メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2008年10月31日(金曜日)

【紅葉ドライブ】

カテゴリー: 16時11分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

行って来ました、紅葉ドライブ!

「そろそろ葉っぱも色づいてきたかなぁ……。」

「お天気もいいし、行っちゃおうか♪」

そんなノリで、事前の計画もなく、いきなり出発。

午後の日差しは、優しく山の斜面に降り注いで、木漏れ日のトンネルの中をゆっくり車は走ります。

真野ダムの木々は、少しだけ色づいていて、来週くらいが見ごろのようでしたが、澄んだ空気の中、遊歩道を歩いて来ました。

「来週もまた見に来ようね。」

「それよりも、はらこ飯食べに行きたいね♪」

「何か、お腹減っちゃったね。」

食欲の秋は誘惑いっぱいですが、利用者の方が「今日は本当に楽しかったわ〜♪」と喜んでくれたのが一番のごちそうです。

紅葉の秋

           【文:鹿山 奈美】


芸術祭作品つくり

カテゴリー: 12時58分56秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

“芸術の秋”がやってきました!我が福寿園デイサービスセンターでは、今年も11月の芸術祭に向け、日々作品作りに取り組んできました。今年は、職員の案で障子紙を利用して造花を作ってみました。障子紙に絵の具を染み込ませて花のように形を作るだけで、こんなにも素敵な花々が沢山生まれました。また、押し花を利用し、しおりも作ってみました。向日葵や紫陽花、コスモスなど四季折々の花を組み合わせて出来た作品は、何とも見事です。日常にある物や自然の草花を利用して、皆さんも一度挑戦してみてはいかがですか?

 

芸術祭  芸術祭.jpg

 

【文:島田】


2008年10月27日(月曜日)

【総合防災訓練】

カテゴリー: 17時13分57秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 10月23日(木)。朝のニュースでは「曇りのち雨」との予報でした。この日、総合防災訓練が行われるのに雨が降ったら大変です。何しろ、外まで利用者さんも含め全員で避難する計画でした。しかし、幸いなことに昼を過ぎてから空が明るくなり、気温も十分とはいえませんが上がってきました。そんな中、午後2時に総合防災訓練が始まりました。

 

 警報とともに職員が動き出し、初期消火を行ない、それから利用者さんの避難を開始します。訓練開始5分後、非常災害協力員の方々の到着です。非常災害協力員とは万葉園・たんぽぽの非常時に駆けつけてくださる地域住民の方々です。

 

 職員が利用者さんを一人一人居室から避難させながら、到着した非常災害協力員の方々へ、利用者さんの避難誘導をお願いします。今回の訓練は日中に火災が起った想定で行っているので、移乗介助を複数の職員で同時に行うことが出来、火災発生から10分弱で避難が完了しました。しかし、もし火災が夜間に起こったのなら、万葉園・たんぽぽ合わせて3人の介護職員しかいない状況で初期避難を行わなくてはなりません。しかも、万葉園たんぽぽの職員は鹿島区からだけでなく、原町区、小高区、相馬市、はては新地町から通っています。ですから、多くの職員が到着する前に来ていただける非常災害協力員の方々の存在はとても大切なのです。

 

防災訓練 防災訓練2

 

最後に消火器での消火訓練。消火器での訓練をあまりしたことのない職員が行いました。消火器は意外と長い時間噴射できるのですが、それでも天井まで火が回ってしまうと消火できません。火が天井まで回ってしまったら命を優先して避難するようにと、消防署の方からお話がありました。こうして訓練をして、非常時にもあわてることなく避難できればよいのですが、まずは災害がないことを祈るばかりです。何はともあれ無事、雨もなく訓練が終了してほっとしています。

【文:高江】


【平成20年度万葉園・たんぽぽ芸術祭】

カテゴリー: 17時06分22秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 食欲の秋、スポーツの秋、そして芸術の秋……。今年も万葉園・たんぽぽ芸術祭が始まりました。

 

芸術祭1

 

 昨年同様、ご利用者の作品の他に、職員やその家族、そして地域のみなさまの多大なるご協力のもと、およそ50点もの作品を展示しています。開催期間は、10/27(月)〜11/3(月)の午前9時〜午後6時です。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来園ください。

 

玄関で、すてきなウェルカムボードが、みなさまをお待ちしています。

 

芸術祭2

 

…ちょっと自画自賛かな……(^^;)ヾ

          【文:鹿山】


2008年10月24日(金曜日)

芸術の秋

カテゴリー: 16時28分24秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 

 秋というと皆さんは何を思い浮かべますか?私は一番に「食欲の秋」を思い浮かべてしまいます。

 なんてったって新米がおいしいですよね。二番目に「芸術の秋」ですかね。

現在1031日まで梅の香広場にて第4回芸術展を開催しています。

パーラーは毎月定期的に開催していましたが、今回は梅の香をご利用いただいている、皆様に食欲もそして芸術も一度に二度楽しんでいただけるよう、1023日、芸術展の会場で開催しました。

いつもとは違った雰囲気で、利用者様やご家族の作品に囲まれながら、おいしい物をいただき笑顔笑顔。

さながら、美術館やオープンカフェでのひと時のようでした。

2010para1 2010para2 2010para3 2010para4

 【文:天野】


【祝!!! ギブスの取れた日】

カテゴリー: 08時59分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私ごとではありますが、去る9月5日に些細なことで左足のアキレス腱を切ってしまい、およそ7週間の日々、ギプスとともに生活していました。

 

 けがの功名と言いますが、このけがにより気付いたことがたくさんありました。

 

 松葉杖で、ぎこちなく歩く私に、「困っている人をみると放っておけないんだよね〜。」「職業病なのかなぁ〜。」などと言いながら、手を貸してくれた職場のみなさん。「大丈夫?」とギプスの上から優しくさすってくれた2人の子供たち。「全く困ったもんだ。」と言いながらも、家事をこなしてくれた家族。そんな心暖かい人たちに囲まれて、当たり前のように暮らしていたことを、とても幸せに思いました。

普段は照れくさくて、なかなか言えない言葉ですが、この場をお借りして……。

「ありがとう。」

           【文:鹿山 奈美】


2008年10月22日(水曜日)

「新マイヘルパー奮闘記」

カテゴリー: 08時38分31秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■

 

 私がヘルパーの資格を取ろうと思ったのは、障害のある我が子供と、年老いて行く両親を見て、将来の生活に不安を感じた三年前の事でした。そんな私が、福寿園のヘルパーになったのが、今年の四月一日からです。田植えの準備で忙しく働いていた人達が、今では稲刈りをしている等、月日の経つのがとても速く感じられます。

この半年で、何が一番大変だったかと言うと、誘導の為の声の掛け方が悪く居室への移動を拒否されたり、排泄介助でも、着脱を上手く援助できず、同行の先輩職員に助けて頂いた事もありました。良く考えてみれば、早く介助しなければと焦る私と、利用者さんとの信頼関係が出来ていなかった事は言うまでもありません。その他失敗は両手で数え切れないほどありますが、その都度上司や先輩に励まされ、そして指導して頂きながら、現在に至っています。

大変な事もありますが、毎日色々な利用者さんに会えるのが楽しみですね。「ヘルパーさんのお陰で助かってます、また来てくださいね」なんて帰り際に言って頂くと嬉しくなり、ヘルパーで良かったと心から思います。

これから冬に向かって行きますが、寒さと戦いながら心はいつも温かく、車の安全運転と健康に気をつけて頑張って行きたいと思います。

                                                                                         【 文:平 】


2008年10月21日(火曜日)

梅の香芋煮会

カテゴリー: 17時08分34秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 

 10月10日に梅の香ひろばにて芋煮会を開催しました当日は天気にも恵まれ、バーベキューコンロに炭をおこし、雰囲気満点!!!今年のメニューはきのこご飯に焼きそば、鮭のホイル焼き、そして豚汁♪普段遠慮がちな利用者さん達も、何度もおかわりをして召し上がってくれました(^^)v きのこご飯で作ったおにぎりは、大好評!普段よりもたくさん食べてくれてうれしいけれど、みなさんのあまりの元気のよさに、いくら食欲の秋といってもちょっと心配・・・

普段はユニットで食べている利用者さんも、ひろばに集まって大勢での食事に気分も高揚!たくさんの笑顔を見て!たくさん会話をして!いつもよりのんびりして!そんな楽しいひと時を共有出来てとても良かったと思っています。

こんな楽しい芋煮会、年に1回なんて言わずに何回も出来たらいいな…なんては心にとめておきます(笑)

 

芋0801  芋0802  

芋0803 芋0804

 【文:木幡(信)】


2008年10月14日(火曜日)

【万葉園からこんにちは《第12回》】

カテゴリー: 13時21分01秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 先日、仕事関係の方から梨を頂きました。私の父は梨を栽培しているのですが、たまには他の人が作った梨を食べるのも参考になるのかも、と思い1個だけ頂いて家に帰りました。

 

 父にその梨をあげたところ、私の予想以上に興味を示し、手に取って「この梨はかなり重いな」、上から下まで眺め回しては「けっこう赤いな」、そして家庭用ハカリを出してきて重さを量って「400gある」と、家族に「いいからご飯食べれば」と言われるほど(食事中だったのです)の有り様でした。

 

 その後しばらくして、利用者の皆さんに、とのことで利用者のご家族の方から梨を頂く機会がありました。原町区の方ですが、鹿島区の産地から直接買ってこられたとのことで、10堡入りの立派な梨でした。『鹿島名産 梨』と書かれた、私の家でもよく見る箱に入っていたので、どこの梨なんだろう?私の家のじゃないしなぁ、などと考えながらジロジロ見ていたところ、施設長に「やっぱり梨屋だから、どこの梨か気になるんだな」と言われ、愕然としました。私は、自分で気付かないうちに父と同じことをしていたわけです。

 

 梨を作っているのは父であって、私自身は別に梨を作っているわけじゃないし、などと思っていましたが、やっぱり知らないうちに似てしまうというか、血は争えないのだな、ということを自分自身で証明してしまい、がっかり(?)しました。

 

 ちなみに、私が持ち帰った梨は、実は我が家の本家が作ったものだということが後日判明。隣の家の梨なのに、鹿島区内を巡り巡って私の家に届いたのでした。

 

                【文:但野】


2008年10月13日(月曜日)

天高くデブ肥ゆる秋

カテゴリー: 17時16分28秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 暑い夏も終わりを告げ、各地では収穫の秋となっております。
  秋は美味しい物がたくさん出回るため外に一歩でれば誘惑にあふれかえっています。
 食欲は出てきますが、現在80kgを越えた巨体には毒でしかありません。
 いかに我慢するか・・・。いかに厳選して食するか・・・・。
  今年も、無駄な悩みに頭を抱える秋です。

                                   【文:舟山】

 


2008年10月7日(火曜日)

梅の香 9月行事

カテゴリー: 17時39分27秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 

 9月の行事は5日に「陶芸教室」、12日に「敬老会」を行いました。

陶芸教室は今年で開催第2回目!今年も陶芸教室にはたくさんの利用者と職員が参加されました。初めて参加される利用者は「何を作ろうかな?」と悩んでる姿も見えましたが、職員や家族と協力しながら楽しく作品の制作に励んでいました。コップやお皿など、皆さん満足出来る作品が出来て良かったと思いました。

 梅9月の1

 

12日には敬老会及び賀寿状贈呈式を行いました。今年の祝賀寿状贈呈者は、梅の香利用者の中からは9名。贈呈者には赤いチャンチャンコを着てもらいましたが、中には恥ずかしいと照れる利用者もいました。

賀寿状の贈呈が終わると、ボランティアとして来ていただいた「嘉会」の皆様による演舞披露をしていただきました。利用者の皆さんが喜んでいる姿が印象的でした。

梅9月の2 梅9月の3

【文:神長倉】


2008年10月6日(月曜日)

★★★「かぼちゃの重さ当てクイズ」のニアピン者近影★★★

カテゴリー: 09時48分47秒

ニアピン賞、山岡有紀子さんの近影です。

かぼちゃの重さ当てクイズ 

予想 53.6kg(わずか1.5kgの違い)でした。
(手作り感満載の)賞状を主催者である施設長より授与させていただきました。
豪華副賞の授与はあったとかなかったとか・・・
受賞おめでとうございました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(※以下、主催からのコメント→左メニュー「お知らせ」に記載しています)

 皆さん、「かぼちゃの重さ当てクイズ」にご参加頂きありがとうごいました。総勢23名もの皆さんにご応募いただきました。
 デイサービス、特養のご利用者や職員が巨大なかぼちゃに驚きながら、撫でたり、叩いたり、中には持ち上げようとする強者もおり、思っていた以上にみなさん興味をもってクイズに参加していただけました。ご提供いただいた渡部さん、番場さんありがとうごいました。

 正解は52.1kgでした。(ちなみに施設長の体重より重いのです)

 残念ながらピタリ賞はおりませんでしたが、ニアピン賞は、山岡有紀子さんの予想の53.6kg(わずか1.5kgの違い)、次点で、仁平栄子さんの予想の50.5kg(わずか1.6kgの違い)でした。
 日本のあちこちでも巨大かぼちゃコンテストは開かれているようですが、ちなみに世界ではなんと!690kgの超巨大かぼちゃが出品されたそうです。皆さん想像できますか?

(※→イベントの詳細については左メニュー「職員の日記・雑記」より2008年9月12日(金曜日)の記事をご覧下さい。)


2008年10月3日(金曜日)

敬老会

カテゴリー: 12時41分46秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

鈴虫やこおろぎの鳴き声があちこちで響き、すっかり秋を感じてきましたね。

9月は、敬老会や秋分の日と祝日が多い月です。

 福寿園デイサービスセンターでは、9月の行事として敬老会を行いました。職員の子供達16人(3才〜9才)を招き、利用者と一緒にいつも行っている

「きよしのズンドコ」体操やお手玉を使っての「的当てゲーム」・「輪投げ」をして楽しく過ごしました。小さい子供達の行動や仕種を見て、利用者の方々も普段以上のえびす顔・・・。ゲームの後は、皆と一緒におやつを召し上がり1時間と短い時間でしたが、子供達の笑顔に癒され楽しい時間を過ごされました。

 子供達と触れ合う利用者の方々の笑顔を見て、敬老会行事も無事終わる事が出来ました。職員の子供達・・・「ありがとうございました。」

【文:伊藤悦子】

 

敬老会_R.jpg


2008年10月1日(水曜日)

食の安全

カテゴリー: 11時53分49秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 最近気温も下がり肌寒い季節となりましたね。
 私自身寒がりなのですが、あまりにも寒く我が家では茶の間に「こたつ」が登場しました(#^.^#)
 でも・・・電気に頼らず、なるべく衣類などで体温調節することが一番ですよねっ!

 だいぶ「事故米」で私たちの生活を脅かしている「米」ですが、私のうちでは「稲刈り」時期です。まずは9月23日、24日で「ひとめぼれ」の稲刈りを行いました。な〜んて嫁の私は特になにもしていませんが!(笑)
 我が施設は田舎ですが、周りに田んぼは見えません。少しでも季節を感じていただけたらと思い、ケアハウスさくら荘の食堂にほんのちょっとだけ飾ってみました。
 今年は台風が1度も来なくとてもキレイな状態でしたが、まだ「こしひかり」の稲刈りが残っているのでこれからの台風が心配です・・・(;-_-;)

 新米の時季、おいしい「ごはん」を食べたいですね!
 せめて国産品くらい「安全」で「安心」のできるものを口にしたいですね・・・

稲

                                   【文:小谷津】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ