メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2016年6月29日(水曜日)

毎日奮闘しております。

カテゴリー: 00時21分36秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

この前までは暑い日が続いておりましたが、あっという間に梅雨入りですね。私は6月生まれだからでしょうか?雨は結構好きな方です…。

今年度4月より介助員から介護職員として働くことになり、日々勉強の毎日を送っております。

10年前、介助員として働き始めた頃、まだ小さかった子供たちも今では家の事を進んで手伝ってくれる娘(中学2年生)と、私の体を心配してくれる優しい息子(小学5年生)になりました。毎日、毎日子供たちに助けられ、出勤しております。

 職場では、ご利用者の方々に「今日は今からかい?」「今日もよろしく」と優しい言葉をかけて頂き、退勤する時も「ご苦労様」と手を振って返して下さる姿に職員になって良かった、また頑張ろうという気持ちになる今日この頃です。その気持ちを持ち続け、ご利用者の方々の生活の支えになれる様、一生懸命頑張ろうと思いますのでよろしくお願い致します。          

                               【文:岡田】


2016年6月18日(土曜日)

【平成28年7月12日】

カテゴリー: 20時32分58秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 初夏の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、タイトルの日付ですが、南相馬市の避難指示が解除されるようです。解除されるからといって何が変わるわけでも、震災前に戻るわけでもないと思いますが。

私といえば長期宿泊やら準備宿泊やらで、去年からほぼ実家のある小高区で生活しております。コンビニすらない状況ですが、人もまばらで町の明かりも少ない分、夜空の色は濃く、もうじき天の川も見えるかもしれませんね。不便なことは上げればきりがないものの、やはり生まれ育った町は落ち着くもので、意外なほど快適に生活させてもらっています。これから先に小高区がどう変わるかは分かりませんが、今日も小高へ帰ろうと思います。

【文:鈴木】


2016年6月12日(日曜日)

懐かしいおやつ作り

カテゴリー: 14時10分47秒

■■■グループホーム石神■■■

緑の若葉も色濃くなりさわやかに過ごし易い季節になりました。
我がグループホーム石神では「花見、新緑ドライブ」と次々と楽しい行事が続いています。しかし外出ばかりでは無く普段の生活のなかにも楽しい嬉しいことがたくさんあります。特に喜ばれるのがおやつ作りです。それも懐かしいおいしいものを自分たちで作るのです。目を輝かせ、慣れた手つきでごりごりと両手ですりこぎ棒を回すと、すかさず周りから手が伸び、すり鉢をおさえる。昔取った杵柄である。

そう、そのおやつとは“ぼたもち”です。やっぱりあんこが一番人気、次にきな粉、三番目は苦労してすり鉢で擦ったずんだです。嬉しそうに食べながら、「ぼたもちとおはぎ」のどっちで呼ぶかが話題になり、にぎやかに談笑が始まる。「お代わりありますよ。」の声に「まあどっちでも良いわ、お代わりください。」と好みのものをお代わり。こんなに食べて夕食は食べられるのかな?と私の心配をよそに夕食もしっかりと食べるのです。日々のちょっとした変化、話題が楽しみとなって笑い声が多く聞こえるグループホーム石神なのです。


H26.6.12           
【文:井上】


2016年6月3日(金曜日)

【マッサージボランティア】

カテゴリー: 16時17分09秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

 529日、東京からマッサージ師の方々がボランティアでたんぽぽに来て下さいました。

 震災後から、継続して南相馬市でボランティア参加をされているとの事で、今回で何と29回目だそうです。今回は全部で5名のマッサージ師の方が南相馬市に来て、そのうち2名の方がたんぽぽで、その他の方々は近隣の仮設住宅などで施術して下さいました。

施術されたご利用者たちは、「気持ち良かったよ」と喜ばれたり、そのまま眠ってしまうなど、プロの技に酔いしれていたようでした。

 東日本大震災後5年余りが過ぎましたが、今回の様に、多くのボランティアさんに来て頂けることを大変ありがたく、心強く感じています。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

7月にようやく小高区も避難解除となり、一部の帰還困難区域を除けば、南相馬市全域で復興に向けて取り組めるようになりました。もちろん避難解除になったからと言って、すべてが以前の通りになるには長い時間がかかると思います。今後も、一歩一歩、自分たちで出来る事を精一杯頑張って行こうと思いますので、宜しくお願いします。

【文:只野】


みなさんこんにちは・・

カテゴリー: 12時25分19秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

 風にそよぐ木々の緑もまぶしい季節になりました。福寿園に9月に異動になり8ヶ月が過ぎました。慣れるまで色々大変でしたが、職員の助けにより何とか頑張ってきました。時々、自分の体力の限界(歳を取ったなぁ〜)と感じる今日この頃です。

 

福寿園で「看取り介護」に取り組みが始まりました。私は、自分の勤務するエリアで初めて「看取り介護」を経験しました。看取り介護をするご利用者は、普段から意思を伝える事をされなかった為、わずかな表情や状態からニーズをくみ取ることが難しいと感じました。その日から始まったケアは、ご利用者にとって安楽なのかな、苦痛なのでは・・・と戸惑いを感じました。それから、徐々に食事量が低下していきました。ご利用者がどのような食事が好みだったのか、環境はどうだったのかと考えさせられ、思うようなケアができなくなりました。もしも自分だったら、家族だったらと考えさせられました。私は、毎日少しずつ全身状態が低下していく様子を見ながら、バイタルの数値ばかりが気になっていました。数値より全身観察の重要性を学ばせて頂きました。

 

ご利用者の貴重な時間に関わりを持たせて頂いたことを大切にして、より良いケアの向上をめざし、今後、自分の経験、知識、技術を積み重ねて行きたいと思います。貴重な時間をありがとうございました。

                            【文:鎌田】 


2016年6月2日(木曜日)

「ツバメの巣作り」

カテゴリー: 18時11分07秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

今日から6月です。暑い日が多くなってきましたね。

先日、ヘルパー・居宅事業所の玄関にツバメが巣作りに来ました!!
ツバメは日本では昔から農作物を守ってくれる鳥として大切にされ、ツバメが安全と思える場所に巣を作るという習性から縁起の良い鳥と言われています。
ツバメが安心して卵を産み、ヒナを育て、巣立っていけるよう温かく見守っていきたいと思います。

ヘルパー(平成28年5月) ヘルパー(平成28年5月)

【文:平田】


出張!地域包括支援センター!

カテゴリー: 10時18分31秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

5月10日(火)『西町おたのしみサロン』様より講師として招かれ、サロンに参加させていただきました。

包括(平成28年5月分) 包括(平成28年5月分)

地域包括支援センターの業務や介護保険被保険者証(見本)、チラシを参考にしながら、介護保険を利用するための手順について説明させていただきました。

包括(平成28年5月分) 包括(平成28年5月分)

熱心に説明を聞いていただき、また和やかな雰囲気のなか、さまざまな質問が飛び出しました。

元気な人が入れる施設(ケアハウスさくら荘)があるの?あそこ(特別養護老人ホーム)と何が違うの?などなど、日ごろからの疑問をいただきました。

時間の都合上、介護保険制度のさわりのみとなってしまいましたので、別の機会に再度参加させていただければと思っております。

地域包括支援センターでは地域のサロンや老人会などにお邪魔し、介護や認知症などの説明をさせていただいております。

費用は無料です。気軽にお問い合わせください。

【文:佐藤】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ