メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2018年 2月翌月
1
目標を持って温泉旅行
2
3
4
5
「当たり前」に感謝です。
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2017年12月29日(金曜日)

平成30年4月小高区、特別養護老人ホーム「梅の香」の再開が決定される!

カテゴリー: 16時54分26秒

■■■ グループホーム石神  石神デイサービスセンター ■■■

東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故から6年10カ月を迎えた、12月22日に当法人の理事会が開催され、全会一致で平成30年4月1日休止していた特別養護老人ホーム「梅の香」を再開することが決議されました。
原発から20キロ圏内で避難区域の南相馬市小高区は、平成28年7月に避難区域が解除されました。当初、梅の香の再開目標を平成29年4月として準備を進めましたが、再開にいたらず、平成29年秋以降の再開に目標を変更し準備を進めてまいりましたが、ようやく今回の決定に至りました。
 再開できなかった要因は、原発事故により子供達を抱える多くの職員が、子供の安全安心な将来を必死に守ろうと、苦渋の選択から避難を選択した者を含め百名近くの職員が退職となり、これまで、様々な努力をしてまいりましたが、思うように職員が確保できなかったことです。
 震災からこれまでの国県市等の様々な支援により、退職した職員が戻り、県外から福島のためにと篤い志を持った多くの方々に仲間に加わっていただきました。今回、梅の香を再開することにより浪江町から避難し、子供を持つご夫婦が浪江町に帰還することで梅の香のスタッフとして加わっていただきました。また、震災前に梅の香で働いていた職員の中から再開に合流する職員もおります。
 しかし、再開前の利用者定数は60床、職員数46人でありましたが、今回の再開は、地域密着型指定の20床、職員数16人程度でのスタートを予定しています。
 現在の小高町は、2,300人を越える方が帰還され、毎月80人程帰還者が増えていると聞いています。どこに住んでも安心して暮らせる町の一助となるためショートスティを含めた再開に漕ぎ着けたいと考えております。
 再開後の経営も壁あり山ありになることが予想されますが、再開職員のチームワークと質の高いサービス提供の思いを大切にし、再開前の運営理念を受け継ぎ、地域から信頼される施設を構築してまいりたいと考えております。今後も地域の皆様を初め関係者各位のご支援をよろしくお願い申し上げます。

※特別養護老人ホーム「梅の香」の運営理念(平成16年の開設時制定)
 1、わたしたちは、みなさんの人生の歩みから生きる尊さを学びます。
 2、わたしたちは、みなさんの想いを大切にやさしさとまごころで寄り添います。
 3、わたしちたは、みなさんの喜怒哀楽をともに分かち合います。
 4、わたしたちは、みなさんの心やすらぐ明るい我が家を築きます。
 5、わたしたちは、みなさんと地域にとけこみ共有の潤いを創ります。

            【文:特別養護老人ホーム梅の香開設担当施設長 大内 敏文】  


2017年1月29日(日曜日)

新年を迎えて

カテゴリー: 14時07分07秒

■■■グループホーム石神・石神デイサービスセンター■■■

 新年あけましておめでとうございます。お陰様で石神事業所も無事4年を過ぎようとしています。皆様のあたたかいご理解・ご支援をいただき心から御礼申し上げます。
 さて、昨年は高齢者のドライバーの事故のニュースが多く、亡くなっている方も少なくありません。高齢者の足となっている車は移動手段として欠かせず、高齢者世帯や独居の方にとってはなくてはならないものになっているわけです。安全運転支援システムの自動ブレーキ搭載の自動運転車を義務付ける安全対策を考えるような極端な方法を打ち出したくなるほど、簡単には解決できない問題であることは確かです。介護の現場の立場から言えることは、高齢になっても年齢を感じさせない体つくり、介護予防運動を取り入れることで老化を少しでも遅滞させ、維持していく方法を考えることになると思います。介護予防が総合事業に移行することで地域活動の支援が重要視されていると同時に、プロとしての介護保険事業所の地域貢献も求められています。
 そして高齢とともに年々増えていく認知症高齢者、2025年には高齢者の5人に1人は認知症の高齢者と言われています。認知症高齢者をお世話されるご家族の方のご苦労は計り知れないものがあります。暴れる母親を必死で止めて肋骨骨折の状態で死亡されたため傷害致死罪で懲役8年の実刑判決を言い渡されたり、列車にはねられ死亡し、列車遅延による損害賠償を命じられたりと認知症を理解し無罪に至るまでどれほどの時間とエネルギーを費やしたでしょうか。認知症の方の予測できない行動や症状をもっともっと理解しなければ、悲劇が絶えません。認知症の人と家族が安心して暮らせる社会、高齢者が元気に生活していける社会、地域の取組と同時に、社会福祉法人として何が出来るか真剣に考えていかなければならないと感じています。

【施設長:高玉】


2016年12月20日(火曜日)

講習会に参加して

カテゴリー: 18時53分39秒

■■■ グループホーム石神  石神デイサービスセンター ■■■

 大雪が過ぎ、本格的な冬到来となりました。その大雪の12月7日に、毎年事業所で実施しています救急救命講習会に参加してきました。新しくなった相馬地方広域消防南相馬消防署庁舎で講習会を実施し、講習会終了後には庁舎の中を見学させていただきました。
 通信指令室では119番の通報があると着信と同時に発信地の地図情報や電話番号が自動表示され、出動場所も特定されるため所要時間の短縮になっているそうです。ただ、固定電話は確実に場所の特定ができるそうですが、携帯電話については範囲が広くなってしまうので、家庭からの通報の時は固定電話からの通報にしてほしいとのことでした。平成27年の出動件数は2050件で、今年は12月3日現在で1900件なので昨年を上回りそうだということです。この講習会中にも何度も出動の放送が流れていました。
 1階の玄関を入ったエントランスホールの中央には東日本大震災の津波の高さ9.3mを示した鉄柱がそびえ立っています。そしてその周りの壁には東日本大震災から15日間の記録と題して、震災後から市の集団避難完了までの15日間に起きた出来事や対応等について、時系列にパネルに記録したものが張られてあります。被害状況がわかる写真集も閲覧できるように置かれており、今後の教訓として後世に残すためものでした。
 今回の講習会では、指令室のハイテクな技術により救急車が到着するまでの時間が短縮されているので、到着するまでの一次救命処置(心肺蘇生とAED)の対応の有無で人一人の人生を大きく変えてしまう重大さを思うと、講習会を継続することは欠かせないと感じてきました。
  

 【文:施設長 高玉】


2016年6月15日(水曜日)

水無月(みなづき)

カテゴリー: 09時22分18秒

■■■ グループホーム石神 石神デイサービスセンター■■■

紫陽花の花がうっすらと色づき始めたと思ったらもう6月(水無月)になってしまいました。水無月の由来は水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり「水の月」であるとする説が有力だそうです。また、田植えが終わって田んぼに水を張る必要のある月「水月(みなづき)」であるという説もあるそうです。そういえば、今年は、田植をされる農家の方が多くあり、カエルの鳴き声が聞けました。

 震災後から昨年までは6月になると大木戸の5ヘクタールの田んぼにひまわりの種を播き、お盆の頃に田んぼいっぱいにひまわりが咲きました。しかし今年からは青々とした苗が田んぼ一面に揺れています。5年ぶりの田植えとあって、稲が丈夫な「天の粒」を植えたところが多かったようです。

 当事業所でも余った苗を頂き水が抜けない様にビニールを貼ったブランタンに田植えをしました。利用者様の手つきは慣れたもので、指先と苗が垂直にスッと土の中に入り、指を抜くと苗がまっすぐに植えられます。デイサービス利用者様、グループホームの利用者様たちが、懐かしがって笑顔が見られたり、「元気が出るね」と喜ばれたり、「おにぎりにして食べようか」と秋の収穫を心待ちにされたりと、話題も膨れ上がり話が止まりませんでした。

ところで、最近デイサービスセンターの利用者様の体調不良、入院等で休まれる方が増えています。先日行われた介護保険事業者の集団指導の中でも感染症発生予防の中で、湿温度の管理の徹底の指摘がありました。涼しい朝を迎えても日中は真夏日のように汗だくになる暑さ。日格差もあるうえ、日々の気温にも温度差があると衣類調整は難しいです。それぞれの利用者様の健康管理に努めながら、心も身体も元気になっていただけるよう勧めていきたいと思っております。

 一年の中で6月だけ祝日がない月ではありますが、上手に調子を整えながら水無月を乗り切り、夏に向けて準備をしていきたいものです。
    
H28.6.15 H28.6.15

【施設長:高玉】


2015年12月29日(火曜日)

心温まる仕事

カテゴリー: 17時31分13秒

■■■グループホーム石神・石神デイサービスセンター■■■

 14時のチャイムが鳴ると体操の音楽に合わせたり、号令を掛けたり、歌をうたいながらみんなが手や足、体を動かしている。
 一人では絶対やらないのに輪になってみんなの顔を見ると、なぜか体も嫌がらず「やってみっか」と自然に動きだしている。
 「しゃべるのは苦手だよ」と思っていたのにマイクを向けられると昔歌った唱歌や童謡を口ずさんでいる。
 「今日は気分が悪いからベッドで休んでいたいのに」と思っていたのにゲームに参加して大声を出している。
 「早く家に帰りたいな」と思っていたのに帰る時間になると「もう帰るのか」と思っている自分がいた。
 なかなか馴染めなかった方の少しずつ心が動き出している姿を詩にしたものです。
 師走の寒さに負けず、「あったかぁいんだから」と言って頂けるような「心温まる仕事」を常に目指していきたいです。

 【文:施設長 高玉】


2015年5月21日(木曜日)

笑って元気に   

カテゴリー: 18時41分24秒

■■■グループホーム石神・石神デイサービスセンター■■■

 朝の陽射しと小鳥たちの鳴き声で目覚める穏やかな初夏、早いもので、平成27年度がスタートし2カ月が過ぎようとしています。平穏な日々を送れるのもご利用者、ご家族様、地域の皆様方のあたたかいご理解・ご支援をいただいてのことと心から御礼申し上げる次第です。
 さて、当事業所のグループホームでは寒い間閉じこもり気味だった利用者様を少しでも戸外に連れ出し、心も身体も開放していただこうと散歩、イベントへの参加、買い物、外食等で笑顔引き出し作戦を実施しています。同様にデイサービスセンターでも朝の迎え時から帰りの送り時まで如何に笑って頂こうかと思考錯誤しながら対応させていただいております。利用者様より職員の笑い声の方が大きく圧倒されることもありそうですが、作り笑いでも健康に良いと言われていますので笑って頂こうと一生懸命です。
 では、本当に笑うことは体に良いのでしょうか、「笑いの治療効果」などの書物を見てみると
・落語でリュウマチが改善(鎮痛剤を使わなくとも血液の中の炎症程度を示す値(インターロイキン6)が減少し、大笑いで全身麻酔と同じ効果があった)
・漫才で血糖値が改善(糖尿病はネガティブなストレス、つまり不安や悲しみ、恐怖、怒りによって血糖値が増加するが、漫才を観て笑うと遺伝子が活性化し血糖値が下がった)
・笑ってストレスが低下(唾液の中のストレスホルモン(コルチゾールとクロモグラニンA)が落語で大笑いすると聞く前より5割と7割減少した)
・笑ってアトピーが改善(患者にプリックテスト(皮膚にアレルギー原因となる物質のハウスダスト、卵、牛乳などを塗る)しコメディ映画を見せたチームと天気予報を見せたチームでは前者ではアレルギー反応が弱くなり、かゆみも減少した)
・笑って脳が活性化(病院の患者の方に落語鑑賞をしてもらい鑑賞前より脳血流が64%の方が増加し、23%が減少した。落語が面白かったと思った人の血流が増え、面白くなかったからそれほど笑わなかった人が減少していた。笑った患者の方たちはアルファ派とベータ派が増え、デルタ派とシータ派が激減することがわかった)
・笑って胎児が元気に(胎児心拍陣痛計をつけた20代の妊婦さんの前で落語を演じてもらうと駆け出しの若手の新作落語で笑いが少なかった落語では胎動が減り、ベテランの落語では大笑いし胎動が活発になった。)
・がん細胞を増殖させない免疫力「NK(ナチュラル・キラー)細胞」アップ
など、まだまだたくさん効果があり、笑いが何かかしら体に良いことがわかりました。
 また、心の力や精神力の効果を描いた、アメリカの有名な作家、O・ヘンリ−の作品「最後の一葉」では、ある病人が、窓の外に見える木立ちに一枚だけ残っている木の葉を見て、自分の命もそう長くない、あの木の葉と同じで、あの葉が落ちる時が自分の命も終わるときだと思い込んでしまいますが、ところが木の葉はいっこうに落ちず、風が吹いても雨が降っても10日、2週間と頑張っている。それを毎日見ているうちに、自分だって病気と闘いたえている、あの木と同じだと思うようになり、やがて体力を回復し、病人は元気になります。病人を勇気づけた木の葉は、実は病人の思いを知ったある画家が、窓から見える向こうの壁に描いた1枚だったという話で、心の治癒力を描き、心の力が薬にも劣らない効力をもたらすことを示された作品でした。

 ご利用者の皆様が短い時間でも痛みや不安や苦しみなどを忘れて居心地の良い時間が持てるよう、これからも、皆様の笑顔を引き出せる事業所を目指して努力していきたいと思っております。

【文:グループホーム石神・石神デイサービスセンター施設長 高玉】


2015年1月22日(木曜日)

明けましておめでとうございます

カテゴリー: 13時56分29秒

■■■グループホーム石神・石神デイサービスセンター■■■

新年あけましておめでとうございます。お陰様で石神事業所も無事2年を過ぎようとしています。皆様のあたたかいご理解・ご支援をいただき心から御礼申し上げます。
さて、昨年9月にビックパレット福島で開催された東北ブロック老人福祉施設研究会に役員研修で出席してきたのですが、その中で立木早絵さんの「トーク&コンサート さらなる一歩を踏み出そう」のテーマで記念講演がありました。立木早絵(たちきさえ)さんというとご存知の方も多いかと思いますが、2008年から4年連続して「24時間テレビ」内の企画の2008年・2009年津軽海峡横断リレー、2010年トライアスロン2011年キリマンジャロ登山と多彩な挑戦を続け「全盲のチャレンジャー」として知られる女性です。現在はシングソングライターとして「引き語りと講演」の活動でご活躍中です。彼女のポジティブで自然体な生き方、前向きな姿勢がたくさんの方から共感されているようです。
全盲の彼女がたくさんのことにチャレンジできたのはご家族や周囲の方たちの協力や応援は当然ですが、人と比較したがる傾向の中、普通の子として育て、彼女の意欲を掻き立て成し遂げるまで見守られたご両親の姿勢は、健常児を持つ親でさえ難しいのに凄いと思いました。
彼女のように諦めないという強い意志が、成功へ導き夢を叶えるのだと思いますし、松下電器器具製作所(パナソニック株式会社)創立者の松下幸之助氏が「一番いいのはやはりナミ足で、カメのごとく一歩一歩着実に歩むことではないかと思う。」と言われているように地道な積み重ねは、いつか花開くのだと信じています。2015年、それぞれの願いが叶うようお祈りしています。

【文:グループホーム石神・石神デイサービスセンター施設長 高玉】


2014年6月30日(月曜日)

向日葵の種まきに参加

カテゴリー: 14時32分41秒

■■■グループホーム石神・石神デイサービスセンター■■■

6月15日の日曜日は石神地区絆復興事業として八方内仮設住宅西側約5丁1反の田んぼに20圓慮日葵の種まきにグループホーム石神の利用者が参加しました。いつもより梅雨入りが早かった為に予定日の6月8日から1週間延期になりました。当日参加された方は石神第二小学校生、石神中学校生、相馬農業高等学校生、仮設の方、地域の方の200名とたくさんの方の参加で行われました。そんなたくさんの方と利用者がふれ合うことができたことは大変有意義でした。種まきした向日葵の花文字は10月の石神地区文化祭で写真展示会を予定しているそうです。今年はたくさんの花文字が見られそうなのでとても楽しみです。

絆の復興事業としてそのほかには8月15日の「夏まつり・火祭り・盆踊り」があります。こちらは県外からもたくさんのボランテイアの方たちが参加して下さって大規模な夏祭りになっています。小高の火祭り花火を再現したり、地域の伝統ある踊りの披露など1日も早い復興の願いが込められています。また、冬には「光を楽しむイルミネーション」として12月1日の点灯式後1月上旬まで牛越仮設住宅地内東側に鮮やかなファンタチックなイルミネーションが飾られます。いずれも地域の方、仮設住宅の方たちが一丸となって沢山の手を繋ぎながら実行されています。

【施設長 高玉】


2013年12月24日(火曜日)

10ヶ月を振り返って

カテゴリー: 10時07分21秒

■■■グループホーム石神・石神デイサービスセンター■■■ 

今年3月にオープンしましたグループホーム石神と石神デイサービスセンターも早いもので10ヶ月を過ぎようとしています。グループホーム石神は職員不足で未だに1ユニットしか開けず職員募集を広報誌と一緒に配布したところでした。是非とも25年度中にオープンさせたいところです。
グループホーム石神の大木戸地区近隣には4自治会の仮設住宅が立ち並び「南相馬絆で結ぶ地域つくり」の実行委員として地域の方たちと交流を図っております。今年は「ひまわり播種と観賞」、「盆踊り・花火・火祭り」、「光を楽しむイルミネーション」の各事業に参加し、貴重な体験をさせていただきました。
石神デイサービスセンターでは「うんどう楽園」という道具を使った「つまずかない」うんどう、「かいだん」うんどう、「ふらつかない」うんどう、「全身のびのび」うんどう、
「立ち上がり」うんどうに自発的に参加していただくことで、効果を引き出す機能訓練に力を入れてきました。高齢者は「脳と筋肉の協調性」を錆びさせないことが大切であると「うんどう楽園」指導者より指導を受けていましたので、職員も利用者も真剣に取り組んでいるところです。
12月までに応援をいただいたボランティアの方たちも多く、その応援も頂きながら、利用者の方たちの笑顔が見られるとき、この笑顔を引き出すためにわたくしたちは日々頑張っているのだと感じています。一人でも多くの方が満足していただける施設作りを目指して邁進していきたいです。

                 

【文:石神事業所 高玉】 

            


2013年7月18日(木曜日)

石神事業所開設

カテゴリー: 10時18分53秒

石神事業所開設

この度、平成25年3月に石神大木戸地区にグループホーム石神、石神デイサ−ビスセンターを開設し、早いもので4ケ月が過ぎました。グループホームは職員不足により2ユニットの内1ユニット9名の開設のみ、デイサービスセンターも利用定員の25名は満たせない状況ではありますが、地域に根差した事業所を目指してスタートしております。
 地域の方との協力体制におきましては、グループホームの実施するサービス提供の活動状況の報告に対しての評価並びに意見、要望、助言等サービスの質の確保に資する役割を担っていただく運営推進委員、施設近隣にお住まいで火災等の非常時に利用者の迅速な避難誘導協力の為に駆けつけていただける非常災害協力員など、快く引き受けてい頂いております。また、民謡、踊り、マジック等たくさんのボランティアの方の協力もあり、利用者様の笑顔を引き出していただいております。
 大木戸近隣には仮設住宅が建設されているため、地域ぐるみの事業として、地域づくり総合支援事業「南相馬避難住民・地域住民の絆で結ぶ地域づくり事業」が計画され、さまざまな事業が予定されています。当事業所も実行委員に加えていただき、少しでも地域に根差した施設として貢献出来るよう努めたいと考えております。8月15日(木)に予定されています牛越仮設住宅駐車場及び大鹿の田んぼで実施される「復興絆盆踊り・花火・火祭り」では模擬店「クリームあんみつ」を予定しています。
 二つの事業所の利用者様が安心して心地よく過ごしていただける施設、そして地域の皆様と上記の支援事業のような絆が結ばれる施設にしていきたいと願っておりますのでよろしくお願いいたします。

  【グループホーム石神・石神デイサービスセンター施設長 高玉】

 

 





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ