メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 11月翌月
1
2
より良いサービスの提供を目指して
3
今年もあと2ヶ月
4
【秋の大運動会】
5
6
7
石神デイサービスセンター大運動会
8
9
10
11
12
13
大学生の介護等の体験
14
ありがとうございます初めまして
15
今日は注射の日
16
17
健康を思う早いもので
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2017年11月17日(金曜日)

早いもので

カテゴリー: 21時48分12秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■
 皆様はじめまして、5月1日より万葉園で介護職員として働かせていただくことになりました渡部と申します。早いもので現在約5か月になるのですが、まだまだ不慣れなところもあって、失敗をしたり、迷惑をかけたりすることが多々あるかと思います。初めて経験する特別養護老人ホームということもあり、はじめはとても不安でした。でも、信頼のおける先輩方や優しいスタッフの皆様のおかげで、今まで何とかやってこられたと思っております。
ご利用者様にもいろいろな方がおり、一括りに介護という仕事の中にも人はそれぞれ全然違い、一人ひとりに真摯に向き合い、その人に合ったニーズを満たしていかなければならないんだなと日々感じております。これからも介護についてもっと勉強をつづけて、いろいろな資格を取り、困っている人の役に立てるような人になるために頑張っていきたいと思っています。
                                                                          

  【文:渡部(毅)】


2017年11月15日(水曜日)

今日は注射の日

カテゴリー: 09時43分40秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■ 

朝夕の寒さが身に染みる季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私事ではありますが、今これから職場にて
インフルエンザの予防接種の予定で、ただ今ドキドキMAX中です。
いくつになっても注射は怖いです・・・。
それでも注射以上にインフルエンザの感染は怖いので毎年恐怖に打ち震えながら
予防接種に挑んでおります。
過去に1度だけインフルエンザに罹患したことがありますが、予防接種を受ける前だったために、40度の発熱と全身の筋肉痛、例えようもない倦怠感に襲われ、3日間苦しんだ記憶があります。
私たちは高齢の方たちと関わる職業の為、ウイルスの保有者とならないように常に予防を心掛けなければなりません。

接種終わりました。
全然痛くなかったです。
来年も再来年も予防接種を受けようと決意を新たにする私なのでした。
そういえば、肺炎球菌ワクチンも接種してから5年・・・
年明けくらいに打たなくてはなりません。
注射はほんの一瞬で、実際そんなに痛いわけではありません。
ブログをご覧の皆様は予防接種は受けられてますか?
予防接種については賛否両論聞かれますが、私は毎年受けていこうと思っています。

 【文:佐川】

 

 

 

 


2017年11月14日(火曜日)

初めまして

カテゴリー: 13時34分47秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 4月に入社し、8か月が過ぎようとしています。学生時代よりも時間の流れがとても早く感じ、一日24時間では足りないくらいです。仕事をしているとあっという間に一日が過ぎてしまい、戸惑いながらも毎日切磋琢磨しています。

 私は小さい頃から祖父と暮らしており、体調を崩したり怪我をして苦しんでいる姿を一番そばで見てきました。そんな姿を見て、いつか大好きな祖父が介護を必要とした時は、私が力になりたいと思うようになったのがきっかけで、介護の仕事に興味を持ちました。そして、介護職員不足が慢性化しているこの地域に貢献したいと強く思い、この法人を選びました。

しかし実際に現場に出てみると、正直思っていたより何倍も辛く大変な事ばかりです。入社したばかりの頃は、何をしてもうまくいかず、理想と現実の差にギャップを感じ毎日一人で悩んでいました。それでもくじけず今こうして頑張れているのは、先輩職員や同期の支えがあったからだと思います。

高校卒業後すぐに社会に出た私は、右も左も分からず職員の皆さんには沢山迷惑を掛けてしまいましたが、見放さず指導して下さり本当に感謝しています。指導のおかげもあって、少しずつですが、仕事にやりがいを感じたり楽しいと思う事が増えてきました。

 最近は毎日仕事に追われ、時間ばかりを気にするあまり、それぞれのご利用者様に合った丁寧なケアができているのか不安になる時があります。これからは、今まで以上にご利用者のお話を傾聴し、もっと寄り添ったケアができるよう努力していきたいと思います。そして、一日でも早く一人前の介護職員になれるよう、日々成長していきたいです。

【文:七宮】


ありがとうございます

カテゴリー: 13時33分00秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 私は、10年程前から福寿園で介助員として5時間勤務をしていました。

東日本大震災で新潟県へ避難し、1年間福寿園を離れました。その間、当時の副施設長が、「南相馬へ戻る時があるなら、また福寿園で働いて欲しい」と声を掛けてくれました。その言葉が私にはとても嬉しくて、避難先から戻って直ぐに福寿園に復帰しました。

 上の子供も中学生となり、色々な挑戦がしてみたくて、5時間勤務から、職員として2年ほど前から常勤で働くようになりました。

 40歳を迎えてからこの仕事を始めた私にとっては、体力的に辛いです。毎日、出勤時間も違えば、エリアの仕事だったり、入浴業務だったり…。

 でも、この仕事をしていて良かった、楽しいと思えるのは、周りのご利用者の方々に声を掛けてもらえることです。周りの方々に元気をもらっているからこそ、今の私があるのです。もちろん、職員の皆様にも声を掛けていただいて

 皆様、ありがとうございます。

【文:岡田】


2017年11月7日(火曜日)

石神デイサービスセンター大運動会

カテゴリー: 17時20分31秒

■■■ 石神デイサービスセンター ■■■
 秋も深まりデイサービス恒例の大運動会が開催されました。屋内での開催ではありましたが、晴天に恵まれて秋晴れの中での開催となりました。
 競技種目は、ボール送り、紅白玉入れ、パン食い競争、職員による椅子取りゲームと進めていきました。紅白に分かれて、それぞれに負けてたまるかと熱のこもった白熱した運動会となりました。利用者さん、職員共に怪我もなく楽しい運動会となりました。
 パン食い競争では、普段杖を使用して歩行されている利用者さんが、何も使わずに走り出した瞬間は、ハッとしましたが元気な姿を見ることが出来て良かったと感じた瞬間でもありました。職員の椅子取りゲームでは、職員の本気の姿に利用者さんからも、本気の応援、沢山の笑い声を頂きました。

H29.11.6【文:中原】


2017年11月4日(土曜日)

【秋の大運動会】

カテゴリー: 12時22分15秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

 

デイサービスでは、10月行事【秋の大運動会】を1012日(木)〜14日(土)の三日間開催しました。競技に入る前に全員(利用者様・職員)でラジオ体操を行ってから競技に臨みました。

『競技1・玉入れ』例年より籠の高さを高くしたため利用者様からは、「高くて入れづらいよ〜」との声がありましたが、始まるとお手玉を両手に5.6個持ち一気に投げ入れる方もおり、見る見る内に籠の中がいっぱいになっていました。『競技2・PK戦』普段のレクリエーションよりバージョンアップした事によりゴールを決める事は少し難しかった様ですが、選抜の利用者様は皆さん真剣に取り組んでいました。『競技3・仮装競争』利用者様にはちょっと休んで頂き職員が仮装を行い利用者様に笑って頂きました。『競技4・何でもリレー』輪投げ、お手玉、ボール等を隣りの方にリレーし早さを競って頂きました。普段の表情とは違って、皆さんに楽しんで頂きました。

デイ運動会.JPGデイ運動会.JPGデイ運動会.JPGデイ運動会.JPG

【文:鈴木(仁)】


2017年11月3日(金曜日)

今年もあと2ヶ月

カテゴリー: 03時51分17秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

 秋も深まり、最近は朝夕の肌寒さからなかなか布団から出られない日が増えてきました。

今年もあと2か月ほどです。早いものですね…。

わかばエリアでは、寒さに負けず毎日たくさんのショートステイのご利用者をお迎えしています。まだまだデイサービスのようにはいきませんが、余暇時間を楽しんでいただけるよう、カラオケやゲーム等レクリエーション活動もより充実していければと思っています。

今後もたくさんのご利用者に来ていただけるよう、そして楽しく過ごしていただけるよう、職員一丸となって頑張って行きます。

 

 

おやつ1 おやつ2

 

【文:只野】


2017年11月2日(木曜日)

より良いサービスの提供を目指して

カテゴリー: 13時13分38秒

■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 10月30日に苦情受付担当者研修に参加してきました。研修では苦情解決制度の仕組みと意義、福祉施設をめぐる法的諸問題、苦情相談事例から学ぶ福祉サービスの向上について学んできました。

 「苦情」というとマイナスなイメージで捉えがちですが、事業者は「苦情」を「要望」「ニーズ」として捉えることが大切とのお話がありました。苦情から学ぶ改善や工夫はたくさんあり、適切な苦情対応はご利用者やご家族の福祉サービスに対する満足感を高めることや権利侵害の防止が期待されます。また、事業者は、サービス改善のチャンスとして、サービスの質の向上に活かすことが求められます。

 苦情の内容として、情報や説明不足が挙げられることが多いそうです。介護支援専門員としてご利用者やご家族へ制度やサービス、ケアプラン等について説明させていただきますが、情報提供や説明が十分できているのか…と日々の業務を振り返りました。日頃からご利用者やご家族とのコミュニケーション図り、分かりやすく丁寧な説明を行うとともに、意見等を出していただける環境を作っていきたいと思いました。

【文:平田】


2017年10月28日(土曜日)

はじめまして

カテゴリー: 15時45分22秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 今年41日から福寿園の介護職員として採用されました太田華奈恵です。南相馬福祉会に採用される前は、専門学校で介護のことを2年間学んできました。しかし、学んできたことは基礎で、働いてからの方が学ぶことが多く、勉強の日々だと思います。ご利用者の情報はもちろんのこと、一人ひとりに合った介助の仕方が違い、また日によっても違うので、毎日一生懸命努力しています。入社して早7か月経ちましたが、分からなことや困っていることがあると、同じエリアや他エリアの先輩職員や同期に話を聞いて頂き助言を貰い、1日でも早く自分に身につけていきたいと思っています。

 まだまだ分からない事が多く迷惑を掛けてしまう事があると思いますが、1日でも早くご利用者に信頼され日常生活の支援が出来るよう頑張りますのでよろしくお願いします。

【文:太田】


2017年10月23日(月曜日)

小高産業技術高校吹奏楽部の皆さんが来てくれました!

カテゴリー: 09時10分03秒

■■■ 石神デイサービスセンター ■■■
 10月7日、石神デイサービスセンターに『小高産業技術高校吹奏楽部の先生及び皆さん』併せて13名が来訪して下さいました。
 アンコールを含め、全5曲の素晴らしい演奏、楽器の紹介、自己紹介と、職員からの質問等にも一人ひとり丁寧に答えて頂きありがとうございました。
 最後には、某有名歌手が手がけた新しい校歌も歌って頂きました。「小高」の地名の入った歌詞に、利用者の皆さんは震災前の事を思い、様々な思いを胸に聞き入っていました。
 次回の来訪も楽しみにお待ちしております!

H29.10.23 H29.10.23

H29.10.23 

【文:若狭】

 


2017年10月16日(月曜日)

介護保険推進全国サミット〜IN岩沼

カテゴリー: 16時46分44秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

皆さんこんにちは!ここ最近どんどん肌寒くなり、秋らしい季節になってきましたが体調崩されたりしてませんか?私は毎年恒例のアレルギーに悩まされ、くしゃみ鼻水と戦っています。先日、介護保険推進全国サミットに参加してきました。地域共生社会へ向けてをテーマとし、さまざまな講演を聞き地域包括ケアシステムの構築が重要なことを改めて実感してきました。まだまだ、勉強不足で学んでいかなければならないことが沢山ありますが、一つ一つの出来ることをやり遂げながら前進していきたいと思います。岩沼市マスコットキャラクター岩沼係長も頑張ってます!

いわぬま係長                                                                 【文:伊賀 】


2017年10月15日(日曜日)

そうめん祭り

カテゴリー: 17時37分35秒

■■■ グループホーム石神 ■■■
 季節の変わり目、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 当、グループホームではご利用者の御家族、他グループホームのお客様をお迎えし、盛大にそうめん祭を行いました。
 当日は、9月最後の日曜日と合わせて最高の秋晴れとなり、御天道様と外の空気に触れ、手ぬぐいで日よけをしたり、帽子を被り笑顔で楽しまれました。
 BBQもあり、日ごろ食べる事が出来ない秋の味覚に「美味しいね、昔は秋刀魚はこうやって焼いて食べたんだ。」と話しながら、竹の器に盛られたそーめんと炭火焼きの野菜もほおばっておりました。秋の味覚の芋も焼かれ家族と一緒に頂き、「食った、食った。」と満足気に終始ふれあいの楽しい時間を過ごされておりました。
 H29.10.15 H29.10.15

【文:井上】


2017年10月8日(日曜日)

平成29年度 敬老会

カテゴリー: 07時46分36秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

 

 だんだんと季節は秋になり、夜には鈴虫の鳴き声も聞こえるようになりました。

先月9月18日の敬老の日に、特別養護老人ホーム福寿園では賀寿者のご利用者をお祝いする敬老会を開きました。

100歳をこえる賀寿者は3名。また、99歳から80歳までの賀寿者の方が11名参加されました。

賀寿者のみなさんは赤いちゃんちゃんこを着用し、ご利用者やご家族のみなさんにお祝いしていただきました。

敬老会を盛り上げるボランティアには原町高等学校の筝曲部のみなさんが来園してくださり、琴の演奏を披露していただきました。懐かしい曲を聴き口ずさんだり、琴の演奏の経験があるご利用者は涙をながし懐かしいと話される姿もみることができました。

今年で、敬老会を担当し4年目になりますが、賀寿者の方をお祝いすることができ、同時にご利用者のたくさんの笑顔をみて今年も頑張ってよかったなあ…と思いました。

敬老会1

 

敬老会2

【文:菅野】


2017年10月2日(月曜日)

「最近感じる事」

カテゴリー: 12時49分49秒

 ■■■福寿園居宅介護支援センター■■■

 

 私は相馬市からの通勤が45分前後かかります。朝はカーラジオから流れてくる番組を聞くのが楽しみです。毎日コラムニストが話すコーナーがあり、最近のとても印象に残った話がありました。

子供の時は時間や月日の流れが緩やかなのに、大人になると瞬く間に時間と月日が流れてしまう。これは何の違いなんだろうかとの内容でした。子供の頃は何にでも興味を持ち、わくわくした気持ちで、新しい事に挑戦したり、時には失敗したりと日々変化のある毎日を過ごしている。いくらあっても足りない程充実した時間を過ごしている。反面大人になると、今までの多くの経験から冒険をしなくなる。安全策を無意識に選んでいる。また、生活の忙しさもあり単調な毎日となり、新たな事に興味を示したり挑戦する事が少なくなりがちとなる。変化のない毎日を過ごしていると時間の経過が早いのではないかとの事。確かに成人してからの時間は転がるように過ぎて、気がついたら年齢を重ねている。1年の過ぎるのが何と早い事か。ある年齢から、同じ事の繰り返しに満足したり安心したりする自分がいる。これからの人生を充実させるには発想の転換が必要なのかと思う今日この頃です。

                        【文:星】


2017年9月28日(木曜日)

将来に備えた高齢者の財産管理について

カテゴリー: 11時10分11秒

■■■原町東地域包括支援センター■■■

暑い暑いと言っていた夏も終わり、朝晩が肌寒く感じられるようになってきました。季節が変わるのはあっという間ですね。

さて、先日に開催しました家族介護教室の報告をさせていただきます。

今回のタイトルは「将来に備えた高齢者の財産管理について」です。

一般社団法人シニアパートナーズ 代表理事 鈴木佳寿 氏を講師にお招きし、成年後見制度の仕組みについて詳しく説明して頂きました。

成年後見制度の講座と言えば、法定後見の内容が主となることが多いですが、今回の講座は任意後見制度にスポットを当てたものとなっています。

将来に備えた高齢者の財産管理について    将来に備えた高齢者の財産管理について

制度の仕組みサービス内容をスクリーンに映し出して紹介していきます。

教室終了後にアンケートをとらせていただいたところ、制度への関心の高さがうかがえました。

次回は12月13日(木)道の駅南相馬にて介護食(調理実習)をメインにした家族介護教室を予定しています。興味のある方は是非ご参加ください。

そして最後になりますが、夏の疲れで体調を崩されてる方はいませんか?風邪などにご注意ください!

 【文:佐藤】


2017年9月23日(土曜日)

よつば保育園の園児が来てくれました!!

カテゴリー: 19時27分08秒

■■■ 石神デイサービスセンター ■■■
 日増しに秋の風を感じるようになりました今日この頃ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
 さて、石神デイサービスセンターに9月5日『よつば保育園』のとても可愛い子供たちが来てくれました。子供たちが利用者の皆さん一人ひとりの手を取り、言葉を掛けてくれたことで、利用者の皆さんはたくさんの元気を頂きました。
 利用者の皆さんは子供たちが歌ったり踊ったりする姿を見ながら、感激のあまり涙する方々(職員含)が多く、男女ペアになり『美女と野獣』を踊ってくれたときはアンコールまでお願いすることに。子供たちは突然のお願いにも嫌な顔一つせず一生懸命踊ってくれました。その姿にまた涙が溢れてしまいました。
 子供たちの素晴らしい演技の裏には、先生方の日頃のご指導があったからこそのこと、努力の賜物だと痛感しました。
よつば保育園の先生方には私も子供たちがお世話になり様々な教育を受けたことで、集団生活での規律を守ることや様々な季節行事等への参加を通じ、成長を遂げることが出来ました。これからも、定期的な交流が図れたらと思います。
 石神デイサービスセンターでは、その他にも『石神第二小学校の皆さん』や『原町第一小学校九曜太鼓部の皆さん』『小高産業技術高校吹奏楽部の皆さん』等との交流も行っております。定期的な活動内容が紹介出来たらと考えておりますので宜しくお願いします。

H29.9.23 H29.9.23

H29.9.23   【文:松岡】


2017年9月15日(金曜日)

毎月のたのしみは…

カテゴリー: 18時57分11秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■

みなさんこんにちは!暑い日からだんだんと涼しい日が多くなり、季節も夏から秋に変わろうとしています。夕方になると夕日と共にトンボが飛んでいるのを目にするようになりましたね。

ひだまりエリアでは毎月、ご利用者の生活風景の写真とその月や季節を感じられるような手作りの掲示物を大きなコルクボードに掲示しています。

一緒に掲示物を作成している職員と「来月はなにつくる?」と話し、ご利用者が見て季節を感じ、楽しんでいただけるような作品作りが毎月の楽しみになっています。

ご利用者も写真や掲示物をみて笑顔になってくださり、ご家族も面会時に掲示してある写真をみて施設で生活している様子を写真から感じてもらえればと思っています。

今月は8月に行われた夏祭りの写真を掲示中でーす(*´□`*)♫

【文:菅野】

 ひだまり1  ひだまり2


2017年9月8日(金曜日)

日頃の行い

カテゴリー: 11時35分52秒

■■■特別養護老人ホーム福寿園■■■
いつの間にか夏が終わっていました。
暑すぎれば「温暖化」と言われ天気が悪くても「温暖化」と言われ要はマスコミが「温暖化」と言いたいだけなのでは?と思ったりもしますが、東京では連続降雨21日の記録が出たりと野菜果物価格に影響し主婦の家計のやりくりに影響しそのしわよせで旦那の弁当代に影響しそうな夏だったようです。

そんな中、去る8月6日(日)、当園で毎年恒例の福寿園・さくら荘夏祭りを開催しました。
夏祭り   夏祭り2
 
見事に晴れました。実行委員長である私の日頃の行いが良かった!と声を大にして言いたいところですが根拠に薄いのでやめておきます。間違いなく参加された利用者さんや開催に協力いただいたボランティアの皆様の善行の積み重ねの結果かと思われます。感謝申し上げます。

【文:門馬(誠)】


2017年9月7日(木曜日)

「夏祭り」

カテゴリー: 13時26分40秒

■■■福寿園デイサービスセンター■■■

皆さん、こんにちは。デイサービスでは、822日〜24日の3日間、夏祭り行事が行われました。夏祭りの雰囲気を、利用者の皆さんに味わって貰おうと、職員3人が浴衣姿で登場しました。もちろん、利用者の方々から「可愛いね。」「素敵だよ。」等の声がありました。

 

浴衣.JPG

 

 

今回は、ヨーヨーすくいと、スイカボウリングを設けました。ヨーヨーすくいでは一人に一個ヨーヨーをプレゼントとし、利用者の方々は懐かしそうにヨーヨーを上下に動かして遊ぶ様子が見られました。スイカボウリングでは、足を使ってスイカ柄のビーチボールを蹴って貰い、最高得点を得た利用者には、賞品をプレゼントしました。

 

スイカブリング.JPGヨーヨー.JPG

 

 

 

最後に、盆踊りが行われ、利用者の方々はとても楽しそうに音楽に合わせながら手踊りする様子も見られました。

おやつでは、夏らしくかわいい蟹が乗せてある練り菓子を提供し、利用者の方々は美味しそうに食べて過ごして頂きました。

 

夏練り菓子.JPG

【文: 菅野 】


2017年9月6日(水曜日)

夏祭り

カテゴリー: 14時17分16秒

■■■グループホーム石神■■■

 今月、グループホームの利用者様18名は2班に分かれ福寿園・万葉園の夏祭りに参加しました。
 皆さん夏祭りの催し物を見る度に笑顔が見られ大きな声で「上手だった」との声も聴かれました。
 盆踊りでは、「いや…恥ずかしいから行かないよ」と最初は話されていましたが、声掛けすると自ら輪の中に入り地域の方と一緒に盆踊りを楽しまれていました。
 最後の花火も見られて皆さん「また来年も来たいね」と話し大満足な様子でした。

H29.9.6 H29.9.6 【文:吉田】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ