メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
夏祭り
7
「夏祭り」
8
日頃の行い
9
10
11
12
素人からプロへ
13
14
15
毎月のたのしみは…
16
17
18
19
20
21
22
23
よつば保育園の園児が来てくれました!!
24
25
26
27
28
29
30
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2007年10月12日(金曜日)

【壁とは!!】

カテゴリー: 09時22分58秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 「記録の壁」、「健康を維持する上での壁」、「仕事上の壁」などと日常生活と深い関わりのあるもの。また、「ベルリンの壁」、「南北の障壁」、「宗派の壁」などと背景に政治的色彩の濃いものでよく「壁」の用語が使われている。

 

「突き当たる」、「突き飛ばされる」、「どうにもならない障害」といった負の用語として捉えてしまう。

 

このように「壁」というと、どうもよいイメ−ジが湧いてこない。確かに人生そんなに甘いものではないのが常であるが、小生も今日までいろいろな壁にぶち当たりながらの人生であった(現在も)。時には、「壁」に打ちのめされ所期の目的を達成でないまま、おめおめと引き下がったこと度々のような気がする。

 

今勤務している職員を見ても、介護老人福祉施設の専門職として、業務上いろんな壁に突き当たり、日夜悩み苦しんでいる姿を垣間見ることが出来る。私としては専門的な知識も技能も持たない身であることから、どう指導・助言し、そして、励ましたらよいかという「壁」にぶち当たり、タンコブだらけ。

 

しかし、よく考えてみると「壁にぶち当たる」ということは、それだけ自分の職に真剣に取り組んでいる証拠でもある。でたらめな中途半端の勤務態度からは「壁」すら感じ取ることも出来ないのではないか。「壁」を感じ取ることが出来るその職員は、徐々に「本物の専門職員」に成長する一つの過程なのだと前向きに考えるべきである。

 

万葉園・たんぽぽの職員の皆さん、大いに悩み苦しみ、壁を乗り越え、施設・事業所の「人財」とならんことを期待する。

        【万葉園施設長 梅田正彰】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ