メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
よつば保育園の園児が来てくれました!!
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2008年9月16日(火曜日)

【認めて欲しいグループホームでの認定申請】

カテゴリー: 15時48分04秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 私が、認知症高齢者を対象としたグループホームを始めて知ったのは、1996年頃、宮城県名取市に「こもれびの家」という新たな発想の事業所があるという情報からだった。翌年に視察させていただいたが、10数年前であるが鮮明に思い出される。現在であれば驚きはしないが、当時、高齢者が住まう老人ホームなどは、箱型のRC建物、4人、6人の多床室、流れ作業のような集団介護、職員による全てに近い処遇提供、忙しそうに動き回る職員が当たり前の時代に、木造平屋の地域に溶け込んだ建物、全て個室の居室、少人数の9人の利用者に9人の職員配置、利用者と共に食事作り、掃除や畑での野菜作りなどで一人ひとりのよさを引き出す考え方、ゆったりと利用者といっしょにという方針などに驚くばかりであった。

 

 グループホームは、1980年代にノーマライゼーションの発祥地であるスウェーデンの小さな町で、障がい者が地域で生活できる運動の中から移行し、認知症ケアのため民家で行われたのが始まりで、日本でも1990年代初から少しずつ開設されるようになったと聞く。

 

 グループホームの魅力には、様々なものがあると思うが家庭的な雰囲気の中で、馴染みのスタッフが全て支援するのではなく、根気よく見守りながら自分たちのできることは自分でやるとの役割があり、少人数でゆっくりと流れる時間の中で心身を平穏に保つことができることも一因ではないかと考える。

 

 現に、当グループホームの入居予定者の心身状況等の調査に伺い、施設職員や家族からの聞き取りで、徘徊、暴言、失禁、介護拒否等で一時も目が離せない。拒否して着替えも入浴もさせてくれない時があるとの新たなご利用者が、スタッフも不安の中で入居となった。入居当日、険しい目つきの顔立ち、ひっきりなしに要望する帰宅、少しも椅子に座ることなく歩き回り、排便、排尿のための衣服の着替えとスタッフも数日間は大変であったと思う。現在、それらの行為が全てなくなったということではないが、日増しに顔には優しさが見られ、自分の居場所の居室に過ごされたり他のご利用者とテレビを見たりと大きな変化がある。これも、ご利用者の思いを大切にし熱意を持って支援したスタッフとの信頼関係が構築されたものと思う。

 

 このように介護の支援のあり方に大きな影響を与えたグループホームも、現在の9千事業所を超えて整備されたが、質的な問題のためこれまで様々な制度が改正・創設された。開設者、管理者、介護計画作成者への認知症関係の指定研修の受講、個人情報の保護、身体拘束の廃止、虐待防止、外部評価の実施と公表、介護支援専門員の配置、夜間の宿直者から夜勤者、地域に開放された事業所運営のための運営推進会議の開催、地域密着型サービスへの位置付け、通所介護や短期入所生活介護の新規サービス、看護師等との医療連携制度、スプリンクラー等の消防設備の整備などがあった。

 

 グループホームの事業者も社会的に認知される質の高いサービスのために日夜努力しているが、制度的に居住機能を持ちながら居宅サービスで施設ではないからなのか、信頼が得られていないからなのか「なぜなの」と思うことが何点かあり、その1点について記載させていただきたい。

 

 

 グループホームでは、ご利用者、ご家族に代わってご利用者の「介護保険証更新申請」ができないことです。

 介護保険法第27条第1項

(要介護認定)

第27条  要介護認定を受けようとする被保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、申請書に被保険者証を添付して市町村に申請をしなければならない。この場合において、当該被保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、第46条第1項に規定する指定居宅介護支援事業者、地域密着型介護老人福祉施設若しくは介護保険施設であって厚生労働省令で定めるもの又は第105条の39第1項に規定する地域包括支援センターに、当該申請に関する手続を代わって行わせることができる。

 

 地域密着型認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は該当事業所ではなく上記下線の事業所以外は、更新申請が認められないのです。

 

 家族にやってもらえばいいでしょう。入居前のケアマネにやってもらえばいいでしょう。地域の包括支援センターがあるでしょう。併設の特別養護老人ホ−ムや老人保健施設があるでしょう。  家族に委任状を書いてもらってグループホームが代行すればいいでしょう。いろいろな方法があるかもしれませんが、入居後の事務手続きで介護施設や地域密着型介護老人福祉施設と大きな差はないように思えるグループホーム、ケアマネジャーの資格者まで必須配置となったグループホームに更新申請を認めるとなにか問題になるのでしょうか。ご利用者、ご家族に不利益を与えることになるのでしょうか。

         【文:万葉園・たんぽぽ施設長大内】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ