メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 4月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2016年12月31日(土曜日)

今年も終わりですね

カテゴリー: 15時49分29秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

  皆さんこんにちは!今年ももう少しで終わりですね。冬は苦手な季節なので朝起きるのがとても辛いです・・・。

私は南相馬福祉会に入職し6年目となり、福寿園に異動してから早いもので2年が過ぎました。福寿園へ異動するまでは後輩がいなかった為、どこか先輩職員に甘えていた部分もありましたが、今では後輩職員も増えて、先輩職員としての自覚を持つことが出来ました。

毎日明るく接してくれる同僚や、人生の先輩として色々とお話しを聞いもらいアドバイスをしてくれるご利用者の方々に感謝をしながら、これからも楽しく業務を行って行きたいです。

【文:桃井】


2016年12月28日(水曜日)

【還暦】

カテゴリー: 13時12分39秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

来年は還暦を迎えます。学校を卒業し就職・結婚し子供が出来て、孫が出来ていつの間にかこんな歳になりました。無我夢中で仕事を続けて来て身体もガタガタです。腰痛・膝痛あり、段差のあるところの大変さ、杖や手摺りの有り難さが身に染みて分かるようになりました。身体が直ぐに動けず、物忘れや直ぐに人の名前が出て来ない事もあり、利用者様の思いがよく分かります。優しい声掛けも嬉しいです。

あとどの位仕事が出来るか分からないですが、人の立場に立った声掛けや介助をして行きたいです。

【文:小野】


2016年12月26日(月曜日)

ヘルパーステーションより、愛を込めて  2016 冬

カテゴリー: 18時55分59秒

■■■ 福寿園ヘルパーステーション ■■■

 今年も残すところあと僅か―。巷では「よいお年を」という挨拶が交わされる時期になりました。皆さまにとっての2016年はどんな年だったでしょうか?“終わりよければ・・・・”の諺のように大晦日を迎えたいですね!

 さて、年の瀬のヘルパーステーションの状況はというと、新規利用者の波が押し寄せ、嬉しい悲鳴を上げています(喜んでいるのは私だけだという視線を感じますが)。この新規利用者の波は、今年数回訪れていまして、その度に「名前(フルネーム)、何だっけ?」「あれっ?この方の援助って何するんだっけ?」「申し送りしたでしょ!」「計画書見たの?」等という会話が飛び交っていました。でも、サービス提供現場に行けば“さすがプロ”。滞りなく業務を終えてくれます。その甲斐あってご利用者からはお褒めの言葉をたくさんいただいていて、頼もしい限りです。事業所内でストレス発散し(賑やか過ぎて迷惑かとも・・・)、ご利用者へは心のこもったサービス提供と対応―。本当に頭が下がります。今月からは小高区の方にもサービス提供を開始しました。小高区に近い立地条件の事業所とはいえ、移動には相当の時間を要します。道中事故のないように、安全にと願いつつ「いってらっしゃい」と声を掛けています。

 素敵な仲間に囲まれながら、無事に事業所運営できていることに何よりも感謝です。「ありがとうございます!」来年もまた賑やかに、「えーっ、また新規?」「ちゃんと申し送り聞いててねっ!」なぁんて会話を楽しみましょうね〜♪

【文:副所長 川久保】


みんな、がんばって!

カテゴリー: 14時14分32秒

■■■グループホーム石神■■■

 平成28年12月4日(日)、第29回 野馬追の里健康マラソン大会が行われました。
グループホーム石神では沿道より、ランナー一人一人に、「がんばれ!」「もう少しだよ」とうちわやマラカスを持ち、大きな声援を送りました。
 ランナーの方々も利用者の前では走るスピードを抑え、両手で手を振ってくれたり、握手をしてくれたりと反対に元気をもらいました。

 来年もみんなで沿道に出て応援したいと思いますので、南相馬福祉会の職員の皆さん、
走ってみませんか。飛び切り大きな声援を送ります!

                                【文・栃本】


2016年12月17日(土曜日)

「今年も、もう少し…」

カテゴリー: 12時23分54秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

今年もとうとう、師走となりました。一年経つのは早いものですね!

少し前まで、色鮮やかな色を付けていた木々の葉っぱが、強風のため、枯れ葉として散っています。

11月14日(月)〜19日(土)に、11月行事『ドライブ紅葉』を行いました。昨年までは、南相馬市鹿島区の宝蔵寺でしたが、行事担当職員が「今年は別なところに…」との思いで、東ヶ丘公園散策と南相馬市博物館見学になりました。

公園にある、モミジの紅葉は丁度見頃であり、博物館を見学した利用者さんからは、「原町にこんな所があったのか?」と、地元の歴史に触れることもでき、楽しんで頂くことができました。私たち職員も、利用者さんの笑顔を見ることができ、ひと安心しました。

12月の行事は、紅白対抗歌合戦を企画しております。

今年もあと少し、新しい年を迎える準備は、みなさん出来ているとは思いますが、健康に気を付けて、元気で来年の干支≪酉年≫を迎えましょう。

 

博物館紅葉1.JPG博物館紅葉2.JPG博物館紅葉3.JPG

               

                 【文:渡部(和)】


2016年12月13日(火曜日)

入浴委員会での出来事

カテゴリー: 20時33分20秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

皆さん、こんにちは。今年も残すところわずかとなりました。

今年も色々な出来事がありました。まず、和田アキ子さんが紅白落選…。D・トランプ氏の当選…。松山英樹選手の飛躍。そしてPPAPの跳ね…。

この福寿園でも色々な出来事がありました。私は、入浴委員会の委員長をさせて頂いているのですが、今年の委員会での出来事といえば…、浴室改修工事。

その改修工事期間が予定よりも長引いてしまい利用者さんからは「いつまでここで入るの?」等と言われてしまう事もあり「すみません。お風呂場が生まれ変わりますから」と言いながら利用者さんの背中を洗わせて頂いた事を覚えています。

改装後は「あれはどんなして入るの?」「こんなのになったのか。」と利用者さんも改装後の浴室に興味を示されていた事に新鮮味を感じさせてもらいました。今年1年間のエピソードの一つを掲載してみました。

簡単な文章ではありますが終わらせて頂きます。

【文:高野】


総合防災訓練

カテゴリー: 11時01分09秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 10月に福寿園で行われた総合防災訓練を担当させていただきました。地域の非常災害協力員や消防署の職員の方々、職員の皆様のおかげで、無事終えることができまして、とても感謝してます。
 11月22日に福島県沖で震度5弱の大きな地震が起きました。このような災害がいつ起こるか分からない現状で、いつでも対応できるように、防災訓練に取り組んでいきたいと思います。
 今回防災訓練を担当しまして、事前の準備の重要性を改めて感じました。これからの仕事に対する考えや姿勢をもっと改めなければならないと思いました。
 12月1日付で石神デイサービスセンターへ異動となりました。そして、新しい仕事を担当するという事で、今まで以上の仕事への責任感を持って、取り組んでいきたいと思います。

【文:西内】


2030年には寒くなる?

カテゴリー: 10時59分56秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■
 先日、「2030年に氷河期に入る」というニュースが目に飛び込んできました。ニュースによると、英国の研究チームが、太陽の活動低下により15年後にはミニ氷河期がやってくると警告しています。しかし、それを否定する研究者もいて、地球の気温に影響はないとする見解を出しています。
氷河期に関しては、実はすでに今現在が氷河期です。地球上に氷河がある時点で氷河期であり、今現在は氷河期の中でも比較的暖かい間氷期にあたります。厳密には氷河期になるのではなく、氷河期らしい寒さになるかもしれないと言う事になります。
本当に氷河期らしい寒さになった場合、現在の農作物の収穫は大きく変わることになり、食料を確保するのが大変になるかもしれません。食品の価格が高くなれば施設の運営や利用者の食事に大きな影響が出ます。しかし、この氷河期が来る予想については、先に記載したように否定する研究者が多くいて、実際には温室効果ガスの影響により気温は高くなると予想しています。
実際にどうなるのかは時間が解決してくれます。ただ、かつての震災を教訓にするなら、対策を考えておくべきかもしれません。備えあれば憂いなし。

【文:高江】


師走

カテゴリー: 08時45分28秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

年の瀬もせまり、皆様何かと気忙しいのではないでしょうか?
年頭の目標は達成出来ましたか?終わりよければすべて良し!と言う通り、残り日数それなりに頑張りましょう。
今年は避難地区解除・復興団地の入居等により他市町村からの相談も増え、スムーズな対応ができず、お待ちいただく事も多く、ご迷惑を掛けてしまいました。相談対応出来ても、そこに繋げていくサービスも不足しており、対応に苦慮しながらの一年でした。この様な状態はまだまだ続くと思われますが、相談一つ一つ丁寧に対応して行きたいと思っております。
来年度は総合事業も本格的に始まる為、業務量は増えていきますが、心身共に自分達が健康で業務遂行出来る様、リフレッシュを図りながら邁進していきたいと思っております。

 【文:亀井】


2016年12月8日(木曜日)

健康であることの有り難さ

カテゴリー: 16時01分53秒

■■原町東地域包括支援センター■■

皆さん、こんにちは。
インフルエンザの予防接種の時期となってきました。
疲れなどから感染しないよう日頃の健康管理と予防を心掛けていきたいと思います。

最近、病院で検査を受ける機会が増え、改めて健康を維持していくことの大切さを考えさせられました。健康寿命を少しでも長く伸ばすことが出来れば、医療や介護等の負担も少なく済み、国も自分自身にとってもいい状態が築ける事を研修等で学んでいます。
なかなか思うように健康管理が出来るか分かりませんが、自分自身にとっても家族にとっても国にとってもいい面があるという事を意識しながら過ごしたいと感じました。

【文:川村】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ