メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
今年もよろしくお願いいたします。
10
11
12
東京から来てはや2年
13
14
15
16
がんづき
17
介護保険事業計画のゆくえ新年を迎えて
18
19
2年目を迎えて忘年会
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2014年11月28日(金曜日)

≪職員旅行のおみやげ・・・侠

カテゴリー: 11時27分31秒

■■■居宅介護支援センター■■■

 先月、毎年恒例の職員旅行に行ってきました。
 
 今年は那須〜日光、鬼怒川方面への1泊2日の旅。

 天候にも恵まれ紅葉も美しく、鬼怒川温泉での宿泊でしたが、老舗の宿でありながら近代的な造りで、とても快適に過ごすことができ旅を満喫できました。

 旅の途中、2日目の昼食で立ち寄った「日光東照宮」近くの食事処で、自己をみつめ直すようなことがありました。
 それは、昼食のお膳が被われていた紙の裏に『徳川家康の名言』が書かれており、改めて読んでみてとても感慨深く心に残るものだったのです。

 その“名言”をみなさんにも紹介させていただきます。
 (ご存知の方も多いと思いますが…)

   人の一生は重荷を負て、遠き道をゆくが如し。
   いそぐべからず。不自由を常とおもへば不足なし。
   こころに望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし。
   堪忍は無事長久の基。いかりは敵とおもへ。
   勝事ばかり知てまくる事をしらざれば害其身にいたる。
   おのれを責て人をせむるな。
   及ばざるは過ぎたるよりまされり。

 私自身、仕事と日常生活に追われいささか息切れしてきていた時期(年齢的にも?!)でもあり、心に浸透してくる言葉でした。
それを家に持ち帰り、常に目の届くところに掲げています。

 今後も何か悩んだり躓いたりした時にはこれを読み返し、自らを鼓舞しようと思います。

 みなさんは、心に残る「名言:格言」や「座右の銘」はありますか?

                                【文:田中】


2014年11月22日(土曜日)

介護職に就いて

カテゴリー: 08時54分10秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

自分が始めにこの職に就いたのがデイサービスからでした。介護の職は初めてだった為、右も左も分からないままで少しずつ基本を覚えていき先輩職員達には感謝でいっぱいです。
そんな中、特養エリアに移動を命じられた時は「まだ、未熟な自分でいいのか?」と不安でいっぱいでした。特養に来てから早1年8か月が経ち学んだ事は多々あります。やはり、サービス業で人と接する時間が多く、言葉使い・態度・表情等で利用者様や家族に不安を与えてしまいますので大変ですが、利用者様より「どうもありがとう。いつもありがとね。」等の言葉を頂き、笑顔が見られると励みになりやる気になり、もっと頑張るぞと力になります。まだまだ、覚えて行かなきゃならない事ばかりですが頑張って行きたいと思います。前回のホームページで書きましたが、第一目標の介護福祉士の資格の合格を目指す事は変わりません。来年の一月に試験がありますのでトライしたいと思います。次回のホームページでは試験の合格の報告と次の目標を記載出来る様に頑張りたいと思います。
【介護職員 北牧浩実】


2014年11月12日(水曜日)

大運動会!!

カテゴリー: 18時14分50秒

■■■石神デイサービスセンター■■■

 今年も残すところ2か月を切ってしまい、日の暮れるのがつるべ落としのように早くなっている今日この頃です。デイのホール内は明るい笑い声、歌声、音楽が響きとても暖かく感じます。

 さて石神デイの10月の行事は体育の日にちなんで「大運動会」1週間連日で行いました。中には「運動会は何十年ぶり」と鉢巻姿の笑顔で話す方、せんべい取り競争では、普段は「ひじゃかぶが痛い」と湿布を何枚も貼っている方も、歩くのが早い事早い事、まるで走っているかの様…。丁度、私の父母の年頃と姿が重なり、そんな利用者さんに家族の様な親しみを感じました。

デイでは誰とでも笑顔で話し合えて、心の底から笑って、楽しく身体を動かして1日を過ごしてもらいたいと思います。

【文:井上美恵子

井上-石デイ26.11月


2014年11月6日(木曜日)

ターミナルケア基礎研修を受講して

カテゴリー: 14時18分09秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園(事務室) ■■■

 

昔は医療の設備が整っていないことや、病院に行くことも出来ないため、自宅にて看取をしていた。近年は病院に入院され亡くなる方が多い事から「死」に対する知識が不足している。知識がないなかでの「看取り」は想像がつかず、そうしたことから、特別養護老人ホームでは疑問や不安が考えられている。

 

看取りを実施するにあたり、施設全体での取り組みが必要である事を学んで来ました。家族が来園されたり、電話を掛けて来たり等、まず、事務室での対応となるため、事務職員も含め、全体での体制作りが必要である。また、看取りの内容に関しては、職員が中心にすべて実施するのではなく、脇役(クロコ)としてアプローチをして、本氏とご家族の意思に基づいて支援して行き、最期の時を心安らかに過ごせるようにすることであると学びました。私達の価値観・都合、一般論で支援するのではなく、選択肢を含め提案し、決定するのは家族であり、安易に決め付けてはいけない。しかし、家族が決めた事はみんなで支援して行く事が大切である。

 

現在、福寿園では、本氏や家族の意向により看取りを実施しているが、今後も看取りの指針やマニュアル、フローチャートなど、対策を具体化(とるべき行動)して行かなければならないと感じました。

 

廃用性症候群予防として『今日行く(教育)』『今日用(教養)』が大切と学びました。利用者の一日を大切に過ごせるよう支援して行きたいと思います。

【文:益山】


2014年11月5日(水曜日)

秋はやっぱり食欲の秋!?

カテゴリー: 10時14分37秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

9月になり、だんだんと寒暖の差も出てきましたね。
9月15日には毎年恒例の敬老会が行われ、賀寿者の皆様には
赤いちゃんちゃんこを着ていただきました。
レクリエーション委員の私はバタバタと動き、ゆっくりと敬老会を
みることは出来ませんでしたが、賀寿者の皆様の喜んだ顔が見ることが出来大変うれしく思います。
また、敬老の日の昼食には重箱にお赤飯や茶碗蒸し等のお祝いメニューでした!
利用者のみなさんは「赤飯なんて滅多に食べられないから、大事にたべなんねな。」と話され笑顔多く昼食を召しあがっていました。
22日には秋のお彼岸の為、おはぎが昼食に提供され利用者のみなさんは
「美味しい!」ととても喜ばれていました。
利用者のみなさんにとって9月は敬老会のお祝いメニュー、秋のお彼岸のおはぎもあり、やっぱり食欲旺盛の9月であったのではないかと思います。
毎日仕事をする中で、利用者のみなさんの幸せそうな顔を見るのが私のエネルギーとなっています。
                 【文:菅野 未知子】


2014年11月1日(土曜日)

デイサービス運動会

カテゴリー: 13時42分44秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 スポーツの秋!デイサービスでは毎年恒例の大運動会を開催しました。ラジオ体操第一を行い、その後競技4種目を行いました。

          デイラジオ体操.JPG

競技1“スリッパ飛ばし”10年勤務していますが、この競技は初の試みです。椅子に座り、足を蹴り上げスリッパを飛ばすという至ってシンプルな競技。意外と難しく、コツを掴まないとなかなか遠くまで飛ばないようでした。職員が手本を見せた際には、応援席の利用者さんの所に飛んで行ってしまうハプニングもありましたが、そこは皆さん笑ってくれました。

             デイスリッパ飛ばし.JPG

 競技2“借り物競争”スタートの合図で走りだし、約12メートル先に置いてある借り物の名前が書かれている札を一枚選び、応援席の利用者さんが持っている物から探し出し、受け取りゴールを目指す競技です。多くのアイテムから探し出すのに時間も掛かり、早くゴールしたい焦りもあり賑やかな競技でした。

              デイリレー.JPG

 競技3“リレー”三人一組となり、職員付き添いの元バトンを繋ぎ、約12メートルを疾走しました。競争心に火が付き、参加してくれた方々の普段見る事の出来ない走る姿を見せてくれました!応援にも熱が入り、一番白熱した競技だったと感じる事が出来ました。

         デイ対抗リレー.JPG

 競技4“すすき倒し競争”子供の頃砂場で遊んだ、棒倒しゲームを改良した競技です。画像の通りお手玉を山のように積み上げ、中央に手作りのすすきを一本挿します。スタートの合図で一人一つお手玉を取り、すすきを倒さないようにリレーし先にゴールした組が勝ちとなる競技です。箱の移動中にすすきが傾いてしまう事もあり、ハラハラドキドキの競技でした。途中ですすきが倒れてしまう事もあり「あぁ〜」と残念な声も上がり、負けて悔しいが楽しめた競技でした。

         デイススキ倒し.JPG

 一致団結!楽しく元気な運動会を無事終了する事が出来ました。これでデイサービスのスポーツの秋は終わりです。

【文:鈴木孝仁】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ