メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2013年12月27日(金曜日)

今年を振り返って

カテゴリー: 13時51分28秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

毎日寒い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。今年も残すところわずかとなってきましたね。

今年の包括支援センターを振り返ってみますと、職員の産休があり、新たに事務職員の配置という形で業務を遂行したりと、変化のある年でした。その中で、委託事業も経験の少ない職員同士、試行錯誤しながら何とか年内中に全て実施することができました。職員一人ひとりの持っているパワーの集結があってこそと、あらためて感じています。

包括支援センターでの新たなことのもう一つは、南相馬市立総合病院在宅診療課へ全国各地から実習に来ている先生方と関わる時間を持てたことです。包括支援センターの役割や、南相馬市の介護サービスの状況や在宅介護について、震災前後でどう変化しているか等お話させていただいております。在宅医療と介護連携の展開がこれからますます重要視されてくることを説明しながら、今後の南相馬市の介護事業がどんどん充実していくことを願っております。残りの3ヶ月、包括支援センターのマンパワーをフルに生かしながら、来年度の事業もより充実して行えるよう取り組んでいきたいと思います。

【文:飯島】


「乗り越えていく」

カテゴリー: 12時59分22秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 ご本人やご家族の意向と日常生活上における課題認識が食い違う、また希望する介護サービスの回数が調整できない…などなど、ケアプランの相談等で「あ〜、もうなんともならないかな〜」と苦しく感じてくることが多々あります。
 しかし以外にも、「困った〜困ったー」と、始めにどうしていいかわからない気持ちでいっぱいだったご本人、ご家族がそのような悩みを解決する過程で最終的に「色々やってみよう」という気持ちになると、目の前の課題がクリアしていけるんですね。
 “やってみよう”という気持ちに自発的になる方もいますが、最近はなかなかそのような気持ちにならないという方にも時間をかけて意欲を引き出せるように意識してお話ししたりもします。
 人生や生活、介護に王道なしですし、いろいろやってみるしかない時もありますよね。どのような職種、職業だったとしても、そのようなときに一緒になって考え無理をしないように支えてあげられる支援チームの一員でありたいです。

                               【 文: 松本 】


2013年12月24日(火曜日)

【10か月を振り返り】

カテゴリー: 11時17分13秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 今年の2月より万葉園の事務員としてお世話になり、気がつけばあっという間に10ヵ月が過ぎました。

 老人ホームで働くのは初めてということもあり、この10ヵ月を振り返ってみると戸惑ってばかりの毎日でした。

 初めて目にするもの、耳にするものに不安を感じ、周りの方々にも不安を与えてしまったのではないでしょうか。

 そんな毎日の中、心安らぐのが利用者さんの笑顔に出会えた時です。

 ほとんど事務室にいる私ですが、たまに利用者さんと接した時、笑顔を見るととてもうれしくなり元気をもらえます。

 来年もたくさんの笑顔に出会えるのを楽しみに日々頑張ります。

 

【文:山田由美】


2013年12月18日(水曜日)

昼食準備(*^。^*)

カテゴリー: 09時49分59秒

■■■グループホーム石神■■■ 

2月からグループホーム石神に移動してきて、10カ月が経ちました。
グループホームでは、利用者さんと一緒にお買い物に行ったり、お料理をしたり、楽しく働かせて頂いています。
12月5日の昼食は、『けんちんうどん・じんだ和え・フルーツ・牛乳』でした。利用者の皆さんに色々と教えて頂きながら美味しく作ることが出来ました。

                                 【文:奥田 瑠美子】    

 

奥田1 奥田2  奥田3                        


2013年12月2日(月曜日)

【伊佐見ヨシコ様100歳!おめでとうございます】

カテゴリー: 17時40分45秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

1110日に、伊佐見ヨシコ様が100歳を迎えられました。その日には、県職員や桜井市長が万葉園に来園され、ヨシコ様をお祝いされました。賞状の授与の際には、ご本人も手を伸ばされしっかりと受け取られていました。ご家族もお祝いにいらっしゃり、とても賑やかでご本人もとても嬉しそうに微笑んでいました。

 

   H25賀寿1        H25賀寿2

 

催しものでは、万葉園ボランティア様のダンスや演舞を披露して頂き、より華やかな式となりました。

 

H25賀寿3      H25賀寿4

 

午後からは、いきいきエリアにて、心ばかりのお誕生日会を行いました。大きなプリンに、クリームやチョコで彩りを付け、目でも舌でも楽しんでおられました。一緒にお誕生日会に参加したご利用者も、おいしそうなプリンに、ニッコニコです。

 

H25賀寿5   H25賀寿6

 

万葉園では、100歳を迎えられたご利用者が2名となりました。

これからも、1日1日を健康に笑顔で過ごして頂きたいです。

【文:星】


【佐々木家にも…】

カテゴリー: 16時54分53秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 1121日ついに佐々木家にも除染の順番が回ってきました。

それに伴い、佐々木家の玄関を彩っていた母親自慢のガーデニングを撤去する事になりました。小さい頃は「出入り口にこんな草花ばかり…邪魔だな」と思っていましたが、いざ何もない閑散とした玄関を見ると寂しい気持ちになりました。

冬が過ぎ、また新しい草花が佐々木家の玄関を彩ってくれる日を楽しみに待ち侘びながら、一日一日を過ごしていきたいと思います。

佐々木家の一部からは「もう充分じゃない?」との意見もあり、母親のガーデニングに関しては賛否両論の状態です。今後の進展にご期待を…。

【文:佐々木】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ