メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
節分節分
22
23
ホームページのリニューアルについて
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2008年7月31日(木曜日)

温泉旅行in楢葉

カテゴリー: 13時37分57秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 6月28日から29日にかけて、第4回目の温泉旅行に行ってきました。過去には、秋保、岩の子へと出かけ今回は楢葉町の天神岬にある温泉施設へ行ってきました。施設自体は大きくありませんが、温泉の効能が良いとの事で宿泊客がいっぱい・・・大浴場・レストラン・客室のどこからでも海が見渡せるとても景色の良いところでした。

温泉へ到着後、ご家族と一緒の時間を楽しんだり、海を見ながら散歩したりと、それぞれ自由なひとときを過ごしました。

 2日目はあいにくの雨模様。しかし、ご家族の方の協力を頂き木戸ダムの絶景を見学。その後三ツ森山の紫陽花を楽しみました。

 休憩場所の「プラント4」では利用者様が電動バイクに乗っての買い物を初体験。見守る私たちもハラハラドキドキしました。時間が経つにつれ運転の腕は上達し、面白い時間を過ごしました。

 美味しい食事と温泉で癒されたり、大自然を身近に感じたりと、とても素敵な2日間でした。旅行中、眺める景色が昔の思い出と重なり、「嬉しかった」と涙される利用者様がいらっしゃいました。喜んで頂いて私たちもとても嬉しかったです。

 これからも、皆さんの楽しい思い出をひとつでも多く作っていけるように毎日を頑張っていきたいと強く感じた旅行でした(*^^*)

 

2008温泉旅行2  2008温泉旅行1

 

【文:原内】


2008年7月24日(木曜日)

ヘルパーステーションより、愛を込めて

カテゴリー: 11時59分12秒

■■■福寿園ヘルパーステーション■■■

  毎日暑いですね。今の暑さにさえ参っているのに、これから更にアッツ〜イ夏本番!暑さに弱い私は、太陽をちょっぴり(?)恨みながら、今年もまた、夏が過ぎるのを待つのです。

 さて、夏が来ると思い出す、現在の私からは想像できない、とっても素直でかわいかった子供の頃のこと。私が「暑い、暑い!」と騒いでいると、「夏は暑いのが当たり前。いくら暑いと騒いだって涼しくなるわけじゃない。騒ぐと余計に暑くなるんだから、文句言わないっ!」と、おばあちゃんの声。おばあちゃん子で素直だった私は、それ以来、夏にどんなに暑くても、大好きなおばあちゃんの言いつけ通り、文句を言わずに大人になったのでした。そして月日は流れ、年齢を重ねる毎にその自慢の“素直さ”にも翳りが・・・。当然、今は「暑い!」を連呼しています。おばあちゃん、文句言ってごめんなさい!!

 前置きが長くなりましたが、“ヘルパーステーションより、愛を込めて パート供匹任后A芦鵑知らせしたスローガンに「自立支援」という言葉がありましたが、今回はlこの「自立支援」についてのお話です。ご存知のように「自立支援」は介護保険制度に明示されている考え方です。従来、“介護”は、サービス利用者が自分の力でできないことを代理で行うお手伝いであるといわれてきましたが、本来は、サービス利用者が自分の力でできるようになるために支援することが“介護”である、という考えが「自立支援」の趣旨です。

 私たちヘルパーは、寝たきり状態の利用者の方であっても、おむつ交換時等には、顔や手を拭いていただくようにタオルを手渡して声を掛けたり、手を添えて一緒に拭く等して、ご自身で行っていただけることをできる限り見つけ出し、“できるように”と考えて、援助を行っています。特に要支援1及び2に認定されている介護予防訪問介護サービスの利用者の方々には、“自分でできることは自分で行う”ことが求められます。「お金を払っているのに、何で自分で動かなければならないんだ。ヘルパーがやってくれるのが当たり前じゃないか。できないから頼んでいるのに、何のためのヘルパーだ。」と思われる方がほとんどでしょう。でも、厚生労働省令に介護予防サービスの提供に当たっての留意点として、「自立支援の観点から、利用者が、可能な限り、自ら家事等を行うことができるように配慮する」という文言が明記されているのです。

 ヘルパーを利用する場合、どうしても“できないことをやってもらう”と考えてしまいがちですが、介護予防サービスの利用者の方には、“できなくて困っていること”ばかりを探すのではなく、“できるようになりたいこと”を考えていただけるといいなと思います。願わくば、“できるようになりたいこと”に向かって、ヘルパーと一緒に行動し、最終的には利用者の方が一人で“できるようになる”ケアプランの下、スローガンに掲げた「利用者にやさしい自立支援」が実行できますよう・・・。

 夏の暑い中、身体を動かすことは大変なことと思いますが、“できる喜び”を感じていただけるように、私たちヘルパーも頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

                                                  【 文:川久保 】

 


2008年7月22日(火曜日)

健康診断へむけて

カテゴリー: 11時43分25秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 梅雨もそろそろ明けてこれから本格的にビールがおいしい季節になりますね。
 さて、最近友人からよく「太った?」と言われるようになりました。体重は少ししか増えてなかったのですが、おなかにはぽっこりと立派なふくらみが(ビール腹)できていました。
 元々太りにくい体質だったのをいいことに、暴飲暴食を続けてきましたが、体の中では着々と内臓に脂肪がついていたようです。
 9月には健康診断があるのでそれまでに少しでもおなかのふくらみを減らせたらなぁと思っています。

                    【文:遠藤 友彦】


2008年7月19日(土曜日)

夏の風物詩

カテゴリー: 11時31分32秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 今年も、もう7月も後半にさしかかろうとしています。
 この時期は南相馬がもっともアツくなる行事がやってきます。

 「相馬野馬追い」です。 

 今年は、ポスターも早々に売れきれてしまう盛況ぶりで 周りの期待の大きさが伺えます。
 最近知ったのですが、野馬追いは「国指定重要無形民族文化財」だそうです。自分の住む地域にそのような祭りがあり、多くの方が見に来ると思うと、とても誇らしげな気持ちになれます。
 荘厳な祭りの名前に恥じぬよう、この地域に誇りをもって生活していこうとふと、忙しい毎日の中で思ったりしちゃいました。

                           【文:舟山】

 


2008年7月18日(金曜日)

演芸発表会

カテゴリー: 12時52分03秒

     ■■福寿園デイサービスセンター■■■

  最近暑い日が続きますね!今年の梅雨は何処行ったのでしょう・・・

皆さんも暑さで夏バテなどしないよう、スタミナのある物を食べ、水分補給も忘れずにしましょう。

さて、福寿園デイサービスでは7月七夕にちなんで七夕飾りを大きな笹に利用者さんと職員で飾りつけをし、短冊も利用者さん職員共に書いてお願いしました!

どうか皆さんの願いが叶います様に・・・。

 そして、今デイでは職員や利用者さんと楽器演奏やカラオケなどをする演芸発表会をしています!画像があるので、皆さんぜひご覧下さい。

 【文:門馬 早織】

 

演芸発表会_R.jpg                


2008年7月8日(火曜日)

すくすく育つ

カテゴリー: 07時20分03秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

東北地方も梅雨入りして、雨の日が多くなってきました。

利用者さんも暑い日と涼しい日の繰り返しで、

体調を崩しやすくなっているので、換気やリネン調整をこまめに行い

気温の変化に気を配っています。

さて、今回は、福寿園特養内のひだまりエリア内庭にある畑を紹介

したいと思います。この畑は、今年の4月より、ひだまりエリアの利用者、

職員が中心となって栽培しています。

畑2

 私は、ひだまりエリアの職員ではありませんが、この間、ひだまり

エリアに行くことがあり、そこの窓から外をみると、とうもろこしの

茎は大きく伸び、きゅうりの花も咲いているのが印象に残り、今回紹介

しようと思いました。

 今から、収穫の時を楽しみにしています。

                        【介護職員 渡部】


2008年7月7日(月曜日)

【救命救急講習を終えて】

カテゴリー: 11時30分55秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

先日、万葉園に消防士さんや救急救命士さんが来園され、救急救命の研修を受けました。以前AEDの講習は受けましたが初めて心肺蘇生法を指導して頂きました。ビデオでは見たことがあっても、実際やるのとでは違い、なかなかうまく出来ませんでした。救急救命士さんから「もし自分の家族が必要になったら」と言われ、本当にそうだなと実感しました。

 

救命救急1救命救急2

 

 いつ何があるかわかりませんし今後あるかもしれません。また先日の秋葉原殺傷事件のようなことが周りで起こらないとも言えません。多少なりの知識も必要であると思いますし、また実際その場になって人命を救うことが出来たら良いなぁと思いました。やはり一度だけでなく何度かの訓練の必要性も痛感しました。

 

最近とても物騒な世の中になってしまいました。平和な世の中が来るよう祈りたいと思います。

             【文:坪井】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ