メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
節分節分
22
23
ホームページのリニューアルについて
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2017年12月28日(木曜日)

 気付けばもう年末・・・。

カテゴリー: 18時12分44秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

 
 日増しに寒さが厳しくなってきましたが、皆さんは体調崩していませんでしょうか。いつの間にか年末となり、慌ただしい雰囲気になっています。私事になりますが、実家の父の介護をする為、8月末より約3か月間の介護休業をいただいておりました。とても忙しく大変な業務状況にも関わらず、無理を言って休ませてもらいました事に大変感謝しております。父は4年前の秋に直腸がんが見つかり、人工肛門の造設や放射線治療、7時間に及ぶ癌の摘出手術など老いた体には堪える事ばかりでしたが、一生懸命治療に取り組んでいました。主治医の勧めにより、積極的な治療を行わず経過観察をしていました。それからは体調に大きな変化もなく、週2回石神デイサービスへ通う事も出来るようになりました。以前には統計調査員等をしており、元々外歩きや人との交流が好きだった為、迎えに来る30分も前から玄関でスタンバイする熱の入れようでした。楽しみがあると言う事は、生活に張り合いが出来て心身共に元気になるものだなぁと、感心していました。今年の6月には高熱で倒れてからは療養生活に入りましたが、主治医や訪問看護の方々に支えられ弱音を吐かず前向きに頑張りました。そんな父もついに力尽き、家族に見守られながら静かに旅立っていきました。「病院ではなく自宅で過ごしたい。」という本人の願いを叶えてあげられたことが最期の親孝行となりました。
 3カ月ぶりに職場へ復帰しましたが、なかなか以前の感覚を取り戻すことが難しく悪戦苦闘しています。心身共に厳しい時期ではありますが、亡き父を見習って前向きに自分のできる事をしっかりやって行きたいと考えています。父を介護した経験を今後の仕事に生かす事ができれば、きっと父も喜んでくれると思っています。
 
 追記:父は病院嫌いで、病気の発見が遅れてしまいました。早期発見、早期治療に勝るものはないと思います。体のメンテナンスを万全にして頑張りましょう。                                        
                                                                                                                                                                                                                     【文:渡部由美 】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ