メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
今年もよろしくお願いいたします。
10
11
12
東京から来てはや2年
13
14
15
16
がんづき
17
介護保険事業計画のゆくえ新年を迎えて
18
19
2年目を迎えて忘年会
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2008年3月31日(月曜日)

【退職にあたって】

カテゴリー: 11時37分58秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 平成18年4月、私がこの特別養護老人ホ−ム万葉園並びにグル−プホ−ムたんぽぽの施設長として着任してから、早いもので2年を経過いたしました。

 

 施設長として就任した当時は、今日まで生きてきた世界と全く違う「介護福祉」という世界で、介護の「か」の字も理解しないまま、よくぞ引き受けしたものだと後悔の念しきりでありました。その想いは、今でも変わりありません。

 

 月日が経てば経つほど、介護老人福祉業界での難問に直面し、自力で何一つ解決できない無能力さにはあきれるばかりでありました。したがって、ご利用いただいている皆様やそのご家族の皆様方に満足いただける、質の高い福祉サ−ビスを提供するなどといった言葉は、「絵に描いた餅」にすぎないと反省する日々でありました。ただ、はっきり言えることは若い職員が日々ご利用いただいている方々のために、わが身を犠牲にしながらも献身的に介護・看護業務に当たっているという現状です。その心身両面にわたるご苦労をこの目でじかに感じ取ることができましたことは、大きな収穫であり、勉強になりました。

 

 私がこの度、無事定年退職を迎えることができたのも、法人の役職員の皆様方、特に、万葉園・たんぽぽの職員の皆様方のご支援・ご協力があったからこそであると深謝しているところであります。最後まで支えていただきましたこと、終生忘れることができません。我が人生のよきお土産ができました。

 

 終わりに、ご利用者とそのご家族の皆様方、理事長様始め法人役職員の皆様方、そして、日々お世話になりました関係諸機関、万葉園ボランティアや地域住民の皆様方のご健勝とご多幸、そして、社会福祉法人南相馬福祉会のますますの発展をご祈念申し上げ、退職の挨拶といたします。有難うございました。お世話になりました。

           【万葉園施設長 梅田正彰】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ