メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
社会人半年を迎えて・・・はじめまして
21
駆け抜けた半年
22
23
紅葉ドライブチャーハン
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2015年12月29日(火曜日)

「デイにサンタがやって来た!!」

カテゴリー: 16時16分53秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 12月と言えばクリスマス!!

福寿園デイサービスでは、クリスマスに合わせて12月23・24・25日の三日間、行事として「クリスマス&忘年会」を行いました。

 

 デイクリスマス.JPGデイクリスマス.JPG

 

利用者さんのカラオケから始まり、豪華景品の当たるビンゴ大会!

そして目玉は職員による「スコップ三味線」でした。

青森の五所川原で始まったスコップ三味線ですが、今や全国大会も行われる程の人気だそうです。聞いた事はあっても実際に目にするのは、初めてだった利用者さん!目を丸くしながら楽しんで頂き職員が居残りをして一生懸命練習したかいがありました!

ぜひ、みなさんも一緒にいかがですか!?

         デイクリスマス.JPG

終わり良ければ全て良し!?とぉっても楽しい締めくくりの行事になりました。来年も笑いの多い一年になりますように!

皆さんも良いお年をお迎えください。

【文:門馬郁子】

 


誕生会&クリスマス会

カテゴリー: 09時22分51秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 1225日、利用者さんの誕生会を兼ねたクリスマス会を行いました。

クリスマスが誕生日という方はちょっぴり損する感じでしょうか?

でも覚えていてもらえるという事でそれもOKかな。

まず、ケーキを作ります。スポンジ台に生クリームや果物をトッピングします。

まぁおいしそうだこと!完成まで待ちきれず、フライイングして食べちゃった方も。

(誰とは言いませんよ)

ケーキが完成したところで、皆さんでハッピーバースディを歌い祝福、ケーキやお菓子を頂きました。

 さて、昨日と今日はクリスマスでサンタさんはプレゼント配りに大忙し。

たんぽぽにも来て頂けるかしらと思い始めた頃、サンタさん登場。

利用者さん、プレゼントを頂いてにっこり笑顔の花・花…

 その後、カラオケを歌われる方もいてゆったりと過ごしました。

H27 クリスマス会H27 クリスマス会

H27 クリスマス会

【文:岡田ゆかり】

 


2015年12月28日(月曜日)

師走ですね

カテゴリー: 09時20分29秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■
 
 田子の浦に うち出てみれば 白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ
 
                     山部赤人「新古今集」

 師走を迎え、何かと忙しく慌ただしい年末ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 今年も残す所数日となりました。包括支援センターでは、家族介護者教室・交流事業と無事開催する事が出来ました。介護は先が見えないだけに、不安等が大きく、心身共に負担が大きいと推測されます。介護を行うには、介護者の方の心身の健康が大切である為、少しでも負担軽減が図れる様、支援させていただきたいと思っています。
 上記の句はお馴染の百人一首ですが、澄み切った空気、凍てつくような寒さの中で見上げた富士山の幻想的な美しさに鳥肌が立つようですね。1富士・2鷹・3茄子と言われるように縁起の良い富士山です。
 皆様にとって良い新年が迎えられる事をお祈り申し上げます。

 【文:亀井 】


2015年12月18日(金曜日)

【入職して2ヶ月です】

カテゴリー: 19時57分01秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園

 

 11月に入職し2か月経ちました。ユニットの立ち上げということで、ご利用者の顔や特徴を覚える事に新鮮さと大変さを感じつつ、手さぐりで毎日を過ごしています。

11月は子供の肺炎での入院で仲間職員に大変ご迷惑かけました。今の時期はインフルエンザやノロウイルス、子供のいるご家庭ではマイコプラズマ等が流行っているようですので皆様、健康面には注意してください。帰宅後の手洗い・うがい、人ごみの場所でのマスク着用は大事ですね。

【文:岡田 啓介】


【紅葉狩り】

カテゴリー: 19時47分54秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 今年も、毎年恒例の紅葉を見に行ってきました。鹿島区にある、宝蔵寺というお寺なのですが、毎年見事に紅葉したもみじや、銀杏などがとてもきれいな所です。

 今年は紅葉の時期が1〜2週間早く、見に行った時にはだいぶ葉が落ちていましたが、見に行った利用者様は皆さん楽しそうに見ておられました。

 さらに、この宝蔵寺さんの駐車場には桜の木があるのですが、秋口に少し開花しているのです。紅葉と桜の両方を見て楽しめたようで、「桜が咲いてるぞ」と喜んでおられました。

来年も時期を見ながら見にきたいと思います。

 2015紅葉ドライブ01   ←ちょっと小さいですが…桜です。

  2015紅葉ドライブ02    2015紅葉ドライブ03

【文:大門武史】


2015年12月16日(水曜日)

【今年を振り返って】

カテゴリー: 10時22分16秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園(事務室) ■■■

 

 2015年も間もなく終わりを迎えようとしております。毎年の事ながら、1年間という期間はあっという間だなと感じます。1年を振り返ってみると、今年の2月から福寿園の長期入所を担当するようになりましたが、本当にいろいろな経験ができたなぁ…と思うと同時に、職場の方、利用者及びご家族の方にもたくさん迷惑をかけてしまったと反省しております。本当に皆様に迷惑をかけっぱなしの私ですが、来年も何卒よろしくお願いします!

また、今年は職場体験実習や、介護体験の担当になり、中学校から大学生、社会人の方など、沢山の実習生の方とお話をする事ができました。その中で、「福寿園で働きたいです!」というお話をいただいた時は、とても嬉しくなりました。「介護の仕事は辛い」と言われている中で、働きたいという希望を持ってくださる方は本当に貴重な存在だなと感じます。ぜひとも皆様一緒に介護をしましょう!!

それはともかくとして、読んでくださっている皆様はどんな1年だったでしょうか? 皆様の今年がよりよく終わり、来年が素敵な1年になるようにお祈り申し上げます。

【文:古小高】


2015年12月11日(金曜日)

ヘルパー7か月で考える事

カテゴリー: 16時31分13秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■

 私が、入社して7か月が過ぎました。施設介護の経験はありましたが在宅介護の経験は全くありませんでした。私がまだ若いころ、実習で他の家庭に同行したことがありました。そこの家庭で料理を作ったりしたのですが、その当時の私には絶対無理だと思いました。 
 他の人の家で、私は何ができるんだろうか?その人のために、何ができることがあるのか?私が訪問して、一日の30分や1時間の中でその人の生活を変えることなんてできないのです。長く住み慣れた場所で生活してもらう為、少しだけお手伝いする事で施設では経験出来ないことが実感できました。
 訪問時、みなさんよくおしゃべりをします。1日誰とも話していないので訪問を楽しみにしているようです。同じ話を(これで何度目なんだろう?)楽しそうに話します。私も初めて聞くように聞きます。日々の常になって、これが実に楽しい(笑)。
自宅で生活できるうちは自分の好き様に、生活して行く為に少しだけお手伝いできるヘルパーをもう少し頑張ってみようかなーと思う今日この頃でした。

 

                                       【 文:上野】
 


2015年12月9日(水曜日)

【一年を振り返って】

カテゴリー: 20時09分38秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  今年もあと一か月で新年を迎えます。皆様にはどんな一年でしたでしょうか。雨が降る毎に冷たくなり、雪に変わる日も遠くないでしょうね。

私も万葉園にお世話になり11年を迎えました。その間には色々とありましたが、悲しみも喜びも大変な事も仲間がいたから乗り越えられたと感じています。

実生活でも義父、義母の介護が今後控えていますが、ここでの経験を活かしもうひと踏ん張りです。今年は、嬉しい事もありました。待望の初孫が生まれました。「生まれて来てくれてありがとう」と心からそう思えました。孫の為にも元気なばあばでいられるよう健康を気にしながら頑張ろうと思いました。

【文:岡崎恵美子】


【もうすぐクリスマス】

カテゴリー: 20時07分19秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  いよいよ12月に入り、2015年も暮れようとしています。年末ということで仕事も色々と忙しくなると思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。風邪を引かない様、体調に注意してお過ごしください。

 クリスマスということで、毎年恒例のイルミネーションの飾りつけを行いました。11月中から少しずつ飾り付け、さる1124日から点灯を開始しました。17時頃〜21時頃まで点灯していますので、お近くに立ち寄った際にはご覧になって行ってください。

 また、施設内でもクリスマスの飾り付けを行い、利用者様方にも雰囲気を感じて頂いております。飾りつけを手伝って下さる利用者様もいらっしゃり、色々とこだわって飾りつけを楽しんでおられました。

他の利用者様も、クリスマスツリーや中庭で点灯しているイルミネーションのサンタクロースを見て、「きれいだな」と目を細めて見てくださっていました。

 クリスマスに皆様に幸運が訪れますように…

2015イルミネーション01  2015イルミネーション02 

2015イルミネーション03  2015イルミネーション04

【文:只野達生】


2015年12月8日(火曜日)

介護

カテゴリー: 20時35分07秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

介護とは・・・数年前まで私には無縁かと思っておりました。しかし震災前より父が認知症状を発症し身体も思うように動かせなくなりました。父を看ている母の体力、精神状態は極限まで追いつめられているようでした。“このままでは母の方が先に倒れてしまうと思ったほどです。私は少しでも母の力になればと思い、介護の仕事を選択しました。

今年4月より介護職員となり早6ヶ月が過ぎました。様々な性格の方と関わりを持たせてもらうのでストレスを感じることもありますが、「ありがとう」と感謝されることも多くあります。人の為に働く事でやりがいを感じられれば介護と言う仕事をする事は自分の肌で感じ取れる仕事だと思います。

少しずつですが仕事にも慣れご利用者とも打ち解けられてきている様に感じます。これからも先輩職員、ご利用者から学ばせていただき、業務の内容、ご利用者に必要なことを覚えながら、各業務を間違いの無いよう技術・知識の向上に努め頑張っていきたいと思います。

                             

【文:介護職員 大須賀】


社会人になり半年が過ぎました

カテゴリー: 20時30分55秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

 こんにちは。私は高校を卒業してすぐに福寿園の職員になりました。介護の仕事に就こうと思ったきっかけは私の祖母のデイサービス利用です。祖父母の為に自分には何が出来るかと考え、介護の技術を学び少しでも役に立つことができたらいいなと思いました。これから祖父母が介護を必要とした時に、家族への負担を減らせるように頑張って行きます。

4月から働き始め、働くという事はこんなに大変なことだと知りました。不安や分からない事だらけでしたが、先輩職員の方々が優しく教えて下さったので少しずつでしたが成長する事が出来ました。毎日利用者様の笑顔で元気をもらい、楽しく仕事をすることができています。これからも利用者様との関わりを大切にし、頑張って行こうと思います。

 

【文:介護職員 笹原めぐみ】


2015年12月2日(水曜日)

家族介護者交流事業

カテゴリー: 15時03分49秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

 皆さん、こんにちは。
このブログの記事を書くにあたり、もう年末に向かっているんだなぁと、
時間の経過の速さに驚いているところです(笑)。

 先月11月12日(木)と11月28日(土)に、平成27年度家族介護者交流事業を
開催致しました。今年は8回の開催となり、内2回は当事業所が担当させて頂き
ました。この事業は、在宅で介護されているご家族が対象で、日々の介護から
少し離れて頂き、同じ介護者の方達との交流、入浴やお食事等でリフレッシュ
して頂くことが目的の事業です。

 その時のお写真を掲載させて頂きます。

【会場:かんのやさんにて】      【会場:いちばん星さんにて】

包括交流会1包括交流会2

[文:川村]


2015年12月1日(火曜日)

【腹話術】

カテゴリー: 18時55分26秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

 あっという間に、今年もあと1か月となりましたね。寒さも昨年に比べ早まってきた模様ですね。

さて、昨年の秋に来園する予定でしたが、台風の都合でキャンセルとなり見る事が出来なかった「腹話術」ですが、今回念願が叶い11月23日月曜日、デイサービスに来てくれました。来園されたのは埼玉県の【ひょこりひょうたん一座】の安藤倫子さんです。

始まる前に、利用者の方々からは「どんなことをやるの?」等と期待している様子が見られました。

 

       船山理事長ds.JPG

舟山理事長もかけつけてくださり、挨拶を頂いた後に、腹話術による劇が始まりました。最初は腹話術の人形を不思議そうに見つめていた利用者もいつの間にか、にこやかな表情に変わっていました。“ひつじ”ついで“男の子”“ばあちゃん”“いぬ”が現れ、ボケと突っ込みの会話を聞き、ホール内が笑いの渦に包まれました。

 

ひょ男の子.JPG  ひょ婆.JPG

 

ひょこひつじ.JPG  ひょ犬.JPG

劇終了後は、参加している利用者の方々一人一人と触れ合って頂きました。ベッド上から観賞されていた利用者の所にも、安藤さんは駆けつけ話しかけてくれ、「来てくれたの、どうもありがとうございます。可愛いですね。」とひつじさんを見つめて安藤さんとの話も絶えなかった様子が見えました。

 

       ひょひつじ.JPG

ひょっこりひょうたん一座の腹話術を終えて、「いやぁ、面白かったよ。」「見ていて楽しかったぁ。」と利用者からの声が聞かれ、良い時間を過ごせたと思います。

【文:菅野 李恵 】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ