メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2017年5月31日(水曜日)

利用者さんとドライブへ

カテゴリー: 14時25分38秒

■■■グループホーム石神■■■

 新年度が始まり、グループホームでの初めての行事はお花見でした。
今年は少人数でのドライブを計画しました。利用者さんの馴染みの神社へ行き、帰りには外食し好きな物をお腹一杯召し上がったようです。満開の時期に桜を見る事ができ、皆さんとても喜ばれておりました。
 5月には新緑ドライブに出掛けました。山の色や花、周囲の風景を見る事で季節を感じていただく事が出来ました。また、気分転換にもなり、いつもとは違う表情をされておりました。利用者さんの笑顔は、私たちに元気を与えてくれています。
 

【文:鈴木】

H29.5.31 H29.5.31


2017年5月30日(火曜日)

「暑くなりましたね〜」

カテゴリー: 08時30分15秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■

 5月、もう猛暑日。全国で熱中症で239人が搬送されたことがニュースになっていました。日本列島真夏日が続く?今年の夏は、暑くなるんでしょうか?

 熱中症対策に効果的な食べ物は、牛乳、梅干し、ミネラル入り麦茶、スイカ、冷たい味噌汁、スポーツドリンク、などが良いそうです。家の中でも、熱中症にはなりますからね。

ヘルパーの訪問時は、しっかり水分と適度な塩分を勧めていたいと思います。

 私自身も体調に気を付けて、元気を伝えたいと思います。

 

                                                                 【文:上野】 

                    


2017年5月27日(土曜日)

【 初挑戦 】

カテゴリー: 13時25分57秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■ 

 

今年もいよいよ種まきの季節がやってまいりました。

デイサービスセンター園芸部としては、5月から初仕事です。

今までは、トマトの苗を購入し育てていましたが、今年は初チャレンジ・・・興味本意で、去年収穫したプチトマトの種を取り乾燥させ、冬の間保存していたものを先日、水に浸けてみました。

すると、なんと(驚)たった1日でゴマの様な小さな種から、かわいらしい真っ白な根が出ていました。 

今年は初挑戦の種から発芽させたプチトマトを育て、夏には真っ赤なトマトが沢山収穫出来る事を願い、今日も小さな、小さな苗の成長を楽しみに見守っています。

 

 

トマトの種.JPGトマトの種.JPG

         【文: 鹿又 】


2017年5月26日(金曜日)

「モノクロの風景の場所」

カテゴリー: 03時44分36秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 ついこの間までダウンジャケットを着ていたかと思っていたら、太陽の下では薄着か半袖が快適と感じる時期になってきました。春はいつあったのかと思わずにはいられません。

 春を表す季語に「桑」が入る言葉が幾つかあります。四月中旬に桑の新芽が出て養蚕の時期が近づくのを表しています。

 唐突に「桑」「養蚕」という言葉が出てきましたが、かつては相双地区の産業の一つに養蚕がありました。そしてご利用者がお蚕さんのことをボソッと話すと私の古い記憶が呼び出されます。

 私の家も養蚕を営んでいた事もあり、古い記憶の中には桑畑がいくつも浮かびます。そしてその記憶の一つに桑畑の中に大きな建物の影が広がっている風景があります。何故か思い出すたびモノクロなのですが…。

 その大きな建物と云うのは「原町無線塔」。福寿園の側にかつてあった電波塔です。福寿園があった場所には桑畑があったのです。

 家族にその記憶の話をすると、桑が足りなくなり一度だけ無線塔側の桑を頂いた事があり、その時は私も連れて行ったそうです。

 私が思い出すモノクロの風景は、ご利用者の中には鮮明な風景で思い出す方が多いかもしれませんね。

【文:伏見】


2017年5月12日(金曜日)

4月のおやつ作りで

カテゴリー: 16時09分46秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

 423日にご家族参加のおやつ作りを行いました。

家族会総会もあり参加が出来ないご家族もおり残念でしたが、完成後のおやつをご利用者と一緒に食べて頂けただけでもよかったと思いました。これを機に普段どのようにご利用者が過ごされているのかをご家族にも感じて頂ければと思いました。

また53日には道の駅へ、4日には菜の花畑まで希望されたご利用者とドライブに出かけてきました。気候も良くなってくるので外出される機会も増やしていけたらと思います。

写真はおやつ作りの風景です。

おやつ作り1おやつ作り2

おやつ作り4おやつ作り3

              【文:堀川】

 

                                                              


2017年5月11日(木曜日)

陽気の良いこの頃

カテゴリー: 17時25分14秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

夏を近くに感じる5月となりました。快晴に誘われ、外で過ごしたくなります。大型連休もあり、車で運転し外出される方も多かったのではないでしょうか。
運転といえば、特に南相馬市においての事故率は、全国平均を上回っているそうです。また、高齢者ドライバーの事故も目立つようになりました。公共の交通機関が少ない南相馬市において、「車は大切な移動手段」と良く耳にします。
そんな中、運転していると誰しもが少なからず、ヒヤリとした経験をお持ちかと思います。では、どうすれば事故を予防していけるだろうか私なりに考えてみました。〇間に余裕を持って運転する、⊂り合いの気持ち、「〜だろう」運転ではなく「〜かも」運転(例:人は飛び出してこないだろう→人は飛び出してくるかも)1左折の際の早めの合図等が思い付く所です。これらに留意しながら運転しても、事故を失くす事が出来るとは言えませんが、少しでも皆様の危険回避の参考にして頂ければと思います。

また、アクセルブレーキの踏み間違えによる事故が多いと聞きます。テレビのある番組で検証したところ、年齢に関係なく、携帯電話の着信音で驚き、反射的にブレーキとアクセルを踏み間違えてしまうとの結果でした。この事から、小さな事が大きい事故に繋がることがわかります。私自身も、日々の安全運転に対し改めて心を引き締め、気をつけていきたいと思います。

 【文:村田】


2017年5月3日(水曜日)

慌ただしい季節

カテゴリー: 08時42分48秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

 
こんにちは。新緑が眩しい気持ちの良い季節となりました。(^^♪私事ですが、震災後から5年半お世話になったデイサービスを離れることとなり、4月より原町東地域包括支援センターへ異動になりました。3月中は淋しさやら、驚きやら次の仕事への不安やらでとても複雑な思いを抱えて過ごしました。気忙しさと気温の変動も激しかったので体調管理もうまく出来ず、月末には風邪を引いてしまいました。発熱でフラフラ、激しい咳で体力消耗。悲しいかな、さすがに日々老いていく体は無理が効かなくなってきました(泣)
まだ完全には治っていませんが、真面目に病院へ行っているので良くなっていくと思います☆

さて、包括支援センターへ異動してきてまだ半月ですが、生活相談員として対応する仕事が多岐に渡っており、まだまだ把握ができておりません。テキパキと仕事をこなす先輩職員達を見てやや逃げ腰。圧倒され気味です。
地域包括支援センターの主な業務は_雜醉祝疋吋▲泪優献瓮鵐鉢権利擁護に関する相談J餝臈・継続的ケアマネジメントち躪臍蠱未箸覆辰討い泙后その他に南相馬市が行っている高齢者在宅福祉サービスが数多くある為、先輩の生活相談員に付いてご自宅に同行訪問をして利用者の実態把握調査や、各種サービスの申請書作成や代行申請など実践しながら勉強の毎日です。まず、制度をしっかり理解しなければきちんとした対応は出来ないので、なるべく早く覚えて動けるようになりたいと思います。今までずっと介護の現場で働いてきた為、デスクワーク中心の仕事になかなか慣れる事が出来ず、リズムがまだ整いません。今後も四苦八苦しながら仕事をする自分の姿が十分想像できますが、先輩職員に教えを受けながら利用者や家族の声を良く聞き、その人に合った適切なサービスを受けることができるよう、支援していきたいと思います。しばらくキョロキョロと挙動不審な動きをしていると思いますが、よろしくお願いします<m(__)m>

【文:渡部】


2017年5月1日(月曜日)

新年度

カテゴリー: 16時12分27秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

  新年度を迎えた4月、桜の木も桃色の化粧姿から若葉の緑色に衣替えをしようとしている今日この頃、この福寿園にも新たな施設長・副施設長をはじめ、副主任2名、新人職員3名を迎え新たな年のスタートをきりました。

 そして各エリアも施設内職員異動で入れ替わり福寿園全体が新たな気持ちでスタートをきりました。その様な中、私事ではございますが、先日娘が小学校に入学しました。振り返ると「この娘が産まれた数か月後にあの大震災があったのだな〜。よくここまで成長したものだ。」とわが子の成長に喜びを感じており今後の成長に期待で胸をふくらませております。

 また、私自身も施設内異動によりこの度、ひだまりエリアからそよかぜエリアになり、新たな環境に早く慣れてご利用者の日々の生活を良くしていけるように、またエリア職員がより良いサービスが出来る環境を確立しなければと考えております。

 わが子の成長、そして新人職員や後輩職員の育成と成長を期待し、私自身も副主任として3年目で自らのさらなる成長を目指し、今年度の福寿園を盛り上げていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

【文:草野】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ