メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2009年3月26日(木曜日)

「春の季節」

カテゴリー: 14時07分50秒

■■■ 福寿園ヘルパーステーション ■■■

 

ほほに触れる風にも暖かく柔らかな春の季節が感じられる3月・・・

朝、目が覚めるたびにカレンダーを見ては後何日だわ!そんなことを思いながら忙しく出勤している毎日です。昨日、半分ねぼけ顔で歯磨きをしていると、【ホォホケキョ】鶯ではありませんか!あまりの美しい鳴き声に聞きほれてしまい、今日はなんとな〜く素敵な1日になりそう〜なヨ・カ・ン?でも現実は厳しく、忙しい、忙しい1日でした。特に3月に入ってからは尚更です。

 

私はこの3月で大きな節目を迎え、4月からは第二の人生を歩むことになります。ヘルパーステーションで勤務させていただいて10年、38名のヘルパーの方との出会いがあり、楽しいこと、辛いこと、悩んだことがありましたが温かい上司の指導とヘルパーステーションの同僚の協力があったからこそ今日を迎えることができたと思います。又、たくさんの利用者の方々との出会いもあり、あの方この方と名前を言われると、その当時のお姿が目に浮かびます。措置制度から介護保険制度へと転換され、介護保険制度は【申請~要介護認定~認定結果通知〜プラン作成〜契約〜サービス利用開始、要介護状態区分も要支援1・2が介護予防訪問介護、要介護1〜5が訪問介護】と複雑化し、益々高齢者の方々には、厳しく理解しにくいイメージがあります。そんな中で私たちヘルパーの役割の一つは利用者の一番身近にいて介護保険制度を理解していただくことがあると思います。又、専門性・職業倫理も大切だと思います。介護は個人が培ってきた生活習慣や文化・価値観を尊重し、その人がその時必要とする合致した生活支援を提供することです。そして人として守るべき道、道徳の規範、他人の家に入り業務を行うことを認識し、しっかりとした倫理観を持つこと。基本的態度の形成として自己評価をすることで自分自身を知り、謝りを修正できる人になることが必要だと痛感しております。これまでもこれからも専門職であることを認識し、介護現場での基本的対応を行なっていきたいと思います。

 

ある人が青春とは幾つになっても【頑張ろう!】とするエネルギーがあるうちは青春だと言っておりましたが・・・私もそうでありたい!そして少しでも職員の皆様と一緒に利用者の方々のお役に立てればと思っております。日増しに暖かくなり春色に・・・こころウキウキ

  

                             【文:徳野】


2009年3月25日(水曜日)

【新年度を迎えるにあたり】

カテゴリー: 17時46分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 満開の梅の花、春一番と春のささやきを感じられる今日この頃、世間では卒業・新生活を迎える方々もいらっしゃいます。

 

 そんな春、私事ですが、昨年私も福寿園から万葉園に勤務異動しました。異動の辞令が発表された時は「せっかく福寿園で職員、業務に慣れたのに。」と思っていましたが、万葉園に配属となり先輩職員の皆さんに優しく教えていただき仕事がやりづらいと思ったことは無く、ゆっくりとご利用者一人ひとりと毎日を過ごす事が出来ました。

 

 4月になれば配属から1年が経ち、法人に入職して4年目を迎えます。4年目と言えばベテラン職員に入りますが、まだまだ自分自身「勉強不足だなぁ〜。」と考えさせられることが沢山あります。今後は昨年配属された時の緊張感を思い出し、昨年度よりもさらに成長できるように頑張りたいと思います。

                  【文:草野】


2009年3月17日(火曜日)

4度目の春♪

カテゴリー: 16時23分31秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 3月も早いもので半ばを迎え、もう桜の開花も間近となってきましたね♪
先日、高校時代のクラス会があり参加してきました。高校を卒業して6年近くになり、久々に顔を合わせる友人もいるため行く前は、楽しみと緊張が入り混じり変な気持ちで参加しました。久々に顔を合わせれば話題は尽きず、高校時代の懐かしい感覚を思い出し楽しい時間を送ることができました。
 その中で、一番の話題となったのが意外にも仕事の話であり、転職をした友人がいてそのきっかけになったのが人間関係や職場の環境に悩んだ末に出た答えが、転職だったそうです。
 私が、南相馬福祉会に入社して早くも4度目の春を迎えようとしています。入社した時は、仕事を覚えられるか、一人の社会人としてやっていけるのか等と言った不安も多々あり、目の前にある仕事をやりこなすのが精一杯の毎日を送っていましたが、今振り返ると私がここまでやってこられたのも、この職場の環境や人間関係に恵まれたのだと思います。
 3年経とうとしている今も、仕事の面や社会人としてまだまだ未熟ですが、これからも職場の人間関係を大切にこの職場で働いていける事に感謝して、日々勉強し成長できるように頑張って行きたいと思います!!

                        【文:古内】


2009年3月13日(金曜日)

【リーダーになって・・・】

カテゴリー: 17時07分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園に来て3年目でふるさとエリアのリーダーをさせていただき、この1年間いろいろなことを学びました。リーダーとしての責任感、他職員や利用者ご家族との信頼関係、ご利用者の訴えに耳を傾け充実した生活を送っていただくことなど、さまざまなことを学びました。そうした中で何度も壁にぶつかり、自分なりに考え、相談し解決してきたつもりでした。しかし、お互い人間同士、職員間の信頼関係はなかなか築けず、リーダーとしてエリアをまとめることが、こんなにも困難なことだとは思ってもいませんでした。

 リーダー1年目はこのような感じでなかなか歯車が会わず、職員やご利用者の皆さんをいらいらさせてしまったり、落ち込ませてしまったりと、リーダー失格な面も多々ありましたが、来年度からはエリアを盛り上げ、私も含めエリアの職員全員がご利用者の目線で介護が行なえるようになれば・・・と思っている今日この頃です。

 まずは自らが手本となるような介護を実践できれば良いと思っています。そして、入職当時の熱い気持ちを忘れぬように仕事に励んでいきたいと思います。来年度もよろしくお願いします。

                        【文:盒漫焚蹇法


2009年3月2日(月曜日)

節分

カテゴリー: 17時48分19秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

 早いもので今年ももう2月!立春を迎えましたね〜

デイサービスでは、2月3日に毎年恒例の節分の豆まき行事を行いました。利用者の方々に協力していただきながら、職員が練りに練った寸劇「一寸ぼうし」を行いました。鬼退治の場面では、利用者の方々に豆ではなく、お手玉で鬼退治をしていただきました。

色々な行事を行う上で私たちなり一生懸命に考えていますが、嬉しいことに利用者の皆様にはいつも温かい笑顔で私たちを見守っていただき協力してくださいます。とてもありがたいです!! 

来年も又、私たちの鬼退治に元気に参加してくださいね!!

 節分

【文:林 暁美】


梅の香2月行事

カテゴリー: 17時43分12秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 

 今年も早いもので2ヶ月を過ぎてしまいました。また、歳をとってしまいますね^^;

梅の香では、2月の恒例行事豆撒きが2月3日に行われました。

鬼役の職員2名が各ユニットを回って、利用者の皆様に鬼に向かって豆をまいていただくはずが、あまりの鬼の迫力に泣き出してしまう方もいました。豆をおもいっきり鬼にぶつけて利用者の皆様、職員共に楽しまれていました(^O^)

歳の数だけ豆を食べるといいとは言いますが、利用者さん達には多すぎかな(^_^;)

20092-1 20092-3 20092-4

 

 寒い日が続くと思ったら、外は雪が降り出しました。梅の香では「おやつ作り」や「鍋の日」など、利用者の皆様と職員共にユニットはいつも暖かい雰囲気で過ごしています。

20092-6 20092-5 

寒さが過ぎたら、あとは春を待つばかり、今年も利用者の皆様が楽しく笑顔で過ごせますよう願っています。

【文 早川】

 





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ