メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 4月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2008年6月30日(月曜日)

【はや4ヶ月】

カテゴリー: 13時01分07秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 介護職員としてグループホームに勤務して、はや4ヶ月が過ぎようとしています。

 たんぽぽの利用者の皆さんは、認知症の症状をお持ちですが、いつも明るく、しっかりした日常生活を送っているのにはビックリしました。

 自分自身、利用者の皆さんから介護職員として学ぶことが沢山あります。介護職に求められることなど、これからも勉強し、常に思いやり・やさしさ・共に生活する喜びを忘れず毎日を利用者の皆さんと過ごしていきたいと思います。

               【文:石橋】


2008年6月27日(金曜日)

【梅雨の合間の一日】

カテゴリー: 17時49分13秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 6月27日金曜日。普段通り仕事をしていてふと、今は梅雨のはずなのに、空はぬけるように青く、明るい太陽が降り注いでいることに気付きました。今年、東北地方は例年より遅い入梅で、その梅雨に入って寒い日が何日か続きましたが、南相馬市では雨そのものはあまり降っていません。九州から関東にかけては連日雨との話ですが、南相馬市の降水量は少ない気がします。今日は晴天です。その中で、万葉園大内施設長が去る6月25日に植えたきゅうりが、すくすく育っています。隣には疑惑のサルビア(施設長日記「おまえは本当にサルビアなの?」を参照)も所狭しと茂っています。ちなみに小さく咲いている赤い花はサルビアの花ではなく、鉢植えのカーネーション「グランルージュ」の花です。

 

きゅうり カーネーション

 

サルビアから空

 事務所でパソコンに向かいながら「去年の今頃何をしていたのだろう」とふと思いました。ホームページをさかのぼっていったら、七夕の飾りを作っていました。去年は短冊に「脱!メタボ」と書き、それが達成された(たぶん)ので今年の短冊にはさらに、「あと10kg体重が減りますように」と願いを書きました。達成できるかどうか、七夕の日の天気が気にかかります。今年も願いをかなえてもらうためにもテルテル坊主を作ろうかなあ、などと考えていたら、なにやら雨乞いの歌が・・・。

 

かえるの歌

 

 「かえるの歌が〜聞こえてくるよ〜♪」歌のする方にいってみると、今日は「歌謡クラブ」の日。万葉園ボランティアの石井さん、小倉さん、鈴木さんの三名にそれぞれ楽器を演奏していただき、利用者の皆さんが一緒に合唱をされていました。「カタツムリ」や「我は海の子」などいくつもの懐かしい童謡を聴いていると、一瞬ここが特別養護老人ホームであることを忘れて、小学校の音楽室であるかのような錯覚におちいります。利用者の皆さんもそんな風に感じているのかもしれません。

かえるの歌

 

 雨は少ないと先ほど書きましたが、曇りの日は多く寒い日が続いていました。でも、今日のような暑い日があるともう夏であることを強く感じます。もうすぐ7月。7月には七夕があり、そして相馬野馬追いがあります。毎年野馬追いには梅雨が明けていて、今日のような快晴の空が広がります。遅い入梅なので当日の天気が心配です。「今日のような晴天だったらいいなあ」と思いながら、かえるの歌を聴いていました。

    【文:高江】


2008年6月25日(水曜日)

あたたかな陽気の中で

カテゴリー: 14時18分01秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

とある晴れた暖かい日。

私はある利用者さん(Hさん)と中庭にて日光浴をしました。

本当にぽかぽか陽気で、風も少し吹いていましたが、

その風がとてもすがすがしい気持ちにさせてくれました。

せっかくなので、Hさんと記念撮影も実施。

しかし、太陽でまぶしいのか 眠いだけなのか 

Hさんの写真は目を閉じているものばかり・・・

何度も呼びながら手を握ったり、肩を叩いたりして

やっとの思いで笑顔?まではいかないものの

カメラ目線のステキな写真を撮ることができました。

6月も半月が過ぎ、東北地方の梅雨入りもまもなくとのこと。

これからの季節は、これまで以上に晴れた日を有効に

暖かい日は利用者さんにどんどん日光浴をしていただき

少しでも気分転換になればと思います。

                                【介護職員:斉藤】


2008年6月23日(月曜日)

【祐星2歳】

カテゴリー: 11時44分16秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 平成20年6月18日で、我が家の長男・佑星が2歳になりました。あっという間の2年間で、家ではほとんど育児をしない私は、家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 最近、佑星の口癖は、何かとられた時は、「とらっちゃぁ〜!」で、気にいらないことをされると、「やらっちゃあ〜!」です。そして、なにかにつけて反発することも多くなり、この間は初めて佑星を突き放し、強い口調で、「好きにしろっ!勝手にしろっ!」と言い放ってやりました。そして5分後には強く抱きしめてやりました。やっぱり、かわいそうで、かわいくて突き放せない父親の日記でした。

         【文:阿部(雅)】


2008年6月22日(日曜日)

すぐ確かめてこそ緊急地震速報

カテゴリー: 15時39分40秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 御存知の通り、先日6月14日、岩手県・宮城県内陸部を中心とした大きな地震がありました。

 謹んで被災者の皆様へのお見舞い申し上げます。

 当地域も東北のはしくれなのでご多分に漏れず、最大で震度5相当のおおきな揺れを余震も含め数回感じ取れました。私の娘なんかは生まれてこの方はじめて体験する大地震であったため、おばけすら恐怖しなかった娘にも最初の怖いものができたようです。

 さて、私事ですが長年使い続けた携帯電話を数ヶ月前に買い換えました。一応最新機種を選んだので多機能すぎで分厚い取扱説明書を読むのに一苦労でしたが、その機能のひとつに「緊急地震速報」なるものがありました。

 ・・・・・それを設定していたことを今回思い出しました(汗)
 地震の数秒前にサイレンの様な着信音が鳴り響きました。「あれ?私こんな着信音設定していたっけ?まあどうせ迷惑メールだろうし後で確認するか」と思い放置(汗)(汗) 
 その後あの大きな揺れがきた次第でした。

 「備えあれば憂い無し」とは私のためにある言葉かと思いました。いや半分の「備え」はあったのかな、もう半分の「備え(心構え)」がなかったらしいです。
 当施設でも災害時の避難訓練は実施していますが、いざ有事が起きた際に初動が遅れ被害が拡大することのないよう、日頃から「備え(心構え)」を欠かさず業務にあたりたいものです。

                         【文:門馬 誠】


2008年6月18日(水曜日)

「ヘルパーステーションより、愛を込めて」

カテゴリー: 19時32分36秒

■■■ 福寿園ヘルパーステーション ■■■

 6月も半ばを過ぎ、ちょっと遅くなってしまいましたが、4月のヘルパー会議時に決定した今年度のヘルパーステーションのスローガン(標語)を皆さんにお知らせしたいと思います。新事務長の提案で話し合った結果、「行動するときは笑顔で!!」と「利用者にやさしい自立支援」の2つに決まりました。今年度はこの2つのスローガンを合言葉に、ヘルパー全員で頑張っていこう!!ということになりましたので、宜しくお願いいたします。

 まさか2ヶ月足らずで「忘れちゃったぁ」というヘルパーはいないとは思いますが、皆さんのお宅へ援助に伺った際、「あれっ?」と感じた方はどうぞ「スローガン」とつぶやいてみてください。きっと“満面の笑み”と“自立を促す、やさしい声掛け”が返ってくることと・・・思います。

 さて、この“スローガン”。ヘルパーステーション史上、初登場!!という代物で、決定する際には多少の戸惑いがあったのも事実ですが、いざ決まってみると誇らしいもので、ましてや事務所内に掲示してあると尚更。(ちなみに他部署からも注目を浴びています。)

 ヘルパーの仕事は時に辛いこともありますが、利用者の皆さんに感謝の言葉や笑顔をいただいたり、私たちの訪問を心待ちにしてくださっていることは、何物にも代えられない喜びを感じられるものでもあります。だからこそ、掲げたスローガンに恥じない1年間を送れるといいなぁと思っています。

 以上、「ヘルパーステーションより、愛を込めて」皆さんへご報告!でした。

(今年度のスローガンということは、来年度もあるんだよねっ?きっと・・・)

                                                      【 文:川久保 】


アニマルセラピー

カテゴリー: 12時07分30秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 

 6月17日に今回も仙台の専門学校「アニマルインターカレッジ」の生徒さんに来園していただき、実習の一環としてふれあい活動を行っていただきました。

 ふれあい活動では、利用者の皆様の方から手を伸ばして迎える姿が伺えました。犬を膝の上に乗せて撫でている内に、気持ちよくなったのか犬がうとうとする場面があり「このままここで飼う」と、最後には利用者の方から別れを惜しむ声も聞こえてきました。

 今回も和やかな雰囲気でアニマルセラピーを行うことが出来ました。あっというまの時間でしたが、利用者の皆様に楽しい時間を過ごしていただけたと思います。

 アニマルインターカレッジのみなさん ありがとうございました。

 

アニマル2 アニマル1

   

【文:黒江】


2008年6月17日(火曜日)

【心機一転!】

カテゴリー: 13時30分46秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 万葉園のクラブ活動については、以前も御紹介しましたが、今年度は、パーテーション(ついたて)を用いて、“より一層クラブの雰囲気を出して行こう!”と大食堂の一角に固定スペースを設けました。

書クラ1 書クラ2

 

 パーテーションを使用すると言っても、全て隠れてしまうほどの大きさではなく、格子状になっているため、暗くもならず、ただ広い空間で行うより、集中できるようでした。

書クラ3

 参加された利用者さんも、いつもと違う雰囲気に気付き、「おっ! いいなぁ♡」と心機一転、書道を楽しまれていました。

          【文:鹿山】


2008年6月13日(金曜日)

こんにちは

カテゴリー: 12時40分42秒

     ■■福寿園デイサービスセンター■■■

5月・6月にかけて利用者さんと道の駅南相馬の見学に行っています。

道の駅は、全国に874箇所あり、南相馬市は去年出来たばかりで地域の特産物が数多く売られています。見学に行った利用者さんはとても喜ばれていました。

 道の駅道の駅見学

 

 

 

 

 

                                 【文:岩崎 千加】


2008年6月9日(月曜日)

【万葉園からこんにちは〈第11回〉】

カテゴリー: 18時14分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 本日6月9日は、グループホームたんぽぽ利用者の加藤サク様の101歳のお誕生日です。サク様のお祝いにと、施設長が見事なサツキの盆栽を持ってきてくださいました。たんぽぽ利用者の皆さんにもとても好評で、おはぎの昼食に加えて、サツキも華を添えてくれました。

盆栽1 盆栽2

 

盆栽3 酢酸

その他にも、施設長は見頃を迎えた鉢植えを施設内に次々と飾ってくださっています。花がきれいなのはもちろんですが、鉢や台にも施設長のこだわりを感じます。施設内に花があることで、利用者の方や職員同士の会話でも、話題に花がのぼることが多くなりました。これを機会に、万葉園の事業計画「うるおいとやすらぎのある生活環境の整備」をよりいっそう目指していきたいと思います。

           【事務員 但野】


2008年6月7日(土曜日)

年をとる

カテゴリー: 12時56分06秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

                        

 

 先日、わかばエリアで6月1日誕生日の方のお祝いをしました。

女性の方でしたが、お年を聞くと「78才」とずばり正解しておりました。

ふと、そんな姿を見てなんとなく自分の祖母を思い出しました。

 

自分の祖母は、年を聞くと

「じゅうさんななつ!」(たぶん13+7=二十歳ということ)

と亡くなるまで答えていました。

祖母なりのジョークだったのでしょうが

当時子供だった自分には、何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

 祖母のように年齢を気にする方もいれば、年月を重ねたことを誇らしげに

職員に教えてくださる方もいます。どんな人生がそこには詰まっているのか、

考えるととても興味がそそられてきます。

さてさて・・・・・

自分も年をとって「じゅうさんななつ!」と言い切る日が楽しみです。

                     【介護職員 舟山】


2008年6月5日(木曜日)

梅の香行事(4月、5月)

カテゴリー: 10時06分00秒

■■■特別養護老人ホーム 梅の香■■■

 

「五月行事 釣り堀」 

五月晴れの青空に、元気な鯉のぼりが泳いでいるのを見ると、何だか私も元気になれるような気になります。

 くしゃみに悩まされ、箱ティッシュが手放せなかった花粉症の時期も過ぎ、風の気持ち良い季節になりましたね!!

 さて梅の香では、5月12日に原町区にある釣り堀へ行って参りました。今回が釣り初体験の利用者の方も、釣り堀の方のご協力の下、釣りを楽しまれておりました。初めのうちは、普段から釣られ慣れている鯉に勝てず餌ばかりが池の底に沈んでいくばかりでしたが…1時間後には見事な大物を5匹も釣り上げ、帰る頃にはプロ並みの腕前に!!

 一方で、鯉に触れず、「ヒェ〜!!」と悲鳴をあげなから釣り針と戦った職員のことは、ここだけの秘密です。

 

 なにはともあれ、楽しいひと時でした☆

 つり0804-1 つり0804-2              

  

【文:只野】

 

「4月行事 お花見」

遅れましたが「お花見」の報告を。梅の香の桜も満開を迎えたころ、暖かい春の日差しの中、大悲山公園と小高神社のお花見に出掛けて来ました。途中車内から見える桜に「きれいだね」の声が。残念ながら大悲山公園は思ったより、満開ではありませんでしたが、桜の木の下に行くと、ほのかに桜の香りが漂ってきました。

 花見0804

【文:畑山】


2008年6月4日(水曜日)

【万葉園ボランティアの日】

カテゴリー: 11時17分12秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今日は、万葉園ボランティアの日がありました。以前もアップしたことがありますが、そう! 毎月第1火曜日に行われるイベントです!

 

万葉園ぼら

 

 今回は、大正琴、ハーモニカの他に、デジタルホーン、一五一合、プサルタリーを用いたプチ演奏会でした。(※一五一合、プサルタリーについての説明は、2007125日の『職員の日記』をご参照ください。)

 

 それにしても、万葉園ボランティアさんたちの芸達者なことと言ったら!! …もう脱帽です。

 

 毎月、楽器の演奏の他に、フラダンス、カラオケ、舞踊、レクダンス、などなど…。いつも楽しませていただいております。

 

 万葉園ボランティアのみなさま、これからもよろしくお願いいたします♪

            【文:鹿山】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ