メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2006年1月22日(日曜日)

謹んで新年のお喜び申し上げます

カテゴリー: 12時18分19秒

■■■特別養護老人ホーム梅の香■■■ 

 

 謹んで新年のお喜びを申し上げます。皆様には、健やかに新年をお迎えのことと拝察いたします。改正介護保険法が成立し、平成1710月から居住費、食費の利用負担が実施され、利用者の皆様や、ご家族様に大幅な負担増となりました。また介護サービス事業者の収入は減収することが明らかです。

 さらに平成184月からは「予防重視型システム」への転換「新予防給付の創設」や「地域支援費」等、新しいサービスが始まります。これらは新たに設置される「地域包括支援センター」が中心に実施されます。マネージメントは市町村が責任主体で地域にあった介護サービスが展開される訳であります。

 益々高齢化が進展する中にあって高齢者福祉介護サービスの対応はより以上に良質で適切なものでなければなりません。私たちは福祉サービスの基本理念を守り、利用者皆様のご期待に添えるよう頑張りますので本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

                                     【梅の香施設長:大橋】


2006年1月13日(金曜日)

新年にあたって

カテゴリー: 15時30分19秒

■■■特別養護老人ホーム万葉園■■■

 

 新年明けましておめでとうございます。

 

 皆様におかれましては、輝かしい新年を迎えられたことお慶び申し上げます。全国的な寒波と日本海側を中心に記録的な降雪により豪雪となっている状況が連日報道されており、しかも、降雪による犠牲者が多く出ているということで毎日の生活が大変だなあとつくづく思っております。特に高齢者が多く住む地域での日々の生活は難儀するであろうし、通所サービスや訪問系の介護サービス事業に、どのように、事業者として利用される方々に対応されているのか想像が付きません。利用する方々、サービスを提供する事業者双方、大変苦労していることは十分理解できます。また、去る18日早朝に発生した長崎県大村市の認知症高齢者グループホームの火災発生による重大事故については、同じ事業を経営する者として再発防止に万全を期さなければならないし、全職員再認識するよう周知したところであります。

 

 平成18113市町合併により施設が所在する旧鹿島町も南相馬市となりましたし、介護保険制度が導入され6年経過し、7年目に入りますが、4月から制度の大幅な見直しが行われることになり節目の年になりました。万葉園・たんぽぽで生活している皆様も去る1228日には餅つきを行い、鏡餅をつくり、大晦日にはしめ飾りとともに供えて元気に新年を迎えました。

 

 16日にはたんぽぽで生活されておられる皆様は区内の男山八幡神社に初詣。17日には、太田神社より来園いただき万葉園・たんぽぽで生活されておられる皆様の今年一年の安全祈願を行いましたので、暮らしの場としてその人その人らしく元気に毎日過ごしていただきたいと願っております。ご家族の皆様もご面会にご来園いただきたいと思いますし、今年もよろしくお願い申し上げます。また、万葉園ボランティアの皆様方、今年もどうぞよろしくご協力お願い申し上げます。私達職員一同心を一つにし、思いやりと気配りを常に認識して頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

          【万葉園施設長 佐々木良悦】


2006年1月4日(水曜日)

新年の挨拶

カテゴリー: 16時48分42秒

新年明けまして おめでとうございます

 輝かし平成18年を皆様方には健やかでお迎えの事と心からお喜びを申し上げます。

 おかげさまで南相馬福祉会は勿論,福寿園は今日まで皆様方の暖かいご支援のもとに『安心・信頼・やすらぎ』をモットーに、ひたすら地域から愛される事業所運営に努力を傾注しております。

 新年からは、これまで多面的にご支援、ご指導を賜ってまいりました原町市,小高町,鹿島町が合併され、新生「南相馬市」が誕生されましたことは,広域的老人福祉の緻密な連携を目標とする当法人としてはこの上ない喜びであります。

 超高齢者社会に突入した今日、介護サービスや老人医療サービスなど高齢者を取り巻く福祉制度環境は,いっそう厳しさが増す状況が示されてきました。

 このような時期に、高齢者の方々が住み慣れた地域で、尊厳あるその人らしい生活をいかに継続し、明るく活力ある介護サービスを構築するかが、私どもに与えられた使命であると認識をするものであります。

 そのためには、個々の利用者様の状態や変化に応じた介護サービスを中心としながらサービスの質の向上・確保、また介護予防など新たな施策に全職員がそれぞれの職種を越えた取り組みを展開しなければならないと思っておりますが、このことは、行政のご支援はもとより地域住民の深いご理解とご協力が必要となってまいりますので、新年草々宜しくお願い申し上げます。

 今年の干支は戌で、幸せを届ける幸運な年とも言われておりますが、戌年が皆様の愛玩・ペットとしての相応しい平和で幸せな年でありますことご祈念申し上げます。

【常務理事兼施設長 武内 記】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ