メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2014年7月25日(金曜日)

石神デイサービスでのレクレーションの様子

カテゴリー: 19時03分25秒

■■■石神デイサービスセンター■■■ 

 

 皆さん、こんにちは・・・。

私は、石神デイサービスに勤務し1年半過ぎようとしています。

毎日楽しく、利用者さんと体操、ゲームなどで笑顔がいっぱいの日々を過ごしています。

先日午後からのゲートボールゲーム楽しまれた時の様子を、載せてみました。普段手足が痛くて上がらないと話される利用者さんが、手足を振り回しているのを見て、動く範囲が広い事にビックリしました。

まずは、外見から入り、ハッキリとボールが見える様にレンズの無いメガネを掛け、お尻を振って、スイングオッケイで、ホールを狙い定め「ほーれ」とクラブを振る姿は、プロも顔負けでした。

これからも、色々なゲームを準備し、利用者さんが、家に帰り「デイは、楽しい」と言って頂ける様頑張りたいと思います。             

【文:朝川】

H26.7 H26.7月

H26.7月H26.7月

H26.7月


2014年7月24日(木曜日)

デイサービスの演芸発表会

カテゴリー: 17時26分19秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

 梅雨に入りジメジメした季節になりました。デイサービスではその空気を吹き飛ばすため?毎年恒例の演芸発表会を6/16から1週間行いました。今年は、2チームに分かれ、歌と楽器演奏を行いました。殆どの利用者の方が1,2回の練習のみでしたが美しいハーモニーを奏でていました。

個人発表では率先して「出ます。」と答えてくれる人、「人前でそんなこと出来ない。」と遠慮してしまう人と、それぞれでしたが、いざ本番になると飛び入り参加者が毎日現れて、ステージを盛り上げてくれました。

職員もこの日のために「お座敷小唄」の替え歌を用意していましたが時間の関係で毎日の披露はできませんでした。何かの機会があればまた頑張りたいと思います。

来年も楽しい企画を用意しますので、また皆で盛り上がりましょう。

 

田島.JPG  田島.JPG

【文:田島 希久子】


2014年7月23日(水曜日)

真夏にあらわれたニューフェイス!

カテゴリー: 09時22分20秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

 冷夏と言われていましたが、台風から一転して夏らしくなってきました。先月までこたつ布団だったお宅がテーブルのみとなったり、変化が目に見えてわかるようになりました。それでもジャケットを羽織って出迎えてくれる方などもおり、熱中症に気を付けて水を飲んでくださいねが帰りの定番挨拶となっています。水分をしっかりとって、元気に夏を乗り切りましょう!

 さて、話は変わりますが、原町東地域包括支援センターに生活相談員として中村純一さんが新たに配属となりました。
7月1日から配属となり、日々介護保険の相談などを受け、対応しています。
それでは、中村相談員より一言ご挨拶を!
 「みなさま初めまして。中村純一と申します。7月1日より原町東地域包括支援センターに生活相談員として入職しました。一日でも早く、そして一日でも長く地域のみなさまへ貢献していきたいと思います。なにかありましたらご相談くださいますよう宜しくお願い致します。」
どうぞよろしくお願い致します。

                                  【文:佐藤】


2014年7月17日(木曜日)

七夕飾り

カテゴリー: 18時02分01秒

■■■グループホーム石神■■■

 

グル―プホーム石神では今年2月に新しく二丁目を開設する事が出来、私自身も二丁目で毎日楽しく仕事をさせていただいています。

 7月はご近所の方より笹をいただき七夕飾りを行いました。皆さま、多種多様なお願い事を短冊に書いており、中には「世界の平和を…」と大変スケールの大きいお願い事もありましたよ(笑)

今後も利用者様に季節感を楽しんでいただき、安心してゆっくり過ごしていただける様に一生懸命頑張って行きたいと思います。

 【文:石田】

 

 

七夕飾り七夕飾り

    <1丁目作>              <2丁目作>

 

 

七夕飾り七夕飾り

            それぞれ個性ありますね


2014年7月16日(水曜日)

おさんぽ♪

カテゴリー: 09時18分59秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園(事務室)■■■

 福寿園の事務では平日30分程度、2名1組で特養の利用者さんと一緒に散歩をしています。日頃なかなか利用者さんと接する機会がない上に、事務員だけで施設の外に出ることになるので、始まった頃はとても不安でした。(今になって思えば、全然知らない職員と出かける利用者さんの方が不安だったのではないかと思いますが…。)

 散歩コースは特に決まっていないため、その日の担当者や利用者さんの意見、天気の様子等で毎回自由に決めています。最近は、施設の敷地内で育てている野菜や草花などを眺めながら、「昔こんな野菜を作っていたんだ〜」と言って野菜の育て方を教えていただいたり、花の種類に詳しい方からは花の名前を教えていただいたり、散歩をしながら利用者さんとの会話で色々なことを学んでいるように思います!

利用者さんの日常の中でちょっとした気分転換になっていただけたら…と思っていましたが、今はそれだけでなく自分にとっても良い気分転換になっているのかなと感じています。今後も無理なくのんびり続けていければと思っています♪

文;中橋玲子


2014年7月14日(月曜日)

アニマルセラピー

カテゴリー: 17時20分13秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 震災後、なんとなく慌ただしい生活環境のなか 1匹の家族が増えました。
 

 たぶん、震災前の私なら、「犬なんて」といって受け入れがたい動物だったと思います。ましてや家の中で飼うなんてありえない…、臭くなる、ごはん、排泄はどうするのなどなど…拒否のネタはたくさんありました。何よりアニマルセラピーなんてと信じていませんでした。
 

 いざ 飼ってみると、うちの中で末っ子長男の役割をはたす名犬JOY(ミニチュアダックスフンド)は、私の周りをもうなんとも言えない愛嬌をふりまいて、いたずらのし放題。私は家のなかで鬼ごっこですよ(笑)他の人にはとてもお見せできません。動物とのあの何とも言えないコミュニケーション、あの従順な目や犬の寄り添う姿がアニマルセラピーなんだなあと最近はつくづくありがたい存在になっています。
 

 考えると、私の実家には小さい時動物がたくさんいました。犬、猫、牛、鶏、十姉妹。いろいろな動物に自然と癒されていたのかもしれません。大人になり社会に携わるなかで徐々に忘れていったようです。
 

 震災前は、施設にアニマルセラピーとしてボランティアさんと動物が来園してくれていました。施設生活のなかでの癒しとは?と考えた時、動物には大変癒やされますよね。 

   H26 アニマルセラピー     H26 アニマルセラピー    H26 アニマルセラピー

【文:木村 昌子】


2014年7月13日(日曜日)

万葉園からこんにちは〈第24回〉

カテゴリー: 18時12分12秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 6月23日(月)、「食中毒・感染症予防対策について」をテーマに内部研修を開催しました。講師として東京サラヤ株式会社の菊地信様をお迎えし、食中毒予防の基礎知識、ノロウイルス対策についての講義をしていただきました。

 

 今回は職員からも要望のあった吐物処理の実演をメインに行いました。実際に吐物のモデルを床に撒き、万葉園の吐物処理セットを使って処理をしてみる、というものです。実際にやってみることで、手順を忘れていることに気付いたり、処理セットの不備も確認できたりと、学ぶことが多くありました。代表で処理の実演をした職員はもちろん、周りで見ていた職員も「分かりやすかった」と概ね好評であったようで、研修委員としては一安心でした。

 

 実演に使用した吐物モデルは栄養士の力作です。トロミ剤で良い加減のトロミをつけ、見やすいように食紅で着色しました。真っ赤にすると、吐物よりも吐血のモデルになるのではないかと心配されましたが、出来上がりはイチゴゼリーのようでとても美味しそう。分かりやすい実演に貢献してもらいました。

 

 東京サラヤ株式会社の菊地様には、内部研修で毎年お世話になっております。毎回の研修のたびに新しい情報を盛り込んでいただき、マンネリにならずに興味を持って聞くことができます。今回も、遅い時間にお越しいただきまして本当にありがとうございました。

 

 

    H26 感染症2       H26 感染症1

【文:但野】


2014年7月9日(水曜日)

ある日のなごみの家

カテゴリー: 14時56分35秒

■■■グループホーム小高■■■

 みなさん、こんにちは。この時期は窓を開ければ、どんよりとしたお天気ですね。夕方には急な雷雨!たまには太陽の顔を見たいものです。
 なごみでは、「今日も風がなくて、いい日だなぁ。」、「外は雨ふりでも、中までは降らないからお天気は忘れたよぉ。」とのこと。
 朝の挨拶、お天気確認、ラジオ体操でなごみの一日が始まります。
 今日はなごみの、ある一日をご紹介します。
 何やら真剣な顔で紙を丸めたり、貼り付けたりしています。気が早いと思われそうですが、来年の干支作りを行っています。ピ ンクや紫色が見えますが・・・。来上がりは、来年までのお楽しみです。是非、なごみに見に来て下さいね!

 

      H26.7.4なごみ                H26.7.4 なごみ

 お天気が悪い時は洗濯物がたまります。「なんだ、あること!」と言うと同時に、すでに手は動いています。私はついついためてしまう方なので、見習わないといつも思うばかりです。洗濯物干し、たたみとありがとうございます。

 こちらではゆっくりとお人形さんの「ポポちゃん」とお話しされたり、趣味の読書タイムです。互いに好きな事をして過ごしています。(お互いに会話はなくても、近くでひと肌を感じると落ち着きますよね。と思うのは、私だけでしょうか)

 何気ない日常ですが、「穏やかな時」をこれからも大切にしたいと思います。

                              【文:栃本 愛子】


2014年7月6日(日曜日)

介護の職に就いて

カテゴリー: 18時55分37秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■
 私が社会人になり1年が経過。また、介護という職についてから
1年が経過しました。当初は介護職に就く事について、人の命を預かる
責任のある仕事が自分に出来るのだろうか… という大きな不安があり
ました。1年経った今でもこの不安はなくなりませんが、この職に就いた
からこそわかる「命の重み」を感じることができています。
 この職に就いてから、私は常に「人はいつ亡くなるかわからないんだ」
と思いながら、利用者さんはもちろん家族や親戚・友達等、一緒に過ごす
時間を大切に・後悔のないよう生活しています。
 まだまだ不安はあり介護職員として未熟ではありますが、少しずつ
自分の自信に繋がる様に、少しずつ成長していけたらなと思います。

                        【文:三瓶里抄】


2014年7月1日(火曜日)

≪福島県学童相撲大会≫

カテゴリー: 16時10分29秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 H26.6.29に日大東北で行われた福島県学童相撲大会を見てきました。
 子供達の相撲を見るのはこれが初めて、南相馬市内の生徒たちも気合の入った試合をしました。思わず熱が入りますね、声援がすごかったです。悔し涙を隠しきれない生徒も多く、気持ちのよい大会でした。最後まで頑張る姿、気合の入る声援、昔取った杵柄の方たちも同じだったでしょう。
 今も昔も変わらぬ土俵のドラマ!大相撲も見ごたえたっぷりですが、学童相撲も利用者さんにも見てもらえたら喜んでもらえるだろうな〜と思い帰路につきました。

                                           【文:松本】

                福島県学童相撲大会                                                              





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ