メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2008年11月19日(水曜日)

ふとんが恋人

カテゴリー: 03時37分31秒

■■■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■■■

 

庭で強い香りを出していたキンモクセイがいつの間にか、花を散らしていました。

時を同じくして、めっきり外の空気は冷たくなり上着を一枚着ないと外に出るのもおっくうな感じです。

 さて、仕事がら朝起きるのが早い事がしばしばなので寒い朝はふとんから出るのが大変です。目覚まし代わりに携帯電話のアラームをしかけていると、時間にはけたたましく鳴り響くので子供を起こすまいとすぐにスイッチを切ります。と・・・すぐに襲い来る睡魔。

スイッチを切ったことで、何かをやり遂げた。そんな気持ちが心地よい。

嗚呼・・・・、今日も誘惑に負けてしまった。

   

                                        【文:舟山】


2008年11月18日(火曜日)

【職員旅行にて】

カテゴリー: 17時27分00秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

今年も、年に一度の職員旅行の季節になりました。私も10月30日に福島の穴原温泉に行ってきました。一家の嫁としては、なかなか宿泊旅行は気が引ける事もあり、気心の知れた職場仲間との日帰り旅行が丁度良く、今年で2回目になりました。

 

日頃のストレス(あるのかな?)解消には良く、とても楽しく過ごす事が出来ました。職場仲間のお子さんとも、ばーばと孫の様に過ごす事が出来、本当の孫をこの手に抱く日はそう遠くはないんだなーと実感した一日でした。楽しみでもあり、不安でもありの思いを抱きました。;まっ、何とかなるか;の心境です。楽しく、リフレッシュ出来た日を頂き有難う御座いました。

           【文:岡崎】


【無題】

カテゴリー: 17時25分08秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私事ですが、昨年の12月から一人暮らしを始め、もうすぐ1年になります。当初は毎日親に小言を言われなくても済むようになったという解放感もあり、十分に一人の生活を満喫していましたが、徐々に家事の大変さ等分かりはじめこの年になってやっと親のありがたみが理解できた気がします。『親孝行したい時には親は無し』という言葉がありますが、そうならないよう感謝の気持ちを表し両親を大切にしていきたいと思います。

          【文:藤田】


《職員旅行のおみやげ・・・・》

カテゴリー: 15時12分38秒

■■■ 福寿園居宅介護支援センター ■■■

 2週間程前に、職員旅行で男鹿〜角館方面に行って来ました。

バスの中では、自前のガイドさん(元プロ)の楽しい案内で盛り上がり、途中雨の歓迎も受けながらも、美しい紅葉や景色に感動し、温泉にて日頃の疲れを癒された1泊2日でした。特に角館では、ちょっぴりお洒落な場所を見つけたので、今度はプライベートでゆっくり行って見たいなぁと思っています。

日頃、時間に追われながら仕事をしているため、年に1度でもこのようなゆっくりと時間を忘れられるような“命の洗濯”も必要ですよね!「また、明日から頑張ろう!」という気持ちになれますもの・・・。

 

さて、この旅で宿泊したホテルで観たテレビ番組に、日頃の私のケアマネとしての仕事にとても参考になる事柄がありました。それはNHKの番組でしたが、高齢者が元気で健康に生活するための運動を紹介したものでした。激しい運動ではなく、ゆっくりしたペースでの運動で、1年間その運動を続けた結果、杖が無くては歩けなかった人が小躍りできるまでに回復し、また、痩せて健康になられた人も数名おりました。全体的な運動は指導者がいないと難しいですが、ひとつ一番簡単な運動として、椅子に腰掛けた状態でつま先を上げる運動を続けると、転倒防止になるようです。年齢を重ねると、どうしても足の上がりが悪くなり、つまずき易くなりますから。帰ってから、(受け売りですが)担当している利用者さん達に紹介し、日頃からの転倒予防を促しております。

   皆さんも試してみては?  (^−^*)

                               【文:田中】 


2008年11月17日(月曜日)

提供停止とは・・・

カテゴリー: 15時58分51秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 最近、マンナンライフ社の「蒟蒻(こんにゃく)畑」や日清「カップヌードル」、給食のパンの窒息死など、食に関する事故が絶えませんね。
 個人的には「蒟蒻畑」が好きでたまに食べていたのですけど、どうやら今回の事件を受けてシリーズの一部製造中止する旨のニュースが報道されました。平成7年以降で17人も犠牲者になっているようなのでしょうがないのでしょうかね。
 さて今回の国の対応ですが、なんでもこんにゃく入りゼリーを禁止とする新法を議員立法により国会提出するとかしないとか。
 えっ、もうこんにゃくゼリー食べられなくなるの?
 ちなみにこんなデータもあるようです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 2006年1月1日からの1年間の結果
 1位:餅(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)
 2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)
 3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)
 4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)
 5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)
 6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)
 7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)
 8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)
 9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)
 10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)
 ちなみにこの間、蒟蒻ゼリーの事故数は2件(内、マンナンライフ社は0件)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ふむふむ、どうやら餅が食べられなくなる日も遠くなさそうですね(泣
 ・・・と冗談はさておき、提供停止することだけが事故防止の対策ではないと思います。確かに一番簡単な事故防止策だと思いますが、それは同時に嗜好の1つを制限したことにもなります。
 高齢者の方で餅が好きな方は結構多いです。事故を恐れて安易に提供禁止に走ること無く、過去の事例からの検証や然るべき事故防止策を講じて少しでも利用者さんの要望に応えられるような施設作りに努めていきたい次第ですね。

 うん、餅の話をしていたらなんだか食べたくなってきた・・・(汗
                                        【文:門馬】


2008年11月12日(水曜日)

第9回福寿園・さくら荘合同芸術祭

カテゴリー: 13時49分07秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 11月も半ばとなり、だんだんと寒い冬に近づいてきました。
 福寿園・さくら荘では、今年も合同芸術祭が開催されました。早くも9回目を迎える芸術祭のテーマは、「花」。偶然にもデイサービスの作品とケアハウスの作品が花だったことからテーマが決まりました。
 年々、作品製作に携れる入居者の方は少なくなってきているのが現状ですが、出来る方達で力を合わせて1つの大きな作品が出来上がると、とても嬉しく自然と拍手が起こりました。
 福寿園・さくら荘合同芸術祭は、今月11/20(木)まで開催していますので、機会があったら是非見学に来てください。

【第9回福寿園・さくら荘合同芸術祭】


 
                            【文:佐々木美奈子】

 


2008年11月10日(月曜日)

【将来、有望ですっ!】

カテゴリー: 16時19分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 117日に真野小学校の6年生9名が、万葉園を訪問してくれました。

 

 事前に、「まごころセンター」の職員さんを講師に招いて、高齢者擬似体験を行った上で、お年寄りとの交流を図ることで、お年寄りに対する畏敬の念を高めるとともに、福祉への理解を一層深めることを目的としているそうです。

 

施設長から、簡単に施設の説明を受けた後、利用者の方々と一緒にお茶の時間を過ごしてもらいました。初めは、何を話して良いのか分からず、戸惑いの表情を隠せないようでしたが、すぐに打ち解けた様子でした。

真野小 真野小

 それから、大食堂への移動介助も手伝ってもらい、音楽の授業で習った歌や笛を披露してもらいました。とても上手な演奏で、手話を交えて歌ったときには、一所懸命手話を真似て手を動かしている利用者の方もいらっしゃいました。

真野小 真野小

 最後に利用者の方お一人おひとりと、お別れの握手をしてもらいました。利用者の方が涙するのはよくある光景ですが、なんと、泣いている子がいるではありませんか! ひいおばあちゃんを思い出して涙した子、別れを惜しんで涙した子、と理由は様々ですが、純粋な心を持っているんだなぁ……と、私も胸があつくなりました。

 

 活動が終わってから、子供たちは口々に「先生、また来たい!!」と言っていましたが、こちらこそ、また来てほしい思いでいっぱいです。

 

 お部屋まで送っていってくれて、なかなか戻って来ない子もいて、「このままおいていってください。職員として働いてもらいますから♪」などと冗談を言いましたが、この訪問が、子供たちにとって、人のために何かをすること、感謝の気持ちを受け取る喜び、そして福祉の仕事もいいなぁと思うきっかけとなれば……と思いました。

 

 真野小学校6年生のみなさん、石田先生、素敵な時間を本当にありがとうございました。

         【文:鹿山 奈美】


2008年11月4日(火曜日)

研修会に参加してきました♪

カテゴリー: 10時53分19秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 10月20日から21日にかけて、白河市で行われた「平成20年度福島県特別養護老人ホーム事務員研修」に参加してきました。1日目の研修終了後に行われた懇親会で、自己紹介をすることになり、その時に名前の他に何か一言お願いしますということで、とっさに言ってしまったのが、このホームページの職員日記のことでした。つい「今日の研修でのことをのせたいと思いますので皆さん見て下さい!!」と言ってしまってから早一週間・・・。ぜんぜんタイムリーな話題ではなくなってしまいましたが(笑)せっかくなので。
 

 研修に参加して良かったことは、他の施設の方と交流することができたことでした。以前にも一度だけ事務員研修に参加したことがあったのですが、同じ法人から一緒に参加した職員がいたこともあって、あまり積極的に他の施設の方と交流するということはなかったような気がしました。でも今回は一人で参加したということもあり、懇親会を通して他の施設の方と知り合いになることができました。知り合いになった皆さんとは、日頃の業務の話だけでなく業務とは関係ない話もしたり、せっかくここまで来んだからということで、昼休みを利用して「南湖公園」「白河ラーメン」「施設見学」と、短い時間でしたが研修だけではなくそれ以外のことも堪能することができました。

 最後に、「ホームページ見ます!」と言ってくれた皆さん。今度いつ会えるか分からないのが残念ですが、もしまた研修等で会う機会があればぜひ声をかけて下さい!よろしくお願いします♪

                         【 中橋 】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ