メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2014年8月29日(金曜日)

相馬野馬追

カテゴリー: 13時52分37秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

【相馬野馬追 宵乗り競馬見物 】

7月26日土曜日、デイサービスでは9年ぶりに「宵乗り競馬」を見物に雲雀ヶ原祭場に出掛けてきました。祭場に到着すると、すでに競馬が始まっており、途中からの観覧でしたが、人馬一体で駆け抜ける姿は迫力がありました。熱中症対策のため木陰での観覧であり、間近で観ることは出来ませんでしたが、センターに戻る際、車窓から帰宅途中の騎馬武者を間近で観る事ができ、利用者さんは、少し興奮気味でセンターに戻ってきました。

猛暑の中での見物でしたが、体調不良を訴える利用者の方々も無く皆さんに楽しんでもらえて良かったです。

7月仁子.JPG  7月仁子.JPG

 

7月仁子.JPG

 

【文:鈴木 仁子 】


「やさしい人?」

カテゴリー: 09時15分54秒

■■■ 福寿園居宅介護支援センター ■■■

 先月あるお宅へ認定調査に伺った際、「うちの犬が吠えないなんてケアマネさんはやさしい人なんですね」とそこの家族から言われ、私はあまりにも静かだったので犬を飼っていることにも気が付かないくらいだったのですが、よく見ると通された部屋の隣の部屋にシベリアンハスキーがいました。
 普段は他人に対してはとても吠える犬で車のエンジンの音が聞こえた時点で吠えているとのこと。他の家を訪問した際にたくさん犬に吠えられているので今回はたまたまだと思うことを伝えましたが、その後も「うちの犬はやさしい人は分かるんです。吠えないなんてやさしい人に決まっている」等と何度もやさしいを連発され、初対面でもあり、やさしいと思われるような行為も何もしていないし、何でこんなに言われるのか?と不思議に思いながら調査をすすめていました。
 その後、「本当は内緒だと言われたんですけど、福寿園の職員さんだから言います。数か月前に車の座席への移乗を失敗し、乗せられずに困っていた所にたまたま福寿園の職員が通りかかって助けてもらったんです。名前を聞いたのですが業務中だから名乗れませんと言われ、誰だかは分かりませんがあの人は神様に思えました。
 あの時は本当にありがとうございました。」と話す様子あり、福寿園職員に親切にされたことで福寿園職員=やさしい人という印象を持ってくれていたようです。一人の行動が全体の印象を良くした出来事でした。

 【文:木幡】


2014年8月24日(日曜日)

最近・・・

カテゴリー: 17時28分35秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

わたしは、左目下にホクロがあるせいか・・・これを泣きボクロと言うらしいが、そのせいなのか若い頃はよく泣いていた。

 

でも、最近になって泣いていない事に気付いた。歳を重ねるごとに涙腺が弱くなっていくらしいが、わたしはこの位で泣いてたまるか!と思うようになり、あまり物事に対して動じなくなった。図太くなったと言えばそうなのかも・・・(笑)この歳でおっちょこちょいという言い方は、少しかわい過ぎるが、ここはいくらしっかりしなくちゃと思っても、恥ずかしいお話だがなかなか直せない・・(泣)

 

 万葉園に4月より異動となり、1日1日がすさまじい早さで過ぎて行くことを実感している毎日。しかし、その中で万葉園職員に助けられ、支えられ毎日が過ぎて行く。利用者さんの笑顔や万葉園職員の笑顔、励まし、指導。

 

 わたしの毎日が、いろんな事があるけど楽しく、明日も頑張ろうという気持ちになれることに感謝し、1日1日を大切な日にできるようにしよう。

 

 そして、歳を重ねるごとにしっかりと万葉園の支えになれるように日々精進しよう。

 

 悔いのない、日々を送るために。

 

 悔いのない、仕事をするために。

【文:荒 里美】


2014年8月17日(日曜日)

七夕の季節

カテゴリー: 06時21分14秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

今年も7月を過ぎ半年が経過しました。
7月6日に、七夕ということで外部ボランティアとして「あきえ会」様にあきえ先生の歌と踊り子さんによる踊りを披露して頂きました。
踊り子さんの淡い青色の着物が視覚的に涼しさを感じました。
演目を鑑賞された利用者さんからは、「昔、踊りをやっていたことを思い出した」や、「懐かしい歌を聞くことが出来てよかった」など大変に喜ばれていました。

【文:大畑和宏】


2014年8月14日(木曜日)

初の試み!

カテゴリー: 17時20分06秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

 暑い日が続いていますが皆さん体調を崩していませんか?
 包括支援センターの事務所は南の窓から日差しが入り、夏はとっても暑いです。そこで、今年初めて『緑のカーテン』にチャレンジしました。
 アサガオの種まき、毎日の水やり、ネット張り…全て主任がやってくださり、立派な緑のカーテンができました。主任、いつもありがとうございますm(__)m
 色鮮やかな花は目を楽しませてくれ、風が吹いて葉や花がゆらゆら揺れる姿から涼を感じ、心も癒されています。
 あさがおあさがお

 
 アサガオのつるはネットの上端に到達しましたが、まだまだ成長を続けています。どこまで伸びるのでしょうか…。
 あさがお

 先日、福寿園・さくら荘夏祭りが盛大に行われました。夏祭りに合わせて包括支援センターのマスコットキャラクターくまのクーちゃんもはっぴ姿です♪包括支援センターの前を通ったらぜひ見てください!
 くま

 

             【文:平田 】


2014年8月13日(水曜日)

恒例になりつつある・・・

カテゴリー: 10時44分30秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

それでは方言クイズを始めまーす。
職員:「あんべ悪くてあやまったな」 
利用者:「具合悪くて困ったってことだ」
職員:「正解!」:「では、ひじゃかぶとは何でしょう?」
応援職員さん:「シシカバブ?」 
利用者:「違う!ひじゃかぶ。膝のことだ」
応援職員さん:「ひじゃでいいんじゃないですか?どうしてかぶをつけるんですか?」
利用者:「言われてみればそうだな(笑)」

何だか英語を話しているように聞こえるようで、応援職員さんは目が点になって
いますが、利用者の方はさすが答えが早い。

現在、福寿園には他県から応援職員の方がお手伝いに来てくれています。
以前、応援職員さんから「今回は方言クイズはないんですか?」と言われた時はビックリ!引き継ぎの時に前任者の方から、このクイズのお話しがあったそうでそれだけ印象に残っていたのだと思い、嬉しいやら恥ずかしいやら。
何気なく口にする会話に方言が混じっていると親しみやすいし、雰囲気がとても伝わります。
きれいで丁寧な言葉もいいですが、自分の故郷や仲間内で喋る言葉も大切にして
いきたいですね。
                        【文 佐藤由美】


2014年8月6日(水曜日)

平成26年度福寿園さくら荘夏祭りを終えて

カテゴリー: 17時27分15秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園(事務室) ■■■

 

 8月3日に行われた夏祭りは晴天にも恵まれ、大きなトラブルもなく無事に終えることができました。

 今年は久しぶりに全ての模擬店を職員で運営しました。準備が大変ではありましたが、お客さんの笑顔を直接見ることができて良かったと思います。また、予想していたより早く売り切れが続出し、恒例の催し物も例年以上の盛り上がりを見せ、大盛況で夏祭りを終えることができました。これも参加された地域の皆様、ボランティアの方々の協力があってこそだと改めて感じました。ご協力いただきました皆様本当にありがとうございました。

 

夏祭り  夏祭り2  

【文;遠藤友彦】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ