メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2009年7月31日(金曜日)

アニマルセラピー来園

カテゴリー: 16時56分55秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

 

7月も後半に入りジメジメとした暑い日々が毎日続いています。それでも利用者の皆さんは、元気に毎日過ごしているのでなんだかホットしています。

今月の14日には、アニマルセラピーがありましたが、私は出席できなかったのでその時に撮った写真を見ると利用者の満面の笑みがたくさん載っていました。一緒に参加できなかったのが残念です。アニマルセラピー          アニマルセラピー2             

 

 23日は、相馬野馬追いの騎馬隊にきていただきました。

やっぱり目の前で見る馬は迫力があり、利用者の喜んでいた顔を見ると私まで嬉しい気持ちになりました。

来月は、南相馬福祉会・福寿園夏祭りです。また、利用者の笑顔が見られるのが楽しみです。

               

                                              【文:宍戸瑞穂】


2009年7月30日(木曜日)

相馬野馬追

カテゴリー: 17時54分22秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

今年も梅雨開けが待ち遠しい季節ですね。

相馬・原町の地方の方なら、7月のお祭りは何といっても『相馬野馬追』です。今年は騎馬隊の来園が723日(木)になり、流れ山保存会(小高町)・騎馬武者 (中ノ郷・石神騎馬隊)来園で、少しでも昔の記憶を思い出しお話をきかせて頂ければと企画しました。デイサービスだけでなく、ケアハウスや特別養護老人ホームの方々にも声掛けし、集まったのは何と総勢100人を超えました。法螺貝の音を懐かしみ涙する利用者、昔の思い出を熱く話す利用者など反応はさまざまでしたが、楽しい時間を共有でき野馬追い気分に浸ることが出来ました。ボランティアの皆さんにはお忙しい時間を割いていただき、無事終了する事が出来ました。本当に有難うございました。今後もさまざま企画を考えていますのでご期待下さい。                              

【文:志賀】


2009年7月27日(月曜日)

気温の上昇と共に・・・

カテゴリー: 08時37分18秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■  
 早いもので7月も中旬をむかえています。
 梅雨明けの知らせはないものの日中晴れている時には気温が高い日が続くようになってきました。
 7月といえば相馬野馬追いですね。私を含め利用者さんもとても楽しみにしているようで、最近では利用者さんとの会話の中に相馬野馬追いの話が出てきます。
 8月に入ると南相馬福祉会では福寿園をスタートに夏祭りがあります。皆さんも時間があれば足を運んでみてください。                 

                               【文 横田誠子】


2009年7月25日(土曜日)

「老いについて」

カテゴリー: 08時27分30秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■

皆さんこんにちは

ホームページには二度目の登場です。

毎日暑いですね。そろそろ梅雨明け間近でしょうか?

梅雨明けといえば、私には「野馬追い」というイメージがあります。

暑い暑い沿道を鎧、甲冑姿に身を包んだ若武者たちが大きな馬に

たがり我家の前をぽっかぽっかと通る姿、さぞかし人間も馬も

いだろうな〜と毎年眺めているのでした。

さて、仕事の話に戻りますが

最近ヘルパーの仕事をしていて、一人暮らしの高齢者から

(最後まで宜しく頼みます)とか(施設に入るよりヘルパーさんの世話になっていたほうが楽しい)とか言われる事があり、嬉しい反面、さまざまな理由で家族と一緒に暮らせない利用者さんの寂しさも伝わってきて複雑な心境になるわけです。

“老い”とは誰にでも平等にやって来るもので、高齢者の介護をする上で重要なことは、その“老いる”ということを知り心身の状態を理解してあげる事が大切だと思います。

以下は仙涯和尚の言葉ですが“老いる”ということを適切に表現しています

           老いとは

     しわがよる、ほくろができる、腰がまがる、

     頭ははげる、ひげが白くなる。

     手はゆれる、足はよろつく、歯は抜ける。

     耳は聞こえず、目はうとくなる。

     身に添うは、頭巾、えりまき、杖、めがね、

     ゆたんぽ、温石、しびん、孫の手。

     聞きたがる、死にとうはながる、淋しがる。

     心は曲がる、欲ふかくなる、くどくなる。

     気短になる、ぐちになる。

     出しゃばりたがる、世話やきたがる。

     またしても、同じ話しに子をほめる。

     達者自慢に、人はいやがる。

                   仙涯 和尚

しかし、こうしたマイナス面だけではなく、豊かな人生経験の持ち主であり、思慮深さ、寛容、忍耐力、生活の知恵など、プラス面の性格や生活力を身につけています。

身体の状態もそうですが、心の状態も個人差があるということをしっかり認識し、「高齢者とはこういうものだ」という先入観や偏見をもたずに利用者一人ひとりを見つめてこれからのヘルパーの仕事をしていきたいと思います。

                                 【文:中川】


2009年7月17日(金曜日)

『梅の香』に異動してきました

カテゴリー: 13時27分33秒

■特別養護老人ホーム梅の香

 

 南相馬福祉会に入職して5年。その大半にあたる4年の間勤めた、たんぽぽ・万葉園より、去る71日付で梅の香に異動してきました。

 

異動の内示が出たのは61日。それまで住んでいたのは南相馬の鹿島区。内示が出て少ししてから不安になることがありました。出勤に時間がかかることです。実際、車に乗って時間を計ったら40分近くかかりました。余裕を持って出勤しようとすると、7時半頃には家を出ないといけなくなります。いやいや、朝の時間帯は渋滞するから40分でも足りないかも…。だんだんと不安になり、最初はそのまま鹿島から通おうと思っていたのですが、「これは引っ越ししないといけない」と感じるようになり、アパート暮らしでもあったので、今後どこに異動してもよいように原町区に引っ越しをしました。

 

不安に感じることを先に書きましたが、内示が出たときに期待することもありました。それは、以前勤めていた万葉園が「従来型」の施設であるのに対し、梅の香は「ユニット型」の施設で、同じ特別養護老人ホームでもちょっと違ったことが勉強できること。そして梅の香に隣接する形で来年度にグループホームが開設されるため、事業所の立ち上げに関われることです。

 

隣の区画で着々と工事が進んでいる「()グループホームおだか」。この建物が完成するころ私たちの仕事も忙しくなるのでしょうか。楽しみもあり不安もありますが、新天地で頑張っていこうと思います。

 

異動にて  異動にて

                    【文:高江】


七夕会

カテゴリー: 13時11分40秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

「七夕会」  

 待ちに待った夏が来ました!7月7日は年に一度、彦星と織姫が天の川を渡り出逢える七夕です☆

皆さんは、何をお願いしましたか?梅の香では利用者の方、そしてそれに負けじと職員も短冊に願い事を綴りました。

この度、7月4日に七夕会を行いました。九曜太鼓様(原町第一小学の生徒)33名を迎え迫力ある太鼓の演奏を披露して頂きました。きりりとした表情に利用者の方も背筋がピンとなり中には、お孫さんを見ているような優しい眼差しで見守っている方もいました。演奏が終わると、大きな拍手ともに涙ぐまれる利用者もいました。

短冊に書いた願い事が叶ったかどうかは・・・(*^_^*)。

 

                                              七夕会 七夕会

 

【文:栃本】


2009年7月11日(土曜日)

七夕飾り

カテゴリー: 19時56分06秒

 ■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■  

 もうすぐ七夕がやってきます。それに向けて各エリアでは,笹の枝に吊り下げる七夕飾りの作成に取り組んできました。利用者の皆様にも手伝って頂きながら、図案を基に折り紙の色や柄に変化を加え、エリアごとに個性的な吹流しが完成しました。
 七夕飾り2

七夕飾り  【文:佐々木】


2009年7月9日(木曜日)

【パソコンの素晴らしさ】

カテゴリー: 15時46分20秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 梅雨の中休みの日差しすでに夏の気配が感じられますね。私、万葉園に入職して1年6ヶ月が過ぎました。まあ〜若い職員が多い事にびっくりしました。

この年で若い職員について行くのがやっとでした。(体力に、話題にと)それに輪をかけるように日誌、すべてのパソコン入力でした。

この年になるまで、パソコン・・は、電気屋さんで見るくらいで一生、私には関係の無い物と思ってました。もう〜大変の一言で1年が過ぎてしまいました。早番で出勤してもいつも帰りは、遅番と同じくらいの時間でした。夜勤者が来ると「あれ・・何番・・」と、いつも言われつづけました。今の季節と同じ気持ちです。

今では・・パソコンを購入し、まだ、かじりだしではありますが、パソコンの素晴らしさを感じています。

私には、まだまだ未知の世界ですが、職員に聞いては失敗しながらも家に帰ってパソコンを開いてます。(嬉しい〜、楽しい〜)私にとっては介護と一緒で奥の深いパソコンです。毎日が勉強です。

今年も半年が過ぎました。皆さん、これからの暑さに負けず頑張りましょう。

【文:鎌田】


2009年7月7日(火曜日)

包括・新メンバー!!

カテゴリー: 17時32分12秒

■■ 原町東地域包括支援センター ■■
 
 包括・新メンバー!!

 

 

 

 

 

7月1日より、介護予防支援業務担当者
(予防給付プラン作成担当者)として
新しい仲間が増え、5人体制となりました。
 今後はより予防給付業務の拡充を図り、
地域の実態把握を積極的に行っていきます。

                  【文・田中】


2009年7月3日(金曜日)

買い物ツアー

カテゴリー: 17時46分50秒

「買い物ツアー」

 梅の香6月行事として買い物ツアーを実施しました。当初の予定は21日だったのですが、その日は予想に反して朝から大雨…延期となってしまいました。そして第2候補だった6月最後の日曜日は、天候にも恵まれ利用者、職員共に一安心。お出掛けできると知らされると、朝から身支度を念入りにして表情も穏やかです。お昼はファミリーレストランへ。たくさんあるメニューの中からそれぞれ、好きなものを注文しました。見るだけでいっぱいとおっしゃる方やいつもとは違う食事にぺロリと完食してしまう方もいました。

 次にしまむらにて、思い思いの服を、手に取り真剣に選んできました。また気分転換もかねてこうした外出ができるといいなと思いました。

買い物ツアー

 

                         買い物ツアー               【文:佐藤】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ