メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2010年6月30日(水曜日)

【新茶の会】

カテゴリー: 17時54分41秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 桜の花も散り、葉桜が大きくなってきた5月21日に万葉園では新茶の会が行われました。

 新茶の会には裏千家いわき支部の先生方にお越しいただき、お茶点ての披露並びに利用者の皆様と一緒にお茶を点て、点てたお茶を召し上がるという内容でした。

先生方がお茶を点て始めると、皆様どのように点てているのかと真剣な表情で見ていました。お茶が皆様の所に渡り召し上がると、「美味しい〜。」や「渋いなぁ〜」という感想があちらこちらで聞かれました。おやつには和菓子が出され、渋いお茶に和菓子がとても合い、和菓子をおかわりする方もいらっしゃいました。

 お茶とおやつを充分に堪能され、中にはお茶を自分で点ててみたいという方もいらっしゃり、先生方と一緒にお茶を点てていました。

 私の感想としては、私たちや利用者の皆様も普段茶を点てる機会がない為、お茶を点ててる時の皆様の顔が新鮮でとても楽しそうに見えました。今後も今回のように季節毎の行事で利用者の皆様に楽しんでいただけたら良いなと感じました。

 

2010新茶 2010新茶 2010新茶 

 

【文:介護職員 草野琢哉】


【 早いもので… 】

カテゴリー: 17時31分43秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

 6月1日に、万葉園・たんぽぽへの異動の内示が出てから、早いことにもう1ケ月が過ぎようとしています。平成16年に採用されてから、これまで自分が異動することをあまり想像していなかったので、内示を見ても実感がわかない毎日でしたが、業務の引き継ぎに行ったり、机を片付けたり、歓迎会や送別会など普段と違うことが増えるにつれて、じわじわと異動することを実感してきています。
先日、机を片付けている時に、採用当時から個人的に資料をまとめているファイルもこの際だからと一緒に整理しました。古い資料をパラパラめくりながら、自分の仕事をこなすことで精一杯だった採用当時のことや、担当業務が変更になり、またそれまでとは違った分野の知識が求められて一から勉強したことや、楽しかったこと、失敗して悔しかったこと等色々あった6年間だったなぁ…なんて資料を見ながら思い出に浸ってしまいました。(ちなみに、私はなかなか掃除が進まないタイプです…。)
7月からは、新しい場所で慣れない業務が始まります。もちろん不安や緊張もありますが、あせらず少しずつ進んでいきたいと思っています♪
                              
                                                【 事務:中橋 】

 


2010年6月29日(火曜日)

これからお世話になります

カテゴリー: 15時31分49秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

「これからお世話になります」

4月に鹿島の万葉園から異動になって福寿園に

参りました。

同じ系列の施設でありますが規模も、業務の内容

も違い、日々戸惑う毎日であります。

昨年は新型インフルエンザ等流行しましたが利

用者の皆さんが大変お元気なので驚きました。

2ヶ月が経ち、なんとか仕事にも慣れてきたかと

自分なりに思います。しかし、まだまだ新人なの

で利用者の皆さんにご迷惑をお掛けしない様に、

頑張っていきたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

【文:坪井 幸子】


2010年6月24日(木曜日)

「ヘルパーステーションより、愛を込めて察

カテゴリー: 13時19分45秒

■■■ 福寿園ヘルパーステーション ■■■

 いよいよ梅雨入り。雨に風情を感じられないバチ当たりな私は、今朝も雨雲をうらめしい思いで眺めつつ仕事場へ・・・

 さて、前回の自分磨き宣言から3ヶ月が経過―。現在の状況は?というと・・・             歳月をかけて身につけた“余計な物質”を取り除くのに手間取っているところ、なのです。      これでは、光を放つにはまだ相当の時間がかかりそう。でも、あせっても仕方ありませんものねっ!いつか輝ける日までじっくり磨いていこうと思っています。

 そんな自分磨きの作業の中、改めて感じたことを一つ。                         それは、“言葉の効用・影響力”について―

 関係する居宅事業所のケアマネジャーで、とても素敵な対応をなさる方がいらっしゃいます。その方は必ず、「ヘルパーさんいつもありがとう、助かります」「ヘルパーさんの力ってすごいのね」等、労いの言葉をかけてくださいます。(あっ、誤解しないでくださいね。決して褒められたい訳ではありませんので。でも、おだてに弱い私はこの言葉かけで、チョモランマへ登頂できちゃうくらいのパワーが湧いてきますが・・・)                                  この労いの言葉の後に、ヘルパーへの苦言や改善要望を出されると、素直に反省でき、今度はしっかりやろう、と思えるんですよね。これが、ストレートに苦言や非難めいた言葉だけだったら、反省はするものの、こっちも一生懸命やってるのに!と、反発の芽も出してしまいますから。

 この方のように、先ずは相手がやってくれた事に感謝し、できている事を認めた上で、直すべきところを指摘できるようになりたいなと。つい、“できて当たり前”と思ってしまいがちですが、みんな相応の努力をしているのですものね。認められ、感謝されて嫌な気分になる人はいないでしょうから、思いやりのある言葉を(一言でもいいから)初めに言えるようにしようと思います。                                                      いけなかった事を反省し、次はしっかりやろう!と、気持ち良く前へ進んでいけるよう・・・。    「なにを今更、そんなこと」と思われる方も多いかもしれませんが、自分の言動を振り返ってみると、案外実行できている人って少ないのでは?

 指示や命令で人を動かすことはできても、心まで動かすことはできませんものね。私たちの仕事は“人”と向き合う仕事ですから、援助だけを完璧にやっていれば良いものではなく、そこに心がこもっていることが必要で、形だけ従って行った援助と、心からそうしたいと思って行った援助では、利用者の方に伝わるものが全く違ってしまう、とても大切なことだと思うから。

 今回はいつになく真面目な話題になってしまいました。                        いっつもお気楽そうに見えるかもしれないけれど、これでも一応、稼働可能な脳細胞をフル活動して頑張ってるんですよ。(毎日晩酌しているせいで稼働できる脳細胞なんてごく僅かじゃないか?と思った方、excellent<エクセレント>!モニタリング能力、満点です♪)

                                             【 文:川久保 】                                     

 


2010年6月22日(火曜日)

【人生は八勝七敗】

カテゴリー: 13時01分59秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私の中学校時代の恩師が悪性リンパ腫と闘いながら、日々の出来事や思いを毎日ブログに綴っており、それを読むことが私の日課となっています。そのタイトルが『人生は八勝七敗』です。その中の一つを紹介します。

 

「心の風邪 みんなある」

心の風邪を感じたら そのまま無理をせず 心のスイッチ点検しよう 

意外とまいにちいそがしく 仕事や人間関係のごたごたに、

うちでもスイッチつけっぱなし あなたは会社や職場に片思い 

まして 想いは届かずに ふられてからではおそすぎる 

あなたのほうから 気持ちでスイッチOFF

肩の力ぬいて 心のいずみに 元気がたまるまで 

ゆっくりじっくり待ってみよう

そして なにか 仕事以外にのめりこめるものをみつけ、やってみよう 

大丈夫 大丈夫 心の風邪は だれでもがひくのだから 

体も心も温めて ゆっくり元気をためましょうね 

かならず 出口は 見えてくるから 

      

  

いつも先生ありがとうございます。今日も先生の言葉を胸に頑張っています。       

                                                                                        

【文:中原 みどり】

                                                                                      


2010年6月17日(木曜日)

【一人息子】

カテゴリー: 17時23分33秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私の息子(小4)は、鹿島ドッジファイターズというドッジボールクラブに所属しています。毎週月曜日と木曜日に練習があり、いつも楽しんで練習に参加しているようです。

練習が終わるといつも、「今日は、ここが出来なかったんだ。」などと帰りの車の中で反省会をします。

時々、「キャッチボールしよう。」と言われ、何度かキャッチボールをするのですが、息子のボールが早くて手が痛くなってしまい直ぐにやめてしまう私。ママは痛くて限界。

試合の時は、休みが取れれば応援に行っています。いつも怪我しませんようにと思いながら、頑張っている息子たちを応援しています。勝った時の、チームのメンバーの表情を見ると、鳥肌が立ちいつも感動してしまいます。

6年生になるまでの間に頑張って全国大会に出場する事が目標なので、頑張ってほしいです。                                        

                                                                                                          

【文:奥田 瑠美子】


2010年6月15日(火曜日)

【 宝物 】

カテゴリー: 13時45分21秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 もう、私の働きながらの子育ても三年経とうとしています。とても毎日が早く過ぎてしまうので、あっと言う間の長男三歳!今は一番手がかかるけど一番かわいい時。

ゆっくり成長してもらいたい気持ちと早く大きくなってもらいたい気持ちが複雑です。

仕事も忙しく、あんまり遊んであげられないけど、私は三世帯で暮らしているので息子は一人になることはなく、家族の愛情をいっぱい受けて育っています。

素直で思いやりのある子に育ってほしいな〜と思います。

【文:谷津田奈美江】


2010年6月11日(金曜日)

はじめまして

カテゴリー: 14時20分04秒

 ■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

皆さん、初めまして。41日より、特別養護老人ホーム梅の香より、異動してました 栃本愛子です。福寿園では、「わかばエリア」に配属となりました。

時が流れるのは早いもので、気付くと2ヶ月が経っていました。毎日が、「おはようございます。お変わりないですか?」と、ご自宅での様子について伺うところから始まります。

今では、皆様のことが少しは分かるようになってきました。

まだまだ、不十分な所がありますがその点については、利用者の皆にお聞きしながら、日々頑張っていきたいと思います。

わかばは利用者様・職員共に、毎日が賑やかで笑顔が絶えないエリアと思います。

是非、皆さんそっと覗いて見てはいかがですか。

皆様、一人一人との出逢いに感謝し、頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願いします。

                       

                    【文: 栃本 愛子】


2010年6月9日(水曜日)

【早く逢いたいなぁ・・】

カテゴリー: 15時34分22秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

   4月始めに、埼玉県に住む次男の所で2人目が産まれました。今月遊びに行く予定です。

 

 今は便利な世の中で、携帯電話で向こうの様子を知る事ができます。写真や映像を時々送ってもらい、それを待ち受け画面にしてひとり喜んでいるこの頃です。(*^^*)

 

 そんな幸せそうな家族に悲劇が・・水痘が流行だとか。まず始めに母親がかかり、次に生後間もない長男が、そして上の子が発症して大変なようです。

 

 近けりゃ応援できるのに、「ガンバレ!」ってしか言えませんでした。

【文:鈴木()


2010年6月1日(火曜日)

「父」

カテゴリー: 18時17分45秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

 原稿の依頼が私のところへ来た。迷わず「父」について            触れてみようと思った。何故なのだろう、掲載が6月だからか・・・。

「父の日」を私は迎えたことがない。他界して既に37年。に父の歳を越してしまった。

老年期に近づくにつれ、記憶力が定かではなくなるのは確かだが、生後の2年間においても全く記憶がない。あの2年間で父の顔を見、声を聞き、手に触れただろうに何も覚えていないのである。だから寂しさや哀しささえも感じずに来た。

 しかし、どういう訳かこの半年間、とても父が恋しい。

どんな人なのだろう、どんな声なのだろう、どんな性格?と父のいる生活を想像してみたが分からない。

今春、5年間のパート勤務から介護職員となり早2ヵ月が経った。今も変わらず日々緊張。失敗をしては先行きを心配し、不安になってしまう。そんな時、父や兄を想う。

「仕事したかったよね?男なら尚更仕事したかったよね?」と、今ある幸せを感じる。頑張らなくちゃ。

お父さん

再会が楽しみです。貴方より歳を取りましたが、私を見付けられるでしょうか。楽しみです。

【文:稲 】

 





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ