メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2009年6月30日(火曜日)

演芸発表会

カテゴリー: 18時26分07秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

「唄に踊りに大盛り上がり〜演芸発表会〜」

 福寿園デイサービスでは、6月15日からの一週間、毎年恒例の行事「演芸発表会」を行いました。今回、多くの皆様がカラオケで自慢の喉を披露下さいましたが、中にはハーモニカの演奏や軍歌を唄いながら戦時中の思い出の語りを聴かせて下さる方もいらっしゃり、曜日毎に違った趣のある会となりました。

 個人発表の参加を募っていた際には「発表なんて、大それた事出来ない」と遠慮されていた方も、いざ会が始まると他の利用者様が相馬の民謡「二遍返し」を披露しているところへ飛び入りでステージに上がり踊り出すなど、思わぬ楽しいハプニングもあり、一週間とても大盛り上がりのうちに会を終了する事が出来ました。

 「今度はいつやるの?」と聞いて下さる皆様、職員も芸を磨いて準備をしますので、また楽しく盛り上がりましょうね!

                   【 文: 前橋 】


大型地震に備えて

カテゴリー: 15時29分41秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 6月29日に施設内の備品等の転倒を防止するための工事を行いました。
 幼稚園と小中学校、特別支援学校などの教育施設については自治体が耐震診断と結果の公表を義務づけているそうです。先日耐震診断の結果を公表していない市区町村を文部科学省が公表しました。
 調べてみると、南相馬市近辺は比較的真面目に公表しているようですが、地域によって大きく差があるようです。公表しない自治体の理由は「住民の不安をあおる」からだそうです。どんな結果が出たのでしょうか?よっぽど不安になりますが・・・。
 福島県は比較的地震の被害が少ない地域ですが、万一の事態に備える事が大切な事だと感じます。

                           【文:遠藤 友彦】


2009年6月29日(月曜日)

【食べることが生きがいです】

カテゴリー: 10時35分03秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 梅雨のじくじくした季節に合わせたかのように私の親知らずも痛み出しました。先日、痛みに我慢できずに覚悟を決めて歯医者へ行きました。それほど大事ではないと思っていたのですが、それはもう大変な抜歯で、麻酔って素晴らしいなと震えながら思いました。

 

 

 抜いてからは痛みがひどく、痛み止めを飲んでも口が開かず御飯も食べることができなくて、食べることが生きがいの私にはとても辛い数日でした。柔らかいものしか口に入らず、目の前においしそうな食べ物があっても固い物が食べたくても諦めるしかないのです。

 

 本当に本当に辛く、利用者さんの気持ちがとてもよくわかりました。皆さんも日々こんな辛い思いをしていらっしゃるんですよね。食事形態の改善に力を入れようと心に決めた数日でした。

        【文:佐藤(訓)】


2009年6月24日(水曜日)

ジャガイモ栽培

カテゴリー: 08時38分45秒

■■■特別養護老人ホーム 福寿園■■■

  梅雨の時期に入り、じめじめとした毎日が続いています。こんな時期は気分も落ち込んじゃいますよね?な〜んては言ってられません!!ひだまりの利用者の皆さんは梅雨を吹き飛ばすくらいお元気に過ごされています。私たちも負けていられません。利用者の皆さんと毎日楽しく過ごしていけるよう頑張っております。

 ひだまりエリアではジャガイモの栽培を行っています。利用者の皆さんと職員が一緒に土作り、種まきから始め、その後は畑の草むしりをしたり、ジャガイモの生長を観察しています。日々生長するジャガイモを見て、「獲れたらどんな料理を作ろうか?」「美味しいかな?」などなど収穫の時期を楽しみに待っているようです。畑仕事に詳しい利用者もおり、知識の少ない私たちは教わりながら行っており、とても勉強になります。今後も畑での作物栽培を続けていき、利用者にとって「生きがい」になっていければ良いなと思っております。

【文:原内】

 


2009年6月23日(火曜日)

【ママのほうがわがまま?】

カテゴリー: 15時04分53秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 うちには3歳になる娘と2歳になる娘がいます。このお嬢様達はそれはそれはわがままで言うことを聞きません。最近になってパワーアップしてきたような…。

「やだ!」「きらい!」「来ないで!」そして「馬鹿タレ」  唖然…。気を使って会話していたもののいつ?どこで?誰に?子供って恐ろしい〜

 夜勤明け家に帰ると「お帰りなさい!ママ〜お化けごっこしようよ〜」って既にママの顔はお化けだよ。

 良く食べ良く出し良く遊ぶちびっこギャング達。ママにとって君達のねんねのタイムが一番幸せなとき。そして一番いとおしき思う時。だからもう一人と考えてしまうママは君達よりもわがまま?

                         【文:佐野】


2009年6月20日(土曜日)

「ヘルパーステーションより、愛を込めて掘

カテゴリー: 17時04分01秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■

 いよいよ東北地方も梅雨入りしましたが、どんよりした空の下、気持ちまで
どんよりしていませんか?
お久しぶり、ほぼ1年ぶりの「ヘルパーステーションより、愛を込めて」です!

梅雨空を吹き飛ばす位、パワー全開のヘルパーが集まっている我がヘルパー
ステーションは、4月から新体制がスタートし、早3ヶ月が経過しようとして
います。
私事ですが、この3ヶ月間、初めて経験することが数多くあり、新しいことを
覚える“新鮮でワクワクする思い”と、慣れないことに戸惑う“心もとない思
い”とが交錯した日々でした。
なんとか無事にやってこられたのは、周りの皆が協力してくれたからに他なり
ません。「みんな、ありがとねっ!」
 前主任が築き守ってきた、10年という歳月の重み、それを引き継ぐことの
責任の大きさを痛感していますが、あせらずに、昨日より今日、今日より明日
と、一歩ずつ前に進んでいきたいと思っています。幸いにして、前主任の一番
近くで5年間を過ごし、たくさんの事柄を学べたことは、これからの私にとっ
ての“かけがえのない、大切なエネルギー”です。
ヘルパーステーションの10年間を踏襲しつつも、自然に私の色を溶け込ませ
ていけるといいなぁと思う今日この頃です。
 最後に・・・
皆とたくさんコミュニケーションを取って、明るく楽しく、でも仕事はプロ
として厳しく、そんなメリハリのあるヘルパーステーションにしていきたい。
―4月の会議時に今年度の私の目標として話したことですが、これからも皆と
力を合わせ、より良い環境を作っていきたいと思います。
今後も福寿園ヘルパーステーションをどうぞ宜しくお願いいたします。

                               【 文:川久保 】


2009年6月9日(火曜日)

【誕生日おめでとう♪】

カテゴリー: 14時52分16秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 入梅になったかのようなすっきりとしない日が続いています。そんな時は、散歩にも行けないけど、利用者さんの帰宅願望の訴えも少ないような気がします。

 さて、先日Sさんの誕生日にケーキ作りをしました。スポンジ台の上に生クリームを塗ったり、フルーツを飾ったりと段々と熱が入り、タワーのような豪華なケーキに仕上がりました。うまく切れるかしら?包丁を入れたとたん、ケーキは崩れてしまいましたが、おお上手、上手と利用者さんに慰められてしまいました。まぁいいか「Sさん誕生日おめでとうございます」。

あら出来上がったケーキの写真撮り忘れたわ。トホホ・・

             【文:岡田】


大甕地区福祉委員会様より320枚ものタオルのご寄付をいただきました。

カテゴリー: 13時51分09秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

  大甕地区福祉委員会(会長:高田アイ子)様より320枚ものタオルのご寄付をいただきました。

 6月5日(金)、大甕地区福祉委員会の高田アイ子会長、若月英次郎副会長、熊井恭子庶務担当、田中和子会計担当の4名が福寿園に来園され、施設でお使いくださいとタオル類をお持ちいただきました。大甕地区福祉委員会様には、4年連続でタオル類のご寄付をいただきました。今回は、非会員の室原さんが繕った雑巾80枚も含んでいるそうで、会員以外の方にもお声をかけていただき、ご協力いただいたそうです。

 ご寄付ありがとうございました。                              

大甕地区福祉委員会  

 大甕地区福祉委員会の皆様よりタオルの寄付を受ける坂下施設長。左より、田中会計担当、坂下施設長、熊井庶務担当、若月副会長、高田会長。


2009年6月5日(金曜日)

【それゆけ!!万葉園クリーン振興会】

カテゴリー: 17時40分38秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 木々の緑が鮮やかさを増す6月。明るい太陽の下、ご利用者の「私たちにも地域で出来ることはないでしょうか」の一言から結成された「万葉園クリーン振興会」が、今日も万葉園周辺の環境美化の為ごみ拾いに出発しました。とはいっても、鹿島区の西町界隈は地域の方々の活動が盛んな為か、タバコの吸殻、空き缶などのごみは数えるほどしかありませんでした。ごみを探してくるくると町内を回っていたら、いつもお世話になっている鹿島厚生病院さんのそばまでやってきました。

 

クリーン  クリーン

 

 いつもの恩返しとばかりに、万葉園クリーン振興会会長が張り切ってごみを探そうとしたのですが、さすがに鹿島厚生病院さんの周りもきれいで、ごみ一つ落ちていませんでした。収穫(?)が少ないことに落胆しながらも、それはすばらしいことで、地域の方々の意識の高さがうかがえました。それでも探せば道端に小さなごみは結構落ちているもので、万葉園に帰ってきたときには、用意したバケツにいくつものごみがたまっていました。地域の一員として今後も万葉園クリーン振興会は活動を続けていくとのことです。

クリーン クリーン

            【文:高江】


【ご利用者に毎日おいしい食事を食べて頂くために】

カテゴリー: 13時57分44秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 4月にソフト食の勉強にいわき市にある特別養護老人ホーム「はなまる共和国」様に栄養士、調理師、介護職員2名で行ってきました。他施設での食事、ソフト食を実際に食べるのは初めてで、とても新鮮で、良い勉強になりました。また、自分にとって、『ソフト食についての勉強プラスご利用者へおいしく食事を食べてもらうには!』を再度確認する良い機会となりました。おいしく、安全に、ご利用者に毎食食べていただくためにも食事時の環境作り、声掛け、雰囲気を介護する側で心がけ、工夫し、ご利用者お1人お1人を日々観察し、その方にあった介助を大切にしなければなりません。基本ではありますが、食事介助時はただ食べてもらう、一方的に介助するのではなく、ご利用者1の目線で!安全に楽しく、おいしく食べてもらう介助を毎日心がけ、食事の介助に携わっていきたいと感じました。自分1人だけでなく、食事に携わる全職員で協力し、安全で、おいしい食事の提供を食事委員長としてがんばっていきたいと思います。

                   【文:渡部】


2009年6月2日(火曜日)

情報の共有

カテゴリー: 15時22分37秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 みなさん、ITという言葉はご存知かと思います。IT(Information Technology)=情報技術の発展により、知りたい情報や最新の情報など容易に入手できるようになったのは大変便利なことです。
 

 では、情報の「取得」は容易に出来るようになりましたが、情報の「周知」はどうでしょうか。
 

 私の職場でのポジションは、情報を周知され、それを周知する側にいます。先日、某所から(そこからは初めての)メールが突然届き、たまたま見つけたので確認しましたが内容読むと急ぎ周知して欲しいとのこと。ところが添付ファイルを開くとたくさんのファイル、しかも目次もページ数の記載も無く、挙句の果てには開けないファイル?(たぶん一太郎かな)まである始末・・
 これでは何がなんだか・・・送り手は周知した「つもり」にはなっているのでしょうけどね。
 一方、特別養護老人ホーム福寿園等においても職員数が100人強いますので、周知作業がなかなか大変です。各セッションの代表にまず周知し、そこから下へ下へと周知している形をとっていますが、勤務が変則性のため全員が一同に会しないこと、周知方法も紙媒体なら確実なのですが、パソコンデータ等による周知だと職員のパソコンスキルに差があるため思うように迅速には伝わりません。
 

 どうも無い頭からは良い知恵がでないようで・・もしこの記事ごらんになって「こんな周知方法あるよ〜♪」という方が居ましたら、ぜひ「情報の共有」御願いします。

                          【文:門馬】


2009年6月1日(月曜日)

【病気になって感じたこと】

カテゴリー: 14時04分11秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 昨年脳ドックを軽い気持ちで「ちょっと認知はいってるかもね」などと冗談半分にうけたのです。普段、風邪もひかず「健康だけがとりえなの」と自慢してた私ですが、なんと結果は5僂曚匹亮鞜腓見つかり手術をして取り除かないとだんだん成長し脳を圧迫し死に至ることもあると言われ、11月に手術をしました。7時間もの大手術でした。後に姉から聞いたのですが「覚悟はして下さい」と主治医から言われたそうです。幸いにも手術は大成功、後遺症もなく次の日には歩くことができました。施設の皆さんにはとても心配をかけてしまいました。とても不安でいたときでも仲間の励ましがどんなに私を勇気つけてくれたことでしょう。病気になって感じた仲間のやさしさはなによりの薬でした。ありがとうございました。

       【文:唯野】


衣替え♪

カテゴリー: 09時17分14秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 福寿園の事務室からは、一面きれいな緑の景色が見ることができます。太陽の光でキラキラしている緑を見るととても癒されます。緑は目にも良いと言いますから、たまに窓の外を見るだけでもリフレッシュになるのかな?なんて思っています。
 

 さて、6月は衣替えの季節ですね。私達には学生のような衣替えはありませんので、その日の業務内容や気温などに合わせて自由に制服を着ています。今年の私は、5月の中旬に一足お先に衣替え♪ではないですが、半袖の制服を着始めました。

 私達が着ている制服は、全て自分の好きな色が選べます。特に半袖の制服は色の種類が多いため、長袖の頃と比べると施設内がとてもカラフルになります。事務員だけを見ても、5人がバラバラの色を着ている日もあれば、5人とも青系というようにお揃いの日があったりするので、個人的に毎日楽しんでいます!(たまに私一人だけ違う色だったりするとちょっとさみしくなりますが・・・。)

 皆様も、ご利用される時やご面会にいらっしゃる時などにちょっと注目して見ていただければなぁと思っています♪

                                 【 中橋 】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ