メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
今年もよろしくお願いいたします。
10
11
12
東京から来てはや2年
13
14
15
16
がんづき
17
介護保険事業計画のゆくえ新年を迎えて
18
19
2年目を迎えて忘年会
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2012年1月31日(火曜日)

≪ 人生の手解き・・・≫

カテゴリー: 16時33分43秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 

 担当する利用者さんに、100歳のお祝いを3年前に済ませた方がおります。 とても話し好きで、いつも笑顔の素敵な女性です。

 Tさんは、やや歩行にふらつきはあるものの伝い歩きができ、耳が少し聞こえにくいところもありますが、電話の取次もできるしまだまだしっかりされていて、私の方が元気を頂いています。

 ケアマネで担当してから10年以上になりますが、毅然として前向きな考えを持ち、日々を楽しんでいるTさんに『人生』というものを学ばせて頂いています。

 

他に、認知症状のある夫を介護されているKさん。

Kさんは自身も大きな病気をして入退院を繰り返す等ありながら、30年近く夫の介護を続けている方です。

Kさんも、「クヨクヨしても仕方がない。前向きに行くしかないんだから。」と、夫の認知症状に悩まされながらも、笑顔で前を向こうとする気丈な方で、頭の下がる思いです。

 

ケアマネになって色々な方とめぐり合わせて頂きました。

微力ながらも手助けさせて頂きながら、それ以上に、大切な『生き方』を学ばせて頂いていることを痛感しているこの頃です。

 

昨年の悪夢のような大震災で大変な経験をされ、それでも必死に前を向こうとしている多くの方々・・・。

ケアマネとして、少しでもお役に立てればと思います。

そこで、まだまだ未熟な我々に“人生の手解き”を頂けたら幸いです。

 

文: 田 中


2012年1月30日(月曜日)

【今年を振り返って・・・】

カテゴリー: 14時19分51秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

クリスマスも終わり、いよいよ今年も残すところ後わずかとなりました。

我が家でも夫の実家のある福岡県へ避難していた子供たちが、久しぶりに我が家に戻り震災前の賑やかさを取り戻しました。

子供たちの冬休みが終われば、また離れての生活になるかと切ない気持ちにはなりますが、今は一緒に過ごしている時間をただ楽しんでいます。

東日本大震災・原発事故があったことで、歌の歌詞にもありますが、なんでもないような事が幸せだったと思う…、まさにその通りだと痛感しました。

今年は東日本大震災・原発事故などで激動の一年でしたが、来年は穏やかに龍が上に昇るような一年となりますように。皆様、良いお年を…。

 

(ホームページの調子が悪かった為、時期外れの内容になりました。ご了承下さい。)

      【文・刀根】


2012年1月28日(土曜日)

イルミネーション

カテゴリー: 02時19分53秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

 

過ぎてしまってから言うのもなんですが、今年の福寿園のイルミネーションは

例年と比べ物にならない程だったのです!

なぜかと言えば、同じ法人内で使用しない電飾や、

数多くの職員が自宅で使用しない電飾を持ち寄ってくれたからです。

善意で持ってきてくれた職員に怒られるかもしれませんが、

塵も積もればなんとかです。

しかし飾り付ける段階で、壁にぶち当たりました…

普通イルミネーションと言えば、家の周りに設置し周囲の人達に見せる。

要するに外から見る事に意識し飾ると思います。

ところが、私達が一番見て頂きたいのは

基本的に建物の中で生活している利用者様であり、

大概の利用者様は暗くなってから外に出るのは困難な方ばかりなのです。

そこで我々は少ない知恵を絞って中庭のライトアップを行いました。

イルミネーション01

 

利用者さんの目線から撮影した1枚です。設置した自分達が言うのもなんですが、

ご飯を食べながら温かい環境下で見るライトアップもなかなか良いと思います。

毎日同じライトアップも飽きてしまうところなので、

点灯開始する時刻・点灯するリズムを微妙に変える事で、より長い時間利用者の皆様には楽しんで頂けたのではないかと自負しています。

次の写真は福寿園の屋根から撮影したものです。

イルミネーション02

 

1枚目の写真では見えなかったと思いますが、割と眩い電飾でライトアップを

していました。

震災については過ぎた事であり書きたくありませんが、一言だけ。

咋年は「1000年に一度」がありましたが、いつまでも同じこと

ばかり言っていても前に進む事はできません。

この仕事をしているからこそ強く思うのが

今を楽しく生きる事こそが一番大切であり、重要であるという事です。

そんな訳で来年も福寿園環境整備担当は

利用者の皆さんにより多くの笑顔と感動を提供していきたいと

思っておりますので温かいご支援宜しくお願い致します。

            【文:福寿園環境整備担当一同】

 


2012年1月26日(木曜日)

新年のご挨拶

カテゴリー: 20時21分26秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

新年明けましておめでとうございます。

早いもので、また新しい1年のスタートをきる事となりました。

あの震災以降、本当に1日1日のスピードが速く・・・

あっというまに、新年を迎えることとなりました。

利用者のみなさまと再会できたこと、職員一同心から

喜んでおります。 

今年も1年、利用者の皆様に安心と安らぎある生活を、楽しい日々が過ごせますよう、職員一同、精一杯支援させて頂きたいと思っております。

                               【文:大井】


「講習会に参加して」

カテゴリー: 19時06分56秒

■■■福寿園ヘルパーステーション

先月、福島県介護福祉士会相双支部主催の介護実技講習会に参加しました。

今回は「実技の基礎」を中心に、ボデイメカニクスの原則についての講義や、グループに分かれての実技実習が行なわれました。

いつものことですが、実技実習というものはとても緊張するものですね・・・

他の人が実技をしている時は、自分はもっとできるかも?なんて思いながら、いざ自分の順番になると頭の中が真っ白になってしまいます。

想像していた自分の実技の半分もできていないことに落ち込んでしまいました。

緊張しないためにも実技の基礎はしっかり身に付けておきたいですね。

                                 【文:片平】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ