メインメニュー
サイト内検索
新着カレンダー
前月2017年 10月翌月
1
2
「最近感じる事」
3
4
5
6
7
8
平成29年度 敬老会福祉体験学習(原町第一中学校)
9
福祉体験学習(原町第一中学校)
10
11
12
13
14
15
そうめん祭り
16
介護保険推進全国サミット〜IN岩沼福祉体験学習(石神中学校)
17
福祉体験を終えて
18
19
20
21
22
23
小高産業技術高校吹奏楽部の皆さんが来てくれました!
24
25
26
27
福祉体験学習
28
はじめまして
29
30
31
施設長の日記 施設長の日記  
職員の日記 職員の日記  
研修生の日記 研修生の日記  
厨房便り 厨房便り  

2017年9月12日(火曜日)

素人からプロへ

カテゴリー: 16時02分39秒

■■■ 特別養護老人ホーム福寿園(事務室) ■■■
 朝夕の肌寒さを感じる季節になってきました。4月1日付採用介護職員も職場の雰囲気に慣れ、担当部署も決まりながら、徐々に本格的な業務に入りつつあります。諸先輩方を見習いながら一歩一歩確実にプロへの道を歩んで行ってもらいたいと思います。

 相双公共職業安定所のデータによりますと、相双公共職業安定所管内における平成29年度3月新規高等学校卒業者の職業紹介状況は、以下のとおりとなりました。
 求人数     564人(前年同月252人  対前年度比18.1%減)
 就職希望者数  210人(前年同月252人  対前年度比16.7%減)
 就職内定率   100%
 相双管内へ就職した割合  54.3%(前年同月57.9%)

 相双管内への就職率が半数というデータは、多いのか少ないのかわかりませんが、希望としては、将来この地域を担う人材を確保するうえでは、6割は越してほしいという気持ちがあります。
 また、平成30年3月新規高卒者就職希望調査では、就職希望者は233人で、うち県内への就職希望者は199人となっているそうです。就職希望者が微増していることは希望が持てる状況ではないかと考えます。当法人が目指している小高区の『梅の香』の再開に向けて若い力を積極的に求めて行きたいと考えています。

 当法人ではこれまでにも積極的に新規高卒就業者を採用してきましたが、高校卒業前に初任者研修を修了した職員はわずかとなっています。ほとんどは、採用後に実務者研修(介護福祉士養成)を修了、国家試験を受験し介護福祉士を取得していますが、介護の仕事をしながら実務者研修を修了することは、受講者本人も派遣する事業所側も大変な苦難を伴います。実は、初任者研修を修了していれば、実務者研修受講時間が大幅に短縮されるので、受講者も事業所も双方にとって大変なメリットがあります。
 今年度も南相馬市では、受講料無料の介護職員初任者研修を計4回開催します。第1期目は、6月18日(日)〜11月12日(日)まで開催される『日曜コース(計17回)』となります。日曜コースであれば、高校生・学生や仕事を持っている方でも受講しやすい設定となっています。是非とも多くの方に受講してもらいたいと思います。第2期目以降は以下のとおりです。
  第2期(土曜コース) 平成29年9月2日(土)〜平成29年12月16日(土)
                                   計15回
  第3期(月木コース) 平成29年10月2日(月)〜平成29年11月27日(月)
                                   計15回
  第4期(火金コース) 平成29年11月10日(金)〜平成30年1月23日(火)
                                   計17回

 16歳(高校1年生)から65歳までの南相馬市民又は南相馬市在住者は無料で受講可能ですので、周囲の皆さんに声掛けをお願いします。

 地域包括ケアシステムの推進、日常生活・総合事業の本格稼働などを平成30年4月に控えています。まだまだ医療・介護は専門職が担わないと素人では大変だと考えている方が多いと思いますが、専門職が関わらなければならない状態となる前の予防には全ての地域住民が関心を持ち、責任を持ち、行動することが求められようとしています。医療・介護の社会資源が短期間に極端に脆弱となってしまったこの地域では、各々が疾病予防・介護予防に積極的に取り組まざるを得ない状況に追い込まれて来ています。自分たちの生活をどのようにして行きたいのか、どう出来るのか大いに議論していきたいと思います。

【文:施設長 菅原】





Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の投稿
月別過去ログ