メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2013年2月26日(火曜日)

万葉園からこんにちは〈第22回〉

カテゴリー: 10時41分38秒

 

 先日開催されたグループホームたんぽぽ運営推進会議にて、鹿島区の歴史民俗資料館が震災での被害により取り壊しとなり、このとき、資料館裏の大きな桜の木も伐採してしまうとの話題が出ました。会議に出席されていた委員の方から「利用者が(桜の花を)とても楽しみにしているのですが」、「どこかに移植できませんか」とのご意見が次々に出ました。

 

 伐採の話については、私も会議録のメモを取りながらとても驚きました。目立つ場所ではありませんが、桜の季節にはそれは見事な花を咲かせます。たんぽぽのご利用者はご自分の居室からも花を楽しめます。切ってしまうのはなんとも惜しい…。桜は挿し木で増やすのは難しいようですし…。

 

 会議中、「桜が欲しい方が個人で移植するのはかまわない」という市職員の方の意見も出たため、いっそ我が家の梨畑に移植してしまおうか、とも半ば本気で思いましたが、会議後、施設長から「500万円くらいはかかるかも」などという話を聞き、沈黙。また、立派な桜なので、我が家の梨畑よりも大勢の人に見てもらえる場所に移植したいものです。

 

 どなたか、良い知恵と財力と土地をお持ちの方はいらっしゃいませんか?         

資料館の桜 資料館の桜

【文:但野】


【久しぶりの雪山へ】

カテゴリー: 10時34分42秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 こんにちは。まだまだ寒い日が続いていますね…。

朝が苦手な私は、なかなか布団から出られない毎日を過ごしています。

そんな寒い中、2年間行く事をためらっていたスノーボードに今年はチャレンジしてきました。

今でも忘れられない初めてのスノーボード…。

転倒に転倒を重ね、全身の筋肉痛、そして両太腿に綺麗に出来た一直線の内出血。

私の意欲をなくすには十分すぎる内容でした。一緒に行った職員さんに丁寧に教えて頂き、なんとかその1日でターンが出来るまでになりましたが、やはり恐怖心は無くならず、2年間躊躇していました。

しかし!!!!!一念発起し、今年こそはと1月に行ってきました。

先輩職員さんに優しく教えて頂き、今回は内出血を作る事も、派手に転倒することなく楽しく滑ってくることが出来、2年前では考えられかった「また行きたい」と話している自分がいてびっくりしてました。

 

雪のシーズンが終われば、次は大好きなディズニーリゾートに行く季節!!夢の国で、ミッキーやドナルドに早く癒されたいと今から妄想を膨らませてニヤニヤしている毎日です(><)

【文:山崎 由日利】


2013年2月21日(木曜日)

【初めての妊娠】

カテゴリー: 16時01分47秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 結婚から約1年経ち、現在初めてのマタニティーライフを体験中です。

妊娠してみて初めて分かることも多く、つわりの時期は今まで好きだったものが食べられなくなってしまったり、常に気分が悪く口にものを入れていないと吐気があったり…と今までに体験したことのないことをたくさん体験しました。

 

つわりがおさまり徐々にお腹が大きくなってくると、妊娠しながら仕事をすることの大変さがわかりました。

一緒に働く職場の人達には何度も助けられました。

今までの経験から助言をして下さる方、「お腹に力を入れちゃ駄目だよ」と移乗介助を代わって下さる方、初めてのことで不安な私の話を聞いてくれる方…いろんな方の協力を得ながら何とか無事に産休に入ります。

利用者の方もお腹を見ると「何カ月なの?」「女の子?男の子?」と嬉しそうに聞いてくださり、「昔は産婆さんなんていなかったから自分で取り上げたんだ」「子供産むギリギリまで畑仕事してたんだ〜」と自分の体験談を話して下さり、現在は昔に比べるととても恵まれており、とても大変な状態で出産、子育てをおこなっていたんだなぁと思いました。

性別は女の子。今は名前を考えたり、子供の為におくるみを作ったり、胎動を感じたりすることが凄く幸せです。

 

南相馬福祉会に勤めてもうすぐ8年。

震災の時に2カ月ほど休んだのが一番の長期の休みだった私にとって、こんなに長い期間職場を離れるということがなかったのでとても不思議な感じがします。

出産や子育てにたくさんの不安はありますが、旦那さんやお互いの家族と協力しあって楽しみながら残りの妊婦生活、そしてお母さんになる喜びを感じていきたいと思います。

【文:細野絵美】


2013年2月14日(木曜日)

年は取っても心は二十歳

カテゴリー: 12時01分42秒

■■■ 福寿園居宅介護支援センター ■■■


 私が担当している利用者の中での最高齢は明治37年生まれの108歳の女性の方です。震災のため数か月の避難生活を送ったことで足腰が弱り、現在は車椅子を使用していますが、腰を持ち上げる程度の一部介助で車椅子へ移ることはできています。
 とてもユーモアのあるお婆さんで、その方に若さの秘訣を尋ねると必ず「年は取っても心は二十歳」と答えます。現在日本一の長寿を目指しているそうです。

 先日、他利用者の男性(82歳)宅を訪問した際に、その妻(77歳)からも「年は取っても心は二十歳」と全く同じ話がありました。
 靴は必ずヒールのあるものを履くようにし、服も明るめの色の物をできるだけ着るようにしているそうです。お肌もつやつや、乾燥することもないと話していました。車の運転は最近やめたそうですが、訪問中にパソコンにふれている姿もよく見受けられます。

 みなさんも「年は取っても心は二十歳」の気持ちを忘れずに!!

【 文:木幡 】


2013年2月8日(金曜日)

【エール!】

カテゴリー: 13時48分06秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■ 

 

 先月の131日(木)に長らく万葉園に勤務されてきた副主任介護職員と看護職員が、新しく開所する石神のグループホーム、デイサービスへ異動となり万葉園ご利用者と職員に見送られ新たな場所へ旅立って行きました。

  今まで2人には、色々なことを教わり、時には励まされ今日に至り…

見送る私たちは、寂しくも悲しくもあり「明日から今までと同じように頑張れるだろうか…?」と不安もあったけれど、見送られる2人はもっと寂しく、新しい環境で一から築かなければならない物ごとの大きさに不安は尽きないでしょう…。

出会いがあれば別れはつきもので、同じ法人で働く限りご利用者へ提供するケアの方法や場所が違うだけで、いつか再会した時にお互いに今以上に職員として成長できているよう、その時を楽しみにこれからの逆境や困難もお互いに踏ん張って頑張ろう!!

また会う日まで…!!

【文:高橋まり子】


2013年2月7日(木曜日)

【社会人・介護職員になって】

カテゴリー: 18時02分33秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

昨年高校を卒業し社会人になりました。初めての環境、覚えなければいけない事など沢山あります。特に言葉遣い・・・。今まで気を付けてはいましたが何気ないところで先輩職員に指摘され、自分が丁寧な言葉を遣っていないことに気付きます。

自分がなりたくて選んだ介護職。実際に勤めてみて大変だと思うことは沢山あります。利用者の方と話してみると、今さっきまで話していたこと、私が聞いた事と全く違う話や答えが返ってきたりし、始めは戸惑いました。これが認知症だと知りました。今でも戸惑うことは沢山あります。しかし、そういった認知症などを理解し、今まで知らなかったことを知り、勉強をしていかなければいけないと思いました。

 

 

私の夢は先輩職員の皆さんのように高齢者を思いやり、その人にとって何をすればより良い環境なのかを自分で考えられる、そんな介護職員になることです。今はまだまだ先輩職員の皆さんに指導していただく毎日ですが、社会人としての自覚を持ち日々努力していきたいと思います。

【文:佐藤真希子】


2013年2月6日(水曜日)

スマイル(^v^)/

カテゴリー: 11時45分21秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

立春も過ぎましたが、まだまだ寒さ厳しい日が続いていますね。インフルエンザもここにきて流行りだしているようですので、体調管理には十分注意が必要ですね。

体調が悪いと仕事にも影響してきますからね。私たち福祉に携わるものは健康管理も仕事の一つと思います。健康な心と体でみなさんにお会いできるよう心がけていきたいです。

心が少し元気のない時は顔も曇りがちになってしまいます。そういう時って以外と利用者さんてわかるんですよね。気にして声をかけてくれたりします。コミュニケーションの中で表情やしぐさから相手に与える印象って大きいんですよね。

以前聞いたラジオのお話に、『ス・マ・イ・ル』って言葉を発すると、自然と笑顔になるってありました。口にしてみるとなるほどです!!笑顔になると、心も少し元気になれそうです。
 
利用者さんとお話していて、元気をもらうこともありますね。自然と笑顔にしてくれる、そんなパワーをいただいているのかもしれませんね。

笑うことが治療になったり、笑いヨガとかもありますからね。笑って過ごせるのが、健康のめやすにもなりますね。

笑顔を忘れた時には『スマイル』とそっと口にしてみるのもいいかもしれませんね。☆(^0^)☆

 【文: 飯島 】


2013年2月4日(月曜日)

デイサービスの新年会

カテゴリー: 14時16分35秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 1月8日〜12日、デイサービスでは1月行事として新年会を行いました。内容は職員による足芸やお正月の遊びです。お正月遊びは、すべて行事担当職員の手作りです!!

デイ新年会 4 デイ新年会 5
すごろく、コマ回し、福笑い等どれも素敵に仕上がっており、職員も利用者の方々も大変盛り上がっていました♪そして、それぞれのゲームの優勝者には、メッセージカードが入ったお年玉のプレゼントです!!見事優勝した利用者さんからは『記念になるものをもらった!!』と喜びの声が聞かれました。

デイ新年会 1 デイ新年会 2

デイ新年会 3 デイ新年会 6

 最後に“やっこさん”の形のおみくじを引いて、お家に持ち帰って頂きました。『今年も良い事がありますように…』という願いを込めて、職員がひとつひとつ手作りしました!!
今年1年も利用者の方々に毎日楽しい時間を提供できるよう、頑張りたいと思います!!
笑顔いっぱいの1年になりますように(^▽^)/

                              【文:伏見 加奈子】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ