メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2016年2月26日(金曜日)

「ヘルパーステーションより、愛を込めて 2016 早春」

カテゴリー: 15時00分18秒

■■■ 福寿園ヘルパーステーション ■■■

 今年度も残り1ヶ月余りとなりました。巷ではインフルエンザが流行中ですが、もう少しで暖かな春がやってきます。体調を整えて、罹患せずに春を迎えたいですね!

毎年この時期は当年度の総括をし、次年度の計画を立てていますが、さて、今年度の自分は
どうだった?来年度はどうする・・・?
 先ずは当年度の総括を。日常業務は例年と変わりありませんでしたが、それ以外では今年度大きな研修を2つ受講させていただきました。1つは「介護職員等による喀痰吸引・経管栄養研修」。6月からの座学研修50時間(前回の投稿に記した褥瘡形成云々は、この研修です)に始まり、筆記試験・演習(3日間)・実地研修と続きました。この原稿を書いている本日、
口腔内・鼻腔内の喀痰吸引(計30回)の実地研修を終了しました。1月半ば過ぎから開始し
た実地研修。指導看護師さんには、インフルエンザが施設内で蔓延し看護職員としての業務が多忙を極めたにもかかわらず、一度たりとも嫌な顔をせず懇切丁寧に指導していただきました。本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。と同時に、自分が彼女の立場だったら果たして同じ様に対応できるだろうかと・・・。実地研修の終了に加えて“思いやり”と“優しさ”
もいただくことができました。心から御礼申し上げます。「ありがとうございました!」
 もう1つは「介護支援専門員更新研修」です。資格取得時の研修を含め、3回目となります
が、事例や実習内容にはほとんど変化がなかったものの、ケアプランの作成には明らかに前回・前々回とは異なるものを感じました。それは、アセスメントの重要性とインフォーマル資源の活用です。折りしも当地域はフォーマルサービスの需要に供給が全く追い付いておらず、ケアマネジメントにおけるアセスメントで、如何にインフォーマルな資源を発掘し活用できるかが
最重要課題といえます。従来の考え方では立ち行かない現状を、皆が認識しなければならないと思いますが、なかなか難しいのが実態といえるのでしょう。私自身はケアマネジャーとして
仕事をしたことがないので、現任のケアマネジャーからはお叱りを受けそうですが・・・。
インフォーマル資源の発掘や活用は、総合事業の“多様なサービス”の構築につながっていく と思うのです。近くに身内の方がいないから即介護保険サービスの利用、と発想するのではな
く、隣近所の方々や民生委員の皆さんにも協力を仰いだり、遠方の親族の方等にも協力をいただけることがあるかもしれません。アセスメント力を高めることがケアマネジメントにおいて
最も重要であり、コーディネーターとして当然の役割だと再認識した研修でした。
 そして、次年度の計画はまだこれから・・・です(また何か新しいことに挑戦する計画を立
てたいと、思いを巡らせています)。

 最後に・・・ 〜プライベートの総括〜
  4月に義父との別れがありましたが、9月に初孫が誕生(只今6ヶ月の可愛い盛り!)し、
 もう一人の娘も10月に入籍(5月挙式予定)。明日何があっても悔いはないなぁと、恒例
 の晩酌を楽しんで、眠りに就くのでした!
                                    【 文:川久保 】


2016年2月23日(火曜日)

【 ミュージカル 桃太郎 】

カテゴリー: 17時29分54秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

 2月3日は節分でしたね。皆さんは豆まきをしましたか?デイサービスでは、豆まきゲームを取り入れた職員による“桃太郎”の劇を2月1日〜3日の3日間行いました。

 今までにも何度か桃太郎の劇をしており、今回は趣向を変えてミュージカル調に演じてみました。なぜミュージカルかって?それは企画担当職員が、ミュージカルに興味を持った事が始まりでした。

 ミュージカルを知る為に職員三人プライベートで、劇団四季のミュージカルを一月に観に行きました!おかげで上手く?ミュージカル調に演じられたと思います。

 

,じいさん.JPG

 

 劇にはご利用者の方にも参加して頂きました。役は“おじいさん”です。職員が演じるおばあさんや桃太郎と、上手に面白く演じてくれました。

 物語の中で歌われるお馴染みの歌詞を、ミュージカル調に歌いました!(出来栄えはご想像にお任せします。)また、各職員の個性でセリフもミュージカル調になり、観ているご利用者にも笑って頂けました。

 

▲潺紂璽献ル.JPG

 

 劇の後半、鬼が登場!豆まきゲームがスタートです!!

ご利用者が塗ってくれた鬼の絵を、空き箱に貼り付け積み上げました。積み上げた鬼を、玉を投げて落とすといったシンプルな豆まきゲームです。

そう簡単には倒させない、と鬼が妨害!積み上げた鬼ではなく、職員扮する鬼めがけ力いっぱい投げるご利用者も中には居て、見ている方は面白かったです。

 

5澗犲.JPG

 

 鬼退治も無事終了。ご利用者からは、『芸達者だなぁ。』『長生きして良かった。』と、嬉しいお言葉を頂きました。

 普通の“劇”に一味加えたい!とお考えの方、是非ミュージカルを取り入れた劇を試してみて下さい。

【文:鈴木孝仁】


2016年2月21日(日曜日)

お気に入りのお寿司屋さん

カテゴリー: 20時27分03秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

暖冬かと思いきや、突然の寒波到来…この異常気象でこの先地球はどうなってしまうのだろうと利用者さんとお話しをしていた今日この頃です。さてそんな中、そんなお話をしている利用者さんの希望で毎月1回、新月というお寿司屋さんにお寿司を食べに行っています。いつも快く出迎えてくださり、この利用者さんお気に入りのお寿司屋さんです♪お寿司を召し上がった後はいつも「これで力が出るわ〜」と満足そうに話されています。施設に入ってしまうと制限が多く、希望の暮らしが出来なくなると思いがちですが、施設に入居されていても、外食はもちろんのこと、家での外泊も可能です。職員が不足している中で至らない点は多くありますが、今後も利用者さんからのリクエストにできるだけお応えし、満足できる生活を送っていただけるよう頑張っていきたいと思います。

         寿司1寿司2

 

【文:介護職員 関場希美】


楽しかった一年を振り返り忘年会を開催!

カテゴリー: 15時37分55秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

12月21日に利用者様皆さんに参加していただき、忘年会が行われました。餅つきを職員と利用者様で交互に搗いたり、利用者様ひとりひとりに1年の思い出や来年の抱負を聞いたり、そよかぜ・ひだまり・せせらぎ・わかばエリアの利用者様による作品の発表があったり

素敵な時間を利用者様と過ごす事ができたと思います。

また、昼食時には美味しい鍋やお寿司、搗きたてのおもちを美味しそうに食べる表情など

普段よりも利用者様の笑顔が多く見る事ができました。

午後からは利用者様に先生になっていただき、しめ縄作りにも挑戦しました。

みなさん「昔はこんな風にして自分でつくったんだ!昔を思い出して勝手に手が

動くな!」と笑顔で職員に教えてくださいました。

職員が見よう見まねでやってみると「そんなんではだめだな!」と厳しいご指導が入る

場面もちらほら…(..) 

 上手にできると「うまいなー!」と誉めてくださり、職員・利用者様ともに

たくさんの笑顔で満ち溢れました。

今年1年、利用者様のたくさんの笑顔を見る事ができ嬉しく思います。

来年もより多くの利用者様に笑顔が見られるよう頑張りたいと思います。

 

 

福寿園忘年会01福寿園忘年会02

福寿園忘年会03

【文:介護職員 菅野未知子】


2016年2月15日(月曜日)

【新年会】

カテゴリー: 20時04分34秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  今年も117日(日)に万葉園にて新年会が行われました。

今年は、初めて責任者・司会を務める事になり、例年にはない新しい催し物を行なおうと思い、職員・ご家族・利用者が一画一画を繋ぎ合わせ一文字を完成させる、書初めを計画しました。それに伴い、準備物やタイムスケジュールの設定等、大変な事も色々ありましたが、担当職員アイディアを出し合い試行錯誤する事により、無事決行する事が出来ました。書初めの他にも、紅梅民舞会の方々による踊りや、餅つきといった催し物もご家族・利用者共に楽しまれていました。

今年も数多くのご家族に参加して頂きましたが、職員が臨機応変に対応されスムーズに会食へと移ることが出来ました。職員含め全員が食事を堪能されながら、ゆっくりと談話することが出来、和気あいあいと過ごされていました。

今年も皆様が健康で過ごせるように、また、来年も皆様と楽しい新年会に出来たらと思います。

 

2016新年会01  2016新年会02

 

2016新年会03

 

【佐々木 翔吾】


【ユニット開設して】

カテゴリー: 19時57分13秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園

 

 11月からユニットが開設して、『既存の厨房で果たしてどこまで出来るのか?いやでも、やるしかないのだ!』と思いながら早3カ月が過ぎました。常連の方には顔を覚えてもらい『美味しく食べているよ』との声も頂けるようになりました。

 今までは長期入所で入退院が無ければほぼ固定人数でしたが、今は毎朝人数確認から始まります。ここ最近そのペースにも慣れつつありますが、まだ何となくバタバタしています。もう少し落ち着いたら食べる話を軸にして、利用者さんとの会話を広げられたらなあと思います。

【文:栄養士 池田 】


恵方巻き

カテゴリー: 10時01分43秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園(事務室) ■■■

  23日は、節分にちなんで昼食時に恵方巻きを提供しました。実際は、長いままでは食べづらいため海苔巻きのようにカットして食べていただきました。

昔は、節分に恵方巻きを食べる習慣はなかったと思いちょっと恵方巻きについて調べてみると、節分に食べると縁起が良いとされている「太巻き」のことで、大阪を中心として太巻きを食べる習慣があったそうです。「恵方巻き」という名称は、1998年にセブンイレブンが全国販売にあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と名付けて広まったとされているとのことでした。また、その年の干支によって定められた良い方角があり、今年は南南東だそうです。

今年は家では食べずに終わってしまったので、来年は縁起がよい方角を向いて食べることが出来ればと思います。

   恵方巻き 

【文:果遏


2016年2月13日(土曜日)

豆まき

カテゴリー: 08時42分16秒

■■■グループホームたんぽぽ■■


  
2月3日は節分ですね。午後からなのに、利用者さん朝からワクワク。
早く豆まきしたいね。
待ちくたびれた頃、赤鬼さん・青鬼さんに扮した職員登場!「鬼は外!福は内!かな」
「福は内!鬼は外!かな」まぁいいやとさっそく豆まき開始。でも豆を投げるというよりは、鬼に豆をぶつけている感じでしたよ。

H28 節分 H28 節分

 

【文:岡田】


2016年2月6日(土曜日)

【寒くなりましたね】

カテゴリー: 22時52分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園に入職して、約1年5か月立ちますが、毎日先輩方達とご利用者に教わりながら日々勉強させて頂いております。

 今年初めは暖冬でしたが、急に寒くなりインフルエンザや胃腸炎が流行する季節になりました。「うがい・手洗い・マスク着用」体調に気をつけ、仕事をして行きたいと思います。

【文:斎藤(晴)】


2016年2月1日(月曜日)

【新年会】

カテゴリー: 17時42分38秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

新しい年を迎えて早1ヶ月が過ぎようとしています。

例年になく暖かなお正月でしたが、中旬頃からは寒さが身に凍み朝布団から出るのが大変な時期ですね。

さて、デイサービスでは去る1月6日水曜日に1月行事「新年会」と題して、“餅つき”と“かるた取り”を行いました。

 

でい捏ね取り.JPGでい餅丸め.JPG

 

でい餅丸め二.JPG

“餅つき”は昔ながらの杵と臼でつき、利用者さんにアドバイスを頂きつつ、数名の方に捏ねどりを手伝って貰い、つきあげる事が出来ました。つきあがったお餅は、“あんこ餅”と“きな粉餅”にし、皆さんに召し上がって頂きました。その後に“かるた取り”を4グループごとに行いました。難聴の方にも読手の声が分かるようにホワイトボードに筆記しました。読手が読み上げると、皆さんの動きが活発で「はい!」と大きな声も聞かれ、活気にあふれており、楽しいひと時を過ごしました。

 

でいかるた.JPG

【文:鈴木 仁子 】


明けましておめでとうございます

カテゴリー: 16時32分49秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園(事務室) ■■■

 

明けまして おめでとうございます。

時間の流れは早いもので、あの震災から5年を迎えようとしています。仕事を続けて来られたこと、病気もせず過ごせたことを考えると感謝の気持ちでいっぱいです。

ですがもう一方で、何もなかったかのように流れる日々と、あの日から止まったままの自分と…2つの時間のなかで悩みながら生活しています。悩みながらも、毎日にこやかに過ごしている利用者さんの顔を見ることで、安心や穏やかな気持ちをもらっています。

今年も頑張っていきます! よろしくお願いしますm(__)m

【文:天野】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ