メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 4月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2009年2月20日(金曜日)

「研修に参加して」

カテゴリー: 18時53分21秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 先日、今年度最後の職員内部研修がありました。演題は「接遇マナー講座〜感性を持った接遇のあり方〜」、講師の先生から接遇の基本について講義を頂き、接遇の演習(職場での挨拶、電話応対の実習)を行うといった研修内容でした。

接遇の研修は以前にも受けたことがあり理解していたつもりでしたが、忘れている(忘れてしまった)ことも多々あり、復唱、確認が必要だと実感しました。また、講師の先生が「挨拶は職場の中だけではなく家庭の中でも実践することが大切です。皆さんはしてますよね。」とお話しされたとき・・う〜ん出来ていないかも・・日々の仕事、子育て、家事に追われ子供はともかく、相手にいたわりの言葉をかけることなく時間が過ぎているな・・と考えさせられました。

こうして仕事が出来るのも家庭あってこそ!まずは挨拶をいつでも相手より先に言葉にして表す!(難しい〜)を実践し努力していきたいと思います。

定年後温かく快適な家庭生活を送るために・・ v(^ _^ )v.

                                         

                                             【 文:伏見 】


2009年2月14日(土曜日)

鬼はドコ?

カテゴリー: 08時41分18秒

 ■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

 

 2月といえば節分ですね。悪い鬼を豆で払い、福を呼び込む日本の行事。

鬼は悪さをする忌むべき存在ですが、またその外見から畏怖の象徴でもあります。

昔の人は分からないもの、理解できないものに恐怖や恐れを抱き

「鬼」という存在を作り出したと聞いたことがあります。

時は変わり、現在。

幼くして何でも情報が手に入ってしまう時代になりました。

ほとんどの事が、科学的に解明されてしまい分からないことは

ネットで調べれば解決してしまいます。

分からない事がなくなってしまった、なんか便利なようでさみしい時代に感じます。

想像力をかきたてる「鬼」の存在が恋しくなりました。 

                                  【文:舟山】


2009年2月5日(木曜日)

【行ってきました、韓国へ。】

カテゴリー: 11時16分12秒

 ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  昨年同様、職員旅行で韓国へ行ってきました。2度目の韓国とあって、今回は気持ちにも余裕があり天候にも恵まれ、大変楽しい旅になりました。

 

  日本のニュースで流れていたとおり円高とウォンの暴落のためでしょう、免税店のブランド店は日本人観光客であふれ、またデパートや市場は訪韓した時期が旧正月後初めての週末とあり、お年玉を手にした若者や地元の人達も買い物をするということで、それはそれは大変な人ごみでした。

 

  そのような様子を見ると「不況だ、不景気だ」と毎日のように流れるニュースはどこに行ったの?という感じでしたが、ガイドさんに聞くと「高層ビルが建築中でも中に入るテナントや会社がない」とのことでどこも大変なよう。また韓国はまだ社会保障、福祉制度の整備が遅れており、年金もなく、老人施設や老人へのサービスがないという状態で、かつ女性の晩婚や少子化が進んでおり将来が不安であるとガイドさんが言っていました。私達の職業を聞いて「ぜひ韓国でやって下さい」と言われ嬉しいような気もしますが・・。

 

  とにかく言葉の壁がなく、美味しいお店が多くや買い物ができ、気取らなく気軽に行ける海外では一番いいのかもと私は思っています。ぜひ皆さんもどうぞ行って見て食べてきて下さい。

 アンニョンヒ カセヨ!

                【文:山田】


2009年2月2日(月曜日)

新年を迎えて

カテゴリー: 09時36分32秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 

お正月を迎えて梅の香では、小高神楽保存会の皆様にお越しいただいて、今年も元旦に神楽の舞を利用者の方々と一緒に観賞することが出来ました。最後には、獅子舞に頭を噛んでもらい、縁起の良い年になりそうです!!

 1月5日には餅つき会を行いました。臼と杵を使い、みんなで交代しながら一生懸命に餅をつきました。

利用者の皆様からも「よいしょ〜!よいしょ〜!」と大きな掛け声がかけられて、ふっくらとおいしそうなお餅ができました。みんなで協力してついたお餅は、あんこ・じゅうねん・ずんだ餅にして、3時のおやつにおいしくいただきました♪

 そして今年も餅花つくりに挑戦。利用者の皆様と一緒に紅白の餅を木につけていき飾りをつけて…

みんなで作った2本の「餅花の木」が完成しました。

 さて次は、小高神社へ初詣に行きました。今年も1年健康で楽しい年になれるようお祈りしてきました。利用者の皆様も真剣に今年一年の祈願をしていました。

2101-1 2101-2 2101-3 

2101-4 2101-5 

新しい年を迎えて早や一月が経ちました。今年も職員や利用者の皆様とたくさんの楽しい時間を過ごしていきたいと思います。

【文:只野】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ