メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2006年12月31日(日曜日)

今年を振り返り

カテゴリー: 18時15分39秒

■■■特別養護老人ホーム梅の香■■■

 

 今年もいよいよ押し詰まりました。利用者様は元気にクリスマス会に参加され、ハンドベル演奏に聞き入り楽しいひと時をご家族の皆様と一緒に過ごされました。今年を振り返ってみると、1月1日今年始めの行事として神楽の舞が披露され、無病息災を祈願されました。初詣、雛祭り、温泉旅行、相馬野馬追い、野馬懸、夏祭り、火祭り花火大会、敬老会、賀寿祝い、白鳥見学、芸術展等に参加を頂誠に有難うございました。

 介護にあたっては利用者その人がその人らしく生きる事の援助に心掛け、技術的に下手であっても、利用者様が「ありがとう」といって下さる事に職員は励まされ、自分を知り、見つめ直し、利用者様から学ぶという姿勢を大切にし、その人の生活のニーズに沿った介護サービスを続ける事が出来ているものと思います。

利用者の皆様本当に有難うございます。職員の皆さんご苦労様でした。良い年をお迎え下さい。

【文:梅の香施設長 大橋】


2006年12月15日(金曜日)

2006 あかりのファンタジー顳遒だか

カテゴリー: 17時15分51秒

■■■特別養護老人ホーム梅の香■■■

 

日増しに冷気の加わる折柄、ご家族の皆様にはいかがお過ごしでしょうか?

 梅の香ではご利用者様始め職員もインフルエンザの予防接種を行いました。ご安心下さい!

 全館に加湿器を備え風邪対策と健康管理に努めております。さて12月に入り心せわしい師走となり、年の瀬を迎える準備等でご多忙のことと存じます。地域に根ざした梅の香は一昨年に引き続き地域交流のイベントへの参加として、小高区恒例の「2006あかりのファンタジー顳遒だか」イルミネーションコンテストに参加しております。区内商店街は勿論、ドライブがてら梅の香のイルミネーションをぜひ御覧下さい。

 

          【梅の香施設長 大橋】

 


2006年12月7日(木曜日)

【施設の顔とは!!】

カテゴリー: 10時21分48秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 引越し業者さんの話である。

 「仕事を依頼され、見積もりを立てるためにそのお宅に伺い、部屋の内部の家具類を見なくても、玄関先を見ただけでおおよその経費を算出することができる。」と。こんなコメントをテレビで話していた。「玄関先がすべてを物語っている」ということだろう。

 

 そう言えば、昔から「玄関先を見ると、その家の暮らしぶり、子供のしつけの状況、夫婦仲、場合によっては経済状況まで分かるものだ。」と祖母が口癖のように話していたのを思い出す。

 

 先日、あるお蕎麦屋さんで注文した品が出てくるまで暫く時間があったので、何気なく他の客の座敷への上がり方を見ていた。すると若い夫婦は歩いてきた方向のまま履物を脱ぎ、座敷のテ−ブルについた。その後直ぐに中年の夫婦と10代の息子さんの3人が同じようにやってきた。夫婦は上がり口で向きを変え、帰りに履きやすいように履物を脱ぎ、座敷に上がった。最後にその息子さんが同じ動作をしたと同時に、腰を屈め両親の履物と自分の履物を揃え直したのである。久しぶりに見た微笑ましい、感心する光景であった。

 

 玄関先一つ、履物の脱ぎ方一つが「家庭の顔」であって、家庭内の様子やそのしつけの様子が見えてくる様はいつの世も変わらないのだろう。

 

 ところで、我が家は・・・。とても、他人のことは言えたものではない。

 

 施設はどうだろう。どこを見れば、一目でその善し悪しが分かるのだろう。「施設の顔」とはいったい何なんだろうか?自分として何となく気になる大きな課題である。

           【万葉園施設長:梅田正彰】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ