんとの信頼関係がしっかりできており、それが安全な介護に繋がっているんだなと感じた。私もそんな風に利用者さんと接し、介護ができる職員の方々に親切に指導していただきとても感謝しております。

大変ありがとうございました。

 

Y.Hさん

7日間の実習を終えて、前回の2日間の実習では体験できなかったこと学べなかったことをより多くの体験や学ぶことができました。

初めの2日間は、ふるさとエリアで実習を行い、利用者さんとのコミュ二ケーションをとる上で、利用者さんを怒らせてしまった際の対応が上手くできず職員の方にアドバイスをいただき対応することができました。利用者さんにわかりやすく、納得していただける説明が大切であることを学びました。

3日目、4日目には、いきいきエリアでの実習でした。利用者さんとの会話の中で話しがかみ合わない場合には、利用者さんに合わせて会話をして、理解できない方にも言葉をかけることが大切なのだと学びました。いつでも周囲に目を配り利用者さんの行動に合わせ、場面場面の対応が大事であることを学びました。

最後の3日間は、前回と同じあおぞらエリアでの実習となりました。食事・入浴・排泄の見学・体験で、職員の方にアドバイスをいただきながらポイントなどわかりやすく教えていただきました。それぞれのエリアで教えていただいたことは同じではなく、利用者さん一人ひとり合わせた介助を教えていただきました。

この実習を通して、その場その場での利用者さん一人ひとりに合った介護を見つけ、利用者さんとの信頼関係や職員同士の協力が大事だということを学ぶことができました。

前回2日間と今回の7日間実習をさせていただき、本当にありがとうございました。この実習で学んだことを今後に活かしていきたいと思います。


2010年9月29日(水曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 13時48分56秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

M.Tさん

 とても明るい雰囲気でアットホーム。初日のオリエンテーション時に聞いたままでした。利用者さんの性格やすきな色までスタッフが覚え、個々に合わせたケアをしており感心しました。

 声掛けに関しても、一動作一声、きっちりと利用者さんと呼吸を合わせた介護をしておりとても勉強になりました。

 認知症のある利用者さんに対しても納得がいくまで説明をし、お互いの信頼関係があってこそのケアだと思いました。また、看護職員さん、介助員さん、隣のエリアのスタッフさん、事務職員さん、皆と連携がとれておりチームケアの大切さを知りました。

 余暇活動についても皆で楽しめる様、明るく広いスペースでとても参考になりました。

この機会を提供してくださいまして本当にありがとうございました。

 今後に生かしていきたいと思います。

 

S.Yさん

入った瞬間、とても感じ良く、清潔感漂う玄関先でした。勿論施設内部も拝見させていただきました。利用者とスタッフのコミュニケーションも目を細めて伺っておりました。

スタッフの方々のキビキビした動作や利用者さんに語りかける態度は素晴らしいものです。

何のお手伝いも出来ず、只見守るだけの研修の2日間でしたが、様々な利用者さんの顔が一人一人浮んできます。車椅子ごとの入浴体験をさせてもらいました。想像もしていなかった利用者さんの「ホッ」とした様な姿でした。

施設の職員の方々の御多忙の中、私達のために親切に御指導していただき、2日間を終える事が出来ました。

ありがとうございました。


2010年8月25日(水曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 17時52分44秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

M.Wさん

今まで学校で学んできた実技とは違って実際に利用者さんを介助する上で、それぞれ状態の違いを把握して介助を行わなければならない難しさや自分でできる事は少しでも利用者さん本人にやってもらい可能性を引き出し普通の生活に近づけるという事を学びました。

何でもやってしまいがちだったがそれでは利用者さんの為にならないんだと反省しました。

車イスへの移乗介助や入浴介助、オムツ交換、口腔ケア、食事介助など実際に体験させていただきとても勉強になりました。

親切に教えて下さった職員の方々に感謝しております。ありがとうございました。資格を取得して早く働きたいと思いました。

一日目は緊張もあり声掛けや笑顔を忘れがちでしたが、二日目は自然と笑顔になれて利用者さんともコミュニケーションがとれました。

利用者さんの笑顔にとても元気づけられました。

 

  H.Yさん

2日間の実習を通して、まず、利用者さんへの自己紹介で、聞き取りやすい、はっきり・ゆっくり話すことが大事だということを気づくことができました。利用者さんとのコミュニケーションをとる上で、会話などを楽しみながら、少しでも信頼関係につながっていくのだと感じました。

利用者さんに接する中で、私自身、どうしたらよいのかと少し不安な気持ちで接する時に、利用者さんにも不安をあたえてしまっていたことに後で気づき、次、不安をあたえないよう自分自身の不安をとりのぞいて、利用者さんが安心できる介助を心がけたいです。

実習の中で、利用者さんのできることを私がしてしまい、積極性や意欲を邪魔してしまい、一人ひとりのできることを伸ばしてあげられる介護・相手の気持ちを考え、理解した上でその人に合った介護を見つけていきたいと思いました。

実習の経験を大切に、今後に活かしていきたいです。

2日間、ご指導ありがとうございました。今後も、ご指導よろしくお願いいたします。


2010年8月18日(水曜日)

【平成22年度サマーショートボランティアスクール】

カテゴリー: 20時06分14秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 82日〜4日、鹿島中学校生がボランティアを行いました。感想を頂きましたので紹介します。

N.Kさん

ボランティア活動は初めてで、老人の方々と接する機会も少なかったので、すごく緊張していました。しかし、施設の介護士さん達や、老人の方々はとても優しく、私に分りやすく、話をして下さりました。

仕事を手伝う時は、くわしくそのやり方を教えて下さったり、少し時間が空いた時には、ここでしかすることのできない体験をさせて下さったりと、とてもいい勉強になったと思います。コミュニケーションの場では、人と会話をするのが苦手な私に、「こうするといい」という具体的なアドバイスをくれたり、また老人の方々から話しかけてきて下さったりと、とても優しく接してくれました。そのおかげで、3日間緊張しながらではあったものの、楽しく過ごすことができました。

老人と過ごすことのなかった私ですが、この体験でさまざまな障害を互いにもっていても、同じ空間で生活するということはとても楽しく嬉しいことだと実感することができました。

私はこの施設に来て、本当によかったと思います。

 

A.Oさん

 長いようで短かったこの、“ サマーショートボランティア ”を通し、たくさんの人達と接してきました。その中で、職員の方々からは、仕事をする大変さや厳しさ、人々と接する時の優しさや親切さ等を身をもって知ることが出来ました。利用者の方からは、昔の頃の服装や髪形の話等、昔をふり返って教えてくれました。私には、経験した事がない話だったので、とても新鮮でした。

この三日間を通して、学んだことはたくさんあります。

一日目は、初めて老人ホームという所に来て、利用者の方とお話をしたり、洗濯物をたたんだり、利用者の方のベッドのシーツを取り替えたりしました。

二日目は、歌謡クラブに行き、良い声を聞いたり、消毒液を取り替えたりしました。

三日目は、お茶を入れてあげたり、車いすの移動をしたりしました。このようなたくさんの経験をし、これからの人生で役立てていきたいです。

最後に、職員の皆さんや利用者の方々には大変お世話になりました。また、会う機会があれば幸いです。


2010年8月5日(木曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 15時36分58秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。感想を頂きましたので紹介します。

 

 

K.Yさん

実習にあたっての心構えのお話が丁ねいにあり、1日のスケジュール説明を受けたので、ドキドキの気持がほぐれ入る事が出来ました。1日目―エリアで、利用者さんとのコミュニケーション、見守、出来ない方の食事介助等の学習になり、感じた事は、利用者さん、ひとり、ひとりを知る事、そしてその方に合った介助になる事を改めて学びました。職員の方達の目くばり、気くばりはすばらしく緊張をもっての仕事の中、自然と出る“ ほっ ”とする様な言葉かけは利用者さんを和ませていると感じました。

2日目 930分〜前日と同じエリアだったのでコミュニケーションはスムーズになっていました。930分〜おむつ交換の実習は利用者さんの了解を得ての交換にひと動作、ひと声をかけ、羞恥心に配慮しながらの指導、拘縮のある方の交換では筋肉の運動も兼ねて行っているとか配慮はどこまでもあると感じました。口腔ケアの介助学習は移乗から始まり、ベッドではなく洗面台行なわれるのを知りました。入浴介助も了解を得、行われ、ゆったりとしたスペースでコミュニケーションをとりながら、お湯の温度、転とうに注意し、洗いは上から下へ等を学びました。介護する母があったので母の為、私の為と受講した動機でしたが、これからは少しでも勉強した事が役に立てればと思うようになっております。

 

R.Sさん

726日、27日と施設実習をさせていただきまして、ありがとうございました。まず、施設に入っての1番最初に思ったことは、“ 家 ”そのものということでした。リビングがあり、個々の部屋があり、ご飯をよそって食べる・・・等。

入所者さんにとっての“ 家 ”とは、習ってはいましたが、改めて実感することができました。

また、病院で働いている私にとって、一番感じたことは、“ 自由 ”であるということでした。さまざまな状況や状態、環境の違いにもよりますが、入所者さんにとって、施設での生活は、病院とは違い、“ 自分 ”でいれる場所だと思いました。施設の空き待ちで、病院に入院している方にも、早く、入所して、自分らしい生活を送れるようにしてもらいたいなと思いました。

入所者さんに対しての介護者が、少ないと思い、同じ介護者の立場から、大変だと思いました。その中でも笑顔にあふれ、言動、行動から愛情を感じることができました。

楽しい2日間の実習を送ることができました。忙しい中、実習を受け入れていただき、本当に感謝しています。まだまだ暑い日が続きますので、みなさまお元気でいて下さい。

本当にお世話になりました。ありがとうございました。


2010年7月10日(土曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 19時55分17秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 ニチイ学館福島校の訪問介護員養成研修における実習を行いました。体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

 

T.Eさん

施設は、とてもきれいで掃除も行き届いており、通路も広く明かりも良く入る建物という印象でした。床に無駄な物を置いていない所も良かったです。また、利用者さんが起き上がったり、部屋を出た時に知らせてくれるセンサーがついていたので、一人ひとりの行動をいち早く知ることができるのもすばらしいと思いました。ただ、お風呂のカビが気になりました。職員さんは、担当している利用者さんの状態を細かくチェックしており、一人ひとり介助方法を変えながら柔軟に対応しているといった印象をうけました。授業で習ったことと現場の差はやはりあり、基本は同じなのですが、そこからいかに自分たちが作業しやすいように、利用者さんに負担をかけないようにという応用力も求められるのだと思いました。そして何より大切なのは、利用者さんとのコミュニケーションや声かけだということを学びました。なにげないことでも会話をしてみたり、何か介助をする前には必ず声をかけるようにしようと思いました。利用者さんの意思を尊重することもとても重要であり、動作の前にいいですか?と聞くことの必要性も改めて実感しました。

今回の実習では、技術面だけでなく人と人との関わり方を学ぶことができました。流れ作業として介助を行うのではなく、その中で相手を尊重することや、コミュニケーションを取って笑い合うことが大事だと思いました。利用者さんからありがとうと言われたり、優しい言葉をかけていただいた時の気持ちを忘れずに、2日間の体験を今後役立てていきたいと思います。

 

 

M.Kさん

施設実習初日は利用者さんとコミュニケーションをとるようにと職員の方に言われ、利用者さんのとなりにすわりましたが、なかなか言葉が出て来なく緊張してしまいました。そのせいで逆に利用者さんに気を使わせてしまったのではないかと思います。二日目からはなるべく、色々な方と話をし、自分から進んで声をかけようと思いました。それが一番自分の課題になったと思います。

施設の様子は開放的で明るく、利用者がのびのびとすごされて、とてもゆっくりと時間が流れているようなイメージをもちましたが、職員の方がつねに利用者さんに気を払っていて、生活しやすいように支えているのだなと感じました。

二日間という短い実習を終えて、入浴介助、食事介助などを見学・体験をさせてもらい、教科書と現場でやるのとではまったく違い、私は戸まどってばかりいてあまり役立っていなかったなあと思います。でもとても良い体験をさせてもらい学んだ事も多かったのでとても充実していたと感じました。

今回の体験で何をするにも利用者さんと同じ目線で見ることが大切なんだと思いました。

私の今の仕事にも役立てるようにしていきたいと思います。


2010年6月3日(木曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 13時14分05秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

ニチイ学館福島校の受講生がヘルパー2級の施設実習を行いました。体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

 

N.Mさん

実習、体験学習を2日間体験、見学させていただきました。実習の始めに施設長にあいさつした際に、認知症の利用者さんが多いので、肉体労働ではなく認知症の方への支援のあり方を学んでいってほしいとお話がありました。初めての施設実習だったので緊張していて、利用者さんともうまくコミュニケーションをとる事ができませんでした。利用者さんの中には認知症が重度の方もおり、話かけても答えてもらえずどうしていいかわからない場面に何度も戸惑いました。認知症の利用者さんの支援は大変だなぁと思いましたが、時間もたって慣れてくると利用者さんの方からも声をかけていただいたり、少しお手伝いをしてあげると笑顔でありがとうとお礼を言われる事もあり、うれしい一面もありました。

この2日間の実習で私が学んだ事は、先輩ヘルパーさんからの一言もありますが、利用者さんが認知症であっても、不安にならないように声かけをすることが大切だと言う事を教わりました。利用者さん本人のペースでの食事の介助、利用者さんの本人に合ったペースでの過ごし方なども見学でき、よい体験になりました。

今回の実習が、もし自分が働く際に、積極的に取り組んでいけるように自分に身につけたいと思います。

 

M.Sさん

2日間施設実習をさせていただいて、ありがとうございました。職員さんはじめ、利用者の方々のご協力で丁寧にわかりやすく教えていただきまして、とても楽しく勉強することができました。

この2日間で、利用者の方とのコミュニケーション、食事介助、排泄介助、入浴介助(リフト浴・機械浴)を見学させていただきました。

正直、始めはとても不安でしたが、職員さんの利用者の方への接し方を見てると、施設のよい雰囲気が伝わってきて、2日間とても安心して学ぶ事ができました。

利用者の方のペース(過ごしやすさ)に合わせて職員さんが動き、体も心も密着して介助することがとてもよいことだとわかりました。

初めて“ひげそり”を体験しましたし、食事介助では思ったよりもうまくできました。実習の終わりの際には「気をつけて帰って下さいね」と利用者の方に声をかけてもらい、とてもうれしかったです。

この2日間で学んだことにより、成長することができました。今回の体験を今後の仕事にいかしていきたいと思います。

 

M.Sさん

今回、実習ということで2日間お世話になりました。

初めは不安と緊張でいっぱいで、職員の方に利用者さんとお話しして下さいと言われて、なかなか声をかけられないでいると利用者さんから声をかけて下さって、すこし緊張がほぐれお話し出来る様になりました。

職員さんと利用者さんとの楽しい会話を聞いていて、コミュニケーションが一番の信頼関係につながっているんだと感じました。

お茶出し、お膳出しをした時に利用者さんから「ありがとう」とニッコリ笑って言われた時すごくうれしくなり、グッと込みあげてくるものがあり、ニチイの先生からやりがいのある仕事だよと言われた意味がすこしわかった様な気がしました。

2日間の実習でしたが職員の方と利用者さんに助けていただいて無事実習を終えることが出来ました。また職員の皆さんに忙しい中優しく指導して下さって本当にありがとうございました。

 

E.Sさん

希望と不安の中、実習へ向かいました。どちらかと言うと、不安でいっぱいでした。スクーリングを終えてから初めての施設実習を体験することになり、先輩達からいろいろなことを学ぼうと必死でした。ところが緊張感と共に、自分の利用者さんへの声かけがうまく出来ず、戸惑いが大きかったです。実習の中で利用者さんとの、コミュニケーションでは、私なりに声かけをしてみましたが、利用者さんのほうから教えられる事もあり、名前も覚えることができて一日一緒に居て、とても親近感を覚えました。食事介助も一緒にやらせて頂き、会話の中、楽しく過ごせました。

入浴介助見学では、とても緊張感を覚えました。手際良く介助する職員に頭が下がりました。実際に現場に入り、机上での学習と違い、ゆっくりひとりについてお世話することが出来ず、その現実を受け止めなくてはならないと痛感しました。

私は家族介護を目的として、介護の勉強をさせてもらいました。とても有意義な時間でした。お世話になり、本当にありがとうございました。

 

T.Kさん

万葉園で実習させていただき、ありがとうございました。

実習をして感じたことは、まず「雰囲気が明るい」ということです。造りが新しく、天井に窓があり、壁には利用者の方や花、景色、猫の写真が飾られていたり、テーブルには利用者が作った押し花が貼られていたりと、楽しいと感じられる明るい生活空間が作られているなと思いました。そして何より職員の方が明るくて思いやりのあるやさしい方が多いように感じました。利用者の方を笑わせたり、応援したりする職員さんと、それにともない、少し生き生きとした利用者さんの姿も見られました。エリアが4つ一直線に繋がっているというのは、見通しが良くにぎやかで空間に閉塞感が無くて良いなと思いました。

私は他施設で働いた経験があり、特養の業務は知っていた事が多いのですが、万葉園はゆったり、せかせかしない雰囲気で業務に追われることなく、利用者ひとりひとりへの生活を支えていけると感じました。例えば、入浴ではエリアの職員がマンツーマンで入浴介助ができるので、利用者の状態を常に知った状態で介護しやすいという点です。

職員さんには、利用者さんの意思決定を尊重することや、利用者の残存機能をできるだけつかってもらうなどのことを教わりました。

職員さんが親切で、大変実習がしやすかったです。ありがとうございました。


2010年3月23日(火曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 09時16分40秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

2月にニチイ学館福島校の受講生がヘルパー2級の体験学習を行いました。体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

 

H.Kさん

 不安と緊張の中での実習でした。利用者さんとのコミュニケーションを図ることは大変難しいことでしたが、職員の方々の適切なアドバイスを受け、肩の力を抜くことができました。それからは利用者さんのペースに合わせ接することができ、楽しくお話しすることができました。有意義な2日間を送ることができ感動しております。

 私の携わった“ふるさとエリア”では意思疎通の困難な利用者さんが多い中で、職員の方々は笑顔を絶やすことなくお話をされておられました。

 初日は節分の日に当たり、赤鬼・青鬼が現れ、豆撒きが行われました。利用者さんの顔もほころび、笑い声が響き、楽しい時間を過ごされたことと思われます。まさに「家庭の雰囲気」を感じることができました。

 環境面に於いても、まわりが閑静で広々としており大変落ち着きます。施設内は明るく、安らぎの空間があり、ゆったりとした時間を送ることができました。職員の方々の意欲的な姿勢と真剣な行動を目の当たりにし、これが公共性の高い職務に従事する者の誇りだと感じました。

 短い時間ではありましたが、実習での経験を元に精進してゆきたいと思います。

 2日間の貴重な体験をさせて頂きまして、有難うございました。

 

T.Mさん

 二日間をとおして感じたことは、職員さんの利用者さんに対する対応が利用者さんの事を想って対応していらっしゃるという事です。利用者さん一人ひとりをとても理解してコミュニケーションがとれているからこそ的確に行動ができるのだと感じました。そして職員さん同士のコミュニケーションがとれており、皆で協力して仕事をされているのが施設全体の雰囲気から感じとることができ、理想の職場だと思いました。

 主には利用者さんとのコミュニケーションでしたが、そのコミュニケーションが何より大事なんだと改めて感じることができました。職員の方々にもお忙しい中、質問させていただく時間をとっていただきまして大変感謝しております。

 今回、少しだけではありましたが、入浴介助やおむつ交換、移乗などを見学、体験させていただき、とても勉強になりました。この経験を生かしてこれからの実習を行っていきたいと思います。二日間という短い時間ではありましたが、とても内容の濃い実習をさせていただき、職員の皆様にはとても感謝しております。ありがとうございました。

 

J.Sさん

 1日目、2日目と日にちが経つにつれて、職員さんの動きや言葉使い等、見習わなくてはと思えることが、見えてきたというか、分かってきました。

 2日目の実習・体験学習では、入浴、オムツ交換と見学させて頂き、大変勉強になりました。全体的に、家庭的であたたかな所であり、ゆったりと過ごせる、もう一つの自分の家のようです。

 施設長さんからのいろいろなお話やアドバイスは、とても前向きに未来に向かって頑張ろうと言う気持ちにさせていただきました。2日間という短い時間だったかも知れませんが、明日に向かって職員の皆さん、施設長さんの一言一言を心に、次の仕事(介護関係)に頑張ろうと思います。

 大切な一人ひとりの生命をあずかる仕事ですので心を引き締めて、しっかり頑張る事を誓いたいと思います。本当にありがとうございました。

 

M.Sさん

 万葉園の施設長様、また職員の人達には不慣れな私に親切に対応して頂き、大変御世話になりました。

 施設の実習がとても不安でしたが、利用者さん達が気軽に話しかけてくれたので、すごく心が安らぎを感じ、とても良いコミュニケーションがとれました。施設内が明るく天井は高く開放感があって、とても気持ちが良かったです。

 実習では、利用者さんと直接的な、はだのふれあいの大変さと信頼関係をとることが一番難しいと思いました。実習中に職員さんが言っていた言葉で印象的だったのが「介護は言葉ではなく、関わってみないとわからない」という言葉です。聞いたとき、まさにこの仕事の根本的な部分に触れたような気がしました。

 万葉園の運営方針に、

 1、私たちは、ご利用者の安心、ゆとりある生活を広げます。

 2、私たちは、ご利用者の安らぎのある生活を大切にします。

 3、私たちは、ご利用者と楽しみ、悩み、そして喜びを分かち合います。

 4、私たちは、ご利用者に思いやり、気配りのあるケアを提供します。

 とありますが、このような方針を職員さん達が、体で理解して仕事をしている様子がとても伝わって来ました。貴重な体験をさせて頂き有難うございました。


2010年1月18日(月曜日)

【ニチイ学館施設実習】

カテゴリー: 18時11分51秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 12月に3名のニチイ学館福島校の受講生がヘルパー2級の体験学習を行いました。体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

 

K.Iさん

2日間の実習体験をさせていただき、まず第一に気付いた事はアットホームな施設だと思いました。利用者さんはもとより、職員の皆様も一様に、ひとつの家族になっているのだと感じました。

 「目くばり」「気くばり」「声掛け」の大切さも職員の方々より頭で覚えるのではなく体験でじっくり教えていただきました。

 言葉では少し無理な方でも身ぶりで、伝えて分かってくれた時の喜びもひとしおでした。御飯もホールで炊いていて匂いでも感じる事が出来るのは、とても良い事だと思いました。ほんの入口だけ位の実習お手伝いでしたが、これからもボランティアや職業として皆様のお世話が出来ればと思っております。

 

M.Sさん

 今回、実習という形で利用者の皆様と2日間を過ごさせて頂きました。自分が一番印象に感じたのが、開放感にあふれていて、束縛感のない過ごし方をされていた部分がとても良く感じました。

 始めは自分の中でデイサービスという形で、一日の流れを通して、自立出来るようにしていくのが理想と思っていたのですが、この施設体験を通して感じたのは、個人の生活を施設のスケジュールに無理に合わせるのではなく、普通の暮らし方という形で提供して、その中でのびる部分を検証しながらプログラム等を進めていく方針がすごく気に入ってます。

 利用者とのコミュニケーションはあまり取れないものと考えがあったので、色々と楽しく、そしてじっくりと会話をする事が出来たのも貴重な体験でした。

今は求職期間を利用して資格を取得中の身ですが、出来ればこの職種に携われたらと考えております。

今回は本当に貴重な体験をさせて頂きましてありがとうございました。

 

S.Mさん

施設内がとても明るく高い天窓が広々とした雰囲気を作り、開放感があって、入所している方も働いている方も皆さんゆったりした気持ちになれるのかなと思いました。実は不安な気持ちで実習に入りましたが、この開放感で緊張が少しほぐれた気がします。

 職員の方は若い人ばかりで、しかもきびきびと仕事をこなしている姿には驚きました。年齢的には、おじいちゃん・おばあちゃんと孫のような関係ですが、入所されている方が寄せる信頼は年齢差を越えてすごく厚いものだと思います。職員の方々の連携もスムーズで、チームワークの良さ、働きやすい環境、制度、人間関係などがこの信頼につながっているのだと感じました。

驚きはもう一つあります。昼食を全員で一緒に食べる事です。職員の方がごはんをよそって渡しているのを見ると、家族と過ごしているような感じで家庭的であたたかいと思いました。

健常者でも共同生活は難しいのですが、障がいがそれぞれ違う入所者の方は、なおさら大変だと思います。それを支える職員の方のご苦労には頭が下がります。

今回、運良く紙芝居のアンパンマン一座の公演も見せて頂きました。保育園児との交流がインフルエンザの流行でのびているとの事ですが、園児の皆さんも楽しみにしていると思いますので、頑張ってください。

何一つお役に立てず終わってしまい申し訳なく思っています。皆様のご健康、ご多幸お祈り致しますと共に、勉強の場を与えていただいた事に感謝申し上げます。


2009年12月2日(水曜日)

ニチイ学館施設実習

カテゴリー: 16時17分05秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

11月中に4名のニチイ学館福島校の受講生がヘルパー2級の施設実習を行いました。実習についての感想を頂きましたので紹介します。

 

Y.Kさん

実習を終えて、ニチイで教えて頂いたことを復習しながらと思っていましたが、現場は現場の方法があり、又、一人一人に合わせた工夫がしてあり、あらためて勉強させて頂きました。本当に頭のさがる思いです。

二日目にオフロの入れ方、オムツ交換、衣服の着脱を教わりながら、常に身体に異状がないか心配りをしている事に、自分もそのように心配りが出来るようにしようと思いました。

食事もお茶の時間もゆったりとした時間の中でできることは、入所している人達もすごく良い時間だと思います。

皆さん忙しく動いている中、やさしく親切に指導して頂きありがとうございました。

 

K.Fさん

 初日は緊張して来ましたが、職員の方々は親切に色々教えて下さいました。入所者の方々は意外にも、チェックが厳しいと思いました。忙しくしている中、私が聞いても対応していただきありがとうございました。

 二日間の中で「見守り」という事がむずかしかったです。何かをする事では、職員の方のアドバイスがあったりというより、色々な事を体験させていただきありがとうございました。

 

K.Iさん

 実習で一番難しかったことは、利用者さんとのコミュニケーションでした。特に耳も聞こえない口も利けない利用者さんにはどのようにコミュニケーションをとっていいかわからなかったのですが、じゃんけんやボールを使ったりジェスチャーでコミュニケーションができたときは、とても感動しました。1日目の始めは話してもなにも応答がなかった利用者さんでも2日目にはちゃんと覚えていてくれたので嬉しかったです。

また、利用者さん同士でのいざこざに対する職員さんの対応もとても勉強になりました。この2日間で実技の方は、あまりできませんでしたが、何よりも利用者さんとの接し方が一番学ぶことができ、一番難しいと思いました。

見学の時は、本当に自分が出来るのかと自信を無くしていた部分もありましたが、実際に体験し、利用者さんの喜んだときの笑顔を見ることで疲れがとび、また来たいと思うまで自信が持てました。これからも増え続ける高齢化社会で自分が少しでも貢献したい、またはやりがいのある仕事だと思いました。

 

N.Mさん

 万葉園施設長様、並びに指導担当頂いた皆様にお礼申し上げます。学校で教わる実技、講義とは違った本当の介護を肌で感じる事ができました。想像していた以上に大変な事が改めてわかった様な気がします。大変さと厳しさを体験できた事に感謝致します。本当にありがとうございました。

 又、少しでも役に立とう、利用者さんの気持ちがわかれば、気持ちが先立ち空回りする所もありました。利用者さんから教わる事も沢山あり知識のない事も多々… 奥の深い仕事である事が実感できました。緊張から暑くもないのに汗をかいてお世話していると利用者さんから「どうもありがとう」と声を掛けて頂きました。短い一声なのになぜか満たされた、とても感動し不思議な気持ちになれました。

 まったく役に立たない自分に歯痒さを感じ実習させて頂きましたが、これがもしかするとやり甲斐なのかなと思いました。

 


2009年9月24日(木曜日)

【鹿島中学校福祉施設体験学習】

カテゴリー: 16時14分24秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 9月9日(水)10日(木)の2日間、鹿島中学校の2年生の生徒2名が万葉園にて体験学習を行いました。2日間の体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

NHさん

私は最初、万葉園ってどんな所なのだろうと思い、不安もありつつ楽しみもありました。私は老人ホームとは、みんな一つの部屋に居て、お茶を飲んでいたりする楽しい所だと思っていました。しかし職場体験に来て、私が思っていた所じゃなくドキドキしました。生活のエリアは4つに分かれているし、友達ともバラバラになってしまい、ものすごく緊張しました。そんな時、「一緒にお話してて」と言われ、何をしゃべっていいか分かりませんでした。でも、戦争の話や、バレーボールの話、フジコシの話などを一生懸命話してくれました。話を聞いていると緊張もだんだんとけてきました。2日目は、あまり緊張することもなく、すんなり話すことができました。でも話そうとすると何を話して良いのか分かりませんでした。そんな時私にいろんな話をしてくれました。話す他に、車椅子をそうじしたり、洗濯物をたたんだりしました。

将来福祉関係の仕事をしてみようと思うので、2日間の体験を生かしたいと思います。2日間ありがとうございました。

 

CSさん

 私は2日間の体験を通して、大変だったことがありました。それは「会話をする」ということでした。

 1日目 何を話したらいいのか分からず緊張していました。しかしみなさんが私に声をかけてくれて、いろいろな話をしました。

 2日目 私は1日目よりも、みなさんと会話をしようという思いで来ました。そしてその思いがかないました。1日目よりも2日目のほうが、会話が多くできました。

 万葉園に来る前、私は「話すことが得意だから大丈夫だろう」と思っていましたが体験を終えて「会話をすることは、難しいことなのだ」と改めて感じました。

 体験したことをもとに、これからの生活に生かしていきたいと思いました。


2009年7月9日(木曜日)

中村第二中学校福祉施設体験学習

カテゴリー: 15時40分45秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

630日(火)と71日(水)の2日間、中村第二中学校の3年生の生徒3名が万葉園に体験学習に来られました。2日間の体験学習の感想を頂きましたので紹介します。

 

 

K.Aさん

1日目、ここに来る前は、どのような仕事をするのか、上手に話せるかとても不安でした。ここに来た時も、こんな大きな施設で、上手にやっていけるかという思いが大きくありました。でも、実際に中に入ってみると、施設内は明るくて、しかも、職員の方々もとても優しくてほっとしました。その日は施設の方々とのコミュニケーションをとるということで、お話をしました。でも、これが意外と大変で、自分の事を話すにも、ゆっくり丁寧にしっかり話さなければならないのに苦労してしまいました。それでも職員の方々が助けてくれて、一緒にお話ができた時はとてもうれしかったです。

職員の方々は、全ての事をやってあげるのではなく、その人ができないことだけをやってあげていたのは予想外でとても驚きました。でもその仕事も、とても細かく気を配っていて、すごいと思いました。

私の家には、高齢の人がいないので、なかなか接する機会はありませんが、そういう機会があれば、自分のできることを精一杯やりたいと思います。

 

K.Kさん

 今回体験学習させてもらって高齢者の方々と楽しい2日間がすごせました。こんな事はめったにないので、とても貴重な体験でした。

 おばあちゃんにご飯を食べさせたり、七夕の飾りつけなどをしました。今回の体験で、福祉の人達はずっと動いていて大変そうでした。

私が体験した事は、各部屋のごみ捨てや、ベッドの用意などをしました。一人一人に合わせてベッドを換えたり、とても細かい所までしてるなーと思いました。

この2日間でとても有意義な体験ができました。またこのような体験をしてみたいです。

 

S.Mさん

 初日にここに来たときは不安でした。どんな人がいるんだろうとか、積極的に話かけられるかなどと思っていました。

 実際に担当の人と会って話をしたところ、とてもいい人で、話かけやすい人でした。施設の方々と接するのは、最初戸惑いました。自分から話しかけていいのかと、積極的に話しかけることができませんでした。

 でも、施設の方々は自分たちから話かけてきてくれました。そのことがとてもうれしくて、2日間とも楽しい実習をすることができました。

 同時に福祉の仕事にも興味がわいてきました。つらいこともたくさんある仕事だとは思ったのですが、この2日間があまりにも楽しかったので、福祉の仕事もいいと思えるようになってきました。

 この体験学習を万葉園さんで過せてうれしかったです。これからもお仕事がんばって下さい。


2008年11月27日(木曜日)

【ニチイ学館ヘルパー2級実習生の感想文】

カテゴリー: 11時52分11秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

A・Tさん

 

 新しくきれいな外観の建物にドキドキしながら実習初日を迎えました。玄関を入ると床がピカピカに光っていて、とても明るく清潔な感じがして、私が知っている他の施設とは、少し違っている様にも思えました。

 私が担当した「いきいきハウスエリア」は中庭があり、炊飯器や食器棚などもあってとてもアットホームな感じがしました。

 利用者さん達はその日は入浴がないという事もあってか、デイコーナーでTVを鑑賞されたりしていて、とてもゆっくり時間が流れている空間のようでした。

 徘徊をしたり、会話を上手に出来ない利用者さんにも優しく声を掛けたり、歌を唄ってあげたりして、介助している職員さん達の姿にも暖かさを感じました。また、職員さんが利用者さんと一緒のテーブルで昼食をとりながら複数の利用者さんの食事を介助していることにも驚きましたが、これが自然な姿なのだとすぐに納得しました。

 車椅子のお掃除を手伝いながら、利用者さんにとって車椅子も大切な生活の場だという事も勉強させていただきました。教科書で学習したことを基本として現場には現場の、また、現場の中でも利用者さんの各々に依ってそれぞれに合わせた介護の仕方があるという事を勉強させていただきました。

 2日間の実習を終えて、ヘルパーの仕事は、大変だがやりがいの有る仕事だという事を大いに実感しました。そして、この施設で実習できたことを、これからの私生活の中に何らかの形で活かしていきたいと思いました。ありがとうございました。


2008年10月31日(金曜日)

【鹿島中学校体験学習の皆さん】

カテゴリー: 16時13分29秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

U・Tさん

 1日目は主に利用者さんとのコミュニケーションでした。コミュニケーションといっても、一部の方としかお話できず、仕事もタオルたたみぐらいしか出来ませんでしたが、担当についていただいた職員の方から、この仕事に就いた理由や、この仕事は気持ちが大切であることなどを教えていただきました。

 2日目は主に介護の仕事を体験させていただきました。タオルたたみ、車椅子の手入れ床の雑巾掛け、食事の介助、移動介助などを体験させていただき、この仕事は本当に慣れが必要な仕事で、「ただのボランティア」、「老人の介護」だけの仕事ではないとわかりました。

 

S.Hさん

 2日間という短い間でしたがとても貴重な体験をさせていただきました。施設はとても大きくて、最初入るときに少しとまどってしまいました。中はとても清潔で、中の職員さんがとても厳しい人だったらどうしようなど考え、不安でいっぱいでした。いざ、利用者の方々に挨拶する時でしたが、とても緊張して言葉に詰まってしまいました。でも、そんな中、私に「緊張しなくても大丈夫だよ」と声をかけてくれた利用者の方がいて、心の中があったかくなりました。それと同時にこの利用者の方がとても心のあたたかい方だと実感しました。スタッフの方々も、忙しいのに私の指導やタオル一つ一つのたたみ方や利用者の方との接し方などを丁寧に細かく教えていただきました。

 1日目は不慣れなところもたくさんあり、気持ちばかり先走りして足手まといにたくさんなってしまったけれど、担当の職員の皆さんはニコニコしていて、不安が少しずつなくなっていきました。利用者の方もたくさん話しかけていただいて、お茶を一緒に飲んだりしました。1日目で印象に残っているのが車椅子のそうじです。タオルで拭くのですが、こびりついた汚れがあり大変でした。

 2日目は一日目とはちがうエリアで会話もあまりひろがらなくてとまどうことも多かったです。そして1日目とはちがう濃い内容で目が回るほど忙しかったです。

 とてもいい経験をさせていただいてすごく自分を高められたと思います。いろいろお世話になりました。


2008年8月6日(水曜日)

【サマーショートボランティアスクール参加者の感想文】

カテゴリー: 09時42分01秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

T・Sさん

 この3日間万葉園のボランティア活動をしてとてもいい経験になりました。お年寄りの人達は、やさしく、様々なことを教えてくれました。また、職員の皆さんは明るく、わからない事や、お年寄りの人達にはどう接したらいいのかなど細かく教えてくれて、とてもうれしかったです。

 あと、お年寄りと言ってもいろんな人がいました。耳が遠い人、意思表示が難しい人、ほかにも様々な人達がいましたが、人それぞれ違っても、皆同じなのだということがわかりました。

 私はボランティアに参加して本当に良かったと思っています。一緒に押し花を作ったり野菜を収穫したり、とても楽しい思い出もできました。

 またこのようなボランティアがあったら参加していきたいと思います。3日間ありがとうございました。


2008年7月9日(水曜日)

【実習生の感想文】

カテゴリー: 16時02分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

N・Kさん

 

 私は家族介護のため、今後の生活の変化などへの心の準備という意味で、ヘルパーの資格取得のため2日間、万葉園の「ほのぼのエリア」「いきいきハウスエリア」で実習させていただきました。机上又は書類上では経験知り得ない現場を体験し、1日目は夢にも出てきましたし、色々な方々がそれぞれに様々な症状があるのを初めて実際に目にして、大変な仕事だと深く考えさせられました。それでも、最初に説明を受けた際に、統括の方から頂いた “広い視野と、かかえこまない事”で少し気持ちが楽になったような気がしました。

少しの休憩時間に「介護者であること」「痴呆高齢者の理解」を読ませていただいた事、とても分かりやすく胸に来る文にまとまっていて、勉強というか家族に話して聞かせたい内容でした。“在宅介護が唯一の選択でないことを忘れてはなりません”という部分で、もう一度家族とゆっくり話し合う意味があると思いました。

 「安心・信頼・やすらぎ」の基本理念を掲げているこの園のスタッフの方々は、皆さんとても優しく指導・声かけをしてくださり、とても有意義な2日間でした。介助の際その都度その都度教えて頂き、手法だけでなく、その意味まで。また自分自身の心の持ち方まで助言してくださり、若いスタッフさんばかりなのにすばらしい“人間”ができているなと思いました。ありがとうございました。

 

 

K・Hさん

 

  この2日間、体験学習という事で、認知症の方と交流を持ち、最初は戸惑いがありました。ですが、時間が経つごとに利用者の方々とコミュニケーションをとる事ができるようになりました。

 ある職員の方に、まずは利用者さんの気持ちになって接することが大切だと言われました。本当にそれは念頭に置いて、自分の思う通りに利用者さんに押し付けてしまうのではなく、利用者さんに選択肢を与えられるような環境を作りたいと思います。利用者さんと昔の話を交えながらコミュニケーションをとれて、とても楽しかったです。オムツ交換や入浴介助、移乗など、色々と体力が必要となりますが少しずつコツを覚えて、頑張っていけたらなと思います。

 話すことが出来ない利用者さんもいましたが、質問してみたり、聞いてみたりすると頷いてくれたり、首を振ってくれたりしてくれて、次の就職に向けて、様々な利用者さんと触れ合って、少しでも、寂しさやつらさを取り除けたらいいなと思いました。家庭でどうしても一緒に暮らすことが難しい利用者さんと、きちんと向き合って頑張って行きたいと思います。

 

M・Sさん

 

 今回2日間にわたり実習をさせていただき、どうもありがとうございました。初めてくるこの施設で実習となると、何も出来ない私がいたのでは皆さん忙しいのに邪魔になるのでは?など不安でしたが、細かな質問にも親切に教えて頂き感謝しています。

 テキストを使って教室で学んだだけではわからない事が現場にはたくさんありました。利用者さん各々を理解した上で、面倒がらずに対応している職員さんたち。利用者さんたちは、職員さんたちが優しく接しているのでゆったりと気持ちよく過しているのかなあと思いました。

私は現場をほんの少し見せて頂いただけですが、皆さんとても頑張っていると思います。

体が資本のこの仕事ですので、ご自分の体をいたわりながら励んでいただきたいと思います。

本当にお世話になり、ありがとうございました。


2008年3月17日(月曜日)

【ニチイ学館からの実習生の感想文】

カテゴリー: 13時42分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

M・Mさん

 施設実習は初めての経験でしたが、万葉園の中はとても広く、4つのエリアに分けられているにもかかわらず開放感があり、天井から差す陽の光がとても明るく感じられました。また室内は、きれいに整理・整頓されており、細かい所まで清掃が行き届いており、とても気持ちよく生活できる場所だと思いました。

 

 職員の方々は、皆さん明るくはきはきされており、一人一人の利用者さんに関する引継ぎもしっかりされており、とてもすてきな雰囲気の職場でした。また、利用者さんに対する接し方もとても優しく、丁寧で、心のこもったケアをされていることに感動しました。

 

 耳の遠い方や、ジェスチャーでしか意思表示が出来ない方、おこりっぽい方など、その方にあったコミュニケーションのとり方がわからず、不快な思いをさせたのではと反省しきりです。会話の糸口を見つけて、大きな声でゆっくりとはっきり喋ることの大事さを学びました。また、おむつ交換を実際にさせていただいて、やはり体力と経験が必要な仕事だと分かりました。

 

 この2日間の実習を通して、利用者さん一人一人に合った接し方や介護の方法があること、コミュニケーションをとることの難しさ、みんなで協力し合ってサポートすることの大切さなど本当に勉強になりました。デイサービスや同行訪問とは違う経験を忘れず、今後の勉強に役立てて行きたいと思います。万葉園の職員の皆様本当にお世話になりました。

 

 

H・Sさん

 今回、2日間の施設実習を体験させていただきましたが、初日の朝は不安と緊張でいっぱいでした。でも職員の方々の指導がとても優しく分かりやすくてよい体験をすることが出来ました。

 

 職員さんを通して学んだことが多く、特に利用者さんへの対応については、常に笑顔で、利用者さんとの接し方はスキンシップを取りながらゆっくりと行動し、慌しい様子も見せずに待つ姿勢で接していたのでとても勉強になりました。また、会話の難しい利用者さんへも必ず声かけをし、コミュニケーションを図る事の重要さについても教えていただきました。

 

 入浴介助や排泄介助など、頭で覚えるのではなく、体で覚えていくという事を、実習を通して改めて実感しました。今回の経験を活かし早く一人前のヘルパーになりたいと思います。


2008年2月20日(水曜日)

【12月〜2月の実習生の感想文】

カテゴリー: 10時10分03秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

K・Aさん

 

 初めに、職員の皆さんが昼食を利用者さんと一緒に食べたり、何にしても利用者さんの意思を優先してサービスをしている事にとても感動を覚えました。

例えば、自分の母親や父親が…と思ったときに安心してお願いする場所と考えると、食事も会話があって、ゆっくり本人のペースに合わせてもらいたいし、排泄の後もきれいに丁寧にしてもらいたいし、お風呂もゆっくり入ってきれいにしてもらいたい、との気持ちが一番に来ると思うのです。

型にはまらず、時間に余裕のある利用者さんの姿がとてもよかったと思いました。

あと、テープ止めのかわりに、パンツを使っていることに驚きましたが、2日間オムツ交換を見ていて利用者の方にはうれしいのでしょうと思いました。パットの当て方などもこういうやり方があるのだなあ、という感じで、こちらでは初めての体験ばかりで、とても勉強になりました。見たこと、聞いたことを活かしてこれからの仕事を頑張っていきたいと思いました。

お世話になりました。ありがとうございました。

R・Hさん

実習を終えて

 初めて見る私。利用者さんに受け入れてもらえるか、拒否されたらどうしようかという不安がありました。その為にも笑顔を絶やさず、声かけ、あいさつをし、優しく接しながら実習に臨んでいこうと思いました。

 利用者さんとの会話で、ジェスチャーで話しかけてくるのですが、理解することが出来ず、会話が止まってしまう。理解したふりも出来ず困りました。別な話題にもっていきましたが、利用者さんに悪いことをしたのではないかと気がかりでした。

 入浴介助、排泄介助の共通点として利用者さんのその時の状態及び希望によって下着のボタンをかける個数、下着をズボンの上に出すとか、パット交換時の体位を変えるとき、パットの種類など利用者さんに合った、さまざまな方法があることがわかりました。

実習中、利用者のみなさんが快く受け入れてくれたのでうれしかったです。

とてもきれいで利用者さんと介護職員さんの距離が近く、いつもお互いの顔が見える。そんなアットホームな感じがする施設「万葉園」でした。だから利用者さんの気持ちが穏やかで優しい顔をしているのだろうと思います。

利用者のみなさん、介護職員のみなさんお世話になりました。ありがとうございました。

H・Tさん

2/4(月)〜2/5(火)、ヘルパー2級の実習でお世話になりました。ニチイ学館から手紙が届き実習先が「万葉園」と書いてありましたが、場所もわからず、実習の前に探しに行きました。場所を確認したのは良かったのですが、実習1日目は雪の次の日で道路が混み不安になりました。

老人ホームの介護の仕事などあまり興味を持たなかった私でしたが、昨年から「資格」目的で勉強を始めたところでした。講習、レポート。久しぶりの勉強に頭もついて行けず「資格は取るけど仕事は…」と思っていたのが正直なところでした。

この2日間、万葉園さんにお世話になり、利用者の皆さん、介護職員の皆さんから優しくしてもらい、また色々経験もでき本当に良かったと思っています。元気な利用者さんの昔話を聞いたり、教科書には載っていない「えーっ!!!」と思うようなパターンや、現場に出てみないと気付けない事や、介護職員さんたちの経験談、2日間でしたが本当に良い経験をしました。2日間が終了した今は「仕事をしてみようかな…」と少し思えるようになりました。

帰り際には利用者さんや教えてくれた介護職員さんから「頑張って!!良いヘルパーさんになって!!また会えるといいね」と声をかけてもらいました。これからまだ他の実習も続きますが、この2日間と最後の言葉を胸に、残りの実習を頑張り、資格を取ったら働いてみようと思います。

この2日間、本当にありがとうございました。


2007年12月11日(火曜日)

【ニチイ学館ヘルパー2級研修】

カテゴリー: 17時14分34秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

A・Hさん

 

 私は介護老人福祉施設に入るのが初めてでしたので、初日は緊張してしまい、職員の方々にご心配をかけて申し訳ありませんでした。前週にデイサービスで実習してきた為、デイサービスの慌しさとは違って、ゆっくりと時間が流れている雰囲気が印象的でした。12名毎のエリアで、エリア毎に名前がついているところは1つの町で生活しているようですし、建物も広くて明るく、利用者さんが心地よく生活できているだろうなとも思いました。

2日間利用者さんとコミュニケーションをとったり、おむつ交換を見学したり、入浴介助をしましたが、実際にやらないとわからないし、50人いれば50通りの介助方法があるということを改めて知る事ができ大変勉強になりました。指導担当の職員さんにも丁寧親切に教えて頂き、介護職をやってゆく上での厳しさ、心構え、必要とされている人材についてもお話して頂けたのも大変勉強になりました。こちらで学んだ事を活かせるように頑張りたいと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

T・Kさん

 2日間実習をさせていただき、ありがとうございました。現場で実際に体験してみて、職員の方々は大変だなと感じる事、すごいなと思う事色々あり、とても勉強になりました。

 利用者さんと接してみて感じたことは、利用者さん1人1人に体の状態の違い、人生経験の違いなど、みんなに個性が有り会話をするのにもあまりお話されない人もいて、どう接すればいいのかわかりませんでした。でも、近づいて顔を見せると、にこっと笑ってくれたりしてうれしくなりました。

 見た目や、聞こえた言葉だけで判断するのではなく、利用者さんが何を、どう感じて、どうしてほしいのかを感じ取ることが大事だと思いました。利用者の立場に立った介護と、授業でも習いましたが、実際現場で体験してみて、難しさも感じましたが、やりがいも感じました。

 今後この実習で教えてもらった事、見た事、感じたことを活かして頑張りたいです。


2007年10月25日(木曜日)

【10月の実習生の感想文】

カテゴリー: 10時14分27秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

T・Sさん

 最初は、不安もいっぱいありました、職員の方々の親切な対応と近代的設備の整った施設にびっくりしながらも、ほっと致しました。特に入浴時の介護用具には利用者さんの安全に配慮された設計になっており、大変勉強になりました。また、利用者さんの状況に応じて4つのエリアに区分されており、それぞれの職員さんたちも忙しく大変なときなどお互いに協力しあい、利用者さんを見守っておられました。利用者さんの記録もパソコンを導入され、施設の中も明るく利用者さんも動きやすいよう広くなっており、各自の部屋もありプライバシーも保護されて良い施設に思いました。また利用者さんも色々で、会話をするのも困難な方もあり、職員の方々も、それぞれ工夫して接し、努力されていたように思いました。

この実習を通して利用者さんに合った介護の仕方、接し方、コミュニケーションの大切さを学び利用者さんとかかわる事で相手や障がいに応じたコミュニケーションの難しさを知ることが出来、大変参考にさせていただきました。この実習を参考に、今後の勉強に役立てて行きたいと思っております。

お忙しい中を2日間もお世話になり、本当にありがとうございました。

T・Sさん

 2日間という短い間の実習をさせていただき、ありがとうございます。私自身不安と緊張で実習の前日は朝早く目が覚めてしまいましたが、利用者さんと職員の笑顔がとても優しくてほっとしました。

 目標は利用者さんとのコミュニケーション。初日はあまりお話しなされない利用者さんとどう接したらいいかとまどいましたが、お手玉やボールなどで遊んでいるうち、こちらが驚くほど楽しんでくれてうれしかったです。

 実習はコミュニケーションにしても入浴介助、食事介助、移動介助、身体介助が利用者さんと接して一人一人違っているので、その人に気持ちよく過してもらうのには、観察は必要だと感じました。

 少人数で利用者が出来ることをしてもらって、こちらから介助してあげると「ありがとう」とお礼の言葉がすごくうれしくて、大丈夫だからといつも心で思っていました。私は利用者さんから励まして頂き、頑張っていこうと思いました。


2007年9月28日(金曜日)

【実習生の感想文8月】

カテゴリー: 16時00分43秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

東北福祉大学:M・Sさん

 

 

 今までにデイサービスセンターや特別養護老人ホームなどを訪れたことがなかったので、来る前は不安な気持ちでいっぱいでした。最初、話せない方の隣で一緒にテレビを見ていると、その方は私に何かを伝えようとジェスチャーをしてくれました。はじめは何の話をしているのか全然分からなくて、ただうなずくことしかできませんでしたが、だんだん魚釣りの話と、書道クラブで「土用」と書いたことを話していることに気付くと、話すことがとても楽しくなりました。コミュニケーションをとるのに言葉はあまり重要ではない。しぐさや表情だけで十分コミュニケーションをとれると大学で習ったが、本当にその通りなんだなあと実感することができました。昼食のときは初めて食事介助を体験しました。どのタイミングで口元に持っていけばいいのか分からなくて、上手く介助できたか不安ですが、いい体験ができました。

福祉系の大学に進んで、将来本当にこのような仕事を続けてくことができるのか、不安になっていた時期でのボランティアでしたが、予想以上に楽しくて自分でもやっていけるという自信を持つことができました。大学生活はあと2年ありますが、このような施設で働けるように頑張って勉強していきたいと思いました。

 

ニチイ学館ヘルパー実習生:T・Kさん

 今回ホームヘルパー2級の施設実習として2日間万葉園さんにお世話になりました。今度出来る新しい施設に入る為長年勤めた会社をやめ介護の勉強をしています。思ったより大変な仕事であると実感しました。それにしても職員の方々はみなさん本当に明るく仲良くお互い施設内で会うと声をかけあい連携して利用者を思い一人一人に合ったケアをしていることに大変感動しました。

今まで勤めていた会社にないところが沢山ありました。今後の職場での仕事に生かしていきたいと思います。私は施設内に入るのが初めてでしたので何をどのようにやれば良いのかわからなく、コミュニケーションも何を話せばよいのか戸惑っていました。職員の方にお聞きしましたら「出身地から話せばよいですよ」等アドバイスをいただき職員の方も「なれるまでは時間がかかりました」という話を聞いて安心しました。

 職場の中は常に整理・整頓・清掃されており清潔でした。天井も高く開放感がありました。2日間という短い間でしたが皆様方には大変お世話になりいろいろと教えていただきありがとうございました。

 

ニチイ学館ヘルパー実習生:J・Mさん

 

 施設実習2日間終えて最初に思っていた場所とは違っていて、私が思っていた場所とは、時間で利用者を介助すると思っていたのですが、ここ万葉園という所はそういうところとは違い少しでも利用者の気持ち、今までの生活習慣、家族といた時のような雰囲気を出しているところだと感じました。それに時間で利用者を介助するのではなく、利用者に時間を合わせるところが私はすごく驚き感動したところでした。また、スタッフの方々の対応も笑顔でにこやかな声で一人一人が話しかけられていました。日ごろにこやかに挨拶することはなかなかできないことなのですが、ここのスタッフの方々を見て改めてすごいなと感じました。

 2日間の体験実習でしたがこの体験を忘れずこれから役に立てて生きたいと思います。そして少しでも早く一人前になりたいと思いました。2日間でしたがよい経験になりました。ありがとうございました。

 

ニチイ学館ヘルパー実習生:K・Sさん

 2日間の施設実習を終えてみて、目標にしていたコミュニケーションの取り方がとても難しいと実感しました。お話好きの方とはコミュニケーションをとれてとても楽しくお話が出来ました。でも、お話が得意でない方とは話が続かなくて、自分の中でいっぱい、いっぱいになってしまいました。

 おむつ交換も実際にさせていただくのは初めてなので、こわごわで、なかなかうまくあてる事が出来ませんでした。スタッフの方に、男の人のオムツの当て方や「こうした方がもれないよ」とか教えてもらい勉強になりました。入浴介助も実際は服を脱がせるのも着せるのも大変なことがわかりました。

 2日間だけでしたがとても勉強になることばかりでした。利用者さんと話が出来てとても楽しく過す事ができ、施設の方もとても親切でわかりやすく教えていただきありがとうございました。


2007年8月10日(金曜日)

【8月のヘルパー実習生の感想文】

カテゴリー: 11時41分37秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

【N.Mさん】

 

 初日の体験は、見学でしたが、何事も初めてのことばかりなので、とても勉強になりました。まず、おむつ交換ですが何人もの方を交換するので、機敏な動作が必要だと思いました。次に入浴ですが設備が充実しているのには、感心しました。利用者さんの事を考え、とても使いやすく利用者さんも不安なく入浴できると思いました。職員の方は、何人もの方を入浴させるので大変だなと思います。また、昼食ですが、利用者さん職員の方とみんなで食べるので、わきあいあいで家族的でとてもいい事だと思いました。

 利用者さんですが接してみてひとりひとりいろんな問題があるなあと思いました。(利用者さんの状態が)安定だと思うと急に不安定になったり、やはり、よく観察し、見守ることが大事だなあと思いました。それと声かけは、とても大事だと思います。職員の方は上手ですが私はなかなかうまく出来ず、見習いたいと思いました。

 2日目は、実際におむつ交換、トイレ介助をやってみましたが、やはり自分でやるのは難しく手助けをしてもらいました。入浴も実際に体を洗って拭いてみましたが、利用者さんが満足だったかというと少し不安です。また、コミュニケーションの取り方は、なかなか話題が続かずむずかしいと思いました。

 今日は“現在の介護は、以前と比べゆったりしている事。エリアに分かれているのもその為で利用者さんに強制はしない。自ら行動に移った時点で手助けするのが基本、何事もゆとりである”ということを学びました。

 二日間の研修を通し大変有意義なものになりました。今後に生かしていきます。2日間本当にありがとうございました。

 

 

N.Mさん】

 

 2日間の実習を終えて、ヘルパーの講義で習ってきた技術も、実際に利用者の方を介助すると上手くいかないことばかりで、現場では思うようにいきませんでした。

 利用者の方は一人一人性格や癖も違うので、その人に合ったコミュニケーションのとり方や介助方法がありました。利用者を理解するためには、介助の回数を増やし、経験をつむことが大切だと教わりました。

 また、利用者の方の顔と名前を覚え、名前を呼びながら介助すると、コミュニケーションがとりやすくなりました。

 万葉園では、利用者の方がのんびりとゆとりをもって生活していました。利用者の方にとって生活の場がとても家庭的な空間なので過ごしやすく見えました。

 エリアも七夕飾りがあり季節感のある環境でした。介助も大切ですが、このような環境づくりも大切だということがわかりました。

 万葉園の職員のみなさん2日間大変お世話になりました。ありがとうございました。


2007年7月11日(水曜日)

【中村第二中学校の生徒さんより】

カテゴリー: 16時35分30秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

Iさん

 私はこの体験学習に来る前は、どんな事をするか、どんな人たちがいるのかなどとても不安でした。

 しかし、実際、体験学習に来てみると、職員の方々はとても親切で、優しく、この万葉園を利用しているお年寄りの方々もとても優しかったので安心しました。

 私が体験させていただいたことは、お年寄り方々と話をしたり、利用者の部屋の掃除などです。職員の方々に指導していただき、友達と協力して活動できました。

 今回の2日間の体験を生かし、今後の生活に役立てていきたいです。

Sさん

 私は、万葉園に来るまではお年寄りの相手なんて私にはできないし、ここで生活しているお年寄りや職員の皆さんはどんな人たちなんだろう、と不安に思っていました。

 しかし、ここの職員の皆さんは親切で優しく、お年寄りの皆さんも私たちに話しかけてくれたので、そんな不安はすぐなくなりました。最初はお年寄りと何を話せば良いのか分からなかったり、耳が遠いお年寄りとの接し方が分からなかったり仕事の内容がよく分からなかったりしましたが、友達と助け合ったり、職員の皆さんに助けていただいたので、2日間楽しく実習することができました。

 この体験を活かし、同居してる祖父、祖母との生活に役立てたいです。

 

O君

 きのうと、今日の施設での活動は、とても大変でした。

 この施設には、いろいろな障害をもったお年寄りがみんないっしょに生活をしていました。

 職員の人達は、お年寄りのめんどうをみていました。職員はお年寄りの話し相手になっていたり、お年寄りのトイレのおせわや、食事のおせわ、そうじ、洗濯などをしていました。

 僕達は、お年寄りの部屋のそうじや、のみ物だしをしました。

 今後は、この体験を生活にいかしていきたいです。

 

S君

 この実習事業に来る前はとても不安でした。

 でも、この施設はいろいろな障害をもった人たちや職員などが暮らしていてみんなとても仲良く元気で明るい人たちでした。

 2日間という短い間だったけど、車イスなどのそうじや、ベットのそうじなどこの体験でいろいろなことを職員の人たちに教わりとても勉強になりました。

 この体験を活かし、今後の生活に役立てていきたいです。

 

 

 

実習に来ていただいた生徒の皆さんに書いていただいた感想文を掲載いたしました。中学生の皆さんからの文章を読み、私もこの仕事を始めた頃を思い出しました。もう一度、新たな気持ちで仕事に取り組んでいこうと思います。また、利用者の皆さんもお孫さんのような年代の方々とお話ができて、とても楽しそうでした。中村第二中学校の皆さんありがとうございました。

 


2006年8月1日(火曜日)

【福祉体験】

カテゴリー: 11時48分39秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 先日、私達の万葉園に相馬市立中村第二中学校の三年生が「福祉体験学習」のため来園しました。今回は中村第二中学校の生徒さんたちがそのときの体験について書いて送ってくれたお手紙の中の一部を抜粋して紹介したいと思います。(文中にあった挨拶等は省略いたしました)

 

『短時間ではありましたが、施設自体の大切さ、施設を利用している人たちへの接し方など重要なことばかり教えてもらいありがとうございました。車椅子の掃除や床のモップがけなど勉強になることばかりでした。そしてその中でも一番印象に残ったのは、仕事をしている一人一人がとても一生懸命に仕事をしていることでした。その姿を見て僕は、やはり仕事をしている人は違うなあとしみじみ思いました。』

 

『短時間ではありましたが、実際に利用者とお話ししたり、一緒にタオルたたみをしたことが、なかなか上手に出来ず大変だったなあと実感しました。外にも車椅子掃除や床掃除などが印象に残っています。

 実習で体験したことを、今後の生活に生かして生きたいと考えております。』

 

他にも沢山のお手紙をいただきましたが、長くなってしまうので割愛させていただきました。

 





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ