メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2015年1月30日(金曜日)

和を以て貴しとなす

カテゴリー: 08時39分10秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 ご存知の方も多いかと思いますが、先日のNHKの21時のニュースでホロコーストを生き延びた外国の方のお話がテレビ画面に映っていました。
 「平和な日本を認識している人は多くても、平和が何で作られているか」。その外国の方は、身近な人たちと仲良くすることだと話していました。
 当たり前でしょう。と思うことですが、身近なところですれ違いや意見の相違、好き嫌いは絶えず生まれています。ほんの身近で些細なことにも平和の意味は隠されている。
 戦争の悲惨さを体験してきた今の超高齢社会を生きている方々は、平和が何で作られたのかよく体感していたからこそ、家族や地域社会との繋がりを大切にしてきたのかもしれないと感じました。
時代の流れと共にその繋がりは大きく変わってきました。日本が有史以来、いや世界が絶えずいざこざの絶えない歴史を繰り返してきています。もしかしたら、もうすでに聖徳太子はそのことを諭すかのように、この言葉を残したのかもしれませんね。
 そういえば、NHKニュースのその後のトピックは「高齢者と若者のホームシェアリング」「新たな認知症高齢者政策」について新たな超高齢社会への試みについても触れていました。世代間で保つ平和、そんな角度からの視点ももしかしたら必要なのかもしれません。

【文:松本】


2015年1月26日(月曜日)

1年になりました

カテゴリー: 14時00分32秒

■■■グループホーム石神■■■ 

皆さん、こんにちは。
平成26年1月からグループホーム石神に勤務。
先輩職員の皆様には優しいご指導頂き平成27年1月で1年になりました。
日々、利用者さんの温かい笑顔に心温まり、昔話しに思い出よみがえりそして
季節行事等の参加で一緒に楽しみ会話が弾む。色々な事が学べて勉強になります。

これからも日々、努力し皆様のお力になれるよう頑張っていきたいと思います。

【文:岩崎 良枝】

H27.1.26H27.1.26

H27.1.26H27.1.26


1月20日大寒のはじまり

カテゴリー: 13時43分17秒

■■■石神デイサービスセンター■■■ 

 久しぶりのホームページ日記の順番が回ってきました。前回書いたのは平成25年7月。それから1年半。また、あと1ヶ月ちょっとで石神事業所も事業開始から2年を迎えます。まだまだ事業所が開設したばかりだと考えていましたが、「よその子とゴーヤは育つのが早い」と申しますように時間のたつのは早いものです。
  さて、タイトルにあるように、この文書を書いているのは1月20日で、大寒の始まりです。昨年のこの時期を思い起こすと、苦労の連続だった気がします。大雪が降り道路状況が悪く、デイサービスの送迎が非常に困難だったこと。体調不良の職員が複数出て勤務調整に非常に苦労したこと。グループホームを1ユニットから本来の2ユニットに増床したこと、その前も後も職員確保が困難だったことなど、さまざまな出来事がありました。そのせいでしょうか、今年、寒い季節がやってくると寒さへのものではなく別の、恐怖心というか弱い心といいますか、なにかそのような感情が心の中で首をもたげてきました。
  「あのときは大変だった」、「仕方ない」、「天候には逆らえない」、「どうしようもなかった」言い訳を連ねようとすればいくらでも言葉が出てきますが、利用していただいている方の立場で考えれば、「十分なサービスが受けられなかった」ということになります。
  先日インターネットで世界の格言やことわざを調べていたら、アラビアのことわざで「何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける。」と言う言葉を見つけました。私が感じていた恐怖心とか弱い心とかは、この「言い訳」にすべて凝縮されている気がします。言い訳をすることそのものが私の言う弱い心です。言い訳をするのは後ろ向きな考え方で、そんな考え方に支配されると、物事は良い方向に進まなくなります。
  小さいころを思い出すと、何か悪戯をして言い訳を言うと親や祖父にしかられた記憶があります。「言い訳するな」と鉄拳つきで怒られました。「酒のチャンポンと親の意見は後から効いてくる」と言う言葉通り、年をとってくると若いころ親に怒られ、言い聞かされてきたことがとても大切なことだったとわかってきます。
  「石の上にも3年」とあるように来年は事業所が始まって集大成の3年目です。来年の今頃に「石神も十分独り立ちした」と言われるように、外は大寒ですが、寒さを言い訳にせず前を向いて仕事をしていきたいと思います。

【文:高江】


小正月の飾り付けと食事会

カテゴリー: 08時29分12秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

  1月12日に毎年恒例の小正月の飾り付けをグループホームたんぽぽ・石神の
ご利用者やご家族・ボランティアの皆様も来て下さり約50名と盛大に今年も
行うことが出来ました。
 ボランティアの皆様が中心となり、ご利用者も色とりどりの団子を丸めたり
ミズキの木に飾り付けしたりと楽しまれていました。

 H27 小正月1  H27 小正月2
  その後は、万葉園の大食堂に移動し色々な食事を皆で食べながら談笑されたり
和やかに過ごす事が出来、皆様とても楽しまれていました。

  H27 小正月3  H27 小正月4

   
 
【文:菊池 彩菜】


2015年1月23日(金曜日)

介護の仕事に就いて

カテゴリー: 07時01分23秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

私が介護という仕事に就き、早3ケ月になろうとしています。
これまでは製造の仕事しかしてきませんでしたので戸惑うことも多く、うまく仕事を覚えられない自分に不安を感じる日々でした。
しかし職員の皆様の親切な指導や、利用者の皆様の優しい心遣いに救われております。
利用者の皆様の笑顔を見続けるために仕事を覚え、早く皆様に貢献したいと思います。

【文:志賀 康孝】


2015年1月21日(水曜日)

クリスマス&忘年会

カテゴリー: 16時43分02秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

デイサービスでは、12月行事として24日に「クリスマス&忘年会」を

行いました。職員全員がサンタクロース、トナカイ等に扮して場を盛り上

げました。まず鮮やかなテーブルクロスを敷きポップコーンなどのお菓子

をそれぞれの利用者の皿に盛り付け、シャンメリーで乾杯しました。

デイ.JPG  デイ忘年会.JPG

その後、ビンゴゲームを行い一番最初にビンゴを当てた利用者の方には

プレゼントを選んで頂き、とても喜ばれました。ビンゴが当たらなかった

利用者の方にもプレゼントを準備したので皆さん喜んでおり、笑顔が見ら

れました。

 デイビンゴ男性.JPG デイビンゴ女性.JPG デイ景品.JPG

その後、職員が構成した今年1年を振り返ってのスライドショーを音楽

にのせながら観て頂きました。4月のお花見行事から11月の紅葉ドライブ

までの利用者の方のとっておきの写真、笑顔の写真が写し出されると、真

剣な表情で観ていました。利用者の方からも良い写真だなぁとの感想聞か

れました。

 その後、職員がハンドベルの演奏(ジングルベル、きよしこの夜)を行

いました。演奏後、利用者の方に沢山の拍手を頂く事が出来たので、何回

かの練習の成果は出せたと思います。

        デイハンドベル.JPG

 最後にカラオケを行いました。利用者も二人の方が参加して下さり、職

員もデュエットで歌うなど場を盛り上げてくれました。

 一年間、いろんな行事をして利用者の方に楽しんで頂く事が出来ました。

今年もまたいろいろ思考錯誤しながら、利用者の方に喜んで頂けるような

行事を計画していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

【文:増田紀子 】


2015年1月20日(火曜日)

万葉園からこんにちは〈第26回〉

カテゴリー: 11時17分07秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 先日、塔のへつりに行く機会がありました。評判通りの景観だったのですが、それよりも私が気になったのはおみやげ屋さんの「なめこの置物」。木製ですが、これがまあ、本物そっくりのツヤ感。値段が高くなるほどなめこの本数が多く、一番高いものは2万円で、抱えるくらいの大きな木にたくさんのなめこが生えている様子はなかなか圧巻でした。

 

 思わず1個購入し、さっそく万葉園の受付に展示。

 購入して分かったことは、意外とこの置物が有名で、結構知っている人がいることと、みんな「すご〜い」とは言うものの、買うほどの熱意はないということ。

 

 そういえばそのおみやげ屋さんで「これください」と言ったとき、お店のおじさんがとても嬉しそうな顔をしたのです。あれ?と不思議に思うほど、すごく嬉しそうな顔で、なんだか10日ぶりくらいに置物が売れたみたいな顔だよね、とか思ったのですが、もしかして本当にそうだったのかと…

 

 さて、受付の置物を見たある職員。「このシメジの置物って、なんか縁起物なんですか?」

 シメジ…に見えますか?

 「縁起物」というところは正解です。キノコは菌で増えるので、菌と金をかけているそうです。皆さんも塔のへつりにお出かけの際は、ぜひ、なめこの置物をご覧ください。もし良ければ買っていただけると、おじさんの素敵な笑顔のサービスもついていますよ。

 

                      H27なめこ26回用

【文:但野】


2015年1月19日(月曜日)

少し遅い感もしますが、南相馬福祉会職員の日記を読んで下さっている皆さん、明けましておめでとうございます。

カテゴリー: 10時20分13秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園(事務室) ■■■

 

さて、昨年12月下旬に私を襲った衝撃的な事件?事故?を報告させていただきます。

それは、市内にあるドラックストアで買物をしていた時のこと…入店した際に、お店入口にあった赤いカゴを左腕に持ち、店内を周り、探していた物をいったん薬用品のレジで支払いました。

その後も買物を続け、大好きな柔軟仕上げ剤の売り場をウロウロしていた時のこと、何だか動きにくいな〜と感じてはいたのですが、な、な、なんと、左腕に赤いカゴを2つ持っているではありませんか!!! さすがの私も、この姿を誰かに見られたのではないか…とドキドキものでした。

 

数日間は、自分が気付かぬ間に、何て事をしたのかと少し落ち込んで過ごしました。

その一件があった1週間後の年末のある日、仕事帰りにコンビニにちょっと寄ったところ、私の目の前に青い買物カゴを片腕に2つ持つ女性を発見!

うわ〜、私と同じことをしている人がいる…と、ほっとしたのですが、その方は私よりうわてでした! 私がレジで順番待ちをしている際に、その人が、店外から青いカゴを持ち、ドアを開けながら、大きな声で「いやあ〜、カゴ持って車に行っちゃった〜!!!」と言ってカゴを返しに来ていました。(その人のことを、ずっと見ていたわけではないので、多少妄想も入りますが…) 1つのカゴに買う物を入れレジで支払い、もう1つのカゴは腕にかけたまま車まで行ってしまったのだと思われます。

 

高齢者の方が、いろいろな事を考えていると、1つ前の事を忘れてしまいますが、私もこれから先、こういったことが増えていくのだな〜と思うと気が重いです。自分の子供のような、若い職員といっしょに仕事を続けていけることの、ありがたさを日々感じつつ… 物忘れ予防のため、利用者と一緒に頭の体操をして行き、今年も元気に働いていけたらと思っています。

皆さん、今年もよろしくお願いします。

【文:天野】


2015年1月15日(木曜日)

クリスマス会

カテゴリー: 15時25分09秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 1225日大食堂にてクリスマス会を行いました。今年は全エリア合同でホットケーキを作ってから、生クリームやフルーツをトッピングしてクリスマスケーキを作りました。その他にも、色とりどりのカップケーキやムースもあり、皆さんどれを食べようか迷われていました。終盤には、女性のサンタクロースが登場し、皆さんに一つずつ手渡しでプレゼント渡され、皆さん笑顔でプレゼントを受け取っていました。

ご利用者の笑顔が私たちにとって一番のプレゼントでした。

H26クリスマス会1    H26クリスマス会2

H26クリスマス会3    H26クリスマス会4

 

【文:寺岡孝文】


2015年1月7日(水曜日)

うれしい再会

カテゴリー: 17時40分57秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 東日本大震災でGさんは他県に避難されました。その施設職員である柴田さんがはるばる面会に来てくださいました。

 

 柴田さんと再会されたGさんは、半年もたったとは思えないほど「病院の○○」と笑顔で声をかけられ、柴田さんが温かく接してこられたからだなあと想像できました。

 

後日、柴田さんがボランティアとして南相馬市に来られた時にいただいたと、萱浜のひまわりの写真を送ってくださいました。見ているだけで心が癒されます。

 

ひまわりの笑顔のように・・・

 

 また、再会できる日を楽しみにしています。

 

 

H26うれしい再会1     H26うれしい再会2

 

【文:渡部】


2015年1月6日(火曜日)

もう直ぐ1年

カテゴリー: 13時23分07秒

■■■グループホーム石神■■■ 

 平成26年1月からグループホーム石神に勤務し、あと少しで1年になります。
 当初は不安でいっぱいでしたが、色々と先輩職員の皆様に教えて頂き、楽しみながら自分の目標を持ち、やりがいを感じる事が出来ました。何より利用者さんの温かいお言葉や笑顔に助けられ、色々な事を日々学んでおります。
 又、たくさんのボランティアさんによる、楽器演奏や民謡、マジックショーなど、利用者の皆様と共に楽しく参加させて頂きました。 まだまだ勉強不足でありますが、少しずつ先輩職員、利用者の皆様から日々学び、勉強し頑張っていきたいと思います。

                                   【文:曵地彩香】 

H27.1月GH石神1H27.1月GH2

H27.1月GH3





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ