メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2015年1月22日(木曜日)

明けましておめでとうございます

カテゴリー: 13時56分29秒

■■■グループホーム石神・石神デイサービスセンター■■■

新年あけましておめでとうございます。お陰様で石神事業所も無事2年を過ぎようとしています。皆様のあたたかいご理解・ご支援をいただき心から御礼申し上げます。
さて、昨年9月にビックパレット福島で開催された東北ブロック老人福祉施設研究会に役員研修で出席してきたのですが、その中で立木早絵さんの「トーク&コンサート さらなる一歩を踏み出そう」のテーマで記念講演がありました。立木早絵(たちきさえ)さんというとご存知の方も多いかと思いますが、2008年から4年連続して「24時間テレビ」内の企画の2008年・2009年津軽海峡横断リレー、2010年トライアスロン2011年キリマンジャロ登山と多彩な挑戦を続け「全盲のチャレンジャー」として知られる女性です。現在はシングソングライターとして「引き語りと講演」の活動でご活躍中です。彼女のポジティブで自然体な生き方、前向きな姿勢がたくさんの方から共感されているようです。
全盲の彼女がたくさんのことにチャレンジできたのはご家族や周囲の方たちの協力や応援は当然ですが、人と比較したがる傾向の中、普通の子として育て、彼女の意欲を掻き立て成し遂げるまで見守られたご両親の姿勢は、健常児を持つ親でさえ難しいのに凄いと思いました。
彼女のように諦めないという強い意志が、成功へ導き夢を叶えるのだと思いますし、松下電器器具製作所(パナソニック株式会社)創立者の松下幸之助氏が「一番いいのはやはりナミ足で、カメのごとく一歩一歩着実に歩むことではないかと思う。」と言われているように地道な積み重ねは、いつか花開くのだと信じています。2015年、それぞれの願いが叶うようお祈りしています。

【文:グループホーム石神・石神デイサービスセンター施設長 高玉】


2015年1月6日(火曜日)

大河ドラマ「花燃ゆ」と新年の決意

カテゴリー: 08時47分11秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園 ■■■

  

 新年あけましておめでとうございます。皆様にも輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

 忘れることのできないあの震災から、4回目の正月を迎え私も借上げ住宅のアパートで4回目の新年を迎えました。

 1月4日、大河ドラマ「花燃ゆ」が始まり楽しみに見させていただきました。私は、幼少のころから父が大河ドラマ大好きで、毎週日曜日8時は、大河ドラマと決まっておりましたが、本心は裏番組のドラマが見たくてしょうがありませんでした。しかし、いつの間にか父のように大河ドラマを楽しみにする年になってしまいました。

 実は、「花燃ゆ」の主演女優の井上真央さんが主演を務め平成11年に放映された朝ドラ「おひさま」には熱い思いがありました。

 私たち法人は、3月に横浜市に避難を余儀なくされ、4月には事業所再開を目指して、福島市飯坂に仮事務所を設け業務を続けていました。その時に放映されていたのが「おひさま」で、須藤陽子(井上真央さん)の幼少期を演じていた「八木優希」さんが演じていた山登りのシーンがとても感動的でした。

 どんなに苦しくとも明るく気丈に生き抜く陽子の姿が、私たちと重なり合い毎日、12時45分から仮設事務所で皆でテレビを見ていたことが思い出されました。

 「おひさま」の舞台が長野県安曇野という点とお蕎麦屋さん経営というストーリーは、福島市で避難しながら再開を目指す我々にとっては、南相馬市の山、田園、海といった自然を思い出させ一日も早い復興を誓い合いました。また、仮事務所の近くに「そば道楽」というおいしいお店があり、特に天ざるそばは職員全員から◎の評価を得ており、2カ月という期間に何度となく足を運んだことが思い出されました。

 まだまだ、評価できる復興には至っておりませんが、全国からの応援をいただきながら一歩一歩前に進んで行こうという決意を新たにした新年でした。

【文;福寿園施設長 大内 敏文】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ