メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2012年5月30日(水曜日)

「大切な思い出」

カテゴリー: 10時47分18秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■

 「いつもありがとうな。そこにとうきびあっから、持っていけ…。あんたにあげんのに蒸かしておいたんだ…」新緑の季節、その方はとても優しい笑顔で介護経験新人の私に語りかけてくれました。
 100歳を目前に控えたその女性利用者は、特別養護老人ホームで生活されている少し認知症のある方です。とうもろこしはもちろん実際には無く、その方の思い込みのひとつ。
 「ありがとう。もらっていくね」と私が返事を返すと、その方はますます明るい笑顔で嬉しそうにうなずいてくれました。
 新人の私…経験も少なく、おぼつかない介護しか出来ない私に、その方がくれた感謝の言葉と暖かい心遣いはとっても嬉しいものでした。
 
 これは、8年程前のほんの小さな出来事ですが、私の心には深く残っています。思い出すだけで、ほんわか気持ちが暖かくなり、がんばるぞ!!と前向きな気持ちを甦らせてくれます。
利用者の方から頂ける言葉や優しさに気付く瞬間、そこに介護職の楽しさがあるのではないかと思います。

 この季節になると『今の私の仕事を見たら、また誉めて頂けるだろうか?』そんな事をふと思うときがあります。返事はないけど笑顔でとうもろこしを抱えたその方が心に見える瞬間があり、気持ちが満タンになる…私の大切な思い出のひとつです。

【文:志賀】


2012年5月28日(月曜日)

【万葉園からこんにちは〈第21回〉】

カテゴリー: 18時06分10秒

 ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 先日、家族が入院し、手術を受けました。入院に当たって、外科医の先生から病状の説明がありました。大変分かりやすく説明してもらったのですが、そのときに私が強く思ったことは、「この先生はたぶんとても体が柔らかいに違いない」という、入院と全く関係のないことでした。説明のために紙に図を描くときの腕の動かし方、身のこなし、何気ない仕草がとてもしなやかに見えたのです。説明後、私の家族も同じ感想を持ったとのこと。普通、初対面の人と小1時間お話しして、体の柔らかさなど感じないものですが‥‥。

その後、手術前の説明、術後の説明、退院に向けての説明、と何回もお話をする機会がありましたが、そのたびごとに「絶対に体が柔らかい」という確信が深まるばかり。

 早川義修さんという方が、自分で体の歪みを整えることで無駄な贅肉が自然に落ち、伸びやかな体を作るという考えでラボを運営されています。その方の著書『知的大人のボディ改造』に、「僕のラボに通われているクライアントに、お医者様がおられます。その方は腕のいい外科医さんなので、筋肉がこってはいるけれど、ねじれや歪みがほとんどないんですね。身体の機能をきちんと使っているというのは、こういうことなんだなといつも教えられます。(中略)その方自信も、先輩の外科手術の達人から、「機能イコール形だ。いつでもシャープな動きができる状態を維持するために、シャープな形を保っていないといけない」と教えられているそうです。身体を正しく使っていれば、自然にきれいな形に整う。きれいな形をキープしていれば、いつまでも正しく使える、ということなのです。」という文章があります。そんなものかな、と読み流していましたが、実際に体が柔らかいに違いない先生を目の当たりにして、こういうことだったのか!と思いました。

 その外科の先生はいつお会いしても姿勢が良く、身のこなしはひょっとすると私などよりも若々しいくらいです。まさに「颯爽」という感じそのもの。

健康のために何をするよりも、姿勢を良くし、歪みのないしなやかな体を目指すことで、結果として健康がついてくるのかもしれません。そうは言っても、なかなか猫背や足を組む習慣を直すのは難しいもので‥‥。仕事中、私の姿勢が不自然に良すぎるときは、「姿勢良くしなくちゃ」という雑念がわいているときです、きっと。

                      【文:但野】


2012年5月21日(月曜日)

タイトル:初めまして!

カテゴリー: 09時03分59秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

 今年4月より原町東地域包括支援センターに採用されました佐藤晃生です。みなさまが安心して相談できる職員になれるよう日々努力してまいりますので、よろしくお願いします。

 震災から1年が過ぎ、満開の桜を見ることができました。春になれば当たり前と思えていたことが、何とも良いもんだと感じさせられました。今年は当たり前すぎて見落としていることを再確認する年にしたいと思います。みなさんの良いもんはなんですか?機会があれば教えてください。

【文:佐藤】


2012年5月15日(火曜日)

【 賀寿 祝百寿 】

カテゴリー: 10時13分28秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

春を感じる桜から、新緑の季節となった5月10日に、八木平イチノ様が百寿を迎えられました。祝いの式典では、南相馬市の祝辞やかしま保育園児からお祝いの言葉が送られました。イチノ様も時折、満面の笑みを浮かべられ喜んでいられるようでした。その笑顔に職員一同とても嬉しかったです。
おやつには、一緒に過ごされている利用者様と職員とで手作りのババロアをイチノ様にプレゼントしました。美味しく食べて頂いて嬉しかったです。
これからも、元気な姿、素敵な笑顔を見せて頂きたいと職員一同思っております。百寿おめでとうございます。

八木平イチノ氏 賀寿 043.jpg   八木平イチノ氏 賀寿 055.jpg

 八木平イチノ氏 賀寿(おやつ) 006.jpg        【文:根本 明広】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ