メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
社会人半年を迎えて・・・はじめまして
21
駆け抜けた半年
22
23
紅葉ドライブチャーハン
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2017年11月23日(木曜日)

紅葉ドライブ

カテゴリー: 06時57分47秒

■■■グループホームたんぽぽ■■
 11月13日に鹿島区の寶蔵寺へご利用者と一緒に紅葉を見に行きました。
当日は晴天に恵まれ、風もなく、暖かな日で、お出かけ日和でした。
銀杏の葉は、すでにほとんど散っていましたが、楓は青い葉と紅葉が半々程で、赤い葉と池の水面や緑の葉がとてもきれいな対比になっていました。
ご利用者も落ちた葉を手に取ったり、本堂に向かって手を合わせるなど、思い思いに過され、楽しまれた様子でした。
【文:只野】


2017年11月20日(月曜日)

はじめまして

カテゴリー: 16時47分37秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■
 
5月からグループホームたんぽぽで働いております。小原と申します。
以前、働いておりました仕事とはまったく異なる介護職に就くのはとても不安でしたが、
職員の方は優しく丁寧に教えて下さり、そして、利用者の方から励ましの言葉を頂いたりして、自分なりに頑張っております。
7月から1人で業務を行うことは心配でしたが周りの方の十分なサポートがあり、なんとか介護職に就き半年が過ぎました。
まだまだ、分からないことばかりですので、皆様ご指導宜しくお願い致します。
また、利用者の方からたくさんのことを学び、良い介護職員になれるよう少しずつ成長していければいいなと思っております。

【文:小原】


社会人半年を迎えて・・・

カテゴリー: 16時42分28秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 
皆さん、こんにちは。
今年の4月から万葉園で介護職員として働いています渡部晃喜です。
 入社した当時は桜が咲いており、専門学校を卒業し社会人の1歩を踏み出す私を勇気づけてくれたのを覚えています。しかし、今はあまり太陽が顔を出さない夏が過ぎ去り、朝起きるのが辛いくらいの寒い日々が続く季節となりました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
 さて、上半期が終了し、緊張しまくりの入社当時よりも固さが抜け、ご利用者さまとゆっくりとお話しをしたり、職員の人たちと楽しく会話ができるようになりました。人見知りの私にとっての大きな成長にもなりました(笑)。本当に仕事が楽しく、充実した社会人生活を送っております。
また、プライベートでは学生時代では出入りできなかったお店でご飯を食べたり、遠くに出掛けたりと自分でお金を使うことの楽しさを味わうことが出来ています(笑)。
久しぶりに会う友人に近況報告などをすると「介護やっているのか‼」と驚かれ、「すごいな。」と言ってくれます。その言葉に私は光栄に思います。高校卒業後に「俺は保育士になるんだ」という夢を持ち、専門学校に入学。そして卒業を迎えた時に、介護実習などを体験し、それが「きっかけ」となり、介護の道に進むことを決めました。今となっては「あぁ、保育士になればよかった。」などは決して思いません。それは今が本当に楽しいからです。
 まだまだ半人前ではありますが、持ち前の元気さ、明るさで施設全体を明るくしていきます。様々なことに「挑戦」していき、立派な介護福祉士になりたいと思います。

【文:渡部(晃)】


2017年11月17日(金曜日)

早いもので

カテゴリー: 21時48分12秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 皆様はじめまして、5月1日より万葉園で介護職員として働かせていただくことになりました渡部と申します。早いもので現在約5か月になるのですが、まだまだ不慣れなところもあって、失敗をしたり、迷惑をかけたりすることが多々あるかと思います。初めて経験する特別養護老人ホームということもあり、はじめはとても不安でした。でも、信頼のおける先輩方や優しいスタッフの皆様のおかげで、今まで何とかやってこられたと思っております。
ご利用者様にもいろいろな方がおり、一括りに介護という仕事の中にも人はそれぞれ全然違い、一人ひとりに真摯に向き合い、その人に合ったニーズを満たしていかなければならないんだなと日々感じております。これからも介護についてもっと勉強をつづけて、いろいろな資格を取り、困っている人の役に立てるような人になるために頑張っていきたいと思っています。
                                                                          

  【文:渡部(毅)】


2017年3月20日(月曜日)

【誕生日】

カテゴリー: 07時08分31秒

■■■グループホームたんぽぽ

 ようやく日差しが暖かくなってきた今日この頃、もう3月、早いですよね。

私事ですけど、3月は私の誕生日の月なんです(また1つ歳とってしまう涙!)

グループホームたんぽぽでも3月に誕生日を迎える利用者の方が2名いらっしゃいます。

しかも・・・同じ日なんて、すごい偶然ですよね。

たんぽぽの誕生日会では、いつもケーキやプリン、ホットケーキなど作り、皆さんでお祝いしています。

(ご利用者にホイップクリームや果物の飾り付けをお願いしています)

今回も何を作るのか、今から楽しみです。

 

201703誕生会01   201703誕生会02

 

201703誕生会03

【佐 藤(由)】


2017年3月1日(水曜日)

【インフルエンザ予防】

カテゴリー: 11時24分40秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 ちまたではインフルエンザが猛威をふるっています。

今年、初めて利用者様がインフルエンザを発症し対応に追われました。うがい、手洗い、消毒、水分摂取、換気と出来る限りの対応を行い、幸い大事に至る事なく、現在は皆さんお元気に過ごされておられます。

まだまだ安心は出来ない現状、感染症を発症されないよう、出来る事を精一杯行い、毎日を元気に過ごして頂けたら、と思います。

 その為には、まず、私達職員が元気でなければいけません。常日頃より各自の体調管理を十分に行い、ご利用者が活気ある毎日を送れる様、心身ともに明るく元気に支援をしていきたいと思います。

【文:唯野】


2017年1月31日(火曜日)

【小正月飾り付け及び食事会】

カテゴリー: 13時35分25秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

  毎年恒例となりました小正月飾り付け及び食事会が、114日に開催されました。

グループホームたんぽぽ・グループホーム石神合同で、ご利用者のご家族・ボランティアの皆様と今年も盛大に行うことが出来ました。

 万葉園ボランティアさん達から、色とりどりの団子を丸めたり、ミズキに飾り付けをして頂くよう声かけをして頂くと、ご利用者全員が手を掛けられていました。

「昔、よくやったな〜」と話しながら昔を思い出す場面も見られ、綺麗に飾り付けをすることができました。

 

2017小正月01    2017小正月02

また昼食会ではボランティアの皆様や利用者ご家族と談笑され和やかに過ごされました。

 

2017小正月03

【文:石橋】


2016年12月28日(水曜日)

【還暦】

カテゴリー: 13時12分39秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

来年は還暦を迎えます。学校を卒業し就職・結婚し子供が出来て、孫が出来ていつの間にかこんな歳になりました。無我夢中で仕事を続けて来て身体もガタガタです。腰痛・膝痛あり、段差のあるところの大変さ、杖や手摺りの有り難さが身に染みて分かるようになりました。身体が直ぐに動けず、物忘れや直ぐに人の名前が出て来ない事もあり、利用者様の思いがよく分かります。優しい声掛けも嬉しいです。

あとどの位仕事が出来るか分からないですが、人の立場に立った声掛けや介助をして行きたいです。

【文:小野】


2016年11月19日(土曜日)

【芋煮会】

カテゴリー: 23時41分28秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 117日グループホーム石神と合同芋煮会を行いました。

いつもの職員の(見飽きた?)顔ぶれや、一緒に暮らしている人達との生活の中、他施設のご利用者や、職員の方達に来て頂くのはとても嬉しい様で、笑顔で会話されていました。

  秋刀魚やサツマイモは炭焼きとし、外で焼きました。今は炭で秋刀魚焼くなんてなかなか機会がないですものね。利用者さん喜んで手伝って下さいました。

 さて、焼いた秋刀魚やサツマイモを外で食べたいところですが、あいにくの寒さで、フロアでの会食となりました。それでも他に栗ご飯や豚汁など美味しいものがいっぱいで、「美味しいね」と皆さんお代わりされていました。利用者さん、秋刀魚の食べ方上手ですね。感心しました。

 

2016芋煮たんぽぽ01    2016芋煮たんぽぽ02


2016年11月14日(月曜日)

職員旅行

カテゴリー: 21時29分42秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 9月24日、25日の2日間、職員旅行で山形果物狩りツアーへ行ってきました。加茂水族館や川下り、ぶどう狩り等多くの場所を観光することになっていたのですが一番楽しみにしていたのが水族館でした。周りの人たちに話すと驚かれるのですが今まで水族館へ行ったことが一度もありませんでした。「水族館=子供が行く場所」との考えを持っていたからです。しかし、実際に行ってみると見たことのない種類の魚やクラゲが数多く展示されており、とても興味が湧きました。アシカのショーも面白く、大人でも十分楽しむことができ、水族館に対する考え方が変わりました。
 今回の職員旅行を通し、普段話す機会のあまりない他事業所の職員の方々と一緒に観光することで親しくなることができ、とても良い経験をすることが出来ました。

                            【文:今野】


2016年10月23日(日曜日)

【あきえ会】

カテゴリー: 19時40分33秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

 さる925日(日)南相馬市ゆめはっとで行われた、あきえ会の発表会に利用者4名と共に行って来ました。歌や踊りのお披露目会でしたが、日頃からの練習の成果とあってか、皆さんかなり力を入れているようでした。プロ並みのショーでもあり、利用者の方も楽しんでいたようで、お互い満足した1日を送らせて頂きました。

 途中、招待された御礼として、代表のあきえさんに、利用者から感謝の意を込めて、花束贈呈をさせて頂きました。あきえ会の皆様には、たんぽぽにも何度か来て頂き、交流を深めています。

 私も普段、発表会を見る機会など中々ありませんでしたので、ゆっくりと歌や踊りを見させて頂きました。大勢の中で堂々と披露する姿は素晴らしいと思いました。また、利用者の方も、舞台上で、代表で歌を唄えるなんて度胸があると感心しました。

                                             H16あきえ会

【文:佐藤】


2016年10月9日(日曜日)

敬老会

カテゴリー: 16時57分16秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 9月18日(日)に、万葉園・たんぽぽ合同の敬老会が開催されました。

 傘寿などに該当するご利用者に、施設長より賀状が授与されました。

2016.9敬老会01

 その後、新日本舞踊村井流 竜優季会様の踊りの慰問を楽しみました。

2016.9敬老会04  

 敬老会に華を添えて頂き、本当にありがとうございました。

 家族の方も何名か参加して頂き、一緒にお祝いできました。
 これからも、皆様が健康で長生きして頂けるようにお祈り致します。

                   2016.9敬老会02

                                 【文:松岡】


2016年9月30日(金曜日)

映画鑑賞

カテゴリー: 22時18分55秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■  

 先日、上映中で話題のアニメーション映画「君の名は。」を友人らと見に行きました。私はあまりアニメーション映画を見たことがなく、久しぶりの映画鑑賞ということで「どんなものかな」くらいの気持ちで見ていましたが、あまりにもリアルな映像美に見入ってしまいました。次第に作中の世界観に引きずり込まれ、様々な感情が押し寄せ、終わってみれば「感動」の一言。子供の頃では感じられなかった感動が込み上げ、所々で涙が浮かびました。 

 映画とは、時に自分の価値観や考え方を改めて深く考えさせられるものだと感じ、これを今後の生活に少しでも役立てていけたらなと思います。もう一度見てみたいと思った映画でもあり、今度はまた違った視点から楽しみたいと思います!                                                       

 

                                        【文:松永】


夏の野菜

カテゴリー: 22時16分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 現在、仮設住宅に住んでいますが、休日にお金のかからない趣味のようなことが出来ないかな?と思い巡らせていたところ、元々、実家で1年を通じて父の野菜作りの手伝いをしていたこともあったので、夏の野菜を作ってみよう!と実行に移すことにしました。

 しかし、仮設住宅では田畑がありません。そこでプランターで栽培をすることにしました。 

 最初はミニトマト・きゅうり・ゴーヤの3種類から初め、それから中玉トマト・白オクラ・ピーマン・パプリカ・ナスビ・オクラ・唐辛子・シシトウと合計11種類になりました。

 今では朝早く起きて、水やりと収穫をし、夕食の材料に使うようにしています。たまに、野菜に虫等がついていたりしますが、農薬を使えばと思いますが、仮設住宅に住んでいるということもあり農薬を嫌う方もおられるので、無農薬で栽培しています。身体にも良いし、野菜本来の美味しさが楽しめます。 

 今度は冬の野菜に挑戦してみようと思います。  

                                             【文:爲定】                      


2016年9月16日(金曜日)

【はじめまして】

カテゴリー: 22時52分19秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

 先月8月1日にグル−プホ−ムたんぽぽに入職しました佐藤と申します。

今回、千葉県浦安市から引っ越して来ました。

ちなみに実家は福島市内です。

入職して1ヶ月が経過し、利用者さんの支援の力になれるよう日々奮闘しています。

グル−プホ−ムたんぽぽにおいては料理作りがある為、悪戦苦闘しています。

まだまだ未熟な点が多いと思いますのでこれからもご指導の程宜しくお願いします。

【文:佐藤】


野馬追騎馬隊来園・流山踊り見学

カテゴリー: 02時02分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

  7月23日(土)万葉園にて、騎馬隊来園・相馬流山踊りを見学させていただきました。

                     2016.7野馬追03

   2016.7野馬追02   2016.7野馬追05  

 今年はまだ梅雨明けせず天気が心配でしたが、雨も降ることなく曇り空で涼しく、熱中症などの救急対応者を出すことなく見学することができました。

 とても勇ましい迫力ある騎馬武者の姿には、拍手をされながら、「うわぁー!」と歓喜の声を出され喜ばれており、流山踊りでは涙を見せる利用者も… 今年も皆さんにとって良い思い出が出来たと思います。

 又、来年楽しみに待っています!    

                                            【文:深澤】                                           


言葉の大切さ

カテゴリー: 01時59分08秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

  言葉には、たくさんの意味や大切なことが込められています。

 13歳の時に娘が入院した時、看護師さんに教えて頂いたことがあります。娘が長期に入院し、辛い治療をしている時は、我が娘を見ていることしか出来ず、毎日自分を責めることしか考えられない絶望の日々を送っていました。

 入院して何か月か過ぎ、心身共に疲れてきた時、担当の看護師さんが“手当て”という言葉について話してくれました。「今の娘さんへの手当ては、お母さんの“手”が一番のお薬です。痛いと言われたらその手で触れてあげて下さい。治療が終わったら、頑張ったねと頭を撫でてあげて下さい。」と教えて頂きました。

 その言葉を聞いた瞬間から、ほっとした自分がいました。

 今、介護という仕事に就き、いろいろ大切なことはありますが、私の中で心がけていることは“手当て”です。いろいろなことができる“手”が1番大切だと思います。

 これからも、“手”に感謝して頑張りたいと思います。それと、今はすっかり元気になった娘としっかり“手”を繋いで生きていきたいと思っています。  

                                     【文:佐藤(由)】


カテゴリー: 01時56分06秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

  白い砂浜!青い海!

 今夏は震災後初の海開きをした七ヶ浜の菖蒲田に行ってきました。周辺の道路や建物も整備され、家族連れやカップルなどたくさんの人で賑わっていました。私も震災後初めて海に入り、地元の海に入っていた頃の懐かしい記憶が蘇りました。

 今年で震災から6年目。

 徐々に東北各地で復興が進んでいる事を肌で感じ取る事が出来たので、私も毎日の仕事を通して地元に少しでも貢献できたらと思います。

 

 PS.海を満喫した代償に日焼けが大変だったので、次回は日焼け対策をしようと心に決めました。                  

                                         【文:佐々木】


2016年9月4日(日曜日)

【納涼祭を終えて】

カテゴリー: 20時23分43秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

 施設恒例の納涼祭が20日に開催されました。台風と重なり、施設内での開催になりましたが、ボランティアの皆様の協力で万葉太鼓や吹奏楽部の演奏を楽しまれた様子です。

また、盆踊りの輪に参加され、身振り手振りを交えて踊られる様子は嬉しそうでした。最後のクライマックスの花火は、外で観戦できて「綺麗だね〜」と大変喜ばれておられました。

まだまだ厳しい残暑が続きますが、職員一同、体調管理に注意し、利用者様が楽しく生活して頂けるよう、お手伝いをして行きたいと思います。

 

2016納涼祭たんぽぽ01   2016納涼祭たんぽぽ02

 

【文:唯野】

 


2016年8月13日(土曜日)

道の駅から

カテゴリー: 22時46分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

自宅から職場である万葉園へは車で40分くらいかかる道のりを走っていますが、途中、未来本陣SOMA(道の駅そうまの愛称)を毎回休憩拠点として利用しています。
道の駅(みちのえき)とは、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設で、道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持つものを言うそうで、その数は全国に1,093箇所登録されているそうです(2016年5月10日現在)。
道の駅そうまは、2002年(平成14年)8月13日に登録され、福島県内28箇所登録されているうちの1つだそうです。
ちなみに福寿園から国道6号線を挟んで「道の駅南相馬」がありますが、2007年8月に道の駅に登録されたそうです。
若かりし頃、学校の卒業記念旅行をしようと思案し、思い切って往復航空券のみの欧州周遊を選んだことで、それが高じて、仕事とプライベートで様々な国を訪問する機会を持ちましたが、必ず寄ってみたくなるところが市場と駅です。
なぜならその土地で生活を営む人が集う場所、また、地元以外の人も行き交う場所。
その国々の“いろ”があり非常に活気を持った魅力的に感じる場所だからです。
時間など気にせずに人の流れを眺めていても飽きることはありません。道の駅もそんな場所のひとつだと感じます。長距離輸送用トラック、ダンプカー、工事関係車両、ファミリーカー、スポーツタイプ車、キャンピングカーetc. 停まっている車を一見するだけでも、想像の翼が広がっていきます。
そんなことを考えながら、国道6号線を毎日安全運転で走行しています。  
                                            【文:玉腰】


夏を迎えて

カテゴリー: 22時45分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 
7月に入りようやく夏らしくなってきました。
そんな中、テレビや新聞等で相馬野馬追の話題が出るようになりました。
ご利用者の中にも「もうすぐ野馬追だな」と話されている方もいて、季節感を感じている様子です。
私も小さい頃はよく、野馬追行列を見学しましたが、最近は殆ど見る機会もなくなりました。
7月23日には、万葉園にも騎馬隊が来られるとのことで、利用者も大変楽しみにされているので、いい思い出にして頂きたいと思います。
南相馬市復興のためにも、野馬追が盛り上げることを期待します。
また、8月には、恒例の納涼祭が予定されております。
職員は準備などに追われ忙しくなりますが、ご利用者に楽しんで頂ける様に頑張っていきたいと思います。
夏は行事が目白押しですが、体調管理をしっかりとして、暑い夏を乗り切ってっていきたいと思います。

                                           【文:松岡】


元気の源です♪

カテゴリー: 22時44分30秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 先日、「じゅらくよーん」でお馴染みの飯坂温泉に行ってきました。
三人の娘、孫娘、母、そして私。6人全て女子!!梅雨時期ですが天気にも恵まれ眩しい青空。
まるで女子会のノリで、出掛けて間もなく、朝から霊山のアイスクリームを食べ、四季の里では硝子細工作りや遊歩道を歩き森林浴。ホテルに着くと数種類の温泉に入り、その後カラオケ熱唱。
食事は朝晩バイキングでお腹がはち切れるくらい食べ、帰りにはさくらんぼ狩りで、またまた食べ放題と、お腹も、心も、満たされた二日間の良い旅行となりました。
 「小さい頃は、私がいないと何もできなかったのになぁー」と、子供達の成長、元気な姿そして笑顔を見ていると、とても幸せな気持ちになります。
成長した子供達と一緒にショッピングやライブに出掛けたりと、行動を共にし笑っていられる、今、とても楽しくて仕方がないです。私の元気の源ですね!
 さぁ、明日からも元気に笑顔で仕事がんばるぞー!!

                                         【文:佐藤(恵)】


もうすぐ夏なのに・・・

カテゴリー: 22時36分35秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

梅雨も後半!

梅雨時は、気温の変化が大きくて健康管理が大変です。この梅雨が明ければ夏本番です。
子供達はいよいよ夏休み!
楽しみのはずなのに…
長男は、中学3年生!
受験前だからなのか?
思春期?
今親に反抗期中で、悪戦苦闘の毎日です。子育てって難しい〜(涙)。
でも、まだ下の子たちがおとなしいので、家事育児と仕事を上手に両立し頑張りたいと思います。

                                        【文:佐藤(久)】


2016年7月6日(水曜日)

【七夕】

カテゴリー: 17時25分36秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

 77日は、七夕「たなばた」または「しちせき」とも読まれるそうです。

日本のお祭り行事で、五節句のひとつなんだそうです。

毎年、たんぽぽでもご利用者と職員が一緒に折り紙などで、いろいろな七夕飾りを作成し、色鮮やかに飾り付けを行います。

短冊には、それぞれ願い事を書き、星に祈りながら笹の葉に吊るしました。

「どうか、たんぽぽご利用者の願い事が叶えられますように!」

【文:石橋】


2016年6月18日(土曜日)

【平成28年7月12日】

カテゴリー: 20時32分58秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 初夏の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、タイトルの日付ですが、南相馬市の避難指示が解除されるようです。解除されるからといって何が変わるわけでも、震災前に戻るわけでもないと思いますが。

私といえば長期宿泊やら準備宿泊やらで、去年からほぼ実家のある小高区で生活しております。コンビニすらない状況ですが、人もまばらで町の明かりも少ない分、夜空の色は濃く、もうじき天の川も見えるかもしれませんね。不便なことは上げればきりがないものの、やはり生まれ育った町は落ち着くもので、意外なほど快適に生活させてもらっています。これから先に小高区がどう変わるかは分かりませんが、今日も小高へ帰ろうと思います。

【文:鈴木】


2016年6月3日(金曜日)

【マッサージボランティア】

カテゴリー: 16時17分09秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

 529日、東京からマッサージ師の方々がボランティアでたんぽぽに来て下さいました。

 震災後から、継続して南相馬市でボランティア参加をされているとの事で、今回で何と29回目だそうです。今回は全部で5名のマッサージ師の方が南相馬市に来て、そのうち2名の方がたんぽぽで、その他の方々は近隣の仮設住宅などで施術して下さいました。

施術されたご利用者たちは、「気持ち良かったよ」と喜ばれたり、そのまま眠ってしまうなど、プロの技に酔いしれていたようでした。

 東日本大震災後5年余りが過ぎましたが、今回の様に、多くのボランティアさんに来て頂けることを大変ありがたく、心強く感じています。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

7月にようやく小高区も避難解除となり、一部の帰還困難区域を除けば、南相馬市全域で復興に向けて取り組めるようになりました。もちろん避難解除になったからと言って、すべてが以前の通りになるには長い時間がかかると思います。今後も、一歩一歩、自分たちで出来る事を精一杯頑張って行こうと思いますので、宜しくお願いします。

【文:只野】


2016年4月24日(日曜日)

【異動となって】

カテゴリー: 20時10分56秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 

 新緑が目にまぶしいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は4月から、特別養護老人ホーム万葉園からグループホームたんポぽへ異動となりました。東日本大震災後、5年弱お世話になった万葉園では様々な経験、思い出を頂きましたが、新しい職場でも様々な経験を重ねていけたら、と思います。

 たんぽぽと万葉園とは、隣り合っていることもあり、5月の運動会などの一部の行事を合同で行っています。前年度はたんぽぽが優勝しました。今年も怪我の無いよう、そして楽しんで頂ける様、準備しているところです。

 新しい職場となり、戸惑ったり、覚えることも多いですが、頑張って行きたいと思います。宜しくお願いします。

【文:只野】


2016年4月5日(火曜日)

年度末ですね

カテゴリー: 11時41分25秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 この時期、私は仕事の整理や引き継ぎ、そして新年度を迎える準備で一日が慌ただしく、落ち着かない日が続いていますが、きっと皆さんも同じ状況かと思います。

 そんな最中ではあるのですが、先日、私用で山形県へ行ってきました。天候は、まだ3月中旬であるにも関わらず、最高気温がなんと21度と・・やはり異常気象なのでしょうね、暑すぎるわ、花粉は飛ぶわで大変ではありましたが、とてもいい息抜きになった反面、色々と思い出しました。

  山形県は5年弱ぶりでした。震災後、山形県の20か所の施設が利用者を受入れて下さり、私を含め3人の職員が2班に分かれ、受入れ施設へご挨拶に伺った以来でした。

あの時に車で走った道や周辺の街並みを通りかかった時、その時のことを思い出しました。きっと受入れて下さった施設では、通常の勤務に加え地震での被害もあり、とても大変な状況だったはずだったと思います。それなのに私たち施設の利用者を受入れ、介護をして下さった施設の方々は、私たちを温かく迎えて下さり、元気づけて下さったことは今でも忘れられません。そんなことを思い出しながら山形県から帰って来ました。

  あれから5年、5年という月日が長いのか短いのかは人それぞれの感じ方ですが、私にとっては、「あっという間の5年、そして色々と意味のあった5年」ですかね。利用者との再会もあり別れもありましたし、憤りやもどかしさもありましたが、1,000年に1度の天災に遭遇し、生き残ったことにはきっと何か意味があるだろうと思い、今後も健康で周囲の人達に感謝しながら、マイペースで楽しい時間を過ごすようにしたいと思っています。 震災後のスローガンみたいに・・・

「心を一つに!明日に向かって 一歩一歩前に進もう!」ですね。

【副施設長:山田裕子 】


2016年3月25日(金曜日)

【5か月経って】

カテゴリー: 16時12分21秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 早いもので私が万葉園のユニットに入職してから3月で5ヶ月が経ちました。以前は病院に勤務しており、同じ介護職員という立場でしたが、介護施設と医療施設では、異なる点も多く少し不安な部分もありました。

また、以前との違いとしては、病院では医療的な部分を意識した介護を行っていましたが、こちらでは利用者様と家庭的な、身近で親しみのある関わり合いができる所なんだなぁ、と感じました。

例えば、行事で利用者様と同じテーブルを囲んで食事をしたり、楽しい時間を共有できる場が多いところです。

毎月の行事は楽しい物ですが、悩みながら企画を考えることは大変です。でも利用者様の喜ばれる顔や楽しまれる姿を見ていると頑張って喜ばれる内容を考えよう、と思えてきます。他にもまだまだ不慣れなこともありますが1つ1つ覚えていこうと思います。

今、ユニットでは桜の咲くころにお花見を企画しているのでそれがとても楽しみです。

 

 

 

2016.3【5か月経って】

【文:中島恭子】


【チョコレートフォンデュ】

カテゴリー: 16時03分43秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

2月14日、ご利用者にもバレンタインデーの気分を味わっていただこうと、チョコレートフォンデュを行いました。

チョコレートの湯煎は、ご利用者もはりきってお手伝いしてくださいました。

果物やスポンジケーキに、チョコをつけながら食べるのが珍しい、と話され、とても楽しんでいただけた様子でした。

 

2016チョコフォンデュ01  2016チョコレートフォンデュ02

【文:佐藤】


南相馬福祉会に入職し1年2か月が経過して

カテゴリー: 14時16分14秒

■■■グループホームたんぽぽ■■
 南相馬福祉会に入職し、グループホームたんぽぽに配属になって、1年2か月が経過しました。4月から万葉園に異動ということで、最初は驚きの面もありました。
 たんぽぽでは、最初は苦手で嫌だった料理も、皆さんのおかげで、料理の楽しさも実感できたと思います。また、グループホームの役割も学べたと思います。
 今後は、併設の施設とはいえ、業務は全く違うので、覚えることも沢山ありますが、まずは、利用者様と関わりを多く持ち、一生懸命頑張っていきたいと思います。
 今後とも宜しくお願いします。

【文:松岡 秀典】


2016年3月9日(水曜日)

【節分】

カテゴリー: 16時22分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 23日、万葉園にて節分・豆まきが行われました。

 鬼の衣装を着た男性職員が各エリアを回り、利用者様は「鬼は外!福は内ー!」と元気に豆を投げられていました。豆をまいた後は利用者様と鬼で一緒に写真を撮る等して過ごされ、利用者様の笑顔が溢れる一日となりました。

 今年も利用者様、職員の皆様にたくさんの福が訪れたらと思います。

2016節分01  2016節分02

【文:松永 崇弘】


【神楽】

カテゴリー: 16時13分44秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 平成28110日、毎年恒例の氷川神社神楽保存会による神楽舞が万葉園に来て下さいました。

 神楽舞が踊られるようになってから、利用者様からは、「また神楽くんだべ」「いつくんだ」「どこから来んだ」等待ち遠しい声が聞かれていました。

 神楽舞の太鼓の音が聞こえ始めると、やや会場が静かになり、神楽舞を待つ利用者様の期待の空気が流れ始めました。神楽舞が始まり、静かに舞い始め、後半になるにつれて荒々しく踊る様子を見入っている様子でした。

 最後に、神楽が利用者様の頭を噛むシーンでは、両手を合わされ、悪魔祓いをされる様子が印象的でした。

 また、来年も悪魔祓いの為に来園して頂きたいと思います。

2016神楽01 2016神楽01

【文:高玉雅利】


2016年2月15日(月曜日)

【新年会】

カテゴリー: 20時04分34秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  今年も117日(日)に万葉園にて新年会が行われました。

今年は、初めて責任者・司会を務める事になり、例年にはない新しい催し物を行なおうと思い、職員・ご家族・利用者が一画一画を繋ぎ合わせ一文字を完成させる、書初めを計画しました。それに伴い、準備物やタイムスケジュールの設定等、大変な事も色々ありましたが、担当職員アイディアを出し合い試行錯誤する事により、無事決行する事が出来ました。書初めの他にも、紅梅民舞会の方々による踊りや、餅つきといった催し物もご家族・利用者共に楽しまれていました。

今年も数多くのご家族に参加して頂きましたが、職員が臨機応変に対応されスムーズに会食へと移ることが出来ました。職員含め全員が食事を堪能されながら、ゆっくりと談話することが出来、和気あいあいと過ごされていました。

今年も皆様が健康で過ごせるように、また、来年も皆様と楽しい新年会に出来たらと思います。

 

2016新年会01  2016新年会02

 

2016新年会03

 

【佐々木 翔吾】


【ユニット開設して】

カテゴリー: 19時57分13秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園

 

 11月からユニットが開設して、『既存の厨房で果たしてどこまで出来るのか?いやでも、やるしかないのだ!』と思いながら早3カ月が過ぎました。常連の方には顔を覚えてもらい『美味しく食べているよ』との声も頂けるようになりました。

 今までは長期入所で入退院が無ければほぼ固定人数でしたが、今は毎朝人数確認から始まります。ここ最近そのペースにも慣れつつありますが、まだ何となくバタバタしています。もう少し落ち着いたら食べる話を軸にして、利用者さんとの会話を広げられたらなあと思います。

【文:栄養士 池田 】


2016年2月13日(土曜日)

豆まき

カテゴリー: 08時42分16秒

■■■グループホームたんぽぽ■■


  
2月3日は節分ですね。午後からなのに、利用者さん朝からワクワク。
早く豆まきしたいね。
待ちくたびれた頃、赤鬼さん・青鬼さんに扮した職員登場!「鬼は外!福は内!かな」
「福は内!鬼は外!かな」まぁいいやとさっそく豆まき開始。でも豆を投げるというよりは、鬼に豆をぶつけている感じでしたよ。

H28 節分 H28 節分

 

【文:岡田】


2016年2月6日(土曜日)

【寒くなりましたね】

カテゴリー: 22時52分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園に入職して、約1年5か月立ちますが、毎日先輩方達とご利用者に教わりながら日々勉強させて頂いております。

 今年初めは暖冬でしたが、急に寒くなりインフルエンザや胃腸炎が流行する季節になりました。「うがい・手洗い・マスク着用」体調に気をつけ、仕事をして行きたいと思います。

【文:斎藤(晴)】


2016年1月26日(火曜日)

【明けましておめでとうございます】

カテゴリー: 10時11分03秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 新年明けましておめでとうございます。去年の8月に9年間勤めた職場を退職し、9月から万葉園で働き始め4か月が経ちました。これまでは介護老人保健施設で働いており、今回初めての特別養護老人ホーム、初めてのユニットケアと戸惑うことも少なくないですが、諸先輩方より日々多くの事を学び、自分なりに考え11日を過ごしています。

さて今年のお正月ですが、岩沼の『竹駒神社』へ初詣に行ってきました。去年に続き今回で2回目なのですが、人の多さにびっくり!お昼過ぎに行った時には神社の外にも長蛇の列…。1時間近く並びましたが、出店も多く食べながら並んでいたらあっという間でした。

せっかくなので写真を載せようかと思っていたのですが、うっかりカメラを忘れ……。また来年も行きたいと思います!

【文:舘野 勇介】


【今年も笑顔で!!】

カテゴリー: 10時06分55秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 あけましておめでとうございます。今年も家族揃って竹駒神社へ初詣に行ってきました。

 「健康で明るく笑顔で過ごせます様に・・・」毎年願う事ですが、家族が元気でいてくれるからこそ家庭を任せ仕事に専念できています。

 万葉園に入職して早いもので1年半となります。初めは業務等を覚えるのに必死でメモを取りながらの日々でしたが、先輩職員のアドバイスや利用者様の「ありがとう」の言葉に、毎日が笑顔でそして楽しく仕事ができています。

 これからも、利用者様が穏やかな気持ちで過ごせる様に、介護技術の向上と笑顔と感謝の心を忘れず、仕事を続けていきたいと思います。

                                 【文:佐藤 恵美子】


2016年1月21日(木曜日)

小正月及び食事会

カテゴリー: 17時08分00秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 1月15日にたんぽぽにて、毎年恒例の小正月の飾りつけをグループホームたんぽぽ・石神のご利用者やご家族・ボランティアの皆様も来てくださり約40名と盛大に行うことが出来ました。
ボランティアの皆様が中心となって行い、ご利用者も団子を丸めたりミズキの木に飾りつけを楽しまれ、ご利用者からも「もっと上の方につけたら?」等の意見を頂きながら行います。

H27 小正月 H27 小正月

その後は、万葉園の大食堂に移動しおにぎりやサンドイッチ等を食べながら「美味しいね」などと談笑され楽しい時間を過ごすことが出来ました。

H27 小正月 H27 小正月

【文:菊池 彩菜】


2016年1月14日(木曜日)

【新年】

カテゴリー: 16時05分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

新年あけましておめでとうございます!

平成28年新しい年が始まりました。ふと昨年の今頃を振り返ると「あ〜また1年がはじまった。12月まで長いなぁ〜」と感じていたものの、毎日家事育児、仕事に追われ過ぎてみれば怒涛のごとくあっという間に過ぎ去りました。

今年も今は先を見れば長く感じますが、日々利用者様に楽しんで頂けるよう、家事育児と仕事を上手に両立し頑張りたいと思います。

【文:佐藤(久)】


【クリスマス会〜サンタ登場〜】

カテゴリー: 15時50分47秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

・・・ホワイトクリスマス・・・

誰もがロマンチックな雪が舞うクリスマスを期待しますが、今年の12月25日は幸か不幸か晴天に恵まれたおかげで、グリーンランド国際サンタクロース教会非公認のサンタクロースのおじさんも、途中道に迷うことなく無事に万葉園にやって来ました。利用者の方々へのプレゼントが入った大きな白い袋を携えて・・。

 今年の万葉園のクリスマス会は、サンタさんの登場の後、ババロアとパンケーキに利用者の方々と職員が協力し合ってホイップクリームなどを使ってデコレーションを施し、おいしそうなデザートを作り上げました。

どこからともなく「ポン!」「シュ〜」という心地よい音が・・。そうそうシャンメリーの栓を抜いた音です。

ご利用者の方々は、コップに注がれたシャンメリーを美味しそうに飲みながら、デザートのババロアやパンケーキをうれしそうに口に運んでいました。

最後には、サンタさんから一人ひとりにプレゼントが配られ、みなさん名残惜しそうに大食堂から各エリアに戻って行かれました。

さて、来年もサンタさんは来るのかな?お楽しみに。

2015クリスマス会01 2015クリスマス会02

 

2015クリスマス会03 2015クリスマス会04

 

【文:介護職員 玉腰広昭】


2016年1月6日(水曜日)

【12月】

カテゴリー: 16時13分30秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 こんにちは。 毎日忙しくバタバタと仕事と家事をこなし、職場でふと気づけばフロアの壁にはクリスマス飾りや外の中庭にはイルミネーションが輝き、早いもので12月も半月が過ぎました。 利用者様は、クリスマスより「もう少しで年越しだな」と話され、年を越せば新たな1年のスタートと同時にまた1つ、利用者様も私も歳をとるんだなぁと、切なくなります。 でも、毎日利用者様の笑顔で来年も頑張ろうと思う、今日この頃でした。

                                         【文:高橋まり子】


2015年12月29日(火曜日)

誕生会&クリスマス会

カテゴリー: 09時22分51秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 1225日、利用者さんの誕生会を兼ねたクリスマス会を行いました。

クリスマスが誕生日という方はちょっぴり損する感じでしょうか?

でも覚えていてもらえるという事でそれもOKかな。

まず、ケーキを作ります。スポンジ台に生クリームや果物をトッピングします。

まぁおいしそうだこと!完成まで待ちきれず、フライイングして食べちゃった方も。

(誰とは言いませんよ)

ケーキが完成したところで、皆さんでハッピーバースディを歌い祝福、ケーキやお菓子を頂きました。

 さて、昨日と今日はクリスマスでサンタさんはプレゼント配りに大忙し。

たんぽぽにも来て頂けるかしらと思い始めた頃、サンタさん登場。

利用者さん、プレゼントを頂いてにっこり笑顔の花・花…

 その後、カラオケを歌われる方もいてゆったりと過ごしました。

H27 クリスマス会H27 クリスマス会

H27 クリスマス会

【文:岡田ゆかり】

 


2015年12月18日(金曜日)

【入職して2ヶ月です】

カテゴリー: 19時57分01秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園

 

 11月に入職し2か月経ちました。ユニットの立ち上げということで、ご利用者の顔や特徴を覚える事に新鮮さと大変さを感じつつ、手さぐりで毎日を過ごしています。

11月は子供の肺炎での入院で仲間職員に大変ご迷惑かけました。今の時期はインフルエンザやノロウイルス、子供のいるご家庭ではマイコプラズマ等が流行っているようですので皆様、健康面には注意してください。帰宅後の手洗い・うがい、人ごみの場所でのマスク着用は大事ですね。

【文:岡田 啓介】


【紅葉狩り】

カテゴリー: 19時47分54秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 今年も、毎年恒例の紅葉を見に行ってきました。鹿島区にある、宝蔵寺というお寺なのですが、毎年見事に紅葉したもみじや、銀杏などがとてもきれいな所です。

 今年は紅葉の時期が1〜2週間早く、見に行った時にはだいぶ葉が落ちていましたが、見に行った利用者様は皆さん楽しそうに見ておられました。

 さらに、この宝蔵寺さんの駐車場には桜の木があるのですが、秋口に少し開花しているのです。紅葉と桜の両方を見て楽しめたようで、「桜が咲いてるぞ」と喜んでおられました。

来年も時期を見ながら見にきたいと思います。

 2015紅葉ドライブ01   ←ちょっと小さいですが…桜です。

  2015紅葉ドライブ02    2015紅葉ドライブ03

【文:大門武史】


2015年12月9日(水曜日)

【一年を振り返って】

カテゴリー: 20時09分38秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  今年もあと一か月で新年を迎えます。皆様にはどんな一年でしたでしょうか。雨が降る毎に冷たくなり、雪に変わる日も遠くないでしょうね。

私も万葉園にお世話になり11年を迎えました。その間には色々とありましたが、悲しみも喜びも大変な事も仲間がいたから乗り越えられたと感じています。

実生活でも義父、義母の介護が今後控えていますが、ここでの経験を活かしもうひと踏ん張りです。今年は、嬉しい事もありました。待望の初孫が生まれました。「生まれて来てくれてありがとう」と心からそう思えました。孫の為にも元気なばあばでいられるよう健康を気にしながら頑張ろうと思いました。

【文:岡崎恵美子】


【もうすぐクリスマス】

カテゴリー: 20時07分19秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  いよいよ12月に入り、2015年も暮れようとしています。年末ということで仕事も色々と忙しくなると思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。風邪を引かない様、体調に注意してお過ごしください。

 クリスマスということで、毎年恒例のイルミネーションの飾りつけを行いました。11月中から少しずつ飾り付け、さる1124日から点灯を開始しました。17時頃〜21時頃まで点灯していますので、お近くに立ち寄った際にはご覧になって行ってください。

 また、施設内でもクリスマスの飾り付けを行い、利用者様方にも雰囲気を感じて頂いております。飾りつけを手伝って下さる利用者様もいらっしゃり、色々とこだわって飾りつけを楽しんでおられました。

他の利用者様も、クリスマスツリーや中庭で点灯しているイルミネーションのサンタクロースを見て、「きれいだな」と目を細めて見てくださっていました。

 クリスマスに皆様に幸運が訪れますように…

2015イルミネーション01  2015イルミネーション02 

2015イルミネーション03  2015イルミネーション04

【文:只野達生】


2015年11月19日(木曜日)

食欲の秋 芋煮会

カテゴリー: 12時48分06秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 11月2日にたんぽぽ恒例の芋煮会を行いました。その日はどしゃ降り(>_<)
 前日はとてもいい天気だったのに、青空の下で楽しく豚汁や秋刀魚を焼いて
楽しむはずが・・・それでも通路口で秋刀魚やさつまいもを焼き、職員、利用者様と
共に楽しい一時を過ごしました。来年こそは晴れますように。

H27 芋煮会 H27 芋煮会

H27 芋煮会 H27 芋煮会

【文:唯野】


2015年11月18日(水曜日)

【芸術祭】

カテゴリー: 17時15分08秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

112日(日)から1115日(日)の間、「万葉園・たんぽぽ芸術祭」が開催されました。

利用者様・ご家族・職員・ボランティアの方々から作品を出品して頂き、たくさんの作品を展示することができました。

ご家族、利用者様が「上手だね」「綺麗だね」等とお話しながら作品を観賞されていました。

来年もたくさんの作品を展示し、素晴らしい芸術祭を開催したいです。

 

2015芸術祭01  2015芸術祭02

 

2015芸術祭03

 

 

                                                          【文:今野 翼】


2015年11月16日(月曜日)

【秋の実り】

カテゴリー: 16時30分30秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

朝晩と冷え込む季節になって参りました。

万葉園の中庭に小さな柿の木があり、少しずつ実が大きくなっていくのを利用者さん達は毎日楽しみに観察していました。掌ほどの大きさになり、しっかり熟れた所で利用者さんが収穫してくださいました。

全部で5個の綺麗な柿を、食べるのが勿体ないということで、しばらくは飾って皆さんに見ていただきました。後日、おやつの時間に切ってお出しすると「甘くておいしい」ととても喜ばれていました。

 夏には枇杷、秋には柿、万葉園の中庭は楽しみが詰まっています。

【文:佐藤】


2015年11月13日(金曜日)

【研修に行って】

カテゴリー: 23時42分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  先月の26日、27日と1泊2日で介護職員4年未満研修に参加しました。研修では他施設の職員の方々とグループになり、これからの高齢者ケアについてや、この施設では利用者の方にこういったケアをしている、日常生活の中で、利用者の方にとってこうったことが出来ていない等の意見交換をしました。同じような事をしていたり、自分が働いている施設ではしていない対応等があり、とても参考になりました。

また、他施設職員と交流し、参考になることもありました。今回の研修で学んだ事、感じた事をこれからの利用者ケアに役立てていきたいと思いました。

【文:佐藤真希子】


【ユニット開設式典】

カテゴリー: 23時37分44秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  10月27日、鹿島の歴史民俗資料館跡に建設しておりました、ユニット型小規模介護福祉施設の開設式典が、桜井市長始め、多くの方にお越しいただき、厳粛かつ厳かに執り行われました。

  9月から万葉園のユニット棟に配属となり、約二ヶ月いろいろな方のお力をお借りしながら準備を進めてまいりましたが、やっとこの日を迎えられたこと、大変嬉しく思うと同時に、大きなプレッシャーも感じています。

  11月1日からはショートステイの方の受け入れが始まりましたが、どうしたら利用者様に穏やかに過ごしていただけるか、少しずつ考えながら頑張っていきたいと思います。

  まだまだ始まったばかりで不慣れな部分も多くあり、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、ユニット職員一丸となって頑張っていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 

2015開所式  2015開所式01

2015開所式02

【文:大槻美和】


2015年10月30日(金曜日)

【芋煮会】

カテゴリー: 18時10分47秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 1016日に、万葉園大食堂にて芋煮会を開催しました。毎年行っている行事ですが、利用者様の普段はあまり見られない表情を見ることができ、新しい発見があります。

 個人的に、以前山形市内で暮らしていたことがあるので、芋煮、と言うと川のそばでとても大きな鍋で作る物、と言うイメージがあります。毎年、テレビでもニュースになりますが、山形で『日本一の芋煮会』が開催され、人間が何人も入れるような鉄鍋で重機を使って材料を投入して作っていました。山形にいた時に何度か見に行きましたが、老若男女問わず、たくさんの人が河川敷に座り、景色を眺めながら楽しそうに過ごしていたのを覚えています。

 万葉園での芋煮会は、河川敷には出られませんでしたが、材料を切ったり、鍋に入れたりと料理にも参加され、楽しまれていました。食事の後は、歌を歌う方もいらっしゃり、くつろいだ雰囲気の中で過ごしていただけました。

来年も利用者様に楽しんでいただけるような行事にしたいと思います。

2015芋煮会01 2015芋煮会02 

2015芋煮会03 2015芋煮会04

【文:只野達生】


2015年10月17日(土曜日)

【3年目として…】

カテゴリー: 15時56分20秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 朝、晩の冷え込みが強く寒さが感じられる季節になりました。
 高校を卒業して万葉園に勤め始め、3年目となりました。毎日、先輩方、利用者の方から教わることばかりであっという間に3年がたちました。今月より事故防止委員会の委員長に選ばれ、これからは教わるばかりでなく、教える立場にならなければならないと感じました。
 これからは教える立場として、利用者の方のことをしっかり把握し、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。
                                                                                    

 【文:今野 翼】


【介護士として】

カテゴリー: 15時52分27秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 秋風が心地よく感じられる季節となってきました。
 私も万葉園に勤め3年目、教わる立場から徐々に教える立場に変わって行くのだと感じています。まだまだ諸先輩方からも教わる事も多いですが、自分なりの「介護士」という信念・理想を築きあげて行きたいと思います。

 今後は介護士としても、一人の社会人としても立派に成長出来るよう、仕事・プライベートを充実させていけたらと思います!!

                                                             【文:佐々木 翔吾】


2015年10月8日(木曜日)

【仲秋の名月】

カテゴリー: 23時46分41秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園の中庭の柿やホオズキが色づき、いよいよ秋、という風情が感じられます。ところで、少し気になり調べてみたのですが、お月見の風習とは、日本だけのものではなく、中国やヨーロッパにもあるそうです。中国ではかなり古くから宮中の催しとして「望月」というものがあり、当時の皇帝や貴族の楽しみだった、との事です。ヨーロッパでは、秋分の日にいちばん近い満月を「収穫月」その次の満月を「狩猟月」と呼び、お祝いをするのだそうです。

ちなみに日本では、平安時代に日本に遣唐使を通じて伝わったという説があり、一番古い記録は延喜9年(909年)に醍醐天皇が初めて月見の宴を開いた、というもの。時代や場所が違っても、同じような感性で楽しむ物があるのだな、と不思議に感じます。

万葉園では、925日にお月見団子作りを行いました。皆様嬉しそうに見たり、団子を丸めたりと楽しまれていたようです。団子だけでなく、秋の七草も飾り付け、「綺麗だな」と楽しんで頂けたようです。

昔からの風習や文物に触れると、やはり懐かしく思うのですね。

今後も、季節ごとの行事を大切にしていきたいと思います。

2015月見団子01 2015月見団子02

2015月見団子03

【文:只野 達生】

 


【敬老の日】

カテゴリー: 23時34分00秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■ 

 

 朝夕日毎に涼しくなり、秋の風情が漂う頃となりました。8月、9月と気温差が大きく、体調を崩しがちですが、お元気でしょうか。

今年の敬老の日は921日でしたが、万葉園・たんぽぽでは、少し早くさる18日に、合同で敬老会を開催いたしました。

今年は、万葉園に在籍されている利用者様の中で、100歳を超えた方が3名もいらっしゃいました。また、卒寿(90歳)3名、米寿(88歳)傘寿(80歳)古希(70歳)がそれぞれ1名いらっしゃいました。同じくたんぽぽでは、卒寿、米寿の方が、それぞれ1名いらっしゃいました。改めて、おめでとうございます。

 皆様、赤いちゃんちゃんこと頭巾を被り、1名ずつ賞状を受け取っておられ、見ている私達も嬉しい思いを共有させていただきました。

賞状の授与式の後、紅梅民舞会様による舞の披露があり、楽しそうに御覧になられていました。

 来年も、多くの利用者様に敬老会に参加いただければと思います。

2015敬老会01 2015敬老会02

2015敬老会03

【文:只野 達生】


竜優季舞踊教室

カテゴリー: 13時03分11秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 朝晩は冷え込む季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 8月25日に竜優季舞踊教室の皆様が、踊りを披露に来園してくださいました。
 ご利用者は踊りの音楽に合わせて手拍子をしたり、一緒に盆踊りを踊ったりと、
とても楽しまれ、踊りを鑑賞した後は一緒にテーブルを囲み、お茶会をしながら
昔話が弾み、帰り際には「また来てね」との言葉を掛ける姿も見られました。
 今後もぜひこのような機会を設けて行きたいと思います。

H27 竜優季H27 竜優季

H27 竜優季H27 竜優季

 

【文:菊池 彩菜】


2015年9月26日(土曜日)

宜しくお願い致します

カテゴリー: 08時14分48秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

  8月よりグループホームで介護職員をしている佐藤由美子と申します。
  訪問介護は若干経験がありますが、グループホームは全くの未経験。覚える事も多く毎日慌ただしく過ごしているうちに、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。
  まだまだ未熟ですが、1日でも早く利用者様が安心して生活出来る環境を提供していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

【文:佐藤 由美子】


2015年9月20日(日曜日)

【3年目になって】

カテゴリー: 01時35分44秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 9月の中頃になり、気温の変化も大きい中、体調の管理の方はいかがですか?

さて、今月を含め今年も残り4ヶ月程となりました。

私がここ万葉園に勤めて3年目、社会人3年目となりました。社会人となってから、時間が早く過ぎていくのを感じ、入社1年目のことが昨日のようにも感じます。

そして、10月よりエリアリーダーを務めさせていただきます。私自身初のことですので不安でもありますが、それ以上に「頑張りたい」「やってみせるぞ!」という思いの方が強いので、周りの職員の方々からアドバイスをいただき、自分を磨きたいと思います。

今まで、職員の方々から様々な面で助けていただきました。

これからは頼ることよりも頼られることが少しでも多くなるように、1日でも無駄にせずに過ごしていきたいです!

【文:松永 崇弘】


【目標は‼】

カテゴリー: 01時33分41秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

皆さんこんにちは。8月も終わりもう9月です。

一気に涼しくなり秋を感じられます。

さて、私は万葉園で働き始めてから6年目を迎えます。

まだまだ未熟ではありますが、これからも先輩職員の背中を見て育っていき後輩職員の良いお手本になれる職員を目指していきたいと思います。

そして、今年は大きな目標があります。それは、介護福祉士国家試験に合格する事です。これまで2回受けましたが筆記試験で不合格…

来年度からは受験が難しくなるとか…。

なので、来年の春には自分にも桜が咲くように頑張りますので、これを読まれている方、良かったら応援していて下さい♡

【文:深澤 望】


【これからもよろしくお願いします。】

カテゴリー: 01時29分42秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■ 

 万葉園へ勤務して、早くも4カ月経ち仕事もようやく覚えてきた所で、新しく開所されるユニットへの移動となり、新しい職員の方や利用者様との関係づくりが自分に出来るのか不安でもあり、知らない事を学べる事が楽しみでもあります。移動してしまう前に、今いる場所で出来るだけ多くの介助技術を身に付け、ユニットの方でも積極的に利用者様と関わり一つでも多くの事を学び取り、自身の成長に繋がるようにしたいです。

ユニットでは利用者様一人一人の個性や生活のリズムを観察し利用者様が生活しやすく、リラックスできるような環境を目指し利用者様の安心・安楽・やすらぎを提供できる介助を行っていきたいと思います.

                                 【文:野坂 順一】


2015年9月11日(金曜日)

【万葉園を振り返って】

カテゴリー: 20時27分01秒

 ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 万葉園に勤務するようになり、4年目を迎えました。もう少しでユニット型が開所となるのを楽しみにしていた所でまさかの異動にビックリしています。入職して様々な壁にぶつかりながらも仲間と共に歩んでくる事ができ、やっと万葉園での仕事が楽しくなってきたところだったので、仲間と離れる事、ご利用者様と離れる事、中途半端なまま業務から離れる事が残念と悲しい気持ちでいっぱいです。

異動となるには何かしらの理由があり、自分が万葉園でしてきた事を振り返って考える事が多くなりました。今は不安を感じながらも前向きな気持ちを持ち、万葉園での経験を活かし異動先でも頑張っていきたいと思います。そして、また万葉園に戻ってくる時がきたら更に成長した自分を見てもらいたいと思います。

ご利用者の皆様、万葉園職員の皆様、貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。

 異動先の皆様方、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが宜しくお願い致します。

 

2015寺岡

 

                               【文:寺岡孝文】


【野馬追騎馬隊来園・流山踊り見学】

カテゴリー: 20時12分30秒

  ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■ 

725日(土)、野馬追い騎馬隊が来園、相馬流山踊りを見学させていただきました。

 毎年、「野馬追い」というと、ジリジリと炎天下の中で見学するイメージでしたが、今年は、どちらかというとじめじめとした蒸し暑さの中での見学。

冷やしたタオル・凍らせたペットボトルが大活躍!!

熱中症などの特変者を出すことなく、見学することができました。

 とても勇ましい迫力ある騎馬武者の姿には、拍手をされながら、「うわぁー!」と歓喜の声を出されたり、涙を見せる利用者様も…

「来年も元気でいてまた見たいなぁ」と嬉しそうに話されていたのがとても印象的でした。

                            【文:斎藤真由美】  

 2015流山踊り01 2015流山踊り02

 

 2015流山踊り03


2015年9月2日(水曜日)

万葉園・たんぽぽ納涼祭にて

カテゴリー: 21時50分28秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

822日〈土〉18時より納涼祭が行われました。

当日は、朝からどんよりとした曇り空で何時雨が降るかと心配されましたが、開催直前は晴れ間ものぞき、無事に野外で開催されました。

沢山のボランティアの方々や歌を披露して下さった方、万葉太鼓演奏、鹿島中学校吹奏楽部の皆さんに演奏して頂き、大変盛り上がりお客様も大勢来て頂きました。

これも地域の皆様のご協力あっての事です。

私個人としても人と人との繋がりを大事にして、助け合い地域で生活して行きたいと思います。

 

H27 納涼祭 H27 納涼祭

H27 納涼祭 H27 納涼祭

【文:小野富美】


2015年8月16日(日曜日)

【かしま保育園児お遊戯会】

カテゴリー: 10時08分01秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

78日(水)、かしま保育園のかわいい子供たちがたくさん来園され、お遊戯を披露してくださいました。

子供たちの笑顔で元気いっぱいのお遊戯を見て、

利用者様も…職員も…笑顔♪♪(ooo

楽しそうに手遊びされている方、うれしさのあまり涙を流されている方、、、

それぞれが穏やかな気持ちで過ごされました。

たくさんの笑顔と楽しい時間をありがとうございました!!!

                                【文:斎藤真由美】

 

 

2015年7月お遊戯   2015年7月お遊戯02

 

 

2015年7月お遊戯03   2015年7月お遊戯04


2015年7月30日(木曜日)

【自立支援】

カテゴリー: 14時19分22秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園が震災前に行っていた、「自立支援」の取り組みを、今年度から新たにスタートすることとなりました。

 初めて「自立支援」の取り組みを行い始めた時は、「こんなの無理だよ」「できっこない」「利用者様に何を求めるんだ」と批判の嵐だったのが、今でも頭に浮かび上がってきます。また、1年間を通して自立支援の取り組みを行った結果、下剤内服者が減ったり、歩行能力が改善したりと、良い結果がある一方で、事故が続いたり、やはり批判意見がでたりと苦悩したことを思い出します。

 今回、私が勉強させて頂き、以前の経験も活かしながら、各職員の「自立支援」の理解と協力を得て、利用者様の笑顔あふれる施設になればよいと考えております。 

【文:高玉雅利】


2015年7月27日(月曜日)

【今年度もよろしくお願いします】

カテゴリー: 16時33分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園勤務6年目。新年度が始まり、早3か月が過ぎました。
この3か月の間で学生時代の友人や元一緒に働いていた友人と会う機会が多くありました。友人達とは、それぞれメールや電話でのやりとりは頻繁にしてはいましたが、「会いたいね」と言いながら、お互い仕事もプライベートも忙しく、なかなか会える機会が設けられずにいました。
 会う友人達は、老人保健施設やデイサービスなど、ほとんどが介護業界で現役バリバリで働いているということもあり、情報交換や同じ業界で働いているからこそわかり合える悩みなども打ち明けることができ、みんなも同じ思いを持っていて私だけじゃないんだ!と元気をもらうことができました。

また次に会う時も、笑顔で会えるように…
私は私らしく、今できることをマイペースでがんばりたいと思います。

                                   【文:斎藤真由美】


2015年7月18日(土曜日)

かしま保育園来園

カテゴリー: 19時50分47秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 こんにちは
 暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 7月8日、かしま保育園の園児の皆様が来園されお遊戯を披露して下さいました。
歌や音楽に合わせ上手に踊っている姿を見て、利用者様は「可愛いいね」「上手だね〜」との声が聞こえ、手拍子をしたり手真似をして踊る利用者様もおり、笑顔で楽しむ姿が印象的でした。
 また、お遊戯終了後には園児の皆様が手作りされた団扇のプレゼントを、利用者様一人一人に手渡し握手をして下さり、その時の笑顔がとても素敵でした。
 かしま保育園園児の皆様、楽しい踊りやプレゼント有り難うございました。

【文:石橋】

 

H27 鹿島保育園 H27 鹿島保育園

H27 鹿島保育園 H27 鹿島保育園


2015年7月17日(金曜日)

【祝:100歳】

カテゴリー: 21時09分12秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 特別養護老人ホーム万葉園が開所し十数年が経つ中で3年前の平成24年に万葉園初の100歳を迎えられた利用者様がいらっしゃいました。そして翌年にも100歳を迎え、誠におめでたい事だと思います。
 平成26年にはおられなかったのですが、今年の平成27年に3人目の100歳になる利用者様が誕生日を迎えられました。最初に100歳を迎えられた利用者様もお元気で変わらずに生活を送られており、職員の立場で口にする事はおかしいのかもしれませんが、利用者様の生命力の強さもあるかと思います。その他に万葉園の施設長を始めスタッフの日々のケアが利用者様を長寿へと導いているのではと思います。
 介護の職について心の支えとなっているのは、利用者様の笑顔と、毎年長寿になられる利用者様が1人でもいらっしゃるからなのではと思います。
 今後も利用者様に施設生活を送る利用者様に「万葉園にいて良かった」と少しでも思って頂けるような介護支援を提供できるよう頑張ります。

                                    【文:荒 一正】


2015年6月22日(月曜日)

オレンジカフェ

カテゴリー: 09時19分43秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

  暑さが日ごとに増してまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。グループホームたんぽぽのご利用者の皆様は、体調を崩されることもなく、元気に過ごしておられます。
  さて、6月13日のことになりますが、オレンジカフェに外出して来ました。オレンジカフェという名前はまだ聞き慣れないと思いますが、相双地区では今回が初めての開催。認知症の人とその家族、介護職の方、地域の方、どなたでもなんでも話せる息抜きと情報交換の場所として、全国47都道府県に支部があり、会員が励まし合い、助け合って認知症があっても安心して暮らせる社会を目指しているという「認知症の人と家族の会」の皆様が開催してくださいました。今回のようなカフェスタイルの映画上映会の他にも、「相談会」や「つどい」といったものも開催されておられます。
  ではどこに行けばいいの?という話になりますが、オレンジカフェは朝日座、相談会とつどいは原町区福祉会館で開催されています。相双地区では朝日座と聞くと、訪れたことのある方も多いのではないでしょうか。当日に参加されたご利用者の中にも、来たことがあるという方が多くおられました。ちなみに私も子どもの頃に、何度も映画を観に行った記憶があります。ちなみにこの朝日座、今では国指定登録有形文化財(建造物)に登録されたそうで、歴史を感じられる建造物。一見の価値ありです。
  次回の開催は8月8日。またお邪魔させていただきますので、よろしくお願いします。

H27 オレンジカフェ1 H27 オレンジカフェ2

【文:鈴木知重】


2015年5月31日(日曜日)

【鯉のぼり】

カテゴリー: 15時26分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 5月に入り、新緑が目にしみる頃になってきました。

 5月の行事として、五月人形と鯉のぼりを施設内に飾りつけしました。特に鯉のぼりはご利用者様が普段生活している場所に目立つように取り付けたため、だいぶ迫力のある構図になっています。季節を感じて頂けているようで、指差しながら話して下さる方もいらっしゃいました。

  五月人形は浴室前に飾りつけしており、入浴の度にご利用者様にご覧いただいています。子供のころに飾った事、あるいは自分の子供や孫に飾った事を思い出され、懐かしそうに話される方もいらっしゃいました。

H27.5.31鯉のぼり01 H27.5.31鯉のぼり02

H27.5.31鯉のぼり03

                         【文:只野達生】


【桜もち作り】

カテゴリー: 15時22分16秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 さる4月19日に当施設で桜もち作りを行いました。
ご利用者自ら材料を混ぜたり、餅を丸めて作られ、皆様楽しまれていたようです。その後の試食でも実に美味しそうに召し上がり、味の方も楽しまれていたようでした。
 お餅という食事形態のため、ご利用者全員に同じお餅を召し上がって頂くのは難しかったですが、目の前で作っている様子をご覧になり、また、雰囲気や香りを感じて頂く事で楽しんでいただけたのではないかと思います。

H27.5.31桜餅 H27.5.31桜餅

                                 【文:只野達生】


【お買いものと外食】

カテゴリー: 14時25分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 少し間が開きましたが、4月17日にご利用者様2名がお買いものと外食の為、車で外出されました。
桜も少し花が散る頃でしたが、道中ご覧になり「綺麗だな」と喜んで頂けていました。
外食では、大きく口を開け、美味しそうに食べられる様子や、笑い声も聞かれ、楽しんでおられました。
今後もご利用者様との外出機会を設けていきたいと思います。

外食01 外食02

                              【文:只野達生】


2015年5月23日(土曜日)

【五年目スタート】

カテゴリー: 23時01分09秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園介護職員の只野達生です。
東日本大震災後、万葉園に移動となり、5年目となります。
昨年度は『持ち上げない介護』という目標のもと、新しい介助方法について試行錯誤してきました。
今年度も改めてご利用者様の状態に合わせた介助方法を考え、実施していきたいと思います。

                                                                                          【文:只野達生】


2015年5月21日(木曜日)

1年を振り返り・・

カテゴリー: 13時02分39秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 これを読まれている皆様方、いかがお過ごしでしょうか?
 私はたんぽぽに就職して、早いことに4月で1年が経ちました。利用者様や一緒に働いている職員の方々には、色々とご迷惑をかけた1年でした。まだ手探りなところも沢山ありますが、利用者様に寄り添い、支えていけるよう努めながら1日1日を頑張っていこうと思います。

【文:阿部 真澄見】


2015年5月2日(土曜日)

お出かけ

カテゴリー: 05時13分49秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■ 

 

 4月の下旬にご利用者と幸楽苑とイオンまで外出してきました。

久しぶりの外食に、朝から出かける心配をされたり何を食べるか考えたり

とても楽しそうでした。

 幸楽苑では「うまいな」と笑顔で完食され、満足されていました。

その後にイオンに立ち寄り、ご利用者の大好きなコロッケとみんなにお土産にと

クッキーを買い、帰りの車でも余韻に浸りながら帰ってきました。

 別の日に、ご利用者と原町にある、菜の花畑までドライブに行きました。

浜の方にあるんですが、その日は天気がよく浜風で菜の花の匂いが風にのり

とても心地の良い風でした。

 ご利用者からも「綺麗だね」との言葉も聞かれ、とてもいい時間でした。

外出をされると、ご利用者のみなさんはとても喜んでくださるので、

また、こういう機会を作って気分転換になればいいなと思います。

 

 H27 お出かけ1 H27 お出かけ2

 

   H27 お出かけ3 H27 お出かけ4

                                       【文:菊池


2015年3月30日(月曜日)

かしま保育園来園 ふれあい会

カテゴリー: 11時51分31秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 3月11日、かしま保育園の園児の皆さんが来園してくださいました。

 

音楽に合わせて一生懸命踊りを披露してくださる姿を見て、利用者の方達も笑顔で拍手を送られていました。園児の皆さんと歌を歌いながらのじゃんけん大会が行われると、声を出して笑う利用者の方もおり、楽しまれている様子が見られました。

 

最後に、園児の皆さんが手作りされた素敵な栞を一人一人手渡しでプレゼントしてくださり、涙を流して喜ばれる方もいらっしゃいました。

 

楽しい踊りと素敵なプレゼント、ありがとうございました。

 

                     H27鹿島保育園ふれあい会1         

 H27鹿島保育園ふれあい会2 H27かしま保育園ふれあい会3

【文:佐藤 】


2015年3月27日(金曜日)

体にいいことしましょう

カテゴリー: 14時31分15秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■ 

 

 去る2月、職員研修会を開催しました。 

 『ヨガ』の先生をお招きし、腰痛・肩こり解消や予防を目的に呼吸法、ストレッチ法、ヨガのポーズを教えていただきました。

 初めは、心が穏やかになるBGMを聞きながら、全員仰向けになり先生の声に促されゆったりと腹式呼吸を意識して体をほぐしていきます。体の中にある悪いものを呼吸に乗せて吐き出すイメージで…。体の中がきれいになっていくような感覚です。

 そのあとは全身のストレッチ、ヨガのポーズ。「うー…」「いたたたたた‥」「できない…」などの唸るような声が聞こえていましたが、無理に体を伸ばそうとせず自分が心地いいと感じるところで体勢をキープする・『笑顔』でポーズを取った方が効くそうです。最後は呼吸法を行い、体をゆるめて終わり。研修後は体がほぐれて気持ちも軽く感じました。

 体の疲れ、心の疲れはその日のうちに解消する。ストレッチや呼吸法は誰でもすぐにできるので、みなさんも実践してみてはいかがでしょうか。

 

H27ヨガ1 H27ヨガ2

【文:鎌田】


2015年3月8日(日曜日)

宜しくお願いします

カテゴリー: 08時10分22秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

  2月より、グループホームたんぽぽで働いている松岡秀典です。
最初は、職場が変わることで不安もありましたが、利用者の方は、とても明るく元気で過ごされているのを見て、私の方もパワーを頂いております。
  料理を作るのは大変ですが、皆さんに「美味しい」と言って食べて頂けるように、日々努力していきたいと思います。
  これからも宜しくお願いします

 

【文:松岡 秀典】


2015年3月5日(木曜日)

家族に支えられて………

カテゴリー: 16時11分05秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 育児休暇を頂き、仕事復帰してから早くも10か月が経ちました。

 

 慣れている仕事とはいえ、始めは戸惑いもあり、勤務時間と家庭での時間の兼ね合いがうまくいかずイライラもしましたが、家族の支えもあり現在も仕事を続けられています。

 

 夜勤もある仕事なので母には子供の面倒や、お弁当まで作ってもらうこともあり感謝してもしきれないくらいです。実家の母にも子供が休みの時は預かってもらったりするので、「母」という存在はとても大きいです。

 

 家族の支えがある限りは出来るだけ仕事は続けていきたいので谷津田家の皆さん、今後ともよろしくお願いいたします!

 

【文:谷津田奈美江】


2015年2月18日(水曜日)

よろしくおねがいします

カテゴリー: 17時34分40秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

万葉園で介護職員をしている、大門と申します。

震災後より、介護職へ転職しました。経験未熟ですが、熱いハートは持っています。

利用者様のペースに合わせた介助、安全な環境作りを提供していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

【文:大門】


2015年1月26日(月曜日)

小正月の飾り付けと食事会

カテゴリー: 08時29分12秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

  1月12日に毎年恒例の小正月の飾り付けをグループホームたんぽぽ・石神の
ご利用者やご家族・ボランティアの皆様も来て下さり約50名と盛大に今年も
行うことが出来ました。
 ボランティアの皆様が中心となり、ご利用者も色とりどりの団子を丸めたり
ミズキの木に飾り付けしたりと楽しまれていました。

 H27 小正月1  H27 小正月2
  その後は、万葉園の大食堂に移動し色々な食事を皆で食べながら談笑されたり
和やかに過ごす事が出来、皆様とても楽しまれていました。

  H27 小正月3  H27 小正月4

   
 
【文:菊池 彩菜】


2015年1月20日(火曜日)

万葉園からこんにちは〈第26回〉

カテゴリー: 11時17分07秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 先日、塔のへつりに行く機会がありました。評判通りの景観だったのですが、それよりも私が気になったのはおみやげ屋さんの「なめこの置物」。木製ですが、これがまあ、本物そっくりのツヤ感。値段が高くなるほどなめこの本数が多く、一番高いものは2万円で、抱えるくらいの大きな木にたくさんのなめこが生えている様子はなかなか圧巻でした。

 

 思わず1個購入し、さっそく万葉園の受付に展示。

 購入して分かったことは、意外とこの置物が有名で、結構知っている人がいることと、みんな「すご〜い」とは言うものの、買うほどの熱意はないということ。

 

 そういえばそのおみやげ屋さんで「これください」と言ったとき、お店のおじさんがとても嬉しそうな顔をしたのです。あれ?と不思議に思うほど、すごく嬉しそうな顔で、なんだか10日ぶりくらいに置物が売れたみたいな顔だよね、とか思ったのですが、もしかして本当にそうだったのかと…

 

 さて、受付の置物を見たある職員。「このシメジの置物って、なんか縁起物なんですか?」

 シメジ…に見えますか?

 「縁起物」というところは正解です。キノコは菌で増えるので、菌と金をかけているそうです。皆さんも塔のへつりにお出かけの際は、ぜひ、なめこの置物をご覧ください。もし良ければ買っていただけると、おじさんの素敵な笑顔のサービスもついていますよ。

 

                      H27なめこ26回用

【文:但野】


2015年1月15日(木曜日)

クリスマス会

カテゴリー: 15時25分09秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 1225日大食堂にてクリスマス会を行いました。今年は全エリア合同でホットケーキを作ってから、生クリームやフルーツをトッピングしてクリスマスケーキを作りました。その他にも、色とりどりのカップケーキやムースもあり、皆さんどれを食べようか迷われていました。終盤には、女性のサンタクロースが登場し、皆さんに一つずつ手渡しでプレゼント渡され、皆さん笑顔でプレゼントを受け取っていました。

ご利用者の笑顔が私たちにとって一番のプレゼントでした。

H26クリスマス会1    H26クリスマス会2

H26クリスマス会3    H26クリスマス会4

 

【文:寺岡孝文】


2015年1月7日(水曜日)

うれしい再会

カテゴリー: 17時40分57秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 東日本大震災でGさんは他県に避難されました。その施設職員である柴田さんがはるばる面会に来てくださいました。

 

 柴田さんと再会されたGさんは、半年もたったとは思えないほど「病院の○○」と笑顔で声をかけられ、柴田さんが温かく接してこられたからだなあと想像できました。

 

後日、柴田さんがボランティアとして南相馬市に来られた時にいただいたと、萱浜のひまわりの写真を送ってくださいました。見ているだけで心が癒されます。

 

ひまわりの笑顔のように・・・

 

 また、再会できる日を楽しみにしています。

 

 

H26うれしい再会1     H26うれしい再会2

 

【文:渡部】


2014年12月15日(月曜日)

芸術祭

カテゴリー: 11時09分49秒

 ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

今年は平成26年11月1日(土)〜11月14日(金)までの期間で、毎年恒例の「万葉園・たんぽぽ・なごみの家芸術祭」を開催しました。

 

ご利用者ご家族、職員、ボランティアや地域住民の方々の作品を募集し、多数の素晴らしい作品を展示することが出来ました。

「綺麗、すごいね」と話され見て行かれる方もいました。

 

来年も開催を予定しております。

 

H26芸術祭1  H26芸術祭2

 

H26芸術祭3  H26芸術祭4

 

【文:佐藤久実子】


2014年12月14日(日曜日)

芋煮会

カテゴリー: 17時50分02秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 1010日(金)、施設の大食堂にて芋煮会が開かれました。今年のメニューは、おにぎり、焼うどん、芋煮汁、フルーチェ、焼き芋と美味しそうなものが勢ぞろいとなりました。焼き芋は、中庭にてバーベキューセットを使い焼きました。

「おいしそうなにおいがする」と利用者様からも声があがりました。

 

  また、施設長や職員の方から、お肉の差し入れもいただき、焼き芋と一緒に焼きました。利用者様の方々や、職員皆で楽しく調理が出来ました。

 調理を終えると、とても美味しそうな出来栄えとなり、皆でいただくことに!

 

 利用者様の方からも「おいしいな」「焼うどんもうないのか?」等の言葉をいただき、大成功という結果となりました。

 

H26芋煮会1  H26芋煮会2

                   H26芋煮会3

 

【文:松永 崇弘】


2014年12月9日(火曜日)

竜優季舞踊教室

カテゴリー: 09時24分44秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

12月です、私の嫌いな冬本番に突入です。インフルエンザ、感染症と
気を付けなければならない事ばかりです。うがい、手洗い、消毒、出来る
事をしっかりと行い予防に備えましょう。

さて、12月2日にたんぽぽでは竜優季舞踊教室の方々にボランティアで
来て頂きました。日舞は初めてでたんぽぽ利用者と万葉園利用者にも参加
参加して頂き、大変好評でした。利用者の間では「まだ、見たいな」との
声が聞かれました。楽しんで頂いて良かったです。

                   H26 竜優季舞踊教室

                                                                        【文:唯野】


2014年10月29日(水曜日)

はじめまして

カテゴリー: 13時39分41秒

■■■グループホームなごみの家■■■

 皆さん、こんにちは。
 この度、グループホーム小高(なごみの家)で勤務させて頂く事となりました高野大和と申します。
 震災後3年程、茨城県の方で生活を送り茨城県でも同じ介護職に勤めていました。
当時勤めていた方々には、大変お世話になりまた色々な事を学ばせて頂き自身のスキルアップに繋がる良い経験をさせて頂き地元へ帰って来る事となりました。
 まだ、未熟なところもたくさんありますが学んだ経験を充分に活かしこれからの仕事に役立てていきたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。
 

 また、ゴルフをする方は気軽に声を御掛け下さい。

【文:高野】


2014年9月20日(土曜日)

万葉園からこんにちは〈第25回〉

カテゴリー: 19時16分54秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 毎年恒例の納涼祭を今年も8月23日(土)に開催いたしました。今年は施設内での開催となりましたが、多くの方々にお越しいただき盛り上がりました。

 私は来賓受付を担当いたしました。今までも業務でいろいろな受付を担当する機会がありましたが、人の流れには必ず波があります。来ないときは全然来ないのに、来るとなったら急に申し合わせたように大勢で来られる。たいてい受付は2人で担当することが多いのですが、ドッと来られると、今だけ4人くらいいてほしい!と焦ります。平均的にまんべんなく来ていただけるなら、1人でも対応できるのですが。これはどの受付でも、絶対と言ってもいいくらい毎回必ずそうです。もちろん、今回の納涼祭もそうでした。

 「1/f ゆらぎ(えふぶんのいちゆらぎ)」というものがあって、ちょっと昔、家電でファジイの機能が流行ったころに聞いた言葉です。人間の心拍のリズム、小川のせせらぐ音、そよ風の吹き方、ホタルの光り方、電車の揺れなどのリズムのことだそうです。数式で表すと、
 P=1/fλ
P はパワー、f はfrequensy(周波数)、λ(ラムダ)はゆらぎの性質を表す指数です。
1/f は周波数の逆数なので周波数が倍になるとPは反比例で1/2になることを表しているわけです。が、私の頭もそろそろ限界なので文系的表現にすると、規則正しいリズムと、ランダムで規則性がないリズムの中間を表すのが1/f ゆらぎです。例えばそよ風だと、一定のようで、時々不規則に強くなったり弱くなったりします。それで、受付に来る人の流れも、なんとなくこれに似ているなあ、といつも思うのです。

 1/f ゆらぎは人に快適感やヒーリングの効果を与えるという説もあり、美空ひばりさんや松任谷由美さん、吉田美和さんや森本レオさんの声にも1/f ゆらぎがあるそうです。さらには美しい文章にもあるようで、百人一首だと100首中95首にあるとのこと。古典的教養がある人は1/f ゆらぎのリズムになじんでいるので、そうした人が文章を書くとごく自然に1/f ゆらぎのリズムがある名調子の文章を書くという考えもあるようです。

 と、ここまで全くゆらぎのない文章を綴ってしまいましたが、1/f ゆらぎに癒しの効果があったとしても、受付の人の流れのリズムは焦るばかりで癒されません。もしかしてそよ風というよりも台風のリズムなのかも…
                                                      【文:但野】


2014年9月3日(水曜日)

恒例!納涼祭

カテゴリー: 13時02分07秒

■■■グループホームたんぽぽ■■

 8月23日(土)万葉園、グループホームたんぽぽ、なごみの家合同の納涼祭を行ないました。朝、雨は降っていなかったのですが、このところの天候不順と天気予報が雨のための安全策という事で万葉園の大食堂での開催になりました。
 今年の催し物はヒップホップダンス、万葉太鼓、民謡と多彩で、室内という事もあり、ステージと観客席の距離がなく、演技者さん達の迫力が伝わる感じで良かったです。利用者さんも「かわいいこと」だの「すごいな」だのと感心しきりでした。
 結局、最後まで雨は降りませんでしたが、花火はまた来年のお楽しみという事で…
 出演された皆さん!ボランティアの皆さん!ありがとうございました!

H26 納涼祭1 H26 納涼祭2

H26 納涼祭3

【文:岡田】


2014年8月24日(日曜日)

最近・・・

カテゴリー: 17時28分35秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

わたしは、左目下にホクロがあるせいか・・・これを泣きボクロと言うらしいが、そのせいなのか若い頃はよく泣いていた。

 

でも、最近になって泣いていない事に気付いた。歳を重ねるごとに涙腺が弱くなっていくらしいが、わたしはこの位で泣いてたまるか!と思うようになり、あまり物事に対して動じなくなった。図太くなったと言えばそうなのかも・・・(笑)この歳でおっちょこちょいという言い方は、少しかわい過ぎるが、ここはいくらしっかりしなくちゃと思っても、恥ずかしいお話だがなかなか直せない・・(泣)

 

 万葉園に4月より異動となり、1日1日がすさまじい早さで過ぎて行くことを実感している毎日。しかし、その中で万葉園職員に助けられ、支えられ毎日が過ぎて行く。利用者さんの笑顔や万葉園職員の笑顔、励まし、指導。

 

 わたしの毎日が、いろんな事があるけど楽しく、明日も頑張ろうという気持ちになれることに感謝し、1日1日を大切な日にできるようにしよう。

 

 そして、歳を重ねるごとにしっかりと万葉園の支えになれるように日々精進しよう。

 

 悔いのない、日々を送るために。

 

 悔いのない、仕事をするために。

【文:荒 里美】


2014年7月14日(月曜日)

アニマルセラピー

カテゴリー: 17時20分13秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 震災後、なんとなく慌ただしい生活環境のなか 1匹の家族が増えました。
 

 たぶん、震災前の私なら、「犬なんて」といって受け入れがたい動物だったと思います。ましてや家の中で飼うなんてありえない…、臭くなる、ごはん、排泄はどうするのなどなど…拒否のネタはたくさんありました。何よりアニマルセラピーなんてと信じていませんでした。
 

 いざ 飼ってみると、うちの中で末っ子長男の役割をはたす名犬JOY(ミニチュアダックスフンド)は、私の周りをもうなんとも言えない愛嬌をふりまいて、いたずらのし放題。私は家のなかで鬼ごっこですよ(笑)他の人にはとてもお見せできません。動物とのあの何とも言えないコミュニケーション、あの従順な目や犬の寄り添う姿がアニマルセラピーなんだなあと最近はつくづくありがたい存在になっています。
 

 考えると、私の実家には小さい時動物がたくさんいました。犬、猫、牛、鶏、十姉妹。いろいろな動物に自然と癒されていたのかもしれません。大人になり社会に携わるなかで徐々に忘れていったようです。
 

 震災前は、施設にアニマルセラピーとしてボランティアさんと動物が来園してくれていました。施設生活のなかでの癒しとは?と考えた時、動物には大変癒やされますよね。 

   H26 アニマルセラピー     H26 アニマルセラピー    H26 アニマルセラピー

【文:木村 昌子】


2014年7月13日(日曜日)

万葉園からこんにちは〈第24回〉

カテゴリー: 18時12分12秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 6月23日(月)、「食中毒・感染症予防対策について」をテーマに内部研修を開催しました。講師として東京サラヤ株式会社の菊地信様をお迎えし、食中毒予防の基礎知識、ノロウイルス対策についての講義をしていただきました。

 

 今回は職員からも要望のあった吐物処理の実演をメインに行いました。実際に吐物のモデルを床に撒き、万葉園の吐物処理セットを使って処理をしてみる、というものです。実際にやってみることで、手順を忘れていることに気付いたり、処理セットの不備も確認できたりと、学ぶことが多くありました。代表で処理の実演をした職員はもちろん、周りで見ていた職員も「分かりやすかった」と概ね好評であったようで、研修委員としては一安心でした。

 

 実演に使用した吐物モデルは栄養士の力作です。トロミ剤で良い加減のトロミをつけ、見やすいように食紅で着色しました。真っ赤にすると、吐物よりも吐血のモデルになるのではないかと心配されましたが、出来上がりはイチゴゼリーのようでとても美味しそう。分かりやすい実演に貢献してもらいました。

 

 東京サラヤ株式会社の菊地様には、内部研修で毎年お世話になっております。毎回の研修のたびに新しい情報を盛り込んでいただき、マンネリにならずに興味を持って聞くことができます。今回も、遅い時間にお越しいただきまして本当にありがとうございました。

 

 

    H26 感染症2       H26 感染症1

【文:但野】


2014年7月9日(水曜日)

ある日のなごみの家

カテゴリー: 14時56分35秒

■■■グループホーム小高■■■

 みなさん、こんにちは。この時期は窓を開ければ、どんよりとしたお天気ですね。夕方には急な雷雨!たまには太陽の顔を見たいものです。
 なごみでは、「今日も風がなくて、いい日だなぁ。」、「外は雨ふりでも、中までは降らないからお天気は忘れたよぉ。」とのこと。
 朝の挨拶、お天気確認、ラジオ体操でなごみの一日が始まります。
 今日はなごみの、ある一日をご紹介します。
 何やら真剣な顔で紙を丸めたり、貼り付けたりしています。気が早いと思われそうですが、来年の干支作りを行っています。ピ ンクや紫色が見えますが・・・。来上がりは、来年までのお楽しみです。是非、なごみに見に来て下さいね!

 

      H26.7.4なごみ                H26.7.4 なごみ

 お天気が悪い時は洗濯物がたまります。「なんだ、あること!」と言うと同時に、すでに手は動いています。私はついついためてしまう方なので、見習わないといつも思うばかりです。洗濯物干し、たたみとありがとうございます。

 こちらではゆっくりとお人形さんの「ポポちゃん」とお話しされたり、趣味の読書タイムです。互いに好きな事をして過ごしています。(お互いに会話はなくても、近くでひと肌を感じると落ち着きますよね。と思うのは、私だけでしょうか)

 何気ない日常ですが、「穏やかな時」をこれからも大切にしたいと思います。

                              【文:栃本 愛子】


2014年6月25日(水曜日)

運動会

カテゴリー: 17時14分08秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

福島県も梅雨に入り雨の日が続いております。例年に比べても早めの梅雨入りとなりました。今年は冷夏になると予想されているそうですが、実際はどうなるんでしょうか??

私は5月2日に育児休暇から復帰し、また万葉園でお世話になることになりました。

毎日子どもと一緒に過ごしていたので最初は保育園に預ける寂しさもありましたが、子どもも楽しそうに保育園に行くようになってきたので今は安心しています。

私自身もやっと仕事に身体が慣れてきて、休む前と同じとはいえませんが徐々に感覚が戻ってきたように感じます。

復帰して初めての大きな行事が<運動会>でした。

 

                          H26運動会1

 

今回はエリアごとに柄の違うはちまきを作っており、いつもよりもよりエリアの結束が強いように感じました。始まる前から利用者の皆さんもはちまきを首にかけたり、頭に巻いて気合い十分です。競技は力比べ、テーブル玉投げ、ペタンクの3競技。

 

 H26運動会2  H26運動会3

 

勝ち負けに関係なく利用者の方は笑顔で楽しんでおられました。テーブル玉投げやペタンクは職員も競技に参加しましたが、利用者の皆さん以上に楽しんでいたような気がします。競技はもちろん応援にも熱が入っており、利用者の皆さんや職員は終始ニコニコしていたように感じられます。

今回は万葉園の<ほのぼのエリア>が見事優勝しました。

来年はどこが優勝するのでしょうか??今から楽しみです。

 

                            H26運動会4

【文:細野絵美】

 


2014年6月18日(水曜日)

平成26年度 万葉園・たんぽぽ・なごみの家 合同運動会

カテゴリー: 14時21分37秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 5月15日(木)、万葉園の大食堂にて、万葉園・たんぽぽ・なごみの家合同運動会が開催されました!!

 開会式が始まる前から、どのチームも気合十分!!!

競技は、台を両側から紐を引っ張ったり緩めたりし、相手側にボールを落としたら勝ちの「力比べ」、テーブルを使って相手側にたくさんの玉を投げ、自分の台の玉が少ない方が勝ちの「テーブル玉投げ」、そして、得点次第では、最後に大逆転も狙える「ペタンク」の3競技。

H26合同運動会1  H26合同運動会2

             H26合同運動会3

 どの競技も、太鼓やカスタネットなどの鳴り物と「がんばれ〜!!」という声援で大いに盛り上がり、ご利用者はもちろん職員も、チームの勝利を目指して白熱した展開を見せました。

 今年度の優勝は、接戦を制した、万葉園ほのぼのチーム!!!

「優勝できて良かったです」とたくさんの笑顔。

H26合同運動会4  H26合同運動会5

本当にどのチームも手に汗握るプレーを見せてくださいました。みなさん、お疲れ様でした。                     

 【文:介護職員 斎藤】


2014年6月11日(水曜日)

【初めまして!!】

カテゴリー: 13時18分02秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 今年の4月中旬に新採用になりました阿部と申します(^。^)♪
今後とも宜しくお願い致します。

 たんぽぽに採用になる前は、山形県米沢市に震災後3年間自主避難していました。
米沢に住んですぐにヘルパーの資格を取得して、介護系のお仕事に就きました。
身寄りもなく子供と2人での生活は沢山の苦労などがありましたが、周りの方々に支 えられ無事3年を過ごす事が出来ました。

【文:阿部(真)】


2014年5月29日(木曜日)

【ど根性!】

カテゴリー: 17時11分39秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 いつの日からか、万葉園の中庭に木がありました。
ご利用者に教えていただいたのですが、どうやら鳥が種を落として芽が出たようです。小柄な女性の背丈ほどで、両手を広げても足りないくらい2本の枝が左右に伸びていました。“ど根性アカシア”と名前を付けて、成長を楽しみにしている方もいらっしゃいました。

 ある日その木が折れてしまい残念がっていたところ、春に新しい芽がぐんぐん伸びてきて驚きました。今は25僂らいです。やっぱりど根性!

                                                H26.5ど根性

 「根がしっかりしていれば伸びることができるよ」と教えていただいたようでした。

【文:渡部】


2014年5月7日(水曜日)

花見餅つき

カテゴリー: 15時14分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 417日に大食堂にて餅つきが行われました。

 今回は春という事もあり桜の花びらをイメージしてピンク色の餅を用意しました。餅つきが始まると利用者の方々から「もっとこうだ」等、様々な声を掛けて下さり、職員も勉強になりました。ある程度餅がつきあがると利用者の方々も一緒に餅をつかれ、とても楽しまれていました。つきあがったお餅はあんこ餅にし、各エリアにて桜を観賞されながら召し上がられ、「美味しい」との声が多く聞かれました。楽しく春の季節を感じて頂けたと思いました。

 

H26.4花見餅つき1  H26.4花見餅つき2

                                      H26.4花見餅つき3

 

【文:佐々木翔吾】


2014年4月11日(金曜日)

吹き矢教室

カテゴリー: 16時49分40秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 日に日に暖かくなってきているのが感じられる今日この頃。万葉園では毎年恒例の行事である吹き矢教室が今年も行われました。私自身万葉園へ異動になって3年となりますが、吹き矢教室の行事に参加するのは初めてで、どのようなことをするか不安もありつつ、少し興味を持って行事に参加させていただきました。ご利用者の方々は毎年のことで慣れもあるのか、堂々とした様子で参加されていました。

 

 まずはご指導下さる吹き矢教室の先生方より吹き矢のやり方の指導があり、さっそく吹き矢の実践となります。

 

H26吹き矢教室1    H26吹き矢教室2

 

 なかなか的に当てるのが難しいようで、皆様悪戦苦闘しながらも楽しそうに練習に取り組まれておりました。練習が終わると次はエリアやたんぽぽ、なごみの家に分かれての試合となりました。

 他のチームに負けじと皆様の本気が伝わって参ります。試合後は上手くいった方もそうでなかった方も晴れやかな表情でとても楽しまれておりました。

 

H26吹き矢教室3     H26吹き矢教室4

 

 

H26吹き矢教室5  H26吹き矢教室6

【文:水戸 康雄】


2014年3月21日(金曜日)

みんなでワイワイ、ひな祭り!

カテゴリー: 18時51分43秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

寒さも弱まったり、またまた冷え込んだり、は〜るよ来い♪は〜やく来い♪とついつい口ずさんでしまいたくなります。

 

33日の月曜日に、万葉園大食堂にてひな祭りをお祝いする会を開き、あきえ会の先生と生徒の皆さんの踊りを披露して頂きました。あきえ先生の感情の籠った歌声に、感極まり涙ぐむご利用者も多く見受けられました。

 

最後にはご利用者も参加し、相馬盆踊りを一緒に踊り回りました。笑顔が多く見られ、とても楽しんでいるご様子でした。

 

昼食時には、お膳でちらし寿司やねぎとろと普段と違った食事が出て、舌鼓を打ちながら「うんまいなぁ」と召し上がっていました。華やかな女の子のお祭りですが、男女問わずひな祭りを楽しんで頂けたようでした。

 

 

    H26ひなまつり1       H26ひなまつり2

 

H26ひなまつり3        H26ひなまつり4

 

H26ひなまつり5        H26ひなまつり6

【文:星】


2014年3月18日(火曜日)

今日は楽しいひなまつり〜♪

カテゴリー: 17時40分21秒

 3月3日(月)万葉園にて「ひなまつり行事」に参加させていただきました。

あきえ会の皆様の歌や踊りが予定されていたため、当日朝利用者みんなで歌の練習をしてから万葉園に向かいました。

朝からのどの調子を整え!た成果を披露〜♪練習の成果を発揮!!

なごみ ひな祭り1 なごみ ひな祭り2

 甘酒や雛あられで「ひなまつり」を楽しんでいるさなか… 「早くひな人形かたさねばなぁ〜ここは女しかいないんだから!」とひな人形を片付けるよう急かされていた私でした(苦笑)。いくつになっても♡乙女♡な利用者さんでした。

なごみ ひな祭り3

                                  <なごみの家 介護職員 森田晃子>


2014年2月20日(木曜日)

国家試験

カテゴリー: 13時42分59秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 先月の26日、介護福祉士国家試験の筆記試験がありました。学生の頃から試験というものは何度もありましたが、「国家試験」となると、私にとっては初のことですので、試験前日から何とも言えない緊張感を強く感じていました。試験当日、試験会場(ホワイトキューブ)に到着した時は、「本当に今日が試験日なのかな」と、不思議と実感は湧きませんでしたが、会場に入ると緊張感が一気に高まり、頭が真っ白になりました。「雰囲気にのまれる」というのを実感したような気がします。そんな中、試験に臨みましたが、自分の今までしてきたことをぶつけることが出来たので、悔いは残りませんでした。

正直、自信があるとは言えませんが、もう少しで結果が届くのでドキドキしながら待つ毎日です。

【文:松永】

 


2014年2月18日(火曜日)

節分

カテゴリー: 05時48分29秒


なごみの家でも毎年恒例の豆まきが行われました。


雰囲気を出すため、何日か前からうちの長男(4年生)力作の鬼の絵を飾り、本番は職員、利用者2名が鬼になり、玄関から登場しました!


「鬼は外!福は内!」となかにはとっても勇ましい声が響き、それぞれ楽しそうに豆まきされていました。


 

おやつには、本物の豆では固くて食べにくいということで、甘納豆を美味しく頂きました。お茶を飲みながら「豆まきしてなんかホッとしたなぁ」と言う声も聞け、和やかな時間を過ごしました。

 

 

                       

 

                          (文 酒井)


2014年2月3日(月曜日)

【新年会】

カテゴリー: 17時08分52秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 1月19日()に万葉園に於いて新年会が行われました。

多数のご家族の方々が参加して下さり、下町子供手踊り保存会の皆様による踊りや、万葉園ボランティア 大畑サト様による民謡を、利用者様と共に楽しまれておられました。

最後に利用者様代表 鈴木ヌイ子様によるお言葉には、たくさんの拍手が送られました。終始、和気藹々の中、全体の催し物は終了し、そのあとに食事会が開かれ、ご家族同士のお話も盛り上がっていた様でした。お寿司やオードブルも好評で、普段は小食な利用者様も口一杯に頬張り大変喜ばれていらっしゃいました。

今年一年、皆様のご健康を願います。

平成25年度新年会1  平成25年度新年会2

                             平成25年度新年会3 

 平成25年度新年会4  平成25年度新年会5

【文:岡崎 恵美子】

 


2014年1月27日(月曜日)

今年もみんなで元気に過ごせますように〜

カテゴリー: 16時21分49秒


112日(日)万葉園にて「神楽(原町区 氷川神社神楽保存会様)」に参加しました。


事前に「獅子に頭をガブっとされると無病息災なんだ!だから頭を突き出さなきゃな!」と利用者さん同士で練習される様子が見られました。


(準備万端の成果あり、↓無事に頭をガブっ!!)

 

 

 


昔ながらの伝統行事ではありますが、最近の若い人は「神楽舞を見たことがない…」とよく耳にします。

そのような伝統を引き継ぐ世代が減ってきているのは致し方ないことなのか…。

古くから伝承されている神楽を後世に継承してくれる若い世代がでてきてくれないかな〜と願うばかりです。

                       (なごみの家 介護職員 森田晃子)


 


2014年1月17日(金曜日)

【鏡餅作り】

カテゴリー: 14時50分00秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 昨年の1227日(金)に、万葉園大食堂にて鏡餅作りを行いました。

始めは男性職員で餅をついたのですが、やはり1人では大変で、交代しながら餅をつきました。途中「やりたい」と話される方もおり、利用者の方も一緒に餅つきをしました。餅をつき始めると、利用者の方々も一緒に掛け声を掛けて盛り上がりました!

 

            H25年度鏡餅作り1 

 

 

 つきあがったお餅は、利用者の方と職員で上手に丸め、残ったお餅は利用者の方々にふるまわれ、みなさん「美味しい」と召し上がっていました。

出来あがった鏡餅は、直ぐに施設内に飾られました!

 

            H25年度鏡餅作り2

【文:今野】

 

 


2014年1月14日(火曜日)

【今年こそは…】

カテゴリー: 17時25分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私は毎年大晦日から元日にかけて放送される「笑ってはいけない」と言う番組を楽しみにしているのですが、6時間(大体1830分〜030分)という長い番組なので、毎年番組の後半になると眠気に襲われ、番組後半なるといつも寝てしまいます。

「今年こそは最後まで見るぞ」と張り切って見ていたのですが、23時を過ぎたあたりから睡魔と戦い始め、気が付いたら1時を過ぎていました。思わず「またかー」と叫んでしまいました。今年の大晦日こそは最後まで見切りたいです(笑)。

【文:今野】

 

 

 

 


2014年1月13日(月曜日)

なごみの家 クリスマス会

カテゴリー: 01時58分57秒


 皆さんこんにちは!1225日はクリスマスでしたね。皆さんはどのようにお過ごしでしたか?なごみの家ではクリスマス会が開かれました。昼食の準備は利用者の皆さんと協力しながら美味しい料理を作りました。メニューは、チャーハン、マカロニサラダ、シチュー、白魚フライ、デザートにパンケーキです。

 

 


 クリスマス会が始まると、皆さんから「すごく豪華だ!とてもおいしいね」と声が聞かれました。特にデザートのパンケーキが大好評でした。


歌を唄ったり、お話をしたりと楽しい時間を過ごしました


 クリスマス会の後半には、サンタクロースが来てプレゼントを頂きました!

利用者の方々は笑顔でプレゼントを受け取られていました。早くも「来年は何がもらえるのかなぁ」と楽しみにされていました

                

来年のクリスマスもとても楽しみです。

                     【介護職員 桃井】


 


2013年12月24日(火曜日)

【10か月を振り返り】

カテゴリー: 11時17分13秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 今年の2月より万葉園の事務員としてお世話になり、気がつけばあっという間に10ヵ月が過ぎました。

 老人ホームで働くのは初めてということもあり、この10ヵ月を振り返ってみると戸惑ってばかりの毎日でした。

 初めて目にするもの、耳にするものに不安を感じ、周りの方々にも不安を与えてしまったのではないでしょうか。

 そんな毎日の中、心安らぐのが利用者さんの笑顔に出会えた時です。

 ほとんど事務室にいる私ですが、たまに利用者さんと接した時、笑顔を見るととてもうれしくなり元気をもらえます。

 来年もたくさんの笑顔に出会えるのを楽しみに日々頑張ります。

 

【文:山田由美】


2013年12月2日(月曜日)

【伊佐見ヨシコ様100歳!おめでとうございます】

カテゴリー: 17時40分45秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

1110日に、伊佐見ヨシコ様が100歳を迎えられました。その日には、県職員や桜井市長が万葉園に来園され、ヨシコ様をお祝いされました。賞状の授与の際には、ご本人も手を伸ばされしっかりと受け取られていました。ご家族もお祝いにいらっしゃり、とても賑やかでご本人もとても嬉しそうに微笑んでいました。

 

   H25賀寿1        H25賀寿2

 

催しものでは、万葉園ボランティア様のダンスや演舞を披露して頂き、より華やかな式となりました。

 

H25賀寿3      H25賀寿4

 

午後からは、いきいきエリアにて、心ばかりのお誕生日会を行いました。大きなプリンに、クリームやチョコで彩りを付け、目でも舌でも楽しんでおられました。一緒にお誕生日会に参加したご利用者も、おいしそうなプリンに、ニッコニコです。

 

H25賀寿5   H25賀寿6

 

万葉園では、100歳を迎えられたご利用者が2名となりました。

これからも、1日1日を健康に笑顔で過ごして頂きたいです。

【文:星】


【佐々木家にも…】

カテゴリー: 16時54分53秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 1121日ついに佐々木家にも除染の順番が回ってきました。

それに伴い、佐々木家の玄関を彩っていた母親自慢のガーデニングを撤去する事になりました。小さい頃は「出入り口にこんな草花ばかり…邪魔だな」と思っていましたが、いざ何もない閑散とした玄関を見ると寂しい気持ちになりました。

冬が過ぎ、また新しい草花が佐々木家の玄関を彩ってくれる日を楽しみに待ち侘びながら、一日一日を過ごしていきたいと思います。

佐々木家の一部からは「もう充分じゃない?」との意見もあり、母親のガーデニングに関しては賛否両論の状態です。今後の進展にご期待を…。

【文:佐々木】


2013年11月29日(金曜日)

「なごみの家 紅葉ドライブ」

カテゴリー: 01時28分35秒


11月の第2週目から3週目にかけて、鹿島区の宝蔵寺・真野ダムへ紅葉ドライブに行ってまいりました。


利用者の皆さんはドライブなど外出が好きな方が多いので、車に乗車後すぐに笑顔が弾けていました!


普段何気なく見ている景色でも車内から見ると「あんなに柿がなってて、今にも落ちそうだね」「今日はすごく天気が良くて気持ちが良いね」と、とても新鮮なようでした。


 


真野ダムでは、紅葉もちょうど良い頃合いで、車から降り「綺麗だね」「もうこんな季節なんだね」と、間もなく冬を迎えるこの季節をそれぞれ感じられていたようです。

宝蔵時では大きいもみじの木が真っ赤に紅葉しており「見事なもみじだねー」と皆さんしばらく眺められていました。

  

 

 

帰園後も「本当に綺麗だったね」「行って良かった」との声が聞かれ、皆さんそれぞれ楽しまれ、気分転換されていたようです。

 

また来年も素晴らしい紅葉を見に行きましょうね!

 

                       <介護職員 水戸>

 

 


2013年10月28日(月曜日)

万葉園・たんぽぽ・なごみの家運動会開催

カテゴリー: 03時18分49秒


10月に入り朝、夕と少し肌寒さを感じてきた頃、10月4日 天気秋晴れ 万葉園にて


運動会が開催されました。開会式で施設長の挨拶後、ラジオ体操で身体を整え、応援グッズを手に取り、利用者様の表情は少し緊張されているようにも見えました。


種目は、力比べ競争、テーブル玉投げ、玉入れ、ペタンク。競技の前に職員が説明


をしてくれたので利用者様は困ることなく競技に参加でき、普段とは違う利用者様


の表情が見られ笑顔や笑い声の中競技が進んで行きました。


 


力比べ競争では、あまり引っ張りすぎても負けそうで、参加した方は引っ張ったり


引かれたりと少し加減しているようにも見えました。テーブル玉投げは思ったより玉が沢山あり、参加した方は相手チームに球を投げても投げても相手チームから投げられるので真剣な表情でした。ペタンクでは球を投げずに、そのまま的に歩いて行っている方もいました。団体競技の玉入れは、皆さん椅子に座っていたのに力が入ったのか、立ち上がってかごに球を入れている方もいました。玉入れはたんぽぽとなごみの家で対戦して同点でした。


点数はあまり気にせず、怪我なく終えられた事、童心にかえって参加できたこと、笑顔や笑い声の絶えない運動会でした。

 

 

 

 

                


2013年10月25日(金曜日)

【敬老会】

カテゴリー: 17時17分28秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 9月18日(木)万葉園大食堂にて厳かに敬老会が執り行われました。

今年、万葉園の賀寿者は、傘寿(80歳)1名、米寿(88歳)3名、卒寿(90歳)2名、百寿(1名)、101歳1名と、長寿大国日本を象徴するかのように元気に長生きされておられる方々が8名おりました。

 まず施設長挨拶からはじまり、賀寿授与式へと移りました。賀寿者の皆様は、赤いちゃんちゃんこを身に纏い、少し緊張の面持ちで名前が呼ばれた順に施設長の前へと進み、賞状の入った額を手渡されるとうっすら笑みを浮かべうれし恥ずかしそうな柔らかい表情を見せ喜ばれておりました。

 授与式後、あきえ会の皆様による催し、はらのまち小唄から始まり利用者様、賀寿者ご家族様も交えての盆踊りまで、歌や踊りで会を盛り上げて頂き、楽しく過ごすことが出来ました。

 敬老会に参加して感じたのは、ここにいらっしゃる利用者の皆様をはじめ人は生まれてくる時に拳の中に運命を強く握り生を受け、長い人生を迂余曲折さまざまな道を経て今、現在を力強く生きていること、長い人生の中のほんの少しでも利用者様の人生に関わりが持てたこと嬉しく思い、今日元気に笑顔でこの日が迎えられた賀寿者の皆様の姿に感激しました。

                                         【担当者:高橋】


2013年10月20日(日曜日)

『25年度 万葉園・たんぽぽ・なごみの家 合同運動会!』

カテゴリー: 14時20分50秒

■■■特別養護老人ホーム 万葉園■■■

  10月4日()、万葉園の大食堂にて、万葉園・たんぽぽ・なごみの家合同運動会が開催されました!

運動会は、午後からなので昼食は豪勢にお重を出していただき、「運動会だからか?おいしそうだ。精がつくからがんばるべ!」と始まる前から、皆さんやる気満々です。

  H25合同運動会7.jpg     H25合同運動会1.JPG 

 14時から大食堂へ移動され、全員集合〜。

 前回の優勝、ほのぼのチーム代表、但野充様よりトロフィーの返還と選手宣誓を告げられ、いよいよ運動会の開幕です!!

今年は、台を両側から紐で引っ張ったり緩めたりし、相手側ボールをに落とす“力比べ”、

テーブルを使って、相手側にたくさんの玉を投げ、自分の台の玉が少ないほうが勝ちの“テーブル玉投げ”を競技に取り入れ、新しい競技にも皆さん真剣に勝負をされていました。

   H25合同運動会 2.JPG      H25合同運動会3.JPG

 

  とくに、力比べではボールが落ちるのが応援席からも見えるので、「おお〜」や「あ〜」などの歓声が大きく上がりました。

その後には、去年大逆転を見せたペタンクを行い、最後に全員参加の玉入れをしました。実習に来ていた、石神中学校の4人の生徒さんもラストチャンスのペタンクに参戦です!

どの競技も、太鼓の音やカスタネットなど応援も盛り上がり、ご利用者も競うことを楽しまれていました。

  H25合同運動会4.JPG      H25合同運動会 5.JPG

 

               H25合同運動会6.JPG

 

今年度の優勝は、接戦の末、たんぽぽチームが1位を獲得し「優勝できてうれしいです」と満面の笑みが見られていました。本当にどのチームも手に汗握る良いプレーを見せてくださいました。お疲れ様でした。

                    【文:介護職員 星


2013年9月29日(日曜日)

万葉園、たんぽぽ、なごみの家 合同敬老会

カテゴリー: 18時15分13秒

 


 平成25年9月18日(水)万葉園にて敬老会がありました。

 利用者さん全員で参加しました。なごみの家からは2名の方が、米寿と卒寿の賀寿状を頂きました。前日から「何を着て行こうか?」と衣装を選ばれていました。当日もお化粧をし、おめかしして出掛けました。嬉しそうな表情で施設長から受け取っていました。

  

 

 そして、次のお楽しみは「あきえ会」の皆さんのステージです。

あきえ先生の歌、会員の方の踊りを見せて頂きました。「相馬盆歌」では、「一緒に唄おう」と先生からお声が掛かり、素晴らしい歌声を披露した利用者さん、踊りの輪に参加した利用者さんそれぞれ、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

  

 

  

 敬老会が終了した後は、なごみの家に戻り昼食です。

御赤飯、刺身、煮しめ、お吸い物、果物とお祝いのメニューでした。写真がなくて残念です。おやつには紅白饅頭があり、最高の敬老会だったと思います。

 

あきえ会の皆様、ありがとうございました。

利用者の皆さん、身体に気を付けてもっともっと長生きして下さいね。

                          〈介護職員 鈴木〉


 


2013年9月24日(火曜日)

【仙台七夕】

カテゴリー: 17時22分52秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 81日から17日までの期間に、万葉園でも毎年恒例の仙台七夕飾りを各エリアと今年は大食堂に1つ飾りました。初めて七夕飾りを担当し、会議の時に「キャラクターが良いね」との希望があり、自分なりに誰でも馴染みがあるものは何か考えてドラえもんにしてみました。ザルで立体感を出し、お花紙で雰囲気が出ればと思い作成してみましたが、展示中に飾りが落ちてしまい何度も貼り直しするというアクシデントもありましたが、利用者やご家族の皆さんには喜んでいただけたと思います。来年はどんな飾りが飾られるか楽しみです。

     no title         H25仙台七夕2.JPG

                       【文:寺岡孝文】


2013年9月3日(火曜日)

万葉園・たんぽぽ・なごみの家合同納涼祭

カテゴリー: 21時21分50秒


平成25817()、万葉園にて納涼祭が開催されました。


乗車すると、「今から行くぞ。」、「祭りだ、楽しみだな。」と


大盛り上がりです。

 

 

 

 

 利用者代表挨拶では、今年は「なごみの家」でした。名前を呼ばれると緊張されているもマイクの前に立つと堂々と挨拶をされていました。

 


 


 

 催し物では、フラダンスや歌謡ショー、太鼓演奏が始まると手拍子や足でリズムをとるなど楽しまれていました。

盆踊りでは、「昔はよく踊ったな。」と懐かしそうに踊られていました。

 

 

 

 


最後の打ち上げ花火では、皆が夜空を仰ぎ、夜空に咲く花火に拍手されていました。



「レイモミ・パートナーズ相馬フラクラブ様」、「浜名紀雄様」、「真野小学校万葉太鼓クラブ様」、「万葉園ボランティア様」楽しい夏の夜のひと時をありがとうございました。

                         <介護職員 栃本>


 



 


 

 


2013年8月23日(金曜日)

万葉園からこんにちは〈第23回〉

カテゴリー: 17時20分49秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私事ですが(いつも私事ばかり書いてはおりますが)、私の家では梨の栽培をしていましたが、今年、全て伐採しました。原発事故のせい、という訳ではなく、家族の高齢化が理由です。1本くらい残しておいたらいいのに、と思うところですが、それならその木の手入れを私ができるかと言われれば‥‥。剪定、受粉、摘果、病害虫の防除、草刈、鳥よけのネット張りなどなど。日々の手入れがあってこその秋の収穫なので、特養事務員との兼業農家の覚悟はできません。なにより、そこまでするほど私は梨が好きではないのです。

 とは言え、原発事故前は南相馬福祉会職員の皆様に大変ご愛顧いただきました。秋になると毎朝、袋いっぱいの梨を抱えて出勤するため、それを見たケアハウスのご利用者にも「売ってもらえる?」と聞かれたほど。お世話になりました皆様方、本当にありがとうございました。この場をお借りいたしまして、お礼申し上げます。

                            【文:但野】


2013年8月17日(土曜日)

「相馬野馬追〜騎馬武者・流れ山踊り〜万葉園にて見学

カテゴリー: 03時45分04秒


平成25年7月27日(土)グループホーム「なごみの家」の利用者は、


「万葉園」に騎馬武者・相馬流れ山踊りの見学に行きました。


何日も前からこの日を楽しみにし、CDの「相馬流れ山」に合わせ唄ったり


手踊りをされ待っていた利用者の皆さん。


当日の天気は今年は梅雨明けしておらず、曇り空で思ったより過ごしやすく


見学日和でした。

 

 


 


騎馬武者4頭が「万葉園」に到着すると「ワー」と歓声があがり、席から身を

乗り出す様に見られ「馬を見るとせいせいする」「楽しかった」と昔を懐かしまれて

いました。

 


 


「相馬流れ山踊り」は、鹿島中学生を含め総勢60名の披露で迫力があり

利用者も野馬追いの雰囲気をあじわう事が出来ました。

曲が流れると一緒に唄われたり、手拍子される様子見られました。

 

「北郷騎馬会」「相馬流山伝承保存会」の皆さん ありがとうございました!!

又、来年楽しみに待っています!

<介護職員  佐藤>


 


 


 


 


2013年8月10日(土曜日)

【暑中お見舞い申し上げます】

カテゴリー: 14時37分30秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 7月27日〜29日は相馬野馬追いでした。街は野馬追いの旗が並んで「今年もいよいよ」という雰囲気を醸し出しておりました。

 そんな中私事ではございますが、6月末に日本赤十字社救急法救急員養成講習を3日間の日程で事故や急病、災害時等を想定した救命手当、応急手当等を受講しました。最終日に行われる筆記試験および実技試験に合格し、日本赤十字社 救急法救急員として認定され認定書が交付されました。

 私達は、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるか分かりません。そんなときに、家庭や職場でできる手当を病院に到着するまでに応急手当てをすることで、けがや病気の悪化を防ぐことができます。

まず、119番通報をして救急車が到達するまでの間に救命処置、つまり心肺蘇生法を行い、AEDを使います。救急車が到達したら、救急隊員に引き継ぎます。

この救命リレー( 早い119番通報 早い応急手当 早い救急処置 早い医療処置  )をしっかり、あわてず行う事の大切さを学びました。

 

 

【文:川村】


【6月行事・宴 会】

カテゴリー: 13時45分39秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 平成25625日(火)万葉園で初めての『宴会』が開かれました。

利用者の皆さんにとっては、宴会なんてかなり久々のことで、きっと想像するに冠婚葬祭や地域の会合などでみんなで一杯…なんて、そんな感じでの宴会経験なのでしょう。

 午前11時宴会がはじまり、施設長挨拶ののちボランティアの皆様のすばらしい社交ダンス、レクダンス、どじょうすくいを披露して頂きました。利用者の皆さんは踊りを真剣に観賞され、時には楽しそうな表情で笑みや笑い声が聞かれておりました。その利用者の皆さんの後方では、本格寿司職人さんによる本物の握り寿司やちらし寿司を利用者の皆さんと職員分を作って頂きました。握りたての寿司を食するのは、利用者も職員も久しぶりなので昼食は、最高の一時でした。美味しいお寿司に舌鼓を打ち楽しい宴会は終了しました。

 今回はじめて宴会を開いてみて、普段の食事形態と違う形態で握り寿司やちらし寿司を召し上がられている利用者、普段以上の食事量を召し上がる方が多く、老若男女問わず美味しいものはどんなことをしてでも食べられるもんなんだなぁ〜、要するに美味しいものは別腹?ちょっと違う気がするけど、利用者の皆さんも職員も満足でした。また、食べたいです!

 宴会にご協力いただいたボランティアの皆様、寿司居酒屋 青くじらの皆様ありがとうございました。

 

H25宴会1.JPG   H25宴会2.JPG

 

H25宴会3.JPG   H25宴会4.JPG

                      【文:高橋】


2013年7月30日(火曜日)

【誕生会ケーキ作り】

カテゴリー: 15時58分09秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 こんにちは!今年も半分が過ぎてしまいました。梅雨冷えが肌寒く感じられますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

たんぽぽでの誕生会(ケーキ作り)の様子を紹介したいと思います。

今井 88回目の誕生日を迎えられ、米寿のお祝いも兼ねて赤いちゃんちゃんこを羽織り、本人希望のケーキ作りを行いました。フロア中央にテーブルを並べ、利用者の皆さんで協力しながらスポンジケーキに生クリームをたっぷりと塗られたり、果物を沢山飾りつけ豪華なケーキの出来上がりです。完成後ハッピーバースデーを歌い“お誕生日おめでとう”と他利用者の方から祝福され満面の笑みを浮かべていらっしゃいました。今井 氏より「お祝いしてくれてどうもありがとう」と嬉しそうにお礼の言葉を述べられました。

 

          25年5月誕生会ケーキ作り.jpg   

 その後、人数分にカットする場面では「上手く切れっかな…崩れないか…」等の言葉や笑いがとびかいます。職員は慎重に包丁を入れ「あぁ〜崩れる〜倒れる〜崩れてしまった…」大丈夫、大丈夫とご利用者から慰められ、どうにか切り分けすることができました。皆さん甘いものが大好物なので「美味しい、うまい」ととても好評でした。

ケーキを召し上がった後はご利用者、職員と一緒に「長生き音頭」を踊ったり、カラオケを歌うなど楽しいひとときを過ごされました。

年に一度きりの誕生日…幾つになっても嬉しいものですね。

【文:石橋】


2013年7月26日(金曜日)

【映画鑑賞会】

カテゴリー: 18時56分17秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 69()、万葉園集会室にて映画鑑賞会を開きました。

 タイトルは「日本一のホラ吹き男」主演は植木等さんで、吹いたホラを全て実行していくサクセスストーリーでした。言い方や発想がとても愉快で、一緒に観ていた私もこの後どうなるのか気になりながら観ていました。そして、モノクロの感じが利用者様にはとても懐かしい感じがあったと思います。

 また、公演前には野馬追いの映像を流し待ち時間も楽しめたと思います。

 

H25映画鑑賞会d1.JPG      no title    

 

 

 

【文:寺岡孝文】

 

 

 


2013年7月8日(月曜日)

なごみの家 ミニ花壇

カテゴリー: 10時20分40秒


昨年の秋からなごみの家鉢植えに水遣りや枯れた花の手入れ、花植えをしてくださる地域の方がおります。


仮設住宅にお住まいの方で、いつも施設周辺を散歩している時、花好きがこうじて枯れていたり、空のプランターがあるとほっておけないということで手入れや花植えをしてくださっています。今年の6月には、職員が枯れた花の土を施設軒下に置いておいたら、ペチュニア等の花を植えてくださりミニ花壇に早変わりしなごみの家の憩いの場となっており利用者の目を楽しませてくれています。


施設だけでなく仮設住宅の軒先にはたくさんの花が咲き乱れており、利用者と散歩していると季節を感じることができ心が和んできます。

 地域の皆様の心温まる支援をしていただき有難うございます。

 

                                   【文 伊関】


2013年6月21日(金曜日)

【万葉園・たんぽぽ・なごみの家の新茶の会】

カテゴリー: 14時10分41秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

530日(木)午後14時より万葉園大食堂にて、万葉園・たんぽぽ・なごみの家の新茶の会を2年ぶりに開催しました。裏千家福島県いわき支部 古和田宗芙社中の先生方5名が、立礼によるお茶のお手前を披露してくださいました。

参加された利用者の皆様は、2年ぶりの新茶の会の雰囲気を楽しまれながら、お菓子と新茶を一服味わわれました。参加者の中にはご自分でお茶を点て召し上がられる方もいらっしゃり大満足の様子でした。参加された利用者様を代表された方から「2年ぶりの新茶は大変結構なお味でした。」とお礼の言葉を述べられていました。

【文:原千秋】

 

H25新茶の会1.JPG     H25新茶の会2.JPG     

 

H25新茶の会4.JPG     H25新茶の会3.JPG     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2013年4月1日(月曜日)

【先輩職員の方達に感謝】

カテゴリー: 11時10分52秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私は現在、万葉園で介助員として1530分から21時まで勤務しています。施設内は4つのエリアに分かれています。1つのエリアには留まらず、各エリアの遅番者(又は夜勤者)に状況を尋ね、見守りや一緒に介助等を行っています。

介助員として勤務し全エリアに関わるようになり、ご利用者の顔と名前が一致し特徴が分かるようになり良かったと思っています。また、先輩職員の方達がご利用者個人に合わせた介助方法やアプローチを常に考え、実践されて勉強になります。

4月から介護職員として勤務になります。先輩の方達から助言頂いた介助方法やアプローチを実践し、ご利用者が楽しく、安全に、その人らしく生活出来るように頑張ります。

【文:島抜 かおり】


2013年3月27日(水曜日)

【となりのトトロの都市伝説】

カテゴリー: 13時56分51秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

万葉園に入職し8ヵ月たちました。

ほとんど病院勤務だった私にとり、施設の仕事は病院の送迎が一番慣れなくて大変でした。まずはご利用者と職員の名前を覚えることから始めました。

今では業務の内容も少しずつわかり、職員のみなさんに教えてもらいながら仕事しています。

最近ちょっと驚いたことは<となりのトトロの七不思議>です。

池にあったサンダルは本当はメイのもので、メイ水死していました。サツキはメイに会う為に自ら命を捨てる選択をします。そう、2人は死んで幽霊になったのです。

猫バスはこの世とあの世を結ぶ乗り物で、トトロは死神なので、どちらも死んだ人や死の近い人にしか見えません。木の所で、メイとサツキに「笑った感じがする」と言われたお母さんも死が近いと言うことです。

モデルになった所沢の少女殺害事件は5月に起きて、名前がサツキ(5月)メイ(5月)とつけられた・・・・

この作品は子供も喜ぶ夢のあるアニメだから教えたくないですね。

興味のある方はネットで検索してみて下さい。

今後も引き続きよろしくお願いします

 

【文:松野照美】


2013年3月25日(月曜日)

【私のおじいちゃん】

カテゴリー: 10時23分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今年1月8日、脳内出血で祖父が亡くなりました。

昨年1226日、車の運転中に症状が出て事故を起こし病院へ運ばれました

段々日が過ぎていくのにつれ、祖父の体は全身麻痺の状態になっていき、左脳に出来ていた内出血も右脳にまで広がっており、また肺炎も起こし状態は悪化していました。

年を越す事は出来ましたが、兄が見舞いに行った日の夜息を引き取りました。

(兄は祖父が入院してから一度も見舞いに行かなかったのです)

きっと祖父は「皆の顔見るまでは…。」と思っていたのかもしれません。

私は父を幼い頃に亡くし、祖父が父代わりとして私達を可愛がってくれました。

(休みの日には何処かへ連れて行ってくれたり、学生の頃は送り迎えをしてくれたりしました)また、農業や大工仕事が好きで、田んぼや畑を作ったり、人から頼まれたら日曜大工に取り組んだりと、人が良く優しい祖父でした。

しかし、未だに祖父が亡くなったことが実感出来ません。時々夢を見たり気配を感じたりします。

先日、副施設長より一冊の本をお借りしました。「死んだらおしまい。ではなかった」と言う本で、故人の霊魂を感じられるお坊さんの体験談です。

この本を読んで、亡くなった本人の行動・供養の必要さが分かった気がします。

今まで私達は祖父に頼りっぱなしで、祖父は疲れたかと思います。

今更こんな事言うのは遅いですが、ごめんなさい。ありがとう。と感謝しています。

これからは私達兄妹で頑張り家を守り、祖母の事も守っていきますので見守っていて下さい。(笑)

 

【文:深澤 望】


2013年3月14日(木曜日)

【 春の訪れ 】

カテゴリー: 13時34分26秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  春の来るのは、まだまだ先の事だと思って過ごして参りましたが、すぐそこまで来ているのが感じられるこの頃です。万葉園利用者の皆さんの服装も、日1日と薄着になられています。外をみて過ごされるご利用者は「あったかくていいな〜そろそろ花さくべ」と表情も明るく、春の訪れを楽しんでおられる様です。私事ではありますが、我が家にもかわいい春が訪れます。息子の結婚が決まり、娘となる、お嫁さんが春と一緒に訪れる事になりました。思えば、私たちが結婚した年齢で息子も結婚となり、感慨深いものがあります。震災を経験して、その日一日を無事で暮らせる幸せを痛感しました。そのささやかな幸せが続く事を願います。

 

【文:岡崎 恵美子】


2013年3月11日(月曜日)

【入職して1年】

カテゴリー: 16時30分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 早いのか、遅いのか、入職して1年になろうとしています。始めは、新しい職場で働くことの新鮮な気持ちと、これから迎える毎日に楽しみを感じていました。が、それは最初だけでした。1日の業務や覚える事が多い事と時間に追われる毎日に、自分の仕事に対する価値観、自分の理想や想いは変化していき、自分の知識や技術に対する自信はなくなり、ここで自分は働けるのか不安や悩みでいっぱいになっていきました。「今日1日頑張ろう。」「午前中頑張ろう」「この業務が終わるまで頑張ろう」と自分の目標、壁を設定しながらの毎日でした。また、家に帰ると、ゆずの「栄光の架橋」を聴いて自分を奮い立たせていました。ですが、自分の悩み等を聞いてくれる職員が居て、また自分を必要としてくれるご利用者が居る事を実感すると、少しずつ自分の気持ちも楽になっていきました。

目標や壁を超える事ができると、まだまだ自分は成長出来るのだと思え、また仕事が楽しく感じる事が出来るようになりました。1年を振り返り、介護職の難しさを更に感じていますが、「やっぱりこの仕事が好き」という気持ちを武器に、日々の業務とご利用者の生活に関わっていきたいと思います。

【文:寺岡 孝文】


2013年2月26日(火曜日)

万葉園からこんにちは〈第22回〉

カテゴリー: 10時41分38秒

 

 先日開催されたグループホームたんぽぽ運営推進会議にて、鹿島区の歴史民俗資料館が震災での被害により取り壊しとなり、このとき、資料館裏の大きな桜の木も伐採してしまうとの話題が出ました。会議に出席されていた委員の方から「利用者が(桜の花を)とても楽しみにしているのですが」、「どこかに移植できませんか」とのご意見が次々に出ました。

 

 伐採の話については、私も会議録のメモを取りながらとても驚きました。目立つ場所ではありませんが、桜の季節にはそれは見事な花を咲かせます。たんぽぽのご利用者はご自分の居室からも花を楽しめます。切ってしまうのはなんとも惜しい…。桜は挿し木で増やすのは難しいようですし…。

 

 会議中、「桜が欲しい方が個人で移植するのはかまわない」という市職員の方の意見も出たため、いっそ我が家の梨畑に移植してしまおうか、とも半ば本気で思いましたが、会議後、施設長から「500万円くらいはかかるかも」などという話を聞き、沈黙。また、立派な桜なので、我が家の梨畑よりも大勢の人に見てもらえる場所に移植したいものです。

 

 どなたか、良い知恵と財力と土地をお持ちの方はいらっしゃいませんか?         

資料館の桜 資料館の桜

【文:但野】


【久しぶりの雪山へ】

カテゴリー: 10時34分42秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 こんにちは。まだまだ寒い日が続いていますね…。

朝が苦手な私は、なかなか布団から出られない毎日を過ごしています。

そんな寒い中、2年間行く事をためらっていたスノーボードに今年はチャレンジしてきました。

今でも忘れられない初めてのスノーボード…。

転倒に転倒を重ね、全身の筋肉痛、そして両太腿に綺麗に出来た一直線の内出血。

私の意欲をなくすには十分すぎる内容でした。一緒に行った職員さんに丁寧に教えて頂き、なんとかその1日でターンが出来るまでになりましたが、やはり恐怖心は無くならず、2年間躊躇していました。

しかし!!!!!一念発起し、今年こそはと1月に行ってきました。

先輩職員さんに優しく教えて頂き、今回は内出血を作る事も、派手に転倒することなく楽しく滑ってくることが出来、2年前では考えられかった「また行きたい」と話している自分がいてびっくりしてました。

 

雪のシーズンが終われば、次は大好きなディズニーリゾートに行く季節!!夢の国で、ミッキーやドナルドに早く癒されたいと今から妄想を膨らませてニヤニヤしている毎日です(><)

【文:山崎 由日利】


2013年2月21日(木曜日)

【初めての妊娠】

カテゴリー: 16時01分47秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 結婚から約1年経ち、現在初めてのマタニティーライフを体験中です。

妊娠してみて初めて分かることも多く、つわりの時期は今まで好きだったものが食べられなくなってしまったり、常に気分が悪く口にものを入れていないと吐気があったり…と今までに体験したことのないことをたくさん体験しました。

 

つわりがおさまり徐々にお腹が大きくなってくると、妊娠しながら仕事をすることの大変さがわかりました。

一緒に働く職場の人達には何度も助けられました。

今までの経験から助言をして下さる方、「お腹に力を入れちゃ駄目だよ」と移乗介助を代わって下さる方、初めてのことで不安な私の話を聞いてくれる方…いろんな方の協力を得ながら何とか無事に産休に入ります。

利用者の方もお腹を見ると「何カ月なの?」「女の子?男の子?」と嬉しそうに聞いてくださり、「昔は産婆さんなんていなかったから自分で取り上げたんだ」「子供産むギリギリまで畑仕事してたんだ〜」と自分の体験談を話して下さり、現在は昔に比べるととても恵まれており、とても大変な状態で出産、子育てをおこなっていたんだなぁと思いました。

性別は女の子。今は名前を考えたり、子供の為におくるみを作ったり、胎動を感じたりすることが凄く幸せです。

 

南相馬福祉会に勤めてもうすぐ8年。

震災の時に2カ月ほど休んだのが一番の長期の休みだった私にとって、こんなに長い期間職場を離れるということがなかったのでとても不思議な感じがします。

出産や子育てにたくさんの不安はありますが、旦那さんやお互いの家族と協力しあって楽しみながら残りの妊婦生活、そしてお母さんになる喜びを感じていきたいと思います。

【文:細野絵美】


2013年2月8日(金曜日)

【エール!】

カテゴリー: 13時48分06秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■ 

 

 先月の131日(木)に長らく万葉園に勤務されてきた副主任介護職員と看護職員が、新しく開所する石神のグループホーム、デイサービスへ異動となり万葉園ご利用者と職員に見送られ新たな場所へ旅立って行きました。

  今まで2人には、色々なことを教わり、時には励まされ今日に至り…

見送る私たちは、寂しくも悲しくもあり「明日から今までと同じように頑張れるだろうか…?」と不安もあったけれど、見送られる2人はもっと寂しく、新しい環境で一から築かなければならない物ごとの大きさに不安は尽きないでしょう…。

出会いがあれば別れはつきもので、同じ法人で働く限りご利用者へ提供するケアの方法や場所が違うだけで、いつか再会した時にお互いに今以上に職員として成長できているよう、その時を楽しみにこれからの逆境や困難もお互いに踏ん張って頑張ろう!!

また会う日まで…!!

【文:高橋まり子】


2013年2月7日(木曜日)

【社会人・介護職員になって】

カテゴリー: 18時02分33秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

昨年高校を卒業し社会人になりました。初めての環境、覚えなければいけない事など沢山あります。特に言葉遣い・・・。今まで気を付けてはいましたが何気ないところで先輩職員に指摘され、自分が丁寧な言葉を遣っていないことに気付きます。

自分がなりたくて選んだ介護職。実際に勤めてみて大変だと思うことは沢山あります。利用者の方と話してみると、今さっきまで話していたこと、私が聞いた事と全く違う話や答えが返ってきたりし、始めは戸惑いました。これが認知症だと知りました。今でも戸惑うことは沢山あります。しかし、そういった認知症などを理解し、今まで知らなかったことを知り、勉強をしていかなければいけないと思いました。

 

 

私の夢は先輩職員の皆さんのように高齢者を思いやり、その人にとって何をすればより良い環境なのかを自分で考えられる、そんな介護職員になることです。今はまだまだ先輩職員の皆さんに指導していただく毎日ですが、社会人としての自覚を持ち日々努力していきたいと思います。

【文:佐藤真希子】


2013年1月29日(火曜日)

【 お正月なんですね 】

カテゴリー: 10時26分12秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■  

 

いろいろと慌ただしく年が明け平成25年になりました。

鹿島区を含む南相馬市ではインフルエンザが流行っていて万葉園でも職員は終日マスク着用しています。

さて、お正月といえば初詣や鏡餅作り、あるいは神楽舞などの行事がたくさんあります。今回はその中でもご祈祷祭について書きたいと思います。

今年も前年と同じく、鹿島区の男山八幡神社さんにご祈祷を依頼し、来て頂きました。

普段いろいろとお話しされるご利用者も、ご祈祷の際は真剣な面持ちで見ておられ、祝詞をあげる様子をじっと見ておられる様子が印象的でした。

また、終わった後でご利用者様から「やっと正月という気分になった」とのお話もあり、やはりお正月の行事というのは日本人にとって特別なんだなと感じました。

 来年も、ぜひお正月の行事の催しをいろいろとしてみようと思います。

 ご祈祷

【文:只野 達生】


2013年1月11日(金曜日)

【 平和って…? 】

カテゴリー: 13時56分19秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

Facebookでの事……。内戦で犠牲になった我が子を抱っこし最後のキスをする父親の写真が投稿されていた。見た瞬間、心が凍り涙があふれて止まらなかった…。二度と見たくない。と思いながらも何度も見てしまう。やはり、心が凍る。悲しみの他にも怒りがこみ上げてきた。なぜ幼い、何の罪もない未来のある子供が犠牲になるのか。人の命を簡単に奪い、その代償は何なのか…。権力のある大人の勝手な考え。それに振り回される国民…。いろんな事を思うと、心も頭も痛くなる。そして何も出来ない自分にも。平和を願い、祈る事しか出来ない自分。毎日の生活を送るのが精一杯で、そんな悲劇が起きている事を忘れてしまう。結局、私も勝手な大人の一員なのか…。

どんな気持ちで我が子に最後のキスをしたのか…父親の気持ち。子供はどんな気持ちで最後を迎えたのか…。皆さんも考えて下さい。

どこかの国で起こっている現実…。どこかの国の子供達が犠牲になっている現実…。我が子の命が奪われる現実…。

私達に出来る事って…。何かあるのかな…。

【文:荒 里美】


2012年12月25日(火曜日)

【子育てと出産】

カテゴリー: 13時38分36秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今現在、私は三回目となる出産を控えています。年齢も年齢なので不安もある中で家族、職場の仲間に支えられながら仕事と子育てを両立しています。

 上の子が2人とも男の子なのでやんちゃで大変ですが、そのやんちゃが私の日々の活力でもあるので、元気なら男の子でも女の子でもいいのですが、また男の子に恵まれたらちょっと楽しいだろうなぁ〜なんて考えて1人でにやけてしまう時もあります。

 最近、長男が幼稚園で唇を縫う大怪我をしてしまい何も出来ない自分が情けなく涙の日々を送っていましたが、自分が思っている以上に子供が強く、子供に慰められることも多々あり(・。・; 日々、子供が大きくなっているんだなぁ〜と実感させられました。

 来年にはまた子供が増え、大変になると思いますが、また皆さんに迷惑かけながら職場復帰したいと思っています。

【文:谷津田 奈美江】


2012年12月21日(金曜日)

【クリスマスイルミネーション】

カテゴリー: 13時47分43秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 建物や並木道はイルミネーションで色鮮やかに彩られ、すっかり冬ですね。

先日、鹿島と原町にイルミネーション見学にご利用者と外出しました。

とてもきれいに飾られており、ご利用者も「きれいだな〜」と感動されておりました。

万葉園でもイルミネーションの飾り付けをし、今年は本物のモミの木も飾る事ができました。来年は、「もっと素晴らしい飾り付けがしたいな〜」とイルミネーション見学で強く感じました。

 イルミネーション

【文:掃部関 美恵】


2012年12月4日(火曜日)

【結婚記念日】

カテゴリー: 11時29分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

19歳で結婚し今年で結婚生活12年が経ちました。長いようであっというまに時間が過ぎました。子供も3人授かり日々幸せす。

毎年結婚記念日のお祝いをしていたのですが、大事な結婚記念日を私が忘れていて・・・。仕事から帰ってきた夫がニコニコしながら「今日何の日だ」って言われケーキを渡され・・・?

私は・・・(?_?)カレンダーを確認し「あ〜」(_)!!と思いだし夫に謝りました。()

夫が買ってきたケーキを家族で美味しく頂きました。来年は結婚記念日を忘れないようにしたいです。ヽ(^o^)丿

                                   【文:佐藤久実子】


2012年11月21日(水曜日)

【芋煮会】

カテゴリー: 09時59分56秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 日増しに秋も深まり、ゆく秋をおしむかのように、落葉が風に舞っている今日この頃。万葉園では食欲の秋と言うことで芋煮会を開催しました。

まず材料ですが、豚肉、里芋、大根、人参、長葱、豆腐を使用し、芋煮をつくることにしました。

料理開始となると、利用者の方は昔から、主婦として長年料理を作られていたのでしょう。手早く包丁を手に取りトントントン、ザクザクザクと包丁のいい音が施設内に響き渡り、傾眠がちな利用者の方もいつもと違った生活音に、目を開き、料理する利用者の方をまじまじと見ていたのが印象的でした。

芋煮は、利用者の方のご協力もあり、とても美味しくできあがりました。また、多数の利用者の方から「美味しかった」「また、明日芋煮会やろうか」と満足の声が聞かれました。芋煮会を通じお腹も心も温まる良い機会となり、「また来年も開催したい」と強く感じた行事でした。      

24 24芋煮会24芋煮会 24芋煮会

【文:高玉雅利】


2012年11月15日(木曜日)

【冬がやって来る・・・】

カテゴリー: 10時30分48秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

草木の葉の色も赤や黄色と深く染まり紅葉が綺麗な今日。木によっては落葉も始まり、一年で一番嫌な季節『冬』が徐々に迫ってきているのを感じてしまいます。寒い上に暗くなるのも早い、明るくなるのも遅い・・・最悪です。この先ずーっと秋だったらいいのにと思えてしまいます。

しかし、そんな最悪な冬でも唯一楽しめる冬だけの遊び場『ゲレンデ』の情報を定期的に調べてしまいワクワクしてしまっている今日この頃。

早く雪が降ってほしいやら降ってほしくないやらで複雑な心境です。

【文:水戸 康雄】


2012年11月9日(金曜日)

【夜の開花】

カテゴリー: 11時23分59秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

こんにちは!最近、曇りや雨が多くはっきりしない天気が続いていますが、皆さんはお体を崩されたりしていませんか?私も流行に乗ってしまい、10月の半ばより喉風邪の治癒に没頭しておりました。普段は気付きにくいのですが、健康が一番ですね。ご利用者様は風邪を引かれることなく、毎日笑顔で迎えてくれます。鍛え方が違うのでしょうかね?

さてさて、万葉園のステーション窓側。ちょうど駐車場側になります。そこに月下美人の鉢植えがあるのをご存じでしょうか?今年も、大輪を2つも見ることができ、香りと共に楽しませてくれました。月下美人は、1つの蕾を1晩だけ咲かせる花です。夕方に蕾が膨らみ始め、夜7時には満開でした。その蕾も、朝日が出るころには小さく閉じてしまい頭を下げてしまっていました。ほんとに貴重な時間ですね。なかなか咲いているところをご利用者様が見るのは難しい為、カメラで撮ってみました。

来年は、香りを残す方法も探してみて、是非香りと共に楽しんで頂きたいです。

月下美人

【文:星 希弥】


2012年11月6日(火曜日)

【万葉園・たんぽぽ・なごみの家運動会】

カテゴリー: 09時37分08秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

1019日(金)、午後から万葉園大食堂にて、万葉園・たんぽぽ・なごみの家の合同運動会を開催しました。どこのチームも気合充分な様子で、種目全てに真剣な表情が見られました。また、今年は去年とは一味違った種目を取り入れてみました。最後に行ったペタンク競技では点数の差が付き逆転勝利を掴む程で皆さん真剣勝負。

今年は万葉園ほのぼのエリアチームが1位でした。

中には「1位取れなかったなぁ」と残念がられる利用者さんもいましたが「みんな良く頑張った」と自分たちのチームで励まし合っている姿見られました。

また、来年も大いに盛り上がる運動会にしたいです。

運動会 24

24 24

【文:深澤 望】


2012年11月2日(金曜日)

【 こんにちは 】

カテゴリー: 18時11分10秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

朝晩寒いですね!

昼間は暖かいのですが、朝晩との気温の差があり体調管理が難しい季節です。職員の中にも風邪症状の方があちらこちらに・・・体調崩さないよう気をつけましょうね!

今頃ですが・・・私、今年7月に福寿園から異動となり万葉園勤務となりました。(事務の異動は、決算も落ち着いた7月にあります。)利用者さん、ご家族様、地域の皆様よろしくお願いいたします。

私は今回が初の異動で、福寿園では規模が大きいこともあり事務員が5人いましたが、万葉園では寂しいことに(。>0<。)2人だけの事務員です。 

ですが・・・規模は小さいもののやることは大体一緒!範囲が広く今まで経験のない業務が担当となり覚えることがたくさんあります。その中のひとつに「防災訓練」があり、毎月何かしら行っていますが、1025()に「総合防災訓練」を行いました。これは地域の方の協力(万葉園非常災害協力員様)そして消防署立会のもとおこなう規模の大きい避難訓練です。いつもは海底地震が発生し、大きな揺れにより建物の一部が損壊、施設内から火災が発生したことを想定し避難訓練を行うのですが、今回は初の試みで、「緊急地震速報」が発生したところから行い、身の安全の確保や職員の放送指示など実際に経験した私達だからこその避難訓練を行いました。消防署の方から「放送をよく聞き行動していたので良かった。」と講評いただきました。

現実に起こらないことが願いですが、3.11を経験したからこそ日々の訓練が大切だと思って職員全員真剣に訓練しています。何より今回は非常災害協力員の方たちの誘導がとても助かりスムーズに行えました。ありがとうございました。

また、訓練後に消防署の指導のもと水消火器による「消火訓練」も行いました。非常災害協力員の方にもたくさん参加していただき訓練できました。

ひと月前から計画した「総合防災訓練」!前日から私の緊張が高まっていましたが、無事終えることができました。11月は「緊急招集の非常通報訓練」です。がんばります(*’-^)  

【小谷津祥子】


2012年10月30日(火曜日)

【異動になって】

カテゴリー: 11時22分10秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 10月より万葉園からたんぽぽに異動になり1か月が経とうとしています。

 介護を始めて万葉園しか知らない私としては不安でいっぱいでした。 

 万葉園では食事、入浴、排泄と殆どが介助で利用者さんの残存機能を活かしながらお世話をしていくような感じだったので、グループホームに異動になってとまどいでいっぱいでした。皆さん自立されているので、何も出来ない私は利用者さんに教えて頂くばかりです。

 最大の課題は料理です。一番苦手な料理をしなければならないと言う現実。どうしようもないですが、職員や利用者さんに教えて頂きながら成長していきたいと思っています。

【文:唯野】


2012年10月17日(水曜日)

【社会人になって】

カテゴリー: 15時25分49秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

  南相馬福祉会に入職して1年3ヶ月が経ちました。 私が飲み会の席に行くと、先輩方からよく言われたことがあります。

「菊池さんは口数も少なかったし、あんまり笑わないからこの子はやっていけるのか心配だった」この言葉を聞いて、そんなに心配を掛けてしまっていたのかと思い知らされました。

今では、先輩方や利用者さんと笑顔で話すことが出来る様になり、利用者さんから「いつもニコニコしてていいね」と言って頂けるようになりました。

これからも笑顔を絶やさずに、利用者さんから信頼されるような職員を目指しながら頑張っていきたいと思います。

【文:菊池彩菜】


2012年10月11日(木曜日)

【敬老会】

カテゴリー: 11時13分57秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 10月に入り朝晩はすっかり涼しくなりましたね。

さて913()午前、大食堂にて万葉園・たんぽぽ・なごみの家の合同敬老会が開催されました。今年、たんぽぽでは米寿1名・卒寿1名の方が賀寿を迎え、赤いちゃんちゃんこに袖を通し、施設長より賀寿状を授与されました。

あきえ会の皆様によりお祝いの演舞も披露して頂き、歌や踊りに手拍子を取ったり、口ずさむ姿も見られました。最後には、あきえ会の皆様と一緒に盆踊りを楽しまれました。

本当におめでたい一日となりました。

 

たんぽぽ

 

                   【介護職員:川村幸子】

 

 

 


2012年9月26日(水曜日)

【あきえ会】

カテゴリー: 13時53分02秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

  

今年の5月に続き9月のあきえ会発表会にも応援に行ってきました。

昔から訪問に来てくださりとてもお世話になっておりました。

たんぽぽの利用者様達は、あきえ先生に会える事を毎回楽しみにしています。

あきえ先生の歌を覚え一緒に口ずさみ、楽しく過ごさせて頂きました。

   あきえ会

                介護職員 二股貴美子 


2012年9月18日(火曜日)

【今年の夏は・・・】

カテゴリー: 11時03分47秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 今年の夏は猛暑で、本当に暑い日が続き、毎日のように熱中症で倒れる方や亡くなられた方等のニュースが絶え間なく聞かれました。

まだまだ残暑が厳しい様で・・・

私(我が家)の夏の出来事ですが、私の主人は冷房嫌いで(夏は暑いのに決まってる!汗をかくのは体にいいんだから)とそれはあたり前のことですが・・・ずっ〜と我慢し続け過ごしてきました。

今年の夏は、もうエアコンなしでは生きていけな〜い・・・と思うばかりの日々が続き・・もう我慢の限界です。

そこで今年の夏はなんとか主人を説得!どうにかこうにか先月2日にやっと我が家にエアコンを取り付けることが出来ました。なんと涼しいことでしょう(>_<)

今年の夏も節電しながら、お陰様で快適に過ごすことが出来ました!

利用者の方から「暑さ寒さも彼岸まで」だと言われました。

日頃利用者の皆様から色々と教えて頂くこともあり、これからも教わりながら、一日一日を利用者様の皆様と共に大切に安心して過ごして頂けるよう支援していきたいと思います。

【文:石橋】


2012年9月7日(金曜日)

【心境(55歳になって)】

カテゴリー: 15時48分43秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

55歳になり20代・30代では味わったことの無い何とも言えない寂しさを感じる様になりました。人生半分以上過ぎたんだなとの思いや膝や腰痛もあり、落ち込む事も多くあります。しかしこれではいけない、老け込むだけだ周りの50代の方々は元気で溌剌とされているじゃないか、子育てしていた頃に出来なかった事も出来る様なったのだから健康に注意し出来るだけ長く仕事をし、夫婦で好きな温泉に行ったり、孫たちの成長を楽しみたいと今は思っています。

【文:小野富美】


2012年8月28日(火曜日)

【家で看取るということ】

カテゴリー: 17時09分40秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 7月23日実妹が大腸癌で亡くなりました。癌と判明して摘出手術をしましたが、既に肺や肝臓に転移していました。抗癌剤治療を受ける中、原発事故が起き私たちは一緒に他県へ避難、治療が滞ってしまいました。ようやく病院が決まり治療再開となった時、副作用が辛かったのでしょう、治療を拒否しました。

そして万葉園とたんぽぽが再開するのを機に、私たちはそれぞれの自宅へ戻りました。

その後、妹は自宅療養をしておりましたが、いよいよ痛みが酷くなり歩く事もままならず地元の病院に入院しました。病院では緩和ケアが中心でしたが、日に日に弱っていく一方自宅へ戻りたいとの思いは強くなっているようでした。

家の修理や介護認定の手続き等、帰宅する為の準備に時間が掛かってしまい もう動かせる状態ではなかったけれど、ドクターや看護師長さん、訪問看護の方酸素メーカーの方と沢山の協力を得てなんとか自宅へ戻る事が出来ました。

 ところで妹の家族はと言うと娘が一人だけ。介護の経験も無く不安もあったと思います。

 しかし誰に教わった訳でもないのに「お母さん、苦しいの」と一緒に呼吸を合わせたり、添い寝をしたりと見事に最期まで看取ったと思います。

 そして日曜日の夜中2時にも関わらず往診してくださったドクターや、妹だけでなく家族にも温かい言葉を掛けてくださった訪問看護の方に心より感謝申し上げます。

             

【文:岡田ゆかり】


2012年8月23日(木曜日)

「一期一会」

カテゴリー: 12時11分41秒

こんにちは。平成238月、私は求職中でした。以前から介護の仕事に携わりたいと思いながらも「大丈夫?出来るだろうか?」と不安を抱え、あと一歩踏み出せないでいました。

その様な時、ハローワークで職場実習を中心とした実践的な教育訓練を3ヶ月間受講出来る事を知り、県立テクノアカデミー浜校を通じて、南相馬福祉会特別養護老人ホーム万葉園に応募し、訓練生となりました。

平成2310月、介護サービス科の訓練生となり、2ヶ月「特別養護老人ホーム万葉園」・1ヶ月「グループホームたんぽぽ」で、職員の皆さんから指導を受けながら、利用者さんと過ごす事が出来ました。

その中で「自分が何をどう声掛けし、どう対応したら良いか?」悩んでいる時も、

「利用者さんの思いを聴かせて頂く、傾聴の大切さ」

「言葉使いだけでなく、態度や表情も大事」

「利用者さんの状態によって対応の仕方が違ってくるので、利用者さんがどんな状態で、どの様な介助が必要なのか?考えて行動出来る様にする」等数えきれない位沢山学ばせて頂きました。

平成241月から、「グループホームなごみの家」で契約職員として、働いております。「なごみの家」と言う、大きなひとつ家で人生の先輩である9名の利用者さん先輩職員さんと一緒に「和気あいあい」と過ごしております。

「テーブルを囲んでの会話・歌を唄ったりゲームをする・買い物に行き料理を作るおやつ作り・行事に合わせて、色々な物も作ります・計算問題や挨拶文の書き写し・イベントへの参加」等、それぞれ皆さん得意な分野が有ります。色々な先生がいます。皆さん笑顔です。私も笑顔になります。

今、先輩職員の皆さん・利用者の皆さんに支えられ、沢山の体験をし、多くの事を学ばせて頂いております。未熟な私をご指導下さり全ての方に「感謝」の気持ちで一杯です。

「一期一会」これからも、人との関わりを大切に、日々精進を重ねて行きたいと思っております。

                       【介護職員 佐藤】


2012年8月16日(木曜日)

「介護職員として」

カテゴリー: 14時26分48秒

 こんにちは。私は南相馬福祉会に入職して12か月が経ちました。

初めての社会人として学ぶことが沢山あります。コミュニケーションを取ることの大切さなどまだまだ先輩職員から教えていただく事があります。

また利用者の方々は人生の大先輩なので人生のアドバイスをもらうときよくあります。

 私は、1月よりグループホームなごみの家で働いています。

グループホームにきてから、さらに利用者と関わる機会が増えた気がします。利用者と料理をしたり、買い物へ出かけたり、イベントに参加したりと日々楽しく過ごしております。

 社会人2年目としてさらに成長していける様、またこれからも利用者の方に信頼され安心し、楽しんで過ごしていただけるよう支援していきたいと思います。

                  <介護職員 桃井 薫>


「相馬野馬追〜騎馬武者、相馬流山踊り〜万葉園にて見学」

カテゴリー: 14時22分34秒


 平成24728日(土)グループホームなごみの家の利用者さんは万葉園に騎馬武者、相馬流山踊りの見学に行きました。

    

         グループホームなごみの家の皆さん

 

      騎馬武者 参上           相馬流山踊りに感激

 演舞につられ思わず手踊りも・・・   騎馬武者を目の前に真剣なまなざし

                        

                        

 

 気温30度を超える中、北郷騎馬会、相馬流山踊り保存会の皆さんありがとうございましす。

今年も勇壮なお祭りを見学させていただき、感謝いたします。

御馬さんも暑いだろうねぇ

                         <介護職員 岩井一枝>


2012年8月4日(土曜日)

「琴と尺八の演奏・体験」

カテゴリー: 10時32分31秒

 みなさんこんにちは。八月に入り、夏本番を迎えようとしています。

暑い日が続きますが、なごみの家の利用者さんは元気に過ごしております。

なごみの家は外部の行事にも積極的に参加させて頂いております。

7月14日には隣りの集会所にて、大分からいらっしゃったボランティアさんによる「琴と尺八の演奏」がありました。

琴の演奏体験もあり、みなさんチャレンジ!!

 

その他にも「炭坑節」という踊りも披露され、利用者さんたちも踊りの輪に参加しました。

 

帰りにはメッセージ付きのお菓子のお土産を頂き、みなさんで記念撮影。

 貴重な体験ができ、利用者さんからも「楽しかった」との声が聞けました。

 

                    【介護職員 泉多加予】


2012年7月26日(木曜日)

【七夕】

カテゴリー: 12時19分50秒

 

 6月上旬「なごみの家」で初めて迎える七夕に、笹の葉が届きました。玄関にある笹の葉をみた時、少しワクワクした気持ちになりました。七夕飾り、短冊、願い事・・・等

 利用者様と職員で七夕飾りを作りました。折り紙で鶴を折る職員、それを見ながら一緒に折られる利用者さん。花紙を1枚1枚丁寧に広げる利用者さん、和紙にアイロンを掛けてくれた利用者さんもいます。作業しながらも会話は弾みます。「こっちは何色にする」「これでいいの」「曲がってない」など、同心に帰った様子でした。短冊にはそれぞれ願い事を書き、笹の葉に吊るしました。昔、仙台七夕に行かれた時の話をされ懐かしまれてた方もいらっしゃいました。

     

7月7日『七夕』この日の昼食は行事食メニューでした。ちらし寿司、スパゲティサラダ、すまし汁、フルーツはバナナとさくらんぼ。みんなでリビングにてちらし寿司の盛り付けを行いました。いつもと違う食卓に早々と箸を付けてしまう方もいらっしゃいましたが、みなさん美味しそうに召し上がってました。

  

                         【介護職員 畑山 睦美】


2012年7月11日(水曜日)

ボランティア来園

カテゴリー: 00時18分22秒

グループホームなごみの家での、楽しかったひと時を紹介したいと思います。

6月25日の午後、なごみの家となりの集会所にて「ともみ会 民舞サークル」の皆さんによる踊りを見せていただきました。

 グループホームたんぽぽの利用者さん、地域の方にもいらしていただき集会所は満員御礼の状態でした。踊りの披露が始まると、見よう見真似で手を動かしている方が沢山いました。知っている歌があると口ずさんだり、面白い場面では大きな声で笑われたり、普段とは違う表情が見られた気がしました。

 どうでしょうか?  綺麗な踊り子さん。そして、利用者さんたちの楽しそうな様子・・・。

 

 

 

 

                         (文:鈴木玲子)


2012年6月22日(金曜日)

新緑ドライブ

カテゴリー: 15時14分50秒

グループホームなごみの家では、外出の機会を積極的に持つようにしています。 5月に開催されました新緑ドライブでは、原町から相馬間で開通しました高速道路を経由し、楽しんで頂きました。

利用者様からは、「久しぶりに外の空気を吸えて気分転換になったよ」との声を聞かれ、大変喜ばれていました。その日は晴天でもあった為、国道6号線にある相馬の道の駅で車から降りて、休憩を挟みました。

 

 

  笑顔も多くみられ、充実した一時を過ごせたと思います。

今後もこのような機会を取り入れていき毎日を穏やかに過ごして頂けるよう気分転換等を行い、笑顔のある生活を提供していきますので、よろしくお願いします。

                    

                    【介護職員:田邉学志】


2012年6月12日(火曜日)

グループホーム小高〜なごみの家〜

カテゴリー: 14時02分27秒

みなさん、こんにちは。なごみの家も開設から半年が過ぎようとしています。様々な期待や不安がありましたが、毎日みなさんと楽しく過ごせていることが嬉しく思います。なごみの家の昼食のメニューは、利用者さんが希望するものを入れています。ここで、問題が!!

利用者さんは、「甘いものが好きだね。なんでも好きだ。」、そして、「納豆とさつまいも、かぼちゃがあれば何もいらない。」シンプルなんですが、ちょっと困ります。いろんな希望はありますが、ちゃんとメニューにみなさんの希望が入るんです。

お昼の11時になると、エプロン姿の利用者さんが台所へ。

本日のメニューを伝えると、手際よく包丁とまな板を用意し、下準備が始まります。

 

職員は手順や調味料を聞きながら、または見よう見真似のような感じです。昔の台所仕事の話などしながら、あっという間に一品、そしてまた一品と出来上がります。

季節の行事のメニュー(海苔巻やおはぎなど)の時はリビングでみなさんと作ります。

 

 

みなさんで作る楽しさ、昔話にひと花・ふた花と咲きます

 そんな様子に職員は、「様々な事がありましたが何かの縁で、ここにみなさんと一緒に過ごすことが出来ることが本当に嬉しく思います。」と感じる毎日です。

職員がそんな思いに浸っている間に食事が出来上がり、「出来たよ、皿は、箸は!」との声が・・・。

では、みなさんいただきます。

 

 

 

みなさん、お味はどうでしょうか?

これからも、色々な料理を教えてくださいね。

 

                    (介護職員 栃本)


2012年6月1日(金曜日)

「復興交流芋煮会」

カテゴリー: 16時25分27秒

  グループホーム浜北地区事業所では、昨年度は、東日本大震災の影響で研修会を実施することができませんでした。今年は、地域住民の皆様への感謝とより強い交流関係を築き、地域復興のために少しでもお役に立ちたいとの思いから、去る5月12日(土)「復興交流芋煮会」を南相馬市鹿島区寺内塚合第二応急仮設住宅内で、寺内塚合第二応急仮設住宅の住民の皆様、県内のグループホーム事業の所皆様や鹿島中学校吹奏楽部、真野小万葉太鼓、あきえ会、小高流山保存会の皆様のご協力をいただき盛大に開催いたしました。

 炊き出しのメニューも豚汁、焼きそば、餅、甘酒などを準備し地域の皆様に喜んで食べていただきました。催し物では、相馬盆踊りの曲が流れると、なごみの家、たんぽぽの利用者様も輪の中に積極的に入り、終始笑顔で踊られていました。また、最後には相馬流山の踊りが披露されました。利用者様の中には「懐かしな〜、小高で見たかったな」と小高を思い出された方もおりました。

 やはり相馬の人にとっては、相馬盆踊り、相馬流山はなくてはならない大切な伝統です。

 

                         

 

 

復興芋煮会開催にあたっては、寺内塚合第二応急仮設住宅の住民の皆様、県内のグループホーム事業所、鹿島中学校吹奏楽部、真野小万葉太鼓、あきえ会、小高流山保存会の皆様にご協力をいただきました。ありがとうございました。

                        なごみの家 伊関


2012年5月28日(月曜日)

【万葉園からこんにちは〈第21回〉】

カテゴリー: 18時06分10秒

 ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 先日、家族が入院し、手術を受けました。入院に当たって、外科医の先生から病状の説明がありました。大変分かりやすく説明してもらったのですが、そのときに私が強く思ったことは、「この先生はたぶんとても体が柔らかいに違いない」という、入院と全く関係のないことでした。説明のために紙に図を描くときの腕の動かし方、身のこなし、何気ない仕草がとてもしなやかに見えたのです。説明後、私の家族も同じ感想を持ったとのこと。普通、初対面の人と小1時間お話しして、体の柔らかさなど感じないものですが‥‥。

その後、手術前の説明、術後の説明、退院に向けての説明、と何回もお話をする機会がありましたが、そのたびごとに「絶対に体が柔らかい」という確信が深まるばかり。

 早川義修さんという方が、自分で体の歪みを整えることで無駄な贅肉が自然に落ち、伸びやかな体を作るという考えでラボを運営されています。その方の著書『知的大人のボディ改造』に、「僕のラボに通われているクライアントに、お医者様がおられます。その方は腕のいい外科医さんなので、筋肉がこってはいるけれど、ねじれや歪みがほとんどないんですね。身体の機能をきちんと使っているというのは、こういうことなんだなといつも教えられます。(中略)その方自信も、先輩の外科手術の達人から、「機能イコール形だ。いつでもシャープな動きができる状態を維持するために、シャープな形を保っていないといけない」と教えられているそうです。身体を正しく使っていれば、自然にきれいな形に整う。きれいな形をキープしていれば、いつまでも正しく使える、ということなのです。」という文章があります。そんなものかな、と読み流していましたが、実際に体が柔らかいに違いない先生を目の当たりにして、こういうことだったのか!と思いました。

 その外科の先生はいつお会いしても姿勢が良く、身のこなしはひょっとすると私などよりも若々しいくらいです。まさに「颯爽」という感じそのもの。

健康のために何をするよりも、姿勢を良くし、歪みのないしなやかな体を目指すことで、結果として健康がついてくるのかもしれません。そうは言っても、なかなか猫背や足を組む習慣を直すのは難しいもので‥‥。仕事中、私の姿勢が不自然に良すぎるときは、「姿勢良くしなくちゃ」という雑念がわいているときです、きっと。

                      【文:但野】


2012年5月15日(火曜日)

【 賀寿 祝百寿 】

カテゴリー: 10時13分28秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

春を感じる桜から、新緑の季節となった5月10日に、八木平イチノ様が百寿を迎えられました。祝いの式典では、南相馬市の祝辞やかしま保育園児からお祝いの言葉が送られました。イチノ様も時折、満面の笑みを浮かべられ喜んでいられるようでした。その笑顔に職員一同とても嬉しかったです。
おやつには、一緒に過ごされている利用者様と職員とで手作りのババロアをイチノ様にプレゼントしました。美味しく食べて頂いて嬉しかったです。
これからも、元気な姿、素敵な笑顔を見せて頂きたいと職員一同思っております。百寿おめでとうございます。

八木平イチノ氏 賀寿 043.jpg   八木平イチノ氏 賀寿 055.jpg

 八木平イチノ氏 賀寿(おやつ) 006.jpg        【文:根本 明広】


2012年4月1日(日曜日)

【別れの季節】

カテゴリー: 11時11分57秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

3月は別れの季節ですね。万葉園でも、30日にお別れ会を行いました。 大内施設長を始め、異動する職員たちの顔は、別れの悲しさと希望にあふれていました。

利用者さんたちの優しく力強い言葉に、見送る職員たちも、もらい泣きしました

『さよならは、別れの言葉では無く、再び会うまでの遠い約束』という歌詞がありました。

異動した職員たちの頑張りに負けないよう、そんな約束をもらったような気がします。

 

4月からは菅原施設長が着任し、新しい万葉園がスタートします。

利用者さんに『ここの施設でよかったな』と言って頂くような施設を目指して行きます! 

 

【文:池田】


2012年3月30日(金曜日)

【 1年目 】

カテゴリー: 14時19分21秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

ようやく春めいてきたこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 私は平成23年度6月付けで万葉園に配属になりました貝塚と申します。社会人としての1年目もまもなく終わろうとしていますが、まだまだ勉強不足を痛感している毎日です。

 

3月、4月といえば出会いと別れの季節ですね。今日は先日行われた大学での卒業式のことについて書かせていただきたいと思います。

 昨年の東日本大震災で中止となった卒業式がつい最近1年遅れで式を行えることとなり、私も参加して来ました。1年遅れの卒業式という事もあり嬉しいような恥ずかしいようなくすぐったい気持ちでキャンパスへ向かいました。友人や恩師との久しぶりの再会に会話の花が咲き学生時代を懐かしく思い出していました。その中で恩師が社会人として二度と取り戻せない物3つを教えて下さりました。

      「時間」「信頼」「言葉」

 時間はその時を過ぎてしまったら取り戻せない。信頼は失ってしまったら取り戻すことが出来ない。自分が口にした言葉は取り戻すことが出来ない。

 当たり前の事ですがまだまだ甘い私にはとても深く心に残りました。卒業式を通して1つの区切りがついたと同時に、これからまだまだ先の長い社会人としての時間をこの言葉を胸に歩んでいきたいと思いました。

【文:貝塚】


2012年3月19日(月曜日)

【3.11から一年過ぎ】

カテゴリー: 13時47分27秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 東日本大震災から1年が過ぎました。

あの日は夜勤に行く前の出来事でライフラインが使用できず地震のことしかわからず出勤したところでした。

自宅が海から遠く、全く津波がきていることが解らずでした。

今思えば、ライフラインの重要性がとても大切である事を痛感しました。

 

地震・津波・原発と被害は深刻に陥っています。

原発さえなければ・・・。と日々思うばかり。

目に見えない放射能との戦い。

食べ物に気を付けて生活していくことしか出来ない。

今出来ることを行いながら生活をしていきたい。

 先日テレビである女性の方が話していたことになりますが皆さんご存知の「アンパンマンのマーチ」の歌があります。

「そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!

今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも」

女性の方が「子供が喜ぶ歌であり、口ずさんでいたが歌詞をみたり、聴いたりすると、震災後は心が悲しい歌になってしまう」と話していました。

何気なく口ずさんでいましたが、女性の気持ちが理解できました。

 1日でも早く皆さんに笑顔が戻れる日がきますように。と思いながら日々生活していきたいです。

 

【文:酒井美和】


2012年3月13日(火曜日)

【あれから1年・・・】

カテゴリー: 09時36分40秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

まだまだ肌寒い日が続いておりますが、皆様体調を崩さずにお過ごしでしょうか。

 

あの311日からもう1年が経とうとしております。地震がおき、津波がすべてを流し、原発の放射能に脅え、風評被害と4段階の苦しみを感じてきました。現在も原発の放射能は落ち着かずニュースで騒がれておりますが、この震災で「がんばろう・日本」をテーマに人と人との助け合う絆をとても感じました。

先月、南相馬市の「月のうさぎ」に友達と飲みに行った時のことをのせたいと思います。

「月のうさぎ」に飲みに行くと、リーゼントのおっさんが長いテーブルの席で少人数で飲んでいる姿を見て「今時リーゼントのおっさんなんているんだ・・・」と顔をそむけてしまいました。しかし、気になりもう一度見ると「ロード」で有名な「高橋ジョージさん」だったんです。

 驚きながらもどんな話をしているのだろうと、友達としゃべりながらも耳を傾け聞いているとたくさんの芸能人の話や、海外に行った時の話で、やはり住む世界が違うなぁと実感させられました。

 結局その後は、時間差でカメラマンやプロデューサーの方々がぞろぞろと入ってきて長いテーブルがいっぱいになりました。

しかし、今回の震災でたくさんの芸能人の方々が被災地を訪れて下さり、人と人との絆を改めて感じさせられました。

 

【文:荒 一正】


2012年3月5日(月曜日)

【万葉園からこんにちは〈通算第20回〉】

カテゴリー: 17時27分29秒

【万葉園からこんにちは〈通算第20回〉】

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 私にとって3.11以降初めての職員日記のテーマとして、震災と原発事故以外の話題を選ぶのは難しいものがあります。ホームページ担当委員には「またその話題ですか」と言われるのは承知の上で。ちょうどこの時期に更新の順番がまわって来るのもなにかの縁でしょう。あの日から1年、私自身も今更とは思いますが、それでも触れないで済ませるのは、自分をごまかしているような気がしますので。

 

 激しい揺れで遠くの防火扉がゆっくりと閉まり、飾ってあった七段のひな飾りが嘘のように崩れていく。今にも建物が壊れそうな騒音と、しがみついてくる同僚。パニック映画のような光景の前に、ただ早く終わってほしいと願うことしか出来なかったあの時。トラウマではないけれど、今年もひな飾りを見ると思い出します。

地震発生から津波、原発事故、避難、そして事業所再開に至るまで、本当に予想のつかないことばかりの連続で、大変であることが逆に日常になってしまった日々でした。あまりにいろいろなことがありすぎて、何年も経ったように感じる反面、忘れられないことが多い日々だったので、ついこの前のようにも感じます。まだまだ、気持ちの整理に時間がかかりそうです。

 

 ところで、大震災の余波により私の勤務先などあっさり変わり、再度万葉園にてお世話になっております。前厄で万葉園から福寿園に異動となり、本厄でまた万葉園に異動となり、今年の後厄ではどうなりますことやら。そろそろ少し落ち着きたいものです。ただ、福寿園に異動したときも、この職員日記に「落ち着きたい」と書いたのですが…。

 

【文:但野】

  

  

 


2012年2月28日(火曜日)

【 事務ってこんなこともしているんです♪ 】

カテゴリー: 14時21分42秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 

こんにちは!万葉園事務の中橋です。今回は、内部経理監査について紹介してみたいと思います。

 

内部経理監査って・・・何!?と思うかもしれませんが、経理規程により適正妥当な会計処理がなされたかどうかを監査して理事長に報告するというもので、実は毎年2回行っています!簡単に言うと、法人内の事業所職員同士で、お互いの事務処理した内容に誤りがないかをチェックするというものです。

つい最近ですが、2月23日、24日の2日にわたり万葉園と福寿園で平成23年4月〜9月分の内部経理監査が行われ、私は副施設長と一緒に福寿園の監査を担当してきました。見る側になって思うことは、間違いを指摘するだけでなく、他の人が処理した内容を見ることで自分の業務を見直すきっかけになったり、自分の認識が間違っていないのかを確認できるいい機会になっているということです。

例えば、他の人が処理した伝票等を見ながら、この明細書の作り方は分かりやすいな〜とか、きれいに見やすく綴じてあるな〜と思ったものは、自分も取り入れてみようかなと思ったり、同じものを購入していたら単価比べてみよう!とメモしてみたり…。相手のために監査しつつも、結局は自分のためにもなるなんてまさに一石二鳥!?

監査終了後に報告書を入力しながら、そう言えばあんまり知られていないけどこれって他の職種にはない、事務ならではの業務ではと思い今回紹介してみました!また機会があれば、他の事務の業務も紹介してみたいな〜と思います♪

 

【文:中橋】


2012年2月22日(水曜日)

【雛祭り】

カテゴリー: 10時25分42秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 ついこのあいだ、年が明けた!と思ったら、もう2月も半ば…

216日に、雛人形を今年も大食堂と浴室前に飾らせていただきました。

雛祭り2

 今年もたくさんの人に見ていただけたら人形も嬉しいことでしょう。

利用者の皆様にも喜んでいただけたらと思います。

まだまだ寒い日が続きますが、利用者の皆様の体調面に気を配りながら、元気に過ごしていただけるよう努めていきたいと思います。

雛祭り1雛祭り3【文:斎藤】


2012年2月8日(水曜日)

【節 分】

カテゴリー: 10時20分10秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

立春とは名ばかりの寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 さて、先日グループホームたんぽぽでは、節分の行事を行いました。

 まず昼食に利用者の皆様がお好みの恵方巻きを作り、季節の味を楽しみました。

 午後からは万葉園職員が扮した鬼めがけ、「鬼は外!福は内!」と大きな声で豆をまきます。

 節分の豆まきは、季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために行われるようになったそうです。

 今年は穏やかで幸多き一年となりますように。

【文:鈴木知】

 


2012年1月30日(月曜日)

【今年を振り返って・・・】

カテゴリー: 14時19分51秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

クリスマスも終わり、いよいよ今年も残すところ後わずかとなりました。

我が家でも夫の実家のある福岡県へ避難していた子供たちが、久しぶりに我が家に戻り震災前の賑やかさを取り戻しました。

子供たちの冬休みが終われば、また離れての生活になるかと切ない気持ちにはなりますが、今は一緒に過ごしている時間をただ楽しんでいます。

東日本大震災・原発事故があったことで、歌の歌詞にもありますが、なんでもないような事が幸せだったと思う…、まさにその通りだと痛感しました。

今年は東日本大震災・原発事故などで激動の一年でしたが、来年は穏やかに龍が上に昇るような一年となりますように。皆様、良いお年を…。

 

(ホームページの調子が悪かった為、時期外れの内容になりました。ご了承下さい。)

      【文・刀根】


2011年3月10日(木曜日)

【ひな祭り】

カテゴリー: 13時17分53秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

ひな祭り(33日桃の節句)は女の子の健やかな成長を願ってお祝いをする日・・娘が小さい頃2月中旬には飾り、桃の花を飾ってひな祭りを楽しみに待っていたような気がします。今では大人へと成長し飾ることもなくなりましたが・・

33日までしまわないとお嫁に行きおくれる」と言うことを耳にしますが、そのようなことはないかと思います。() いつまでも面倒だと言ってしまわないでおく人がいるので、戒めるために言われたそうです。

ひな人形をその子の形代(かたしろ)と考えて、どうぞ災いがふりかかりませんように、又美しく成長して良い結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますようという思いを込めて飾るそうです。ひな人形は一生あなたを見守ってくれています。

娘が嫁いだ今、飾らないでしまっておくのは良くないような気がします。

「飾ってあげられなくてごめんなさい」とあやまりながら、今年は飾ってみました。

年に一度のお祭りですもの・・面倒がらずに飾りたいと思います。

【文:石橋充代】


2011年3月4日(金曜日)

【恒例行事】

カテゴリー: 16時49分00秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

  

 1月末たんぽぽにおきまして、初開催から4回目となるこの時期恒例の小正月の飾りつけ(団子さし)を行いました。

 

           2011たんぽぽ小正月                 2011たんぽぽ小正月2       2011たんぽぽ小正月3

 

 開催日はご利用者の皆様、ご家族、万葉園のご利用者、地域のボランティアの皆様そして職員と約30名の参加者でたんぽぽフロア内は大賑わいとなりました。

 また、飾り付け以外のもう一つのお楽しみ、食事会です。

ご利用者の皆様は朝から張り切って食事会の準備のため、おにぎりやサラダ等を楽しんで調理されておりました。

 

2011たんぽぽ小正月4     2011たんぽぽ小正月5

 

 全員での食事は和やかで、ご御家族、ボランティアの方に、お料理はご利用者の皆様での手作りですとお話しすると「さすがね」「こんなに準備していただいて」と喜んでいただけました。

 

               2011たんぽぽ小正月6

 

 本当に参加者の皆様の笑顔を見ることができてゆったりと過ごすことができました。

 皆様、来年もよろしくお願いいたします。

                           2011たんぽぽ7 

                      

                       

【文:阿部 夕子】


2011年2月27日(日曜日)

【節分】

カテゴリー: 19時44分38秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 2月3日の節分、「万葉園」でも豆まきが行われました。

 男性職員2名が鬼に扮し、11時より各エリアを廻り、利用者さんに豆を投げていただきました。

 利用者さんの中には鬼を見て驚かれる方、笑う方、

「鬼は外。福は内。」と鬼に向かって必死に豆を投げる姿が

 見られました。

 また、デイコーナーに起きてこられなかった利用者さんには、居室にて節分を楽しんでいただきました。

 豆まきをして、万葉園から鬼が去りきっと福が舞い込んで

 来るはずですね。

 

                 2011節分

 

【文:深澤】


2011年2月19日(土曜日)

【愛情の伝え方】

カテゴリー: 13時12分13秒

 ■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 

私の家は共働きで核家族です。娘は幼稚園に通い、息子は保育園に通ってます。正直に話すと私達親は子供2人も授かったのに(もうすぐ3人)自分達の感情だけで怒ってしまう事が多々あります。恥ずかしい話です。「忙しいから」を理由にしても子供達には関係のない事であり、また子供達も幼稚園、保育園で親の分からないところで一生懸命に頑張っている。その姿を分かろうとしない、分かろうとする余裕を持たなかったのです。

しかし、親だって間違えるという事を私達夫婦は教えています。感情だけで怒ってしまった後は必ず子供達に謝っています。どのように伝わり、理解しているかは分かりませんがそうしています。

その生活の中でふと思う事があります。「こんなに怒るパパやママの事、好きなのかな?怒るけれどあなた達が何よりも大切なんだよ。こんな気持ち分かるのかな?」と。

仕事から帰ると「ママ〜お帰り〜、今日ね〜」と抱き付き笑顔で話してくれる姿を見ると「私もまんざらではないな(笑)」と思ってます。不安な表情やいつもと違う様子をすばやくキャッチして、一番の味方はパパママなんだ!と思ってくれるように抱きしめたり、とことん話したりしていきたいです。立派な親じゃないから、立派な子供達にならなくていい。優しく、人を愛する事の出来る人、愛される人になってくれればいいよ。パパ、ママももう少し大人になります。愛情の伝え方は言葉で毎日「好きよ、愛してるよ」というよりも、どれだけ自分を見てくれているのかが大切なのかな?答えは十人十色ですが、私達の愛情が子供達に伝わるよう夫婦仲良くしておこうと思います。(笑)

【文: 荒 】


2011年1月26日(水曜日)

【平成23年 万葉園新年会】

カテゴリー: 15時58分55秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 謹賀新年!あけましておめでとうございます!!

116日(日)に平成23年万葉園新年会を開催致しました。

この日は、明け方に降った雪でとても寒く一面薄っすら銀世界となり、悪路にもかかわらずご出席して頂きましたご利用者ご家族の皆様、本当にありがとうございました。

 昨年は、新型インフルエンザの影響でご家族をお招きすることを自粛し、規模縮小の形での開催でしたので、2年振りにご家族にもご参加頂きました。

 まずはじめに、施設長挨拶、続いて家族会会長よりご挨拶を頂き新年会の開幕です。

催しとして、民謡田中会の皆様による素晴らしい三味線演奏と民謡を披露して頂きました。三味線の音、また民謡の歌声に鳥肌が立つほどに感動・・素晴らしいの一言で、真剣に聴き入るご利用者とご家族、職員一同でした。民謡田中会の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

               2011 新年会

 

 

 少し小腹が空きはじまった頃、いよいよ餅つき大会開始です。昔を懐かしみながら杵を振り「よいしょ〜!よいしょ〜!」と餅をつかれたご利用者、「杵で初めて餅をつきます」と話されながら一生懸命参加されたご家族のお陰で、とっても美味しそうなお餅が出来上がり、いよいよ待ちに待ったお食事会です。「俺は、あんこ餅が好きなんだよ、早くたべたいなぁ〜」と話すご利用者の顔は微笑ましく、つきたての餅を楽しみにされてる様子が窺えました。

 

 

 

  2011 新年会2      2011 新年会5

 

 

 

 お食事会は、先ほど出来たばかりのお餅を、雑煮とあんこで皆様にご用意し、寿司やオードブル、フルーツでテーブルは華やかになりました。「久しぶりに食べるお寿司は美味いなぁ」と喜んで話されるご利用者もおりました。皆さんで一緒に食べる食事に舌鼓を打ちながら、会話や笑みがこぼれ、楽しく賑わいのある新年会となりました。

 

 

    2011 新年会3     2011 新年会4    

                      2011 新年会6

 

【文:高橋】


2011年1月24日(月曜日)

【笑顔の特効薬】

カテゴリー: 11時41分20秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園で毎月1回行われているアニマルセラピー。今日もわんちゃん、ねこちゃんが遊びに来てくれました♪

 

                            アニマル

それにしても、参加された利用者さんの表情のなんと穏やかなこと! 動物たちも、利用者さんたちの笑顔に応えるかのように寄り添います。

 

                                  アニマルセラピー2

アニマルセラピーの他にも、利用者さんが楽しみにしているものがあります。それは、子供たちの来園です。行事の際に、かしま保育園の園児のみなさんや、真野小学校の児童のみなさんなど、年に数回お越しいただき交流を深めていますが、子供たちや動物たちは、利用者さんの笑顔を引き出す『特効薬』を持っているのでしょうね。

【文:鹿山 奈美】


2011年1月16日(日曜日)

【新たなスタート】

カテゴリー: 13時57分47秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

昨年の9月21日から万葉園にお世話になり3ヶ月が過ぎました。利用者さんに「頑張れ〜!」と励まされ毎日頑張っています。

片道40分かけて通勤しているのですが、就職当初は皆さんに「何で鹿島の施設?」「遠くて大変でしょ」とよく質問されました。(私としては、ドライブ気分で楽しく通勤しているのですが(笑))

以前は、介護とは全く関係のない仕事をしていたのですが、祖母が入院した際の付き添いを通し介護の難しさ、知識がない為にどうしたらよいのか分からない悔しさを感じ「勉強しよう!」とニチイ学館へ通い始めました。その時の実習先が万葉園となり、職員の方々の笑顔と園全体の明るさに「ここで働けたらいいなぁ」と感じました。

その後、運良く募集しているとの話を聞きとにかく受けてみようと・・・。今日に至ります。

今まで色々な行事があり、また出会いや別れなど短い期間の間に沢山の経験をさせてもらいました。

まだまだな私ですが、戦力になれたらなと思い日々奮闘しています。

宜しくお願いしま〜す!

【文:掃部関】


2011年1月7日(金曜日)

【鏡餅作り】

カテゴリー: 16時26分31秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 昨年1228日(火)、毎年恒例の餅つき大会が行われました。

力自慢の職員が餅をつき始めると、「若いのに負けてはいられない」と言わんばかりにこちらも力自慢のご利用者も餅つきに参加してくださいました。

大食堂にお集まりいただいたご利用者、職員からは「よいしょ、よいしょ」とかけ声もかかり、大変盛り上がりました!!

2011 鏡餅                  2011 鏡餅

 

 

つきあがったお餅は、すぐに丸める行程へ…

形や大きさを整えるのは少し難しそうでしたが、みなさん手際良く丸めてくださいました。

 

2011 鏡餅         2011 鏡餅

 

 

 残ったお餅はというと…

その後、あんこ餅としてご利用者のみなさんにふるまわれ「つきたてはおいしい」と、大変おいしく召し上がられていたようです。

なかには、お餅を食べすぎてお昼ご飯が入らなかった方もいらっしゃったとか(笑)

この日作られた鏡餅は、施設内に飾られ無事に新年を迎えることができました。

【文:斎藤】


2011年1月4日(火曜日)

【息子の転勤】

カテゴリー: 15時03分49秒

■■■ グループホーム たんぽぽ ■■■

  

 12月初旬、東京本社への転勤の声がかかり23日には東京へ23日で夫と共に引越しの手伝いに行ってきました。

荷物の片付けも終わり息子のアパートを出ると涙が止まらず帰りの車中は自分の感情を抑えることでいっぱいでした。

3人子供の三男(二十歳)でもあり親としては今まで育ててきた息子の健康面や食事はちゃんと摂っているか、その他諸々の事がとても心配で又とても淋しい日々を過ごしています。

今は亡き父親に「バッチ子馬鹿でも一番かわいい」とよく言われていたことを思い出します。本当に不思議ですよね。どうしても一番下には甘いんですよね。なかなか子離れ出来ない自分がいます。

  

   バッチ息子 ガンバレ〜

【文:豊田 さきこ】

 


2010年12月21日(火曜日)

【今年もお世話になりました】

カテゴリー: 13時13分22秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

  平成22年も残りわずかとなりました。年越し31日には、また誕生日を迎えてしまいます。一年はあっという間ですね。

 私にとってこの一年、家庭も仕事も大きな変化を迎えた一年でもありました。長男が小学校に入学。今まで保育園生活に慣れきっていた親子にとって、小学校生活という変化についていけるのか不安もありましたが、毎日元気よく一人で学校へでかけていく姿にホッと一安心です。

 

 先日、万葉園内部研修で、三本杉祐輝先生を講師に迎え、「〜共に生きる〜」をテーマに講演をしていただきました。先生は、悪性リンパ腫という病気を患い、再発という苦難と闘いながら、それでも命の大切さ、生きる大切さをみんなに伝えたい。そんな先生の思いと暖かさに、私を含め、職員全員が涙したり、考えたりととてもありがたい研修でありました。私自身としては、なかなか難しい話となるかもしれませんが、常に謙虚さを持ち、皆に感謝の気持ちを忘れず、11日を大事に過ごしていければと考えます。

 

 平成22年も間もなく無事終わろうとしています。今年一年皆様には大変お世話になりました。また来年もよろしくお願い致します。

【文:阿部( )


2010年12月15日(水曜日)

【今年1年間】

カテゴリー: 11時51分13秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

季節は師走を迎え、今年も残すところあとわずかとなりました。

私事ではありますが、この一年間色々なことがありました。

二女の卒業、入学がありました。

私達夫婦の結婚25年銀婚式もありました。

それに長女の結婚がありました。

我が家では、お婿様が来たので家族5人の生活が始まりました。

そして、もう少ししたら家族6人の生活が始まる予定です。

その他にも悲しいこともあったりと、何かと変化のある一年でありました。

12月もあと少し・・・

大掃除もしなければならないし・・・

何かと気忙しい毎日が続いてはいますが、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

それから、最後になりましたが・・・1231日は年末ジャンボの抽せん日、今年こそ当たると良いなと思っている私でありました。

【文:豊田(幸)】


2010年12月8日(水曜日)

【新車で〜す】

カテゴリー: 10時22分28秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

  こんにちは・・

今年も残すところあと1ヶ月になりましたね。

早いものですね・・と、言えば私も車を買って4ヶ月が過ぎました。

今年は、減税の終了が早まり、愛車の10年目が重なり悩みましたが買っちゃいました。〜^^

契約してから新車が来るのがとても楽しみでした。

納車の前日には、10年間、楽しい時も、辛いときも一緒に頑張ってくれた愛車をピカピカに磨きました。気合をいれて・・

「ありがとう」の気持ちで・・

納車の日は時間を見ては外に出て待ってました。

来た!来た!新車が〜 嬉しい〜^^

でも・・

愛車との別れが辛かったです。見えなくなるまで見送りしました。

バイバイ〜 ちょっと うるうる・・

新車の匂いは無くなりましたが、好きな音楽を聞いてドライブ楽しんでます。

これから、よろしくね^^

【文:鎌田】


2010年12月7日(火曜日)

【 グループホームたんぽぽの力作です♪ 】

カテゴリー: 11時35分11秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 12月3日の夕方ごろ、グループホームたんぽぽの利用者さんが事務室を訪ねて来ました。一日に何回かはたんぽぽの利用者さんも万葉園の事務室に顔を出して下さるので、特に珍しい事ではないのですが、今日は何やら手にお皿を持っている様子・・・。何を持っているのかと見せていただくと・・・なんとそこにはお皿いっぱいの干し柿が!!この干し柿はたんぽぽの利用者さんが手作りしたものだそうで、あまりにも上手くできたので食べて感想を聞かせてほしいとのことで、事務室まで持ってきてくださったとのことでした!

 せっかくなので一ついただいたのですが、皮もそれほど硬くなく、中がとろ〜っとしていて、甘さもちょうど良くて・・・とにかく!とてもおいしいんです♪

 私の家でも、毎年かろうじて木から落ちないで残った1個、2個の柿を大切に干し柿にしているのですが、鳥につつかれていたり、カビが生えてしまっていたり(これは管理が悪いだけでしょうか?)でなかなか食べるまでにいたらない事が多いので、たんぽぽの利用者さん達のまるで売り物のような干し柿の出来にとても驚きました。

 たんぽぽの皆さんおいしい干し柿ありがとうございました。またお待ちしていま〜す♪

 

2010たんぽぽ干し柿

【文:中橋】


2010年12月2日(木曜日)

【平成22年度 万葉園・たんぽぽ芸術祭】

カテゴリー: 09時55分32秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今年は平成22年11月3日(水)〜11月10日(水)までの期間で、毎年恒例の「万葉園・たんぽぽ芸術祭」を開催しました。

 昨年は、新型インフルエンザの影響で残念ながら規模を縮小し開催しましたが、今年は以前のようにご利用者に限らず、ご利用者ご家族、職員や、そのご家族、ボランティアや地域住民の方々の作品を募集し、多数の素晴らし作品を展示することが出来ました。

 応募して下さったボランティアや地域住民の方々の、日頃から趣味などで制作された作品、施設ご利用者がクラブ活動を通じて丹精込めて制作した作品、グループホームたんぽぽでは、ご利用者と職員が協力しながら制作された作品… 書道、絵画、写真、手芸など様々な作品が、とても素晴らしく「作品に触れないで下さい」と掲示されていても、手に取りじっくりと観てしまいたくなるほどに完成度の高い作品ばかりでした。

 鑑賞された方からは「すばらしい・・」「綺麗ね」「これは、どうやって作ったの?」と聞くことができ、開催できて本当に良かったと、ホッとしております。

 ご協力頂いた皆様、誠に有難うございました。来年も再来年もその先も、開催していく予定ですので、どうぞ宜しくお願いします。

 

2010芸術祭

2010芸術祭 2010芸術祭

【文:高橋(ま)】


2010年11月22日(月曜日)

【こうはなりたくないと思うこと】

カテゴリー: 17時24分39秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 月日の立つのは早いもので介護の仕事に就いてこの11月で丸4年になります。 失敗を繰り返しながらも何とか現在に至ってますが、ふと思い出す事があります。

 

 今の仕事に就く前、ある趣味の資格を取る為に二泊三日で箱根に研修に出掛けた時の事です。電車を乗り継ぎ小田原の駅前から観光バスに乗りました。バスは登山者の方も多く満員でした。運転手さんは歳の頃は30歳半ば位の方でしたが、乗客一人一人に笑顔で丁寧に挨拶し、年配の乗客の方には手を差し伸べ、又出発の際は声を出して左右確認され、さすがは観光地だけあって教育が行き届いているなと感心しきりです。おかげで不安な気持ちも薄れ、箱根駅伝ではこんな急な所を走るのかと想いを巡らせ無事目的地に到着しました。宿舎では同室に介護の仕事をしている方がいて、ケアマネを目指して勉強中とか。ところでケアマネって何?無知丸出しの私でした。

 

 さて何とか試験を終え再び観光バスに乗りました。帰路の運転手さんは40台後半位の方でしたが、前を向いたまま無愛想で下車の際もお金の確認のみで一言も発しませんでした。

 

 乗客を安全に目的地まで送り届けるという意味では二人の運転手さんとも責任を果たしたと思いますが、でもこれで同じ給料?いやもしかしたら帰路の運転手さんの方が年上で多く貰っているのかも・・・ これからどんな仕事に就くとしても、こうはなりたくないなと思いながら家路に着いたのでした。

 【文:岡田ゆかり】


2010年11月18日(木曜日)

【万葉園家族会奉仕作業】

カテゴリー: 13時17分23秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 1031日(日)に、万葉園家族会の事業として、20名のご家族の方に参加いただき、施設の窓拭きをしていただきました。

2010家族会奉仕作業                2010家族奉仕作業

 

自分の家の窓拭きもろくにしない私に比べ、皆さんの手際の良さといったら、プロ顔負けでした。(……というか、元プロの方もいらっしゃいました!)

しかも、雨天だったにも関わらず、「外側が汚れているのよね〜。」と、中庭に出て、雨に濡れながらも作業をしてくださいました。

 

              2010家族奉仕作業 

 

「時間があるから、事務所側の窓もやっちゃいましょう!」との、会長さんの一言で、管理棟のほうの窓までぴっかぴかに!!

 

 悪天候の中、本当にありがとうございました。

 

【文:鹿山 奈美】


2010年11月12日(金曜日)

【阿部家の人々】

カテゴリー: 13時32分55秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今年の4月に長女が生まれました。名前は阿部心春(こはる)!ガッツ石松のようなかわいい女の子です。生まれて1ヶ月になりそうな頃に熱発して入院をしました。病院ではいろいろな検査を受けて、結果何事も無く無事退院は出来ましたが、成長に伴い首の後ろ辺りの肉付きがよく、『クッキングパパ』のあごの様になっていたので心配で病院に行き検査を受けると、「リンパ管腫」というリンパ管の形成に異常があり水のようなものが溜まっているという診断を受けました。医師からは「悪いものではない。1歳になった頃に治療をしましょう。」と説明され一安心でしたが、今はもう11月。あと5ヶ月で1歳になるので、なんとなくドキドキです。そんな心春は何も分からず元気に遊んでいます。心配なのは長男佑星。自分の思い通りにいかないとすぐに泣く。「ごめんなさい。」と「ありがとう。」が恥ずかしくて言えない。子供だからそんなものってよく言われますけど、幼稚園で他の子供をみるとやっぱり違うな…と思っています。妹心春のこともかわいがりすぎて、いじめているようにしか見えません。たまには利口な日もありますが、そうでない日が多すぎて富士江(妻)も笑いながらの育児ノイローゼです。

自分も仕事で遅くなる事が多く、家のことは大体富士江に任せています。このホームページを知らない妻に感謝の「ありがとう。」を伝えておこうと思います。夜遅く帰った時(仕事だけじゃないですが)に真ん中に妻、左右に心春と佑星が文字通り川の字で寝ている様子をみることが自分の活力かなと思っています。

【文:阿部雅志】


2010年11月7日(日曜日)

【新たな夢】

カテゴリー: 19時07分35秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 万葉園にお世話になり、早6か月が過ぎました。去年の今頃はまだ学生でしたね。

 私の小さい頃の夢は学校の先生になることだったのですが、中学生になってボランティアで老人ホームやデイサービスを訪問した時に介護という仕事に興味が湧き、そこから介護福祉士になりたりという思いが出てきました。

そして、高校3年生になり進路の時期。介護職員の求人を見ても遠い所ばかりで…。

「なるべくなら近場がいいな」と思っていた私。最終的には諦めかけ、アルバイトをしていたこともあり、サービス業でもいいやとなげやりな気持ちもありました。

そんなこんなで11月が過ぎ、クラスの殆どは進路が決まってしまい、焦る自分がいました。そんな中、先生が南相馬福祉会の求人を見つけ、私に勧めてくれたのですが、その頃の私は気分が乗らずの状態でした。(何を思っていたのか分かりませんが)

しかし、締め切り寸前に決心し受けることにしました。受験を終えて4月より万葉園に勤務する事が決まり、不安を抱えながらの勤務でしたが、今ではそれもなくなり、楽しく仕事に励んでいます。先日ある職員に「介護の他にやりたい仕事は?」と聞かれましたが、迷わず「それでもやっぱり介護職ですね」と答えました。それ程介護の仕事が好きなのです。(笑)

でも、まだまだ勉強する事は沢山あります。色んなことを学びながら少しずつ成長して行けたらなと思います。そして、ある人との約束を果たす為、3年後には立派な?介護福祉士として職場に立てていたらいいなと思い日々努めていきます。

 

【文:深澤】


2010年11月3日(水曜日)

【平成22年度 万葉園・たんぽぽ芸術祭のお知らせ】

カテゴリー: 13時11分16秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

“芸術の秋”ですね♪

万葉園・たんぽぽでは、113日(水)〜10日(水)までの期間、『万葉園・たんぽぽ芸術祭』を開催しています。

  

 

2010芸術祭1           2010芸術祭2

 

 2010芸術祭3                  

 

短い期間ではありますが、ご利用者のクラブ活動作品や地域の皆様の作品などを展示しておりますので、皆様お誘い合わせの上、ぜひぜひご来場ください!

【文:鹿山 奈美】

        


2010年10月28日(木曜日)

【万葉園・たんぽぽ運動会】

カテゴリー: 18時23分50秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

こんにちは!先日、万葉園とたんぽぽの合同運動会を開催しました。

前々に打ち合わせを行い、私も得点ボード作りやポスター作りなどを早めに完成させ、早くも気分は運動会。運動会の音楽も図書館で借りて準備万端!!

当日は、「大丈夫かな」と不安でいっぱいでしたが、言葉巧みな司会者さんやサポートをした職員、そして利用者の皆様のやる気で運動会は大成功!

職員競技も盛り上がり、ゴールした職員の変わりように大笑い。

今年は、たんぽぽチームが1位でした。中には「トロフィー取れなかったな」と肩を落とされるご利用者も。来年、またがんばりましょうね!

【文:星】

               

  2010運動会1    2010運動会2    

 

2010運動会3                             

 

 

 

 


【3才の大人】

カテゴリー: 10時01分07秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

先日甥の3才になる子供が、幼稚園の一日体験に参加しました。家では甘えっ子で、おもちゃなどもなかなか片付けないのに、「私、いつも保育所でやっているから出来るよ。」と言って一番先に片付け始めたそうです。

家に帰ってくるなり『緊張した。』の一言に皆びっくりし、「緊張って何。」と聞くと、『わかんないけど緊張したの、疲れちゃったわよ。」とまるで大人の会話でした。

子供は大人の会話をちゃんと聞いているんですね。

【文:唯野】


2010年10月26日(火曜日)

【 おすそわけ♪ 】

カテゴリー: 18時02分59秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 お昼休みに事務室の外から子供の声が・・・。外をのぞいてみるとそこにはかしま保育園の子供達!元気な挨拶の後で、「これみんなで食べて下さい!!」と焼き芋をいただきました♪ かしま保育園さんは道路向かいなので、朝から煙がもくもくしている様子を見て、事務室では「焼き芋やってるのかなぁ〜♪」「幼稚園のころやりましたよね〜」なんて話で盛り上がっていたのですが、まさかこちらまでいただけるとは!ご近所さんからのうれしいおすそわけをさっそく熱々のうちに利用者の皆さんといただきました。

 

 かしま保育園の皆さん、ありがとうございました!そしてごちそうさまでした!

 

【文:中橋】

 

2010焼き芋2 2010焼き芋1 


2010年10月25日(月曜日)

【敬老会】

カテゴリー: 21時26分21秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 9月14日() 午前、大食堂にて万葉園・たんぽぽの敬老会を実施しました。

当日はご家族の方もご参加頂き、盛大に行いました。

今年は卒寿・米寿・傘寿の賀寿対象者が6名おられ、一名ずつ賀寿状の贈呈式をし、ご家族と記念撮影をしました。

贈呈を終え記念撮影の時に感極まって涙を流す方もおられ、皆様に喜んで頂きました。

かしま保育園の園児もお祝いにかわいいお遊戯の披露や、肩たたきをしてくれて一緒に触れ合うことが出来ました。かわいい園児と触れ合うことができて利用者の方も心が癒されたことと思います。

 

 

2010敬老会1    2010敬老会

【文:高玉 香苗】


2010年10月22日(金曜日)

【鮭まつり】

カテゴリー: 18時35分52秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

雨が降ったり、暑かったりと秋らしくない天気が続いていますが、風邪もひかずに過ごしています。

家から万葉園への通勤に新田川の橋を渡ってきます。そこで「イクラ弁当」の旗が!

鮭もふるさとに帰ってきたようです。チラシも出ていたのでイクラを買いに行きました。塩でつけただけとのことで、家に帰ってみりんと醤油と酒で味を付けて冷蔵庫でねかせて…。夕飯にはぷっくりとしたイクラがご飯の上で輝いていました。味もGOOD!

今年は松茸も豊作だとTVでやっていたので、秋の味覚を存分に味わえそうですよ!!

【文:星】


2010年10月14日(木曜日)

【経験値】 

カテゴリー: 16時23分22秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 先日、救急救命講習を受け毎年行ってもらっている講習なので、手順は完璧だと思う。だが実際にその場面に居合わせた場合に、はたしてそれを行うことが出来るかは不安だ。

「道を知っていることと実際に歩くことは違う。」と言う映画のセリフがある。

知識としては十分に理解しているはずが、いざやってみるとうまくいかないことはよくある。

他人の経験談や失敗談を聞いただけでは、自分の身にはなかなかつかないものだが、他人事だと思わず、その重さを十分に受け止め自分の力に変えて行きたいと思う。

【文:黒江】


2010年10月4日(月曜日)

【冷蔵庫】

カテゴリー: 23時20分15秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

こんにちは、酷暑がようやく過ぎ秋風が心地よい季節となったのに・・

突然、前触れもなく我が家の冷蔵庫が壊れてしまいました。暑い夏を頑張って乗り切ってくれた冷蔵庫が・・。

事件は先週の事でした。私は、介護技術講習に4日間通学しており、その間は義母が私に代わりいそいそと家事をこなしてくれました。講習会が終わり、いざ料理をしようと思ったその時、冷蔵庫の扉を開けると「ん?温かい?!」気のせいかなぁ〜と思い、冷凍庫を開けてみると「ぬぬっ!解けてる!!」製氷室を確認すると製氷受け一杯に水が溜まっているではないですか!!もしかしたら、コンセントが外れてるのかな?と確認するも隙間がないくらいにしっかりと挿してあり、もしかしたら・・と期待したのも裏切られ、完全に壊れて、愕然としました。

 結局、新品の冷蔵庫を購入しました。痛い出費で、真新しい冷蔵庫を見るたび出るのは大きな溜息ばかり。

 ちなみに、先月は娘が自転車でアクロバットをやり、自転車のフレームが大破し修理代が○万円と痛い出費が続いている今日この頃です。

【文:高橋(ま)】


2010年9月8日(水曜日)

【 季節を感じて・・・ 】

カテゴリー: 15時38分20秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 9月に入りましたがまだまだ暑い日が続いていますね。聞いたところによるとこの暑さは来月まで続くとか・・・!?カレンダーでは秋なのにまだまだ夏気分が抜けない毎日ですが、今万葉園には秋を感じさせるものがいます!

それは・・・「鈴虫」です♪

                                                         

            2010鈴虫1                         

 

 こちらの鈴虫は、利用者の皆さんに鈴虫の鳴き声を聴き、風情を感じて楽しんでいただきたいとのことで、桑折悦子様よりお借りしているものです。事務室からは少し離れた場所にいるのですが、ふと気がつくと鳴き声が事務室まで聴こえてきます。私は、鳴き声を聴くとやっぱり秋だな〜と思ってしまうのですが、利用者の皆さんもそう思っていただいているといいなぁと餌やりに同行しながら思いました。

 また、別の日に佐藤照夫様から、「トルコキキョウ」をいただきました。たくさんいただきましたので、こちらは、万葉園とたんぽぽそれぞれに飾らせていただきました。

 

   2010鈴虫2   2010鈴虫3

季節を感じられる場所であることは、利用者の皆さんだけでなく職員にとってもとても良いことではないかと思います。桑折様、佐藤様どうもありがとうございました。

【文:中橋】


2010年8月31日(火曜日)

【はずかしながら・・】

カテゴリー: 10時09分54秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

  727日の生活習慣病検診で初めて胃カメラ実施しました。はずかしながら元来のこわがりで避けていましたが、鹿島厚生病院の看護師さんにやさしく説得され覚悟を決め実施しました。その看護師さんが付き添ってくれ、やさしく最後まで背中をさすってもらいました。「上手。上手。もう少し」やさしさに涙が出てきました。

  具合の悪い時や不安や困っている時にやさしい声掛け「大丈夫」「心配ないよ」と言ってもらえると本当に安心し心強く思うもの。自分は職場ではどうだろうか、安心してもらえる声掛けや対応が出来ているか・・。自身を見直す良い機会になりました。

 

【文:小野富美】


2010年8月25日(水曜日)

【 収穫しました♪ 】

カテゴリー: 17時17分56秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

万葉園に異動になって早くも二ヶ月目に入った事務の中橋です。同じ事務業務とは言っても施設によって色々違うものだなぁと感じたり、忙しいながらも新鮮な毎日です。異動になって初めての日記ということで!今回は、私が前任者から引継いだ業務の一つである『緑のカーテン』について紹介しようと思います♪

 最近は街中でも『緑のカーテン』を見かけることが多いと思いますが、万葉園の事務室の西側にも、日差しを避ける目的で作っています。私が引継いだ7月には、まだ小さかった植物達(ちなみに今年はゴーヤ・ヘチマ・アサガオを植えたそうです。)は、あっという間に伸びて行き、ヘチマとゴーヤの花が咲いたのを見つけると、いつ実がなるんだろう・・・と窓の外が気になり、7月の終わり頃に最初のちびゴーヤを発見してからは、他に何個実がなっているかを確認するのが癖になってしまいました♪

2010収穫

1本の苗から10個程実がついていたようでしたが、最初は緑色だったゴーヤが気付けばだんだん黄色に!!ぷよぷよしてるし・・・腐っちゃった!?と心配しましたが、インターネットで調べてもらったところこれは熟した状態とのことで、一安心。でもやっぱり気になってしまい、緑も黄色もまとめて収穫しちゃいました!

2010収穫 2010収穫

多分ご家庭でゴーヤを育てている方々も多いかとは思いますが、なかなか黄色になったゴーヤを見る機会はないのではと思いまして・・・せっかくなので、事務室で食べてみることにしました♪

まず半分に切ってもらうと種が・・・赤い!!食べてみると・・・甘い!!

2010収穫

黄色くなった実は、そのまま切ってマヨネーズであえてサラダとして食べるとおいしいとの情報により、マヨネーズが無かったので、冷蔵庫のゴマドレッシングをお借りして食べてみました。

2010収穫

味は・・・「ゴマで苦さをごまかしてる・・・」という栄養士からのコメント通り、あまり苦さは感じられませんでしたが、私は一口で十分でした!(でも何もつけないものはこれよりとても苦かったです!!)

ちなみに、ヘチマですが、これはちゃんと成長しているものの全然実がなりません。どうしてでしょうか・・・?せっかく利用者さんからヘチマ水の作り方について教えていただいたのですが、実践できるか・・・。今後に期待です!

長くなりましたが、最後に一番元気にがんばっているアサガオを見ていただきたいと思います!これ以外にも敷地周りにはアサガオが成長中ですので、こちらも大きくなったらぜひ紹介したいと思います♪

2010収穫

【文:中橋】


2010年8月23日(月曜日)

【花火大会】

カテゴリー: 18時13分14秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

平成22年8月3日、毎年恒例の花火大会を開催しました。

 今年は、昨年大変好評だった打ち上げ花火や噴出し花火をメインに、ご自分で花火を行うのではなく、見て楽しむ花火を計画しました。

 天候は晴れ、風も程良いくらいで最高のコンディションです。花火大会には数十名のご利用者が参加されました。とても花火大会を待ち遠しくされていた方ばかりです。その為、花火が打ち上がると、「わー、綺麗」など歓喜の声がたくさん聞かれました。利用者の方の中には、「素人にしては大したもんだ」と、とてもびっくりされていた方もおられ、大成功の花火大会となりました。

 最後に、普段は言葉が少なく、受け身の利用者の方も、手持ち花火を見たとたん、「やってみたい」と手を出され、興味を示されたことにとても喜びを感じました。少しでもいいので、その方の興味を引き出せただけで、この花火大会を開催してとても良かったと感じました。

 

2010花火大会 2010花火大会 

2010花火大会

 

【文:高玉雅利】


2010年8月19日(木曜日)

【騎馬武者が来た!!】

カテゴリー: 12時58分01秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

平成22年7月23日(金)、今年も毎年恒例野馬追いの時期がやって参りました。

 去年は、雨降り模様であまり野馬追いを見物できませんでしたが、今年は天気に恵まれたものの、異常なくらいの猛暑で、これまた大変な野馬追い見物でした。

利用者の方が熱中症にならないように、簡易テントを張り、水分補給をこまめに促し、首の後ろには、冷やしたおしぼりを巻いて、完全防備の状態で見物に臨みました。その甲斐あってか、利用者の方は誰一人として熱中症にならず、特変もなく無事に野馬追い見物ができました。

 ところで、野馬追い行列はと言うと、とても勇ましい騎馬武者の姿に、利用者の方々は「参れー参れー」「うわぁー」と歓喜の声を出されていました。また、「来年もまた見たいなぁ」「来て良かった」と嬉しそうに話されていたのがとても印象的でした。とても暑く、汗を流し流しの見物でしたが、今年も利用者の方々の思い出の1ページになれば良いなと思いました。

【文:高玉雅利】

野馬追い2    野馬追い1


2010年8月12日(木曜日)

【同窓会】

カテゴリー: 17時51分03秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 7月中旬、専門学校時代の同窓会が仙台某所で行われ、サークル仲間約20名が集まりました。この同窓会は定期的にある訳ではなく、誰かが気が向いた時に…というかんじでの開催の為、私は約7年ぶりの出席となりました。(今回の同窓会も2年ぶり!?ですが…)

 同窓会では、卒業してから初めて会う人や遠方は東京や埼玉から出席した人、結婚してからはほとんど連絡をとらなくなった人…などなど久しぶりに会う友人ばかり!!

学生時代の思い出話しやお互いの近況報告を話しながらのお酒の席。30分も経たないうちにしっちゃかめっちゃか!!() 本当に本当に楽しい時間でした!!

また、出席した人ほとんどが介護業界で現役バリバリで働いているということもあり、情報交換や同じ業界で働いてるからこそわかり合える悩みなども打ち明けることができ、みんなも同じ思いを持っていて私だけじゃないんだ!と元気をもらうことができました。

 また次にみんなに会う時も、笑顔で会えるように…

私は私らしく、マイペースでがんばりたいと思います。

 

【文:斎藤】


2010年8月3日(火曜日)

【弱い夏】

カテゴリー: 21時38分14秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

「あついねぇ」 梅雨明け後 あいさつ最初の言葉。

今年の夏は異常な猛暑が続き熱中症で病院に運ばれる人が多いとの事。

暑さに弱い私は 朝 目が覚めてもだるさが残りスッキリとしない毎日を送っています。

美味しいものを食べ 睡眠をよくとりこの夏を乗り越えたいと思います。

【文:高橋(ヨ)】


2010年7月23日(金曜日)

【利用者1泊旅行】

カテゴリー: 17時48分25秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 万葉園で初の1泊旅行に行って参りました。

 本来であれば、前年度11月に旅行を計画していましたが、凶暴なインフルエンザの影響もあり、今年度6月までの延期となり、今回やっと、念願のご利用者との一泊旅行に行くことができました。

 宿泊場所は、『いこいの村なみえ』という障がいがある方でも利用ができるバリアフリーの施設でした。

 1日目、万葉園を出発し、昼食はかっぱ寿司原町店で、お寿司をお腹いっぱい召し上がられました。美味しいお寿司を召し上がられ、とても満足そうな表情で「美味しかった。ありがとうございます」と喜びの声が何度も聞かれました。次に、浪江サンプラザで、おやつ&ショッピングを楽しみ、しばし休憩。休憩後、請戸漁港に立ち寄り、海の潮臭い匂いを嗅ぎ、石原裕次郎の真似をして写真撮影をされ、旅行をとても満喫されているようでした。

 いこいの村なみえに到着してからは、お部屋のお風呂に入られ、ご利用者の方はリラックスモード。夕食前に一時休息。その後、豪華夕食を美味しいビールとともにたくさん堪能しました。

2010いこい1 

 2日目は、陶芸の杜大堀に立ち寄り、大堀相馬焼き教室に参加しました。ご利用者の方の一人は、以前陶芸教室に長年通っておられ、今回は以前使っていた道具を持参され、道具を使って粘土を練り作成される姿は、プロさながらの手つきで、とても素晴らしい作品を作成されていました。作成後は、焼きあがるのが待ち遠しい様子で、今まで見たことのないような、とてもイキイキとしたお顔をされていました。

 教室終了後はご利用者の知り合いの、窯元の方のお宅を訪問し、お気に入りの壷を購入され、とても満足されていました。

 2日目の昼食は双葉にある六角茶屋に立ち寄り、うに丼や釜飯を美味しく頂きました。

 帰りの車内では、「こんな素晴らしい所に連れてきてもらって、ほんとに嬉しかった」「最高に良かった」「体の自由がきかないのに連れてきてもらって大変だった。ありがとう」と、とても感謝され、涙される姿も見られました。また、今回参加した職員からも「ご利用者と旅行に来れてよかった」「また来年も来たい」と、とても前向きな発言があり、今回の旅行は大成功だったのではないかと思っております。

2010いこい3 2010いこい4 2010いこい5

2010いこい6 2010いこい7

【文:高玉(雅)】


2010年7月22日(木曜日)

【相馬野馬追い間近】

カテゴリー: 12時32分54秒

 

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

いよいよ梅雨明けとなりました。梅雨明けと同時に相馬野馬追いの時期も近づき、まちは野馬追いの旗が並んで「今年もいよいよ」という雰囲気を醸し出しております。

 そんな中私事ではございますが、先月のあたまに愛娘が誕生し、早くも一月半が経過しました。生まれたばかりはとても小さかった娘も、一月経つと体重が1500g増えており、身長も5竸びておりました。このまま何事もなくすくすく成長してほしいものですね。

 そんな娘にまだ理解は出来ないとは思いますが、この相馬地方で伝統のある野馬追いを

ぜひ観せたいなと思います。神旗争奪戦や甲冑競馬は観にはいけませんが、武者行列だけでも観せれたらと思います。

 これからの時期、お祭りや、花火大会が各地で行われますが、機会を見つけていろいろな所に連れて行ってあげたいと思います。

              

【介護職員  草野】


2010年7月14日(水曜日)

【3か月が過ぎました】

カテゴリー: 10時55分49秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 4月に福寿園より異動となり、はや3ヵ月が経ちました。やっと利用者の皆さんの顔と名前、特徴を覚えてきたところです。

私は、岩手県出身でこちらに嫁いで6年になりますが、福島の方言で話されると、いまだに分からない事があるのですが、利用者さんに分かりやすく説明して頂き、とても勉強になります。

  私にとって、それが利用者さんとのコミュニケーションの中で一つの楽しみとなっています。

【文:佐々木詩子】


2010年7月9日(金曜日)

【復帰】

カテゴリー: 13時34分29秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

  

5月末に育児休業が明け、仕事復帰しました。

早くも1ヶ月が過ぎようとしているのにまだ職場に慣れず、手探り状態で仕事をしています。育児に仕事にと体力を使うことばかりで、家に帰ると何もせず寝てしまう毎……。

でも子供の成長を見ていると自然と頑張ろうと思えてきます。

早く職場に慣れて子供ともたくさん遊んであげたいと思います。

                                                                          【文:高玉()


2010年7月1日(木曜日)

【月日は早いもので】

カテゴリー: 09時31分58秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 この間まで20代だった私ですが、気付かないうちに前厄の歳になっていたようです

  同年齢の職員に「前厄知らなかったの?」と教えられて、「そんなまさかまだ早いって」と笑い飛ばしていたら本当に前厄でした。どうりでこの健康な私が、今年に入ってからやたらと体調を崩すわけです。メタボもきっと前厄のせいです。

 

 善は急げで、その日のうちにお寺に電話をし、厄払いの日付を決めてもらいました。これを書いている今日、行ってきます。前厄どころか、お坊さんの話だと午前中に具合を悪くする人は生霊がついているだとか、午後から体調を崩す人は死霊がついているとかなんとか。午後から体調を崩す皆さん、気をつけてくださいね^^後ろにどなたかいらっしゃるかもしれません^^

 なぜそんな話を夜勤前の私にしてきたのか、後ろになんか憑いてると思ったら、窓に写る自分の影すら、そっち関係の人に見えて仕事になりません。本当にいい加減にしてください。怖くて来月から夜勤ができないと困るので、しっかりお払いしてもらってきます!

 

 とりあえず赤いお守りでも買おうかな。

【文:佐藤(訓)】


2010年6月30日(水曜日)

【新茶の会】

カテゴリー: 17時54分41秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 桜の花も散り、葉桜が大きくなってきた5月21日に万葉園では新茶の会が行われました。

 新茶の会には裏千家いわき支部の先生方にお越しいただき、お茶点ての披露並びに利用者の皆様と一緒にお茶を点て、点てたお茶を召し上がるという内容でした。

先生方がお茶を点て始めると、皆様どのように点てているのかと真剣な表情で見ていました。お茶が皆様の所に渡り召し上がると、「美味しい〜。」や「渋いなぁ〜」という感想があちらこちらで聞かれました。おやつには和菓子が出され、渋いお茶に和菓子がとても合い、和菓子をおかわりする方もいらっしゃいました。

 お茶とおやつを充分に堪能され、中にはお茶を自分で点ててみたいという方もいらっしゃり、先生方と一緒にお茶を点てていました。

 私の感想としては、私たちや利用者の皆様も普段茶を点てる機会がない為、お茶を点ててる時の皆様の顔が新鮮でとても楽しそうに見えました。今後も今回のように季節毎の行事で利用者の皆様に楽しんでいただけたら良いなと感じました。

 

2010新茶 2010新茶 2010新茶 

 

【文:介護職員 草野琢哉】


2010年6月22日(火曜日)

【人生は八勝七敗】

カテゴリー: 13時01分59秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私の中学校時代の恩師が悪性リンパ腫と闘いながら、日々の出来事や思いを毎日ブログに綴っており、それを読むことが私の日課となっています。そのタイトルが『人生は八勝七敗』です。その中の一つを紹介します。

 

「心の風邪 みんなある」

心の風邪を感じたら そのまま無理をせず 心のスイッチ点検しよう 

意外とまいにちいそがしく 仕事や人間関係のごたごたに、

うちでもスイッチつけっぱなし あなたは会社や職場に片思い 

まして 想いは届かずに ふられてからではおそすぎる 

あなたのほうから 気持ちでスイッチOFF

肩の力ぬいて 心のいずみに 元気がたまるまで 

ゆっくりじっくり待ってみよう

そして なにか 仕事以外にのめりこめるものをみつけ、やってみよう 

大丈夫 大丈夫 心の風邪は だれでもがひくのだから 

体も心も温めて ゆっくり元気をためましょうね 

かならず 出口は 見えてくるから 

      

  

いつも先生ありがとうございます。今日も先生の言葉を胸に頑張っています。       

                                                                                        

【文:中原 みどり】

                                                                                      


2010年6月17日(木曜日)

【一人息子】

カテゴリー: 17時23分33秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私の息子(小4)は、鹿島ドッジファイターズというドッジボールクラブに所属しています。毎週月曜日と木曜日に練習があり、いつも楽しんで練習に参加しているようです。

練習が終わるといつも、「今日は、ここが出来なかったんだ。」などと帰りの車の中で反省会をします。

時々、「キャッチボールしよう。」と言われ、何度かキャッチボールをするのですが、息子のボールが早くて手が痛くなってしまい直ぐにやめてしまう私。ママは痛くて限界。

試合の時は、休みが取れれば応援に行っています。いつも怪我しませんようにと思いながら、頑張っている息子たちを応援しています。勝った時の、チームのメンバーの表情を見ると、鳥肌が立ちいつも感動してしまいます。

6年生になるまでの間に頑張って全国大会に出場する事が目標なので、頑張ってほしいです。                                        

                                                                                                          

【文:奥田 瑠美子】


2010年6月15日(火曜日)

【 宝物 】

カテゴリー: 13時45分21秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 もう、私の働きながらの子育ても三年経とうとしています。とても毎日が早く過ぎてしまうので、あっと言う間の長男三歳!今は一番手がかかるけど一番かわいい時。

ゆっくり成長してもらいたい気持ちと早く大きくなってもらいたい気持ちが複雑です。

仕事も忙しく、あんまり遊んであげられないけど、私は三世帯で暮らしているので息子は一人になることはなく、家族の愛情をいっぱい受けて育っています。

素直で思いやりのある子に育ってほしいな〜と思います。

【文:谷津田奈美江】


2010年6月9日(水曜日)

【早く逢いたいなぁ・・】

カテゴリー: 15時34分22秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

   4月始めに、埼玉県に住む次男の所で2人目が産まれました。今月遊びに行く予定です。

 

 今は便利な世の中で、携帯電話で向こうの様子を知る事ができます。写真や映像を時々送ってもらい、それを待ち受け画面にしてひとり喜んでいるこの頃です。(*^^*)

 

 そんな幸せそうな家族に悲劇が・・水痘が流行だとか。まず始めに母親がかかり、次に生後間もない長男が、そして上の子が発症して大変なようです。

 

 近けりゃ応援できるのに、「ガンバレ!」ってしか言えませんでした。

【文:鈴木()


2010年5月26日(水曜日)

【恐怖の検診】

カテゴリー: 12時39分22秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 只今妊婦道7カ月。

常にbabyと行動を共に幸せを感じる中、1カ月1回の検診が恐怖。

 なぜなら「佐野さ〜ん。はい乗って下さい。あらららら増えすぎ。どのくらい食べてるの?」と厳しいお言葉。

そして前回の検診で遂に「これはやばいね。次まで体重維持して!ご飯食べなくても

子は育つから!」と言われる始末。チクショ〜と思いながら帰りは中華屋さんで

一人ランチ。食い収めとセットメニューをたいらげ最後はデザート。 

 しあわせ〜❤♡❤♡❤ 

その後とりあえず維持してます。

 

 我が子よ!元気に生まれて来いよ〜。

そしたらママはレッグマジックに乗りながらあやしてあげるからね〜。

【文:佐野美里】


2010年5月12日(水曜日)

【旅立ち】

カテゴリー: 16時56分38秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 今年、4月に次男が東京へと旅立ちました。

 

 地元から出た事もなく、右も左もわからない東京へ行く息子を思いしばらくは空の巣状態に陥ってしまいました。

 でも自分の夢に向かい巣立って行く息子の後ろ姿をみて頼もしく感じました。

 

 息子よ・大きく羽を広げて大空を羽ばたけ

【文:岡崎】


2010年5月7日(金曜日)

【 春 】

カテゴリー: 13時28分54秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

毎年花粉症に悩まされ、外出もおっくうになってしまう時期なのですが、今年は全くと言っていいほどあの不快な症状が出ず、快適な生活を送っています。

 現在妊娠中なので『体質が変わったんじゃない?』と周囲から言われます。

だとしたら、なんて母親想いのいい子なんだろうと早くも親バカな考えをしてしまったり…。

 このまま花粉症が治って、来年の春には親子3人でお花見に行けたらいいなと思ってます。

【文:大和田】


2010年4月12日(月曜日)

【花見】

カテゴリー: 17時42分36秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

春の恒例行事、「桜の花見」を心待ちにしている利用者の皆さん、職員たちをじらしているかのような肌寒い天気・・。「今年も桜を見ながらお酒をちょっと飲んで。」「昨年、ここに来て、こんな体になってから初めて酒を飲んだが、うまかったあ」と・・・。

 

確かに昨年の花見に同行させて頂きましたが、同行された他の利用者の方や職員と同じ高校の先輩後輩と知り、お酒を飲まれ、校歌を歌い、学生時代の思い出話に花が咲き、涙しての今までに見たことのないような笑顔をされた「花見の宴会」でした。今年もきっといい「花見の宴会」ができることでしょう。日本人の「花見」、特に「花見での宴会」は、世界でも珍しいそうです。

 

現在、日本の観光地では、外国人の観光ツアーの中には「桜の名所めぐり」が盛り込んであるそうです。「日本の桜はとてもきれい」「花見の宴会は日本独特の文化」と話していた外国人の方がいましたが、やはりいくつになっても「桜の花見」や「宴会」を待ち遠しく、また心が躍り、和むのは、日本人だからなのでしょうか・・ね。

 

【文:山田】


2010年3月25日(木曜日)

【時は流れて】

カテゴリー: 18時14分59秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 一雨毎に暖かくなり、桜の開花ももうすぐかと思われますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、私がホームページの職員日記の担当の際には、いつも子どものことを書かせていただいていますが、月日が経つのは早いもので、もう25ヶ月になろうとしています。

最近では仕事から帰ると「おかえり」と出迎えてくれるようになり、お土産をねだる仕草は仕事の疲れを癒してくれ、また明日からの活力の源となります。

 

 私はグループホームの勤務となってからもうすぐ3年となりますが、先日札幌市のグループホームでは7人の入居者様が亡くなられるという火災がありました。たんぽぽでは地域の皆様のご協力や併設の万葉園職員の協力、スプリンクラーの設置等で防災体制を整えていますが、一般の方が経営される施設では安全対策を整備することは当たり前のこととはいえ、現行の制度では難しい部分もあるというのが実際のところだと思います。

 

 子どもの成長が早いと感じるのと同じスピードで、私たちもいずれは高齢者と呼ばれる年齢となります。福祉という分野に携わる人間として今何をすべきなのか、未来に何を残せるのかはまだはっきり分かりませんが、子どもに胸を張って「ただいま」と言えるような仕事をして、また、未来にいいバトンを渡せるように明日からも頑張ろうと思います。

【文:鈴木(知)】


2010年3月5日(金曜日)

【 10周年 】

カテゴリー: 11時15分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 残すところ数日で新年度になろうとしています。先日ふと、介護の仕事を始めてから今年で10年になる事に気づきました。長かった様であっと言う間だった様な気がします。泣いたり・笑ったりと沢山の経験をしてきました。経験が10年と言うとベテランと思われてしまうかもしれませんが、まだまだ勉強不足でこれからが大切な時期だと思っています。

 今までの経験を整理し、これからも向上心を持ち、初心を忘れずに気持ちを切り変えて、利用者の皆さんの力になれる介護職員になろうと思います。

 

【文:佐竹】


2010年2月17日(水曜日)

【 節 分 】

カテゴリー: 14時51分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 2月3日節分の日、毎年恒例の豆まきが行われました。

午前11時、普段はベッドにいる方もデイコーナーに集まりました。そこへ、赤鬼()と青鬼(先輩)が4つのエリアを順番に回りました。

鬼が目の前に現れると一生懸命に豆をぶつける方、驚いたような表情を浮かべる方、鬼の姿を見て笑う方、「一緒に写真を撮って。」という方などなど反応は様々でした。豆をぶつける事が出来なかった方も心の中では「鬼は外 福は内」と思っていたことでしょう。

万葉園の利用者の方全員に、そして職員の方全員にも福が訪れることを願っております。

2010赤鬼3

 

さて、本当はこの1回で豆まきは終わる予定だったのですが午後になって職員の方から驚きの知らせが…。「○○エリアの○○さんが鬼を見てないんだって。一緒に写真を撮りたいって言っているからもう1回、あの格好になって」との事。

そういう訳で、午後にもう一度鬼の格好になり居室まで行くと、とても喜んでいる様子。豆をぶつけ、一緒に写真を撮り満足されていました。

  2010赤鬼2      

 

最初は「体の線がはっきり見える」とか「タイツがピッチリしすぎている」、「こん棒が短かすぎる」と文句を言いながら着ていた赤鬼()と青鬼(先輩)も終了間際には、「これ結構良いよね」、「コスプレする人の気持ちが分かる」と、この格好が気に入っていました。

2010赤鬼1

【文:遠藤(智)】


2010年2月16日(火曜日)

【万葉園からこんにちは〈第19回〉】

カテゴリー: 13時05分43秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■ 

 

 平成17年度から今年度までの5年間、万葉園では延べ11人の女性職員が出産しました。これだけ見るとどうということもない数字ですが、出産した職員は全て看護職員、介護職員で、25人中の11人です。男性職員の配偶者の出産も含めると、単純に5年間で看護職員、介護職員のうち2人に1人は出産に関わった計算になります(延べ人数なので実数はもう少し減りますが)。

 その11人のうち、育児休業を取得しなかったのは1人(1回)のみ、取得率は約91%。出産休暇、育児休業後の職場復帰率は実に100%。厚生労働省の進める仕事と家庭の両立のモデルケースのような優秀な成績です。

 さらに今後、出産休暇取得予定の女性介護職員が3名、出産予定の配偶者を持つ男性介護職員が2名。平成19年度の後半からは、妊娠中、出産休暇中、育児休業中の職員がセットで常にいる、という状態がほとんどずっと金太郎飴のように続いています。とてもおめでたい話なのです。ですが、いくら若い職員が多いからとはいえ、出産が多すぎるのではないでしょうか? 法人内でも万葉園だけが出産ラッシュです。少子化というのは本当か?という疑惑も。コウノトリにとって、万葉園はとても住みよい環境なのでしょうか‥‥。

【事務員:但野】

 


2010年2月15日(月曜日)

【2月を迎えて】

カテゴリー: 10時08分39秒

■■■グループホームたんぽぽ■■■

 

 先日たんぽぽにおきまして、小正月の飾り付けの団子さしと節分に恵方巻つくりを行いました。

 小正月の飾り付けは、毎年たんぽぽ恒例の行事となっており、ボランティアの方々、利用者御家族の参加をいただき盛大に行うことができました。利用者の皆様も全員が団子を丸めたり、ボランティアの方が準備してくださった木に飾ったりと元気にお互いに指示をしあい作成しておられました。

 

2010節分1 2010節分2

2010節分3 2010節分4    

 

 節分ではそれぞれ自分好みの具材を選び調理した恵方巻を昼食にいただきました。途中、万葉園から鬼がやってくると、私たちも驚くような勢いで「鬼は外〜!!」と豆を投げ、痛がる鬼を見て満足気な様子。ただ、鬼が退散するときは「ありがとな」と鬼にお土産を渡す優しい皆様でした。

 

2010節分5 2010節分6

2010節分7 2010節分8

      

【文:阿部(夕)】


2010年2月3日(水曜日)

【心温まる職員研修会】

カテゴリー: 17時27分28秒