メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
今年もよろしくお願いいたします。
10
11
12
東京から来てはや2年
13
14
15
16
がんづき
17
介護保険事業計画のゆくえ新年を迎えて
18
19
2年目を迎えて忘年会
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2005年10月5日(水曜日)

すっかり秋らしくなってきました

カテゴリー: 17時09分17秒

 今朝、窓を開けるとキンモクセイの香りが漂っています。すっかり秋らしくなってきました。

 いよいよ10月に入りました。新たな介護保険制度改革のスタートです。いみじくも「改革,改革」と叫んで衆議院選挙を圧勝した小泉再政権最初の実施です。

 先般の制度改正の利用者家族説明会には、殆どの方が居住費や食費の利用者自己負担導入には理解を示しながらも一抹の不安と今後の負担過重の重大性を顔に出されていたのが印象的でした。

 誰しもが入所する際にこんなことになるとは考えてもいなかった事が起きたのです。

 既に入所されている方については、半分あきらめもあろうかと思いますが、今後新たにお入りになる方には一度立ち止まって検討する方も出てくるのではないでしょうか。そうなれば国の思うつぼである訳ですが、しかし実際にはどのように変化するであろうか。施設介護にかかる経費負担より、在宅でいつまでも介護を続けなければならない家族負担過重解消策が緊急の課題として先行整理されるような気がしてならない。そのために特別養護老人ホームがあるのです。制度を適正に運用するには、ある程度の改革も必要であるが、そのためには慎重な総括と反省を持って検討すべきであり、今回の改革は十分な検討時間も無い中でのスタートに憤りを感じる者は私だけでしょうか。【武内 記】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ