メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2006年5月26日(金曜日)

【「万葉園」の名前の由来】

カテゴリー: 13時05分50秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 皐月も下旬になり、水無月の足音が聞こえてきました。今月に入って日照時間が少ないとの報道を聞き、今年は長梅雨になってしまうのかとひとり心配しています。梅雨といえばそろそろ梅が実を結ぶ時期です。今年は二年ぶりに梅酒を漬けてみようかと考えています。

 

 さて、本題に入ります。平成1412月に開設された万葉園も今年で足掛け5年目。いくつもの季節が万葉園をすぎて行きました。万葉園の周りは自然がいっぱいで、目に映るものがとても色鮮やかです。でも、その自然の美しさから、「万葉」園と名づけたわけではないのです。これは地元(南相馬市鹿島区)の方ならほぼご存知のことなのですが、日本最古の歌集と言われる『万葉集』から取られた名称なのです。

 

 『万葉集』に収められている、いくつもの歌の中に次のような歌があります。

 

 みちのくの 真野の萱原 遠けども 

     面影にして 見ゆというものを 笠郎女

 

 この歌の中にある「真野の萱原」が鹿島区の真野地区を指しているらしいのです(専門家でもないので断言はできませんが)。この歌一首を根拠としてこの鹿島区は「万葉の里」と名付けられました。そのため万葉園が建てられる前にいくつもの「万葉」を冠したお店なり、施設などが造られました。万葉園もその一つで、公募で施設の名前を募集し、この名前に決定したのです。

 

 これが私の知っている「万葉園」の名前の由来です。この「万葉園」の名前が、その名の由来である『万葉集』のように、広く、そして後世にまで伝えられるような施設になるよう努めていきたいと思います。

            【万葉園:高江】


2006年5月24日(水曜日)

食事会

カテゴリー: 19時38分33秒

■■■特別養護老人ホーム梅の香■■■

 

五月晴れの心地よい日が続いております。五月十二日、梅の香ではお食事会を開催しました☆お食事会は梅の香ひろば,せせらぎの庭,紅梅の庭で開催しました。当日はとても天気が良くまさにお食事会日和!(^▽^)ノ♪

お食事会ということで気になるメニューの方は、たけのこご飯,鰆のホイル焼,山菜の天ぷら(こしあぶら・たらの芽・まいたけ),お吸い物,フルーツヨーグルト,と多彩で、利用者の皆様、職員の方々はどの料理も「おいしい!」と笑顔で召し上がられていました。特に山菜の天ぷらは、こしあぶら,たらの芽と季節を感じ、気持ちもお腹もいっぱいになりました★本日は空の青さとたくさんの料理,そして利用者皆様の笑顔で、勤務ながらも清々しく過ごす事ができました。

 

                        【文:和田】


2006年5月22日(月曜日)

【相馬野馬追】

カテゴリー: 17時32分03秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園に来て周りの人々に支えられて、あっという間に3ヶ月がたちましたが、皆さんに迷惑かけっぱなしの毎日です。だんだん暑くなり私の大スキな野馬追いの時期が近づいてきました。(*^−^*)毎年前日はドキドキして夜も眠れないぐらいで(>_<)今年も見に行って利用者さんに野馬追いの話をしたいと思います。

                    【奥田 瑠美子】


2006年5月20日(土曜日)

【マイ☆ベイビ〜☆】

カテゴリー: 13時39分55秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

私たち夫婦の待望の第1子が産まれて早1年。猿顔だったのがだんだんと女の子の顔になって、今ではパパ似の可愛いお顔になりました。(笑)

 

いたずらも頭を使うようになり、怒るのも忘れて関心して見ています。子供の成長の早さには驚かされます。「大きくなったらパパにご飯作ってね」と旦那はいつも子供にチュ〜。料理上手で優しい女性になってね。でもしばらくはパパのチュ〜は続きそうだよ。 

                 【荒 里美】


2006年5月16日(火曜日)

菖蒲湯

カテゴリー: 16時46分32秒

■■■特別養護老人ホーム梅の香■■■ 

 

 「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」 青葉を渡る風もすがすがしい季節となりました。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?私はといいますと、子供の誕生を目前に、期待と不安が混じり合ったような複雑な気持ちで毎日を過ごしています。今、一番悩んでいるのが子供の名前です。名前は親から子供への最初のプレゼント。我が子の健やかな成長を願い、後悔しないようにつけたいです。

さて、梅の香では、端午の節句に利用者の皆様に季節感を味わって頂きたく、菖蒲湯を実施しました。

菖蒲とは、古くから邪気を払うものと言われ、端午の節句に軒に差したり、風呂に入れたりするものと聞かされました。利用者の中には、昔を懐かしむ方や菖蒲湯についての昔話を聞かせてくれた方もいらっしゃいました。

 今回は湯船に3本程度入れてみましたが、香りが少なく、もっとたくさん入れた方が良かったかなぁと思いましたが、利用者皆様に楽しんでいただけたのではないかと思っております。

               【文:原内】


2006年5月15日(月曜日)

伊関 育子

カテゴリー: 16時13分24秒

 みなさんこんにちは!! 四月に梅の香から福寿園に異動になり、2ヶ月が過ぎようとしています。二年前まで働いていた施設とはいえ、職員・利用者が殆ど変わっていたことには驚きました。今でも周りの方達に迷惑をかけながら頑張っています!!  

こちらでもユニットケアの良いところを、少しでも取り入れていけたらと思っています。時折、梅の香のみなさんが懐かしく思い出します。近いうちに遊びに行きたいと思っていますので待っていてください

                       【文:伊関育子】

 


2006年5月9日(火曜日)

夢の国へ

カテゴリー: 17時19分15秒

■■■特別養護老人ホーム梅の香■■■

 4/19家族で東京ディズ二ーランドへ日帰りで行ってきました。朝4時に出発。3歳の息子を寝たまま車に乗せたが起きてしまい「遠い所へ行くの?」と首をかしげ、高速道路を走ると息子はハイテンションになりウキウキワクワク\(^o^)4時間の道のりを一睡もせずに到着。早速、行動開始。息子の身長が10cm足りずにジェットコースターと名の付く乗り物には乗れず・・・しかしアトラクション12カ所制覇。午後になると息子はウトウト寝始め、しかしパレードの音楽で目が覚め、一緒になって踊ったりと♪帰りはモノレールで園内を1周し満足気分で帰りました。帰りの車の中では4時間爆睡。ミッキーと手をつないで踊っている夢でも見ているのでしょうか(*^^*)

                             【文:伊東】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ