メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 4月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2012年10月30日(火曜日)

【異動になって】

カテゴリー: 11時22分10秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 10月より万葉園からたんぽぽに異動になり1か月が経とうとしています。

 介護を始めて万葉園しか知らない私としては不安でいっぱいでした。 

 万葉園では食事、入浴、排泄と殆どが介助で利用者さんの残存機能を活かしながらお世話をしていくような感じだったので、グループホームに異動になってとまどいでいっぱいでした。皆さん自立されているので、何も出来ない私は利用者さんに教えて頂くばかりです。

 最大の課題は料理です。一番苦手な料理をしなければならないと言う現実。どうしようもないですが、職員や利用者さんに教えて頂きながら成長していきたいと思っています。

【文:唯野】


2012年10月29日(月曜日)

≪こころのエッセンス≫

カテゴリー: 08時38分08秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 先日、介護支援専門員の研修会があり出席しました。
「介護支援専門員の仕事を楽しくやりがいのあるものにするために」との内容での講演でしたが、そのレジメの中に『なるほどな…』と思う“名言”があったのでみなさんにも紹介したいと思います。

 それは、斎藤茂太著「いい言葉は、いい人生をつくる」の中の言葉で、
 
 ・ できることが増えるより、楽しめることが増えるのが、いい人生。
 ・ 「できない」思い込みも、「できる」思い込みも強さは同じなんです。
 ・ いま何がないかより、今何があるかで発想しよう。できないことではなく、できることをさがそう。 
……等でした。 

 これに感動した私は、インターネットでこの著者の他の名言も検索してみました。
 
 ・ 人生から返ってくるのは、いつかあなたが投げた球。
 ・ 行いの最大の報酬は、行いをやり遂げた満足にある。
 ・ 嫌われたら、それ以上の力で好きになれ!
 ・ 人生は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。
 ・ 失敗とは転ぶことではなく、そのまま起き上がらないことなのです。

 ……等々。
 
 著者は、精神科医であり作家でもあった方です。

 これら一つひとつが、心に疲れを感じた時の一滴のエッセンスになるような気がします。
 
 秋の夜長、今度は名言集を購読してみようと考えています。
 みなさんも一緒にいかがですか?

                                【文:田中】 


2012年10月23日(火曜日)

白熱!家族介護教室!!

カテゴリー: 13時45分46秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

暑い暑いと言って過ごした夏も終わり、あっというまに衣替えの時期が過ぎました。あれだけ夏が早く終わって欲しいと思っていたのに、寒くなりだすとあの暑さが恋しくなるのは喉元過ぎればなんとやらということでしょうか。

さて、寒くなったと言いながらも会場が熱気に包まれた先日の家族介護教室の報告をさせていただきます。

今回のタイトルは「楽しく学ぼう!車椅子の操作テクニック」です。

介助する方は無理なく、介助される方は安全にをモットーに、福寿園ヘルパーステーション副所長の川久保氏を講師に招きおこないました。

講師講師

車椅子は、あくまで移動のための道具であり、そこにずっと座らせるためのものではない。鬼嫁と呼ばれようとも自分が出来ることは本人にやってもらうなどなど、白熱したレクチャーが続きます。

実技実技

車椅子に乗ること自体が初めてだという方もおり、スロープの移動や段差の上がり降りに挑戦!

その他その他

番外編としてその他の介助についても!

次回は11月11日(日)福寿園にて家族介護教室を予定していますので、興味のある方は是非ご参加ください。

そして最後になりますが、季節の変わり目で体調を崩している方はいませんか?未だに薄着で過ごしているせいか、私は若干のどが痛いです。みなさんも風邪にご注意を!

【文:佐藤】


2012年10月17日(水曜日)

【社会人になって】

カテゴリー: 15時25分49秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

  南相馬福祉会に入職して1年3ヶ月が経ちました。 私が飲み会の席に行くと、先輩方からよく言われたことがあります。

「菊池さんは口数も少なかったし、あんまり笑わないからこの子はやっていけるのか心配だった」この言葉を聞いて、そんなに心配を掛けてしまっていたのかと思い知らされました。

今では、先輩方や利用者さんと笑顔で話すことが出来る様になり、利用者さんから「いつもニコニコしてていいね」と言って頂けるようになりました。

これからも笑顔を絶やさずに、利用者さんから信頼されるような職員を目指しながら頑張っていきたいと思います。

【文:菊池彩菜】


2012年10月11日(木曜日)

お月見団子作り

カテゴリー: 11時18分15秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 デイサービスでは、9月の行事として9月20日(木)〜9月26日(水)の一週間、十五夜に向けて利用者さんと一緒に「お月見団子作り」を行ないました。
 一般的には白玉粉をぬるま湯で捏ねて団子にしますが、デイサービスではぬるま湯のかわりに“豆腐”を使います。白玉粉と豆腐を2:3の割合で混ぜ合わせ団子を作りました。“豆腐”を使うことで歯切れが良くなるからです。
 栄養士さんより作り方の説明を受け作り始めると、さすが〜人生の大先輩です。手際良く生地を捏ねあっという間に丸めていました。また、男性利用者さんの中には生地を軟らかくしようと、生地を力強くボウルに叩きつける姿もみられました。丸めた団子を厨房で茹でている間、十五夜や秋に因んだビンゴゲームを行い、思い出話をして過ごしました。
 茹で上がった団子は、みたらしと餡子を和えて召し上がって頂き、利用者さんからは、「美味しい、美味しい。」と好評でした。

お月見団子作り             【文:鈴木 仁子 】


【敬老会】

カテゴリー: 11時13分57秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 10月に入り朝晩はすっかり涼しくなりましたね。

さて913()午前、大食堂にて万葉園・たんぽぽ・なごみの家の合同敬老会が開催されました。今年、たんぽぽでは米寿1名・卒寿1名の方が賀寿を迎え、赤いちゃんちゃんこに袖を通し、施設長より賀寿状を授与されました。

あきえ会の皆様によりお祝いの演舞も披露して頂き、歌や踊りに手拍子を取ったり、口ずさむ姿も見られました。最後には、あきえ会の皆様と一緒に盆踊りを楽しまれました。

本当におめでたい一日となりました。

 

たんぽぽ

 

                   【介護職員:川村幸子】

 

 

 





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ