メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
今年もよろしくお願いいたします。
10
11
12
東京から来てはや2年
13
14
15
16
がんづき
17
介護保険事業計画のゆくえ新年を迎えて
18
19
2年目を迎えて忘年会
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2006年10月17日(火曜日)

【半年の月日が流れ】

カテゴリー: 10時05分24秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 10月に入ると、ようやく天候も落ち着き、晴天の日が続くようになった。

 

 施設の周りでは秋の穫り入れ時で、コンバインの音が此処彼処から聞こえてくる。まったく、秋たけなわといったところである。

 

 施設内を巡視していると、利用者も何故かしら、秋の季節を感じ取り生き生きと過ごされているようだ。これも、多くの職員が親身になって秋の季節を味わって貰おうと工夫して業務を遂行している賜であろう。

 

 ところで、小生も当施設をお手伝いするようになってから半年の月日が流れた。この間、日頃予想もしないいろいろな出来事にも出あう。その一つに、利用者から「感謝のことば」を耳にすることだ。普段は黙して余り多くを語らない利用者でも、常に感謝の気持ちを忘れないで生活しているからであろう。

 

 また、携われば携わるほど老人介護の大切さ、難しさが見えてきたことである。と同時に、一朝一夕には解決できそうもない課題も見えてくる。

 

 従って、今後とも職員一丸となって、課題解決のための努力と利用者は勿論のこと、地域やご家族、関係機関の信託に応えられるよう、更に愛され、親しまれる施設づくりに頑張っていきたいものである。

      【万葉園施設長 梅田 正彰】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ