メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2005年10月28日(金曜日)

第6回福寿園、さくら荘合同芸術祭

カテゴリー: 11時43分22秒

                               

 ■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

紅葉もそろそろ見ごろ、食欲の秋、スポーツの秋、そして芸術の秋を迎えました。
 

 特別養護老人ホーム福寿園、デイサービスセンターとケアハウスさくら荘の合同による第6回芸術祭が10月24日から11月4日まで福寿園ロビーで開催されております。
 

 この芸術祭は、各施設の利用者の皆さんが個人の趣味で作られた作品や生活リハビリを目的に団体で作られた作品、また、家族からの出品作など多数展示されております。

 ここで、各施設の力作をご紹介します。

 特別養護老人ホームからは、大堀相馬焼 陶徳の陶 富治先生のご指導を受けて作成した相馬焼きの湯飲み茶碗、デイサービス利用者の皆さんと合同で作成した大作の「花紙の壁絵」が出品されております。
 

 デイサービスセンターからは、俳句の短冊、お菓子や小物を入れる「たとう箱」、ぬり絵など多数の出品をいただきました。
 

 ケアハウスさくら荘からは、昔懐かしいユニークな「かかし」、レース編みのテーブルクロスや手編みのセーターなどが出品されています。
 

 特別出展では、昨年6月に結成された特別養護老人ホームの利用者でつくる紙芝居グループ「虹一座」の手作り紙芝居(おむすびころりん、ねずみの嫁入り)、台本の展示やこれまでの幼稚園や保育所へ出張公演した新聞記事等を紹介しております。
 

 機会がございましたならばお立ち寄り下さい。                  【文:大内】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ