メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2011年2月28日(月曜日)

日々進歩

カテゴリー: 13時00分12秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■   

 ようやく春の陽気を感じられるようになり、天気予報に花粉情報も放送されるようになって、花粉症の方にはつらい季節となりますが、依然として朝晩に寒暖差がありますので、風邪やインフルエンザ、感染性胃腸炎等にかからないよう、体調管理に気をつけたいですね。

 私は、ホームヘルパーとして業務を行う上で重要な、利用者さん毎のライフスタイルを観察・理解する能力やそれに基づいて援助していく技術力・会話力・接し方に未熟な部分があります。利用者さんや介護者の皆様の安全・安心を支援する仕事ですが、自分自身の行動・気持ちに余裕が無く反省の毎日です。

しかし、ホームヘルパーとしての仕事は人生経験を積んでいらっしゃった利用者さんから学ばせていただける事がたくさんあります。また、温かい言葉をいただきながら業務を行えることが励みとなり、ヘルパーとして上達しようと意欲がわき上がります。 

 これからも、上司や先輩方のアドバイスを素直に受け入れ、自分の苦手を克服し、利用者さんにとってよりよい支援が出来るように向上心を持って業務を行いたいです。

そして、利用者さんをはじめ、介護者・チームケアに携わる方々から信頼されるホームヘルパーを目指していきたいです。

                                         【文:岡】

 


2011年2月27日(日曜日)

【節分】

カテゴリー: 19時44分38秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 2月3日の節分、「万葉園」でも豆まきが行われました。

 男性職員2名が鬼に扮し、11時より各エリアを廻り、利用者さんに豆を投げていただきました。

 利用者さんの中には鬼を見て驚かれる方、笑う方、

「鬼は外。福は内。」と鬼に向かって必死に豆を投げる姿が

 見られました。

 また、デイコーナーに起きてこられなかった利用者さんには、居室にて節分を楽しんでいただきました。

 豆まきをして、万葉園から鬼が去りきっと福が舞い込んで

 来るはずですね。

 

                 2011節分

 

【文:深澤】


2011年2月19日(土曜日)

【愛情の伝え方】

カテゴリー: 13時12分13秒

 ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 

私の家は共働きで核家族です。娘は幼稚園に通い、息子は保育園に通ってます。正直に話すと私達親は子供2人も授かったのに(もうすぐ3人)自分達の感情だけで怒ってしまう事が多々あります。恥ずかしい話です。「忙しいから」を理由にしても子供達には関係のない事であり、また子供達も幼稚園、保育園で親の分からないところで一生懸命に頑張っている。その姿を分かろうとしない、分かろうとする余裕を持たなかったのです。

しかし、親だって間違えるという事を私達夫婦は教えています。感情だけで怒ってしまった後は必ず子供達に謝っています。どのように伝わり、理解しているかは分かりませんがそうしています。

その生活の中でふと思う事があります。「こんなに怒るパパやママの事、好きなのかな?怒るけれどあなた達が何よりも大切なんだよ。こんな気持ち分かるのかな?」と。

仕事から帰ると「ママ〜お帰り〜、今日ね〜」と抱き付き笑顔で話してくれる姿を見ると「私もまんざらではないな(笑)」と思ってます。不安な表情やいつもと違う様子をすばやくキャッチして、一番の味方はパパママなんだ!と思ってくれるように抱きしめたり、とことん話したりしていきたいです。立派な親じゃないから、立派な子供達にならなくていい。優しく、人を愛する事の出来る人、愛される人になってくれればいいよ。パパ、ママももう少し大人になります。愛情の伝え方は言葉で毎日「好きよ、愛してるよ」というよりも、どれだけ自分を見てくれているのかが大切なのかな?答えは十人十色ですが、私達の愛情が子供達に伝わるよう夫婦仲良くしておこうと思います。(笑)

【文: 荒 】


節分

カテゴリー: 09時12分05秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

今年も梅の香では、毎年恒例の『節分の豆まき』が行われました。
赤鬼と緑鬼が、各ユニットをまわると普段は静かな方も、思いっきり鬼にむかって豆をぶつけたり、中には驚いてしまい泣き出してしまう一コマも見受けられました。

最後のユニットをまわる頃には、二人の鬼もたくさん豆をぶつけられ、早々と退散してしまいました。

今年も、健康で楽しい一年が過ごせますように…(^‐^)

鬼   鬼

鬼  鬼

 

                                       【文:桃沢】


2011年2月15日(火曜日)

二月行事

カテゴリー: 17時40分25秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

二月の行事としてデイサービスでは、「節分の豆まき」を行いました。

今年の豆まきは、利用者さんと職員で一緒に作った鬼の面に落花生を投げて鬼を

退治するものでした。利用者さんが一生懸命に豆を投げたお陰でデイサービスの

邪気を払い(デイサービスに邪気は無いとはおもいますが?)福を招くことが出

来ました。

一方我が家では、落花生・恵方巻を準備し今年の方位「南南東」を向いて黙々

と食べましたが、肝心の豆まきは・・・・。

 暦の上では春ですが、九日には雪が降り寒い日がまだまだ続きますね。十九日

には二十四節気の「雨水」ですね。雪が雨に変わる頃であり体調管理が難しい時

期です。皆さんもお気を付けてお過ごし下さい。

                            【文:鈴木 仁子】


2011年2月6日(日曜日)

餅つき

カテゴリー: 01時21分01秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園 ■■■

遅くなりましたが、「明けましておめでとうございます」。今年はうさぎ年ということで、皆様にとって飛躍の年になることを願っております。

さて、新たな年を迎え、当施設でもお正月の行事として、ご祈祷や神楽舞、餅つきなどを行いました。今回は、その中の「餅つき」の様子をご紹介したいと思います。

お正月といえば、やはり「餅」ですよねヽ(^o^)丿電動餅つき機が普及している現代、各家庭では杵と臼を使って餅つきをする風景はなかなか見られなくなってきているので昔ながらの杵と臼を使った餅つきに利用者の皆さんはどういう反応を示すか楽しみでした。

 

  「餅つきをしましょう!!」と声をかけたところ、十数名の利用者さんが集まってくれました。エントランスにて利用者さんに囲まれながら餅つきの開始です。

  まずは職員が餅を「よいしょ!よいしょ!」とついていると、利用者の方々も一緒に「よいしょ!よいしょ!」と掛け声をかけてくださいました。

 

餅つき23年餅つき23年

 

 次は順番に利用者の皆さんに餅つきをしてもらいました。職員が手伝い、照れながらも満面の笑顔で一生懸命に餅をつく姿が見られました。遠慮して行わなかった利用者さんも餅をつく真似をして楽しまれていました。皆さんが頑張ってくれたおかげでとても美味しい餅がつき上がりました。

 できあがった餅は昼食に「あんこ餅」「きなこ餅」にして提供させていただきました。喉に詰まると大変なので小さめにしてね・・・(>_<)

自分たちでついた餅はやはり格別なのでしょうね?「とても美味しい。」と満足気に召し上がる利用者さんの姿が見られました。来年はじゅうねん餅やずんだ餅、納豆餅などバリエーションを増やしても良いかなぁ〜なんて思いました。

 

今年も利用者の皆さんと一緒に様々な行事を楽しく行っていきたいと思います。

【文:原内】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ